平下 恒久 (ヒラシタ ツネヒサ)

HIRASHITA Tsunehisa

写真a

所属学科・専攻等

生命・応用化学教育類 生命・物質化学分野
生命・応用化学専攻 生命・物質化学分野
工学教育総合センター

職名

准教授

連絡先

連絡先

ホームページ

http://www.ach.nitech.ac.jp/~organic/hirasita/hirasita.html

外部リンク

学位

  • 修士(工学) ( 名古屋工業大学 )

  • 博士(工学) ( 名古屋工業大学 )

研究キーワード

  • グリーンケミストリー

研究分野

  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学

  • ナノテク・材料 / 有機合成化学

  • ライフサイエンス / 生物有機化学

出身大学院

  • 名古屋工業大学   工学研究科   博士課程   修了

    - 1999年03月

      詳細を見る

    国名:日本国

学外略歴

  • デルフト工科大学   研究員

    2005年02月 - 2006年02月

      詳細を見る

    国名:オランダ王国

所属学協会

  • 東海化学工業会

    2009年03月 - 現在

  • 日本油化学会

    2003年02月 - 現在

  • 有機合成化学協会

    1995年02月 - 現在

  • 日本化学会

    1994年08月 - 現在

 

研究経歴

  • 環境調和型有機合成反応の開発

    (選択しない)  

    研究期間: 2005年04月 - 現在

  • 有機金属反応剤を用いる有機合成反応

    (選択しない)  

    研究期間: 2002年04月 - 現在

論文

  • Practical Method for the Synthesis of Mesoionic 1,3-Diaryltetrazolium Derivatives Bearing a para-substituted Phenyl Group at the 1- or 3-Position from Anilines 査読あり 国際誌

    Yuta Matsukawa; Tsunehisa Hirashita

    Synlett   2024年03月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Georg Thieme Verlag KG  

    A simple, economical, and safe method for the synthesis of mesoionic 1,3-diaryltetrazolium derivatives bearing a para-substituted phenyl group at the 1- or 3-position via thiosemicarbazides was established. Such compounds were directly obtained from the corresponding para-substituted anilines instead of aryl isothiocyanates and arylhydrazines. The newly synthesized mesoionic compounds were successfully converted into the corresponding nitrosotetrazolium salts, which were utilized as catalysts for oxidation of an aliphatic alcohol and analyzed by cyclic voltammetry to determine the correlation between the catalytic efficiencies and redox potentials. The proposed method can be widely applied and is valuable for investigating the substituent effects in mesoionic and related compounds.

    DOI: 10.1055/a-2283-5749

  • Synthesis, Structural Characterization, and Reactions of an Adduct Formed between Mesoionic 1,3-diphenyltetrazolium-5-thiolate and Diiodine 査読あり

    Yuta Matsukawa, Mirai Nakata,Tsunehisa Hirashita, and Shuki Araki

    Tetrahedron Letters   138   154960   2024年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2024.154960

  • Synthesis of stable class 5 mesoionic benzo[c]tetrazolo[2,3-a]cinnolinium thiolate, dicyanomethylide, and amides 査読あり

    Mirai Nakata; Tsunehisa Hirashita; Yoshikazu Konishi; Shuki Araki

    Organic & Biomolecular Chemistry   2023年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/D3OB00362K

  • Palladium-Catalyzed Selective o-Bromination of Mesoionic 1,3-Diphenyltetrazolium-5-olate: Switching the Directing Group from Nitrogen to Oxygen 査読あり 国際誌

    Tsunehisa Hirashita, Harue Watanabe, Yuki Harada, Hideaki Kurabayashi, Yukinobu, Yamashita, Shiyogo Oizumi, Shuki Araki

    ChemistrySelect   6   13414 - 13418   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Pd-catalyzed bromination of mesoionic 1,3-diphenyltetrazolium-5-olate (1) was developed. In the presence of palladium acetate (5 mol%), N-bromosuccinimide (110 mol%), and p-toluenesulfonic acid (50 mol%) in 1,2-dichloroethane under reflux, olate 1 underwent bromination to give 1-(2-bromophenyl)-3-phenyltetrazolium-5-olate in a moderate yield as the major product, indicating that the 4-nitrogen atom acts as a directing group rather than the negatively charged oxygen atom. The X-ray-suitable crystals of the corresponding palladacycle were isolated from 1-mesityl-3-phentytetrazolium-5-olate and fully characterized. When both the o-positions of the 3-phenyl group were occupied by bromine atoms, o-bromination then occurred at the 1-phenyl group with the aid of the olate oxygen.

