古結 諒子 (コケツ サトコ)

KOKETSU Satoko

写真a

所属学科・専攻等

基礎教育類

職名

准教授

外部リンク

学位

  • 博士(人文科学) ( 2013年03月   お茶の水女子大学 )

 

論文

  • 日清戦争終結に向けた日本外交と国際関係 : 開戦から「三国干渉」成立に至る日本とイギリス 査読あり

    古結 諒子

    史学雑誌   120 ( 9 )   1493 - 1527   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益財団法人 史学会  

    The aim of the present article is to analyze the process by which Japan brought about a settlement in the first Sino-Japanese War (1894-1895) focusing on the settlement's interaction with both the changing power relations among the Great Powers and diplomatic trends of the Qing Dynasty, in order to show a clear transition taking place in Japan's diplomatic strategy at that time. The War has been pointed to as an event within a 19th century East Asia characterized by the coexistence of the traditional Chinese tribute system and modern treaty organizations that led to the final destruction of the former. However, the research to date has proceeded to discuss the process of Japan's conclusion of the War without sufficiently analyzing movements of the British-centered Great Powers, which supported the establishment of one single international order in East Asia. The main thrust of the research to date is the view that the diplomacy conducted by the Great Powers towards Japan constituted "external pressure" for Japan to wage war against the Qing Dynasty, but has neglected such aspects as Japan's international position and its influence to the Great Powers. For this reason, the present article attempts to analyze Japanese diplomacy within the interrelationship between the activities of the Great Powers and the Qing Dynasty from the standpoints of both Japan and Great Britain. Japanese diplomacy aiming at a conclusion to the War unsettled the leadership role of Great Britain which intended to maintain the cooperation among the Great Powers in East Asia. To begin with, Japan's announcing its intention to continue the War isolated Great Britain, who desired a quick end to the hostilities. Secondly, Japan's choice of the United States, who favored independent action among the Great Powers, as its intermediary with the Qing Dynasty not only elicited a request for negotiations, as Japan was winning on the battlefront, but also kept Great Britain out of the whole affair altogether. Finally, Japan's submission of a peace treaty draft brought to light the changes that had occurred in the interrelationships among the Great Powers. Under such conditions, Great Britain ended up agreeing with Russia, Germany and France in urging Japan to return the Liaodong Peninsula to the Qing Dynasty, in an attempt to reestablish its hegemony in the region. On the other hand, Japan's announcement to accept the advice enabled the exchange of the Shimonoseki Treaty ratification with the Qing Dynasty. Consequently, Japan was able to avoid the disadvantages of a prolonged war by settling the conflict. Japanese diplomacy up to the end of the War was not only directed at settling its dispute with the Qing Dynasty over the Korean Peninsula, but also simultaneously brought about a situation in which arrangements of cooperation among the Great Powers in East Asia centered around Great Britain fell into dysfunctionality.

    CiNii Articles

  • 日清戦後の対清日本外交と国際関係--李鴻章の政治的後退と三国干渉の決着 査読あり

    古結 諒子

    お茶の水史学   ( 54 )   39 - 70   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:読史会  

    CiNii Articles

書籍等出版物

  • 岡本隆司・箱田恵子編『ハンドブック近代中国外交史‐明清交替から満洲事変まで』

    古結 諒子( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 下関条約・三国干渉ー新たな東アジア国際関係の出発)

    ミネルヴァ書房  2019年04月  ( ISBN:978-4-623-08490-6

     詳細を見る

    担当ページ:120-121   記述言語:日本語   著書種別:学術書

  • 岡本隆司・箱田恵子編『ハンドブック近代中国外交史‐明清交替から満洲事変まで』

    古結 諒子( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 通商航海条約の改定(対英、米、日)ー財政改革の複雑性)

    ミネルヴァ書房  2019年04月  ( ISBN:978-4-623-08490-6

     詳細を見る

    担当ページ:128-129   記述言語:日本語   著書種別:学術書

  • A World History of Suzerainty: A Modern History of East and West Asia and Translated Concepts

    KOKETSU Satoko( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Japanese Diplomacy and the Sino-Korean Suzerain-Vassal Relationship before and after the First Sino-Japanese War)

    Toyo Bunko  2019年04月  ( ISBN:978-4-8097-0300-3

     詳細を見る

    担当ページ:151-173   記述言語:日本語   著書種別:学術書

  • 日清戦争における日本外交 : 東アジアをめぐる国際関係の変容

    古結  諒子( 担当: 単著)

    名古屋大学出版会  2016年12月  ( ISBN:9784815808570

     詳細を見る

    総ページ数:1-269   記述言語:日本語   著書種別:学術書

  • 小風 秀雅・季武 嘉也編『グローバル化のなかの近代日本 : 基軸と展開』

    小風 秀雅, 季武 嘉也, 真辺 美佐, 古結 諒子, 矢野 裕香, 于 紅, 千葉 功, 加藤 厚子, 和田 華子, 佐藤 純子(日本史), 渡辺 千尋, 今給黎 佳菜( 担当: 共著 ,  範囲: 『蹇蹇録』の描いた国際社会:日清戦争と陸奥外交)

    有志舎  2015年03月  ( ISBN:9784903426938

     詳細を見る

    担当ページ:73-95   記述言語:日本語   著書種別:学術書

  • 岡本隆司編『宗主権の世界史 : 東西アジアの近代と翻訳概念』

    岡本 隆司, 黛 秋津, 藤波 伸嘉, 望月 直人, 山添 博史, 森田 吉彦, 古結 諒子, 橘 誠, 小林 亮介( 担当: 共著 ,  範囲: 日清開戦前後の日本外交と清韓宗属関係)

    名古屋大学出版会  2014年11月  ( ISBN:9784815807870

     詳細を見る

    担当ページ:207-231   記述言語:日本語   著書種別:学術書

MISC

  • 書評 大澤博明著『明治日本と日清開戦―東アジア秩序構想の展開』

    古結諒子

    史学雑誌   131 ( 8 )   83 - 91   2022年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  • 書評と紹介 大日方純夫『世界の中の近代日本と東アジア―対外政策と認識の形成』 招待あり

    古結 諒子

    日本歴史   ( 888 )   103 - 105   2022年05月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 書評と紹介 服部龍二著『外交を記録し、公開する : なぜ公文書管理が重要なのか』 招待あり

    古結諒子

    古文書研究   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 日清戦争を再評価する―「問い」と「資料」を使った高校「歴史総合」への教材化

    古結諒子

    世界史教育研究   ( 7 )   67 - 72   2021年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:会議報告等  

  • 書評 塚本英樹著『日本外交と対中国借款問題-「援助」をめぐる協調と競合』 招待あり

    古結諒子

    図書新聞   ( 3462 )   5   2020年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:図書新聞出版  

  • 書評 森萬佑子著 朝鮮外交の近代 : 宗屬關係から大韓帝國へ

    古結 諒子

    東洋史研究   77 ( 3 )   489 - 499   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:東洋史研究会  

    CiNii Articles

  • 書評と紹介 久保田裕次著『対中借款の政治経済史 : 「開発」から二十一ヵ条要求へ』

    古結 諒子

    日本歴史   ( 835 )   105 - 107   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:吉川弘文館  

    CiNii Articles

講演・口頭発表等

  • 報告 岡本隆司編『交隣と東アジア―近世から近代へ』名古屋大学出版会、2021年

    古結 諒子

    現代中国研究センター合評会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年03月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学人文科学研究所附属現代中国研究センター