松原 翔吾 (マツバラ ショウゴ)

MATSUBARA Shogo

写真a

所属学科・専攻等

生命・応用化学教育類 ソフトマテリアル分野
生命・応用化学専攻 ソフトマテリアル分野
若手研究イノベータ養成センター

職名

助教

連絡先

連絡先

外部リンク

学位

  • 博士(理学) ( 2020年03月   立命館大学 )

出身大学院

  • 立命館大学   生命科学研究科   生命科学専攻   博士課程   修了

    2018年04月 - 2020年03月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会

  • 東海高分子研究会

    2021年04月 - 現在

  • 光化学会

    2021年04月 - 現在

  • 高分子化学会

    2021年04月 - 現在

  • 日本化学会

    2021年04月 - 現在

 

論文

  • Optimizing LiMn1.5M0.5O4 cathode materials for aqueous photo-rechargeable batteries 査読あり

    K. Shimokawa*, S. Matsubara, T. Kawaguchi, A. Okamoto, T. Ichitsubo*

    Chem. Commun.   59   7947 - 7950   2023年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1039/D3CC01902K

  • Ring-shaped self-assembly of a naphthalene-linked chlorophyll dimer 査読あり

    T. Ishii, S. Matsubara*, H. Tamiaki*

    Chem. Commun.   59   1967 - 1970   2023年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/D2CC06368A

    その他リンク: https://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2023/cc/d2cc06368a

  • Light-induced Li extraction from LiMn2O4/TiO2 in a water-in-salt electrolyte for photo-rechargeable batteries 査読あり 国際誌

    K. Shimokawa*, S. Matsubara, A. Okamoto, T. Ichitsubo*

    Chem. Commun.   58   9634 - 9637   2022年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/d2cc03362c

  • A Peptide Nanocage Constructed by Self-Assembly of Oligoproline Conjugates 査読あり 国際誌

    S. Matsubara*, Y. Okamoto, M. Yoshikawa, S. Tsukiji, M. Higuchi

    Bioconjugate Chem.   33   1785 - 1788   2022年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.bioconjchem.2c00290

  • Fabrication of CaCO3-coated vesicles by biomineralization and application for DDS carriers 査読あり 国際誌

    C. Miyamaru, M. Koide, N. Kato, S. Matsubara, M. Higuchi*

    Int. J. Mol. Sci.   23   789   2022年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms23020789

  • Supramolecular Nanofibers Constructed by Hydrogen Bonding of Chlorophyll Dimer 査読あり

    S. Matsubara*, H. Tamiaki*

    Chem. Lett.   50   999 - 1001   2021年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.210026

  • Self-aggregation of zinc bacteriochlorophyll-d analog bearing B-ring reduced chlorin and 17-acrylate residue 査読あり

    D. Funakoshi, S. Matsubara, H. Tamiaki*

    Tetrahedron   81   131853   2021年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tet.2020.131853

  • Supramolecular chlorophyll aggregates inspired from specific light-harvesting antenna “chlorosome”: Static nanostructure, dynamic construction process, and versatile application 査読あり

    S. Matsubara, H. Tamiaki*

    J. Photochem. Photobiol. C: Photochem. Rev.   45   100385   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jphotochemrev.2020.100385

  • Growth model of chlorosome antenna by the environment-dependent stepwise assembly of a zinc chlorophyll derivative 査読あり

    S. Matsubara, H. Tamiaki*

    Photosynth. Res.   145   129 - 134   2020年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11120-020-00766-3

  • Photoactivated supramolecular assembly using “caged chlorophylls” for the generation of nanotubular self-aggregates having controllable lengths 査読あり

    S. Matsubara, H. Tamiaki*

    ACS Appl. Nano Mater.   3   1841 - 1847   2020年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acsanm.9b02510

全件表示 >>

書籍等出版物

  • 新規モダリティ医薬品のための新しいDDS技術と薬剤化

    加藤 七奈, 渥美和歩, 松原 翔吾, 樋口 真弘( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第1章-第6節)

    技術情報協会  2023年01月 

     詳細を見る

    担当ページ:45-54   記述言語:日本語   著書種別:学術書

MISC

  • 光で操る分子カプセル 招待あり

    松原 翔吾

    化学   78 ( 5 )   59 - 60   2023年05月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 生物から学ぶ効率的な光合成システム–分子レベルで設計された人工光捕集アンテナの構築 招待あり

    松原 翔吾, 庄司 淳, 民秋 均

    化学   76 ( 5 )   70 - 71   2021年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:化学同人  

  • 色素超分子構造体の形成を光で制御

    松原 翔吾, 民秋 均

    化学と工業   72 ( 7 )   606   2019年07月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 太陽光発電の応用に期待

    松原 翔吾, 民秋 均

    産経新聞   2019年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

講演・口頭発表等

  • ヒドロキシアパタイトミネラリゼーションに与えるテンプレート構造の影響

    服部 裕介, 松原 翔吾, 樋口 真弘

    第33回日本MRS年次大会  2023年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 弱酸性条件下で薬物放出能を有するDDS担体への薬物放出能付与