    DOI: 10.1002/slct.202103841

  • Preparative Synthesis of 1,3-Dialkyltetrazolium-5-thiolates from 1-Alkyltetrazole-5-thiols 査読あり 国際誌

    Hirashita, Tsunehisa; Murakami, Suguru ; Shoji, Takuo; Kurabayashi, Hideaki ; Araki, Shuki

    Bulletin of the Chemical Society of Japan   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Mesoionic 1,3-dialkyltetrazolium-5-thiolates can be prepared in good yields by alkylation of 1-alkyltetrazole-5-thiols with secondary alcohols in concentrated sulfuric acid. The thiolates are transformed into the corresponding olates through S-alkylation followed by hydrolysis. The olates were found to be liquid at room temperature and to work effectively as polar solvents. The use of a smaller amount of sulfuric acid led to drastically different products; S-bridged dimers linked by 1,2-dimethylethylene were formed as the major products.

    DOI: 10.1246/bcsj.20210312

  • The Mizoroki-Heck Reaction in Mesoionic 1-Butyl-3-methyltetrazolium-5-olate 査読あり 国際誌

    Hideaki Kurabayashi, Tsunehisa Hirashita, Shuki Araki

    Tetrahedron   99   132450   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    1-Butyl-3-methyltetrazolium-5-olate (1), a mesoionic compound, exists as a liquid at room temperature and can be used as a polar solvent for the Mizoroki-Heck reaction, wherein it has been proven to be a superior solvent to other solvents. The reaction of iodobenzene with ethyl acrylate in the presence of palladium acetate in mesoionic liquid 1 at 40 C for 24 h gave ethyl cinnamate in 78% yield in the absence of ligands, while the use of other solvents, such as [bmim][BF4], [bmim][PF6], and DMF gave lower yields (43%, 37%, and 17%, respectively) under the same conditions. Heck-type coupling reactions of electron-deficient or electron-rich aryl iodides and bromobenzenes with olefins (15 examples, 7%–97%) were performed in 1. When a phosphine ligand was added to the reaction mixture, aryl bromides could be used, and the mesoionic liquid containing the catalysts could be reused at least five times.

    DOI: 10.1016/j.tet.2021.132450

  • Reactions between 5-Nitroso-1,3-diphenyltetrazolium Salts and Electron-rich Arenes, 査読あり 国際誌

    Matsukawa, Yuta; Hirashita, Tsunehisa; Araki, Shuki

    Bulletin of the Chemical Society of Japan   92   540 - 544   2019年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A series of reactions between 5-nitroso-1,3-diphenyltetrazolium tetrafluoroborate and methoxybenzenes, amines, thiols, sulfoxides, and sulfides, most of which are generally accepted asbeing inert to nitroso groups, is reported here. The tetrazoliumactivated nitroso functionality is capable of oxidizing the aforementioned substrates to give the corresponding oxidized products, and the nitroso tetrazolium itself is transformed into the corresponding amide or hydroxyamide, depending on the nature of the reaction partners. In the case of thioanisole, an addition product was obtained.

    DOI: 10.1246/bcsj.20180315

  • Copper(I)- and Mesoionic-Hydroxyamide-Catalyzed Chemoselective Aerobic Oxidation of Primary Benzylic Alcohols 査読あり 国際誌

    Matsukawa, Yuta; Hirashita, Tsunehisa

    Synlett   30   315 - 318   2019年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A new aerobic oxidation system consisting of Cu(I)I, 2,2'-bipyridine, N-methyl imidazole, and a mesoionic hydroxyamide was developed, with which selective oxidation of a broad range of benzylic alcohols was achieved.

    DOI: 10.1055/s-0037-1611698

  • Revisiting Sodium Hypochlorite Pentahydrate (NaOCl·5H2O) for the Oxidation of Alcohols in Acetonitrile without Nitroxyl Radicals 査読あり

    Tsunehisa Hirashita, Yuto Sugihara, Shota Ishikawa, Yohei Naito, Yuta Matsukawa,Shuki Araki

    Synlett   29   2404 - 2407   2018年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Sodium hypochlorite pentahydrate (NaOCl·5H2O) is capable of oxidizing alcohols in acetonitrile at 20 °C without the use of catalysts. The oxidation is selective to allylic, benzylic, and secondary alcohols. ­Aliphatic primary alcohols are not oxidized.

    DOI: 10.1055/s-0037-1609629

  • Indium-Mediated Allylation of Carbonyl Compounds in Ionic Liquids: Effect of Salts in Ionic Liquids 招待あり 査読あり 国際誌

    Tsunehisa Hirashita, Fusako Takahashi, Takayuki Noda, Yuji Takagi, Shuki Araki

    Molecules   2018年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The In-mediated allylation of carbonyl compounds can be performed in various types of solvents including ionic liquids. However, we have found that in [bmim][BF4] (where bmim = 1-butyl-3-methylimidazolium), the In-mediated coupling of crotyl bromide with benzaldehyde gives a complex mixture, and some additives, such as halides and amines, are crucial for the successful conversion to the corresponding γ-adduct. Instead, the addition of alcohols or water promotes the formation of the α-adduct. An asymmetric induction with up to 62% enantiomeric excess (ee) was observed employing cinchonidine as an additive in a binary solvent consisting of an ionic liquid and dichloromethane.

    DOI: 10.3390/molecules23071696

全件表示 >>

書籍等出版物

  • Indium compounds.(共著)

    Shuki Araki, Tsunehisa Hirashita( 担当: 共著)

    Thieme Chemistry  2011年03月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   著書種別:学術書

  • Indium(III) Iodide.(共著)

    Tsunehisa Hirashita, Shuki Araki( 担当: 共著)

    John Wiley & Sons  2011年03月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   著書種別:事典・辞書

  • Indium and Gallium in “Comprehensive Organometallic Chemistry III”.(共著)

    Shuki Araki, Tsunehisa Hirashita( 担当: 共著)

    Elsevier  2006年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   著書種別:学術書

  • Methyl lithium.(共著)

    Shuki Araki, Tsunehisa Hirashita( 担当: 共著)

    John Wiley & Sons  2006年04月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   著書種別:事典・辞書

  • In in Organic Synthesis in “Main Group Metals in Organic Synthesis” .(共著)

    Araki, S. and Hirashita, T.( 担当: 共著)

    Wiley-VCH  2004年05月  ( ISBN:9780080456476

     詳細を見る

    記述言語:英語   著書種別:学術書

  • Indium(I) Iodide (共著)

    Shuki Araki, Tsunehisa Hirashita( 担当: 共著)

    John Wiley & Sons  2002年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   著書種別:事典・辞書

  • Indium Trichloride.(共著)

    Araki, S. and Hirashita, T.( 担当: 共著)

    John Wiley & Sons  2002年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   著書種別:事典・辞書

  • Porous Titania Ceramics Prepared by Mimicking Silicified Woods in "Ceramic Processing Science VI".(共著)

    Hirashita, T.; Miyazaki, H.; Takase, H.; Kinoshita , N.; Ota, T.( 担当: 共著)

    American Ceramic Society  2001年09月  ( ISBN:978-1574981049

     詳細を見る

    記述言語:英語   著書種別:学術書

MISC

  • 第30回東海地区高等学校化学研究発表交流会

    平下恒久

    化学と工業   75 ( 2 )   124 - 124   2022年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:会議報告等  

  • 第30回東海地区高等学校化学研究発表交流会

    平下恒久

    化学と教育   70 ( 1 )   48 - 48   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:会議報告等  

  • 超高濃度漂白剤で環境に優しい酸化処理を実現

    化学と工業   74 ( 12 )   921 - 921   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • メソイオン液体の設計と特性

    平下恒久、荒木修喜

    月刊ファインケミカル   40   6 - 11   2011年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:シーエムシー出版  

  • イオン液体中におけるアルコールの空気酸化反応

    平下恒久、荒木修喜

    ケミカルエンジニヤリング   53   939 - 943   2008年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:化学工業社  

  • 環境調和型アルコールの酸化反応:酸化触媒TEMPO

    平下恒久

    オレオサイエンス   6   409 - 415   2006年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本油化学会  