    西山 和佳奈, 松原 翔吾, 樋口 真弘

    第33回日本MRS年次大会  2023年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • グルコース認識能を有しその濃度に応じたインスリン放出を可能とするDDS担体の構築

    岩田 桃奈, 樋口 真弘, 松原 翔吾

    第33回日本MRS年次大会  2023年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 新規DDSキャリアを目指した細胞膜透過性ペプチドの自己集積によるナノカプセルの構築

    岡本 有生, 樋口 真弘, 松原 翔吾

    第33回日本MRS年次大会  2023年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • pH応答性光増感剤開発に向けたペプチドークロロフィル複合体

    永谷 美裕, 吉川 優, 築地 真也, 樋口 真弘, 民秋 均, 松原 翔吾

    第33回日本MRS年次大会  2023年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • テンプレートペプチドを固定化した多孔質ゼラチン中でのHAp形成に向けたミネラリゼーション

    高田 美緒, 松原 翔吾, 樋口 真弘

    第33回日本MRS年次大会  2023年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 酸化チタン被覆導電性ペプチドワイヤー金ナノ複合体のVOCセンシング能

    岩切 柊馬, 鈴木 ひかり, 松原 翔吾, 樋口 真弘

    第33回日本MRS年次大会  2023年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 磁気誘導ドラッグデリバリーシステムへの応用を目指したマグネタイト含有ベシクルの調製

    珍田 祐佳, 松原 翔吾, 樋口 真弘

    第33回日本MRS年次大会  2023年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 動的共有結合でリンクしたペプチドオリゴマーの構築

    佐藤 ゆり, 樋口 真弘, 松原 翔吾

    第13回CSJ化学フェスタ  2023年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 温度応答性ナノゲートを有する抗炎症被覆の創成

    長尾 健聖, 櫻井 裕子, 松原 翔吾, 樋口 真弘

    第72回高分子討論会  2023年09月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年09月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

全件表示 >>

受賞

  • 第71回高分子学会年次大会優秀ポスター賞

    2022年06月   高分子学会   マグネタイト被覆ベシクルの調製とDDS担体への応用を目指した薬物放出制御

    珍田 祐佳, 松原 翔吾, 樋口 真弘

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 第10回(令和元年度)日本学術振興会育志賞

    2020年03月   日本学術振興会  

    松原 翔吾

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:日本国

  • The Poster Presentation Awards on ISF-3/ICARP2019

    2019年11月   ICARP2019  

    松原 翔吾

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 多次元構造を有する色素集積体による人工光捕集アンテナの創製

    2020年04月 - 2021年03月

    科学研究費補助金  特別研究員奨励費

    松原 翔吾

  • 色素集積型光合成アンテナの形成機構の解明と光機能デバイスへの応用

    2018年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  特別研究員奨励費

    松原 翔吾

その他競争的資金獲得実績

  • 非局在励起子状態が光エネルギー輸送に与える影響の解明

    2023年08月 - 2024年07月

    村田学術振興財団  研究助成 

     詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

    配分額:1000000円

  • 光機能の自在制御を目指した人工光合成アンテナの創製

    2023年05月 - 2024年06月

    日比科学技術財団  令和5年度研究助成 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  • がん組織に選択的に機能する光増感剤の創製

    2023年04月 - 2024年04月

    上原記念生命科学財団  2022年度 研究奨励金 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円

  • 容易に調製可能なペプチド由来超分子ケージの構築

    2023年04月 - 2024年03月

    民間財団等  公益財団法人 内藤科学技術振興財団 

    松原 翔吾

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 棒状ペプチドを利用したバイオ超分子ケージの構築

    2023年04月 - 2024年03月

    公益財団法人 戸部眞紀財団  公益財団法人 戸部眞紀財団 2022年度研究助成 

    松原 翔吾

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

全件表示 >>

 

担当経験のある授業科目(学外)

  • ソフトマテリアル化学実験I

    2021年04月 - 現在

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 実践研究セミナー

    2021年04月 - 現在

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 化学実験(高度&創造)

    2021年04月 - 現在

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • ソフトマテリアル化学実験II

    2021年04月 - 現在

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

 

委員歴

  • 東海高分子研究会   東海高分子研究会 幹事  

    2022年04月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

メディア報道

  • Recreating the natural light-harvesting nanorings in photosynthetic bacteria インターネットメディア

    American Association for the Advancement of Science  EurekAlert!  https://www.eurekalert.org/news-releases/978207  2023年02月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

  • 光合成色素からなるナノリングを構築 インターネットメディア

    OPTRONICS  OPTRONICS  https://optronics-media.com/category/news/technology/page/2/  2023年01月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  • 光合成色素からなるナノリングの構築に成功 ~新しい光機能材料への展開に期待~

    立命館大学  https://www.ritsumei.ac.jp/profile/pressrelease_detail/?id=791  2023年01月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

学術貢献活動

  • 座長 (第23回ナノ学会)

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    2023年05月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等