講演・口頭発表等

  • 2-クロロ-ベンゾ[c]テトラゾロ[2,3-a]シンノリニウム塩のアミノ化反応

    神谷 恵理,平下 恒久

    日本化学会第104春季年会  2024年03月  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年03月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学理工学部 船橋キャンパス  

  • イオン液体とにせイオン液体 招待あり

    平下恒久

    第54回中部化学関係学協会支部連合 秋季大会  2023年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:三重大学  

  • クラウンエーテルにより有機溶媒に可溶化させた次亜塩素酸ナトリウム五水和物を用いた酸化反応

    手代木 怜美

    第54回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会  2023年11月  中部化学関係学協会支部連合協議会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:三重大学工学部(三重県津市栗真町屋町1577)  

  • Mesoionic 1,3-Diphenyltetrazolium-5-thiolate as a Neutral Leaving Group in Allylic Substitution Reactions with Grignard Reagents

    2023年09月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年09月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 亜臨界水中における無触媒条件下でのPictet-Spengler反応

    水野 愛星; 平下 恒久

    日本化学会題03春季年会  2023年03月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年03月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京理科大学  

  • 1,3-ジアルキル-5-アルキルチオテトラゾリウム塩を用いたアルキル化反応

    加藤 颯太; 平下 恒久

    日本化学会題03春季年会  2023年03月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年03月

  • アゾジカチオン種によるメタルフリーなアゾ-エン反応

    竹内 陽理; 平下 恒久

    日本化学会題03春季年会  2023年03月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年03月

  • イオン液体中におけるインジウムを用いたαまたはβ位に酸素官能基を有するカルボニル化合物のアリル化反応

    河内 佑己,平下 恒久

    日本化学会第102春季年会(2022)  2022年03月  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年03月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  • Type Bテトラゾリウム型メソイオン化合物誘導体とヒドラジン水和物との反応

    竹内 陽理,中田 未来,平下 恒久

    日本化学会第102春季年会(2022)  2022年03月  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年03月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  • メソイオン性ベンゾ[c]テトラゾロ[2,3-a]シンノリニウム-2-オレートとヒドロキシ基を有する分子との相互作用について

    中田 未来,平下 恒久

    日本化学会第102春季年会(2022)  2022年03月  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年03月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

全件表示 >>

産業財産権

  • マグネシウム電池用電解液、及び当該電解液を含むマグネシウム電池

    平下恒久; 中本博文

     詳細を見る

    出願人:名古屋工業大学; トヨタ自動車

    出願番号:2013-039407  出願日:2013年02月

    出願国:国内   取得国:国内

  • 電池用電解液, 及び当該電解液を備える電池

    平下恒久・荒木修喜・鏡味克之・中本博文・汐月大志

     詳細を見る

    出願番号:PCT/JP2012/071717  出願日:2012年08月

    出願国:国内   取得国:国内

  • メソイオン化合物,当該メソイオン化合物を含む電池用電解液,及び当該 電解液を備える電池

    平下恒久・荒木修喜・鏡味克之・中本博文・汐月大志

     詳細を見る

    出願番号:2011-18793  出願日:2012年03月

    出願国:国内   取得国:国内

  • リチウム二次電池用電解液,及び当該電解液を備えるリチウム二次電池

    平下恒久・中本博文・汐月大志

     詳細を見る

    出願番号:PCT /IB2011/002536  出願日:2011年10月

    出願国:国内   取得国:国内

  • テトラゾリウムメソイオン構造を有する蒸留可能な室温イオン性液体

    平下恒久・荒木修喜・各務友紀

     詳細を見る

    出願番号:2006-305434  出願日:2006年11月

    出願国:国内   取得国:国内

  • Liquid electrolyte for lithium batteries, method for producing the same, and lithium battery comprising the liquid electrolyte for lithium batteries

    Tsunehisa Hirashita, Shuki Araki, Hirofumi Nakamoto, Atsushi Shirasawa

     詳細を見る

    特許番号/登録番号:US 9620817 B2  登録日:2017年04月  発行日:2017年04月

    出願国:外国   取得国:外国

  • Liquid electrolyte for batteries, method for producing the same, and battery comprising the same

    Tsunehisa Hirashita, Shuki Araki, Katsuyuki Kagami, Hirofumi Nakamoto, Taishi Shiotsuki

     詳細を見る

    特許番号/登録番号:US 9722288 B2  登録日:2017年08月  発行日:2017年08月

    出願国:外国   取得国:外国

  • Battery electrolyte and method for producing same, and battery comprising electrolyte

    Tsunehisa Hirashita, Shuki Araki, Katsuyuki KAGAMI, Hirofumi Nakamoto, Taishi Shiotsuki

     詳細を見る

    特許番号/登録番号:EP 2752933 B1  登録日:2016年08月  発行日:2016年08月

    出願国:外国   取得国:外国

  • 用于镁电池的电解质溶液和包含该电解质溶液的镁电池

    平下恒久;中本博文

     詳細を見る

    特許番号/登録番号:第ZL201410067164.6  登録日:2016年08月  発行日:2016年08月

    出願国:外国   取得国:外国

  • 电池用电解液及其制造方法、以及具备该电解液的电池

    平下恒久,荒木修喜,中本博文,白洋淳

     詳細を見る

    特許番号/登録番号:第ZL201280041985.1  登録日:2016年08月  発行日:2016年08月

    出願国:外国   取得国:外国

全件表示 >>

受賞

  • 有機合成化学協会東海支部奨励賞

    2010年10月   有機合成化学協会東海支部  

    平下恒久

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 東海化学工業会賞

    2009年05月   東海化学工業会  

    有機合成反応のための新規反応剤ならびに反応場の構築における研究

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • メソイオン性アゾジカチオン種を基盤とした有機触媒の開発

    研究課題/領域番号:50345948  2023年04月 - 2026年03月

    基盤研究(C)  基盤研究(C)

    平下 恒久

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • リチウム電池を支えるメソイオン液体の開発

    2012年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • メソイオン液体の開発と合成

    2008年04月 - 2010年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

その他競争的資金獲得実績

  • 亜臨界水中の精密有機合成反応

    2012年04月 - 2013年03月

    民間財団等  谷川熱技術振興基金 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • メソイオン液体のトライボロジー

    2011年04月 - 2012年03月

    民間財団等  JKA助成 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 循環型金属ゼロ触媒によるアルコールの空気酸化

    2011年04月 - 2012年03月

    経済産業省  科学技術振興調整費 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • フルオラスメソイオン液体の開発とバッテリー電解液への応用

    2010年04月 - 2011年03月

    経済産業省  科学技術振興調整費 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • バッテリー電解液のための高機能性メソイオン液体の開発

    2009年04月 - 2010年03月

    民間財団等  東海産業技術振興財団研究助成 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

全件表示 >>

 

教育活動に関する受賞

  • オレオ奨励賞

    2018年12月   日本油化学東海支部

     詳細を見る

    “メソイオン系アゾジカチオン種によるアルコールの空気酸化反応” 第 48 回中部化学関係学協会支部連合秋季大会,松本 海・平下恒久・荒木修喜,1I07(岐阜市,平成 29 年 11 月 11 日)の発表に対して

その他教育活動及び特記事項

  • 2部クラス担任

    2016年04月 - 現在

 

委員歴

  • 日本化学会   東海支部化学教育協議会 庶務幹事  

    2021年04月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本油化学会   編集委員  

    2020年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本化学会   化学グランプリ東海支部実行委員長  

    2019年01月 - 2019年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 東海化学工業会   庶務幹事  

    2016年05月 - 2017年05月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本油化学会   東海支部常任幹事  

    2016年03月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本化学会   化学グランプリ東海支部実行委員長  

    2016年01月 - 2016年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 東海化学工業会   常任幹事  

    2015年04月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本化学会   東海支部化学教育協議会委員  

    2015年04月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本化学会   代表正会員  

    2015年03月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本化学会   会場・総務小委員会  

    2013年06月 - 2014年03月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

全件表示 >>

社会貢献活動

  • 愛知県特異火災等アドバイザー

    役割:情報提供

    2024年05月 - 現在

  • 東海支部 総合講演会

    役割:司会, 企画

    有機合成化学協会東海支部  web  2020年12月

     詳細を見る

    対象: 大学院生, 教育関係者, 研究者

    種別:講演会

  • 東海支部 油化学セミナー

    役割:司会, 企画, 報告書執筆

    日本油化学会 東海支部  2019年06月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 研究者, 学術団体, 企業

    種別:講演会

メディア報道

  • 第116回東海技術サロン (CSTCフォーラム)

    2019年09月