谷端 直人 (タニバタ ナオト)

TANIBATA Naoto

写真a

所属学科・専攻等

生命・応用化学教育類 / 環境セラミックス分野
生命・応用化学専攻 / 環境セラミックス分野
若手研究イノベータ養成センター

学位

  • 博士(工学) ( 2017年03月   大阪府立大学 )

研究キーワード

  • 蓄電池材料

  • 無機材料化学

  • 抵抗解析

  • 固体イオニクス

研究分野

  • ナノテク・材料 / 無機物質、無機材料化学

  • ナノテク・材料 / 無機材料、物性

出身学校

  • 大阪府立大学 大学院工学研究科 博士後期課程   物質・化学系専攻   応用化学分野   卒業

    2014年04月 - 2017年03月

  • 大阪府立大学 大学院工学研究科 博士前期課程   物質・化学系専攻   応用化学分野   卒業

    2012年04月 - 2014年03月

  • 大阪府立大学   工学部   応用化学科   卒業

    2008年04月 - 2012年03月

  • 和歌山県立桐蔭高等学校   卒業

    2005年04月 - 2008年03月

学外略歴

  • 名古屋工業大学   生命・応用化学科 環境セラミックス分野   助教

    2017年04月 - 現在

  • 京都大学 触媒・電池元素戦略ユニット   拠点助教(兼任)

    2017年04月 - 現在

所属学協会

  • 固体イオニクス学会

    2021年

  • 電気化学会

  • 日本セラミックス協会

  • 日本化学会電気化学ディビジョン科学電池材料研究会

  • 日本セラミックス協会

 

論文

  • Applying the HSAB design principle to the 3.5 V-class all-solid-state Li-ion batteries with a chloride electrolyte 査読あり

    Naoto Tanibata, Shuta Takimoto, Shin Aizu, Hayami Takeda, Masanobu Nakayama

    Journal of Materials Chemistry A   10 ( 39 )   20756 - 20760   2022年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    リチウムイオン電池の特長である高電位作動を有する全固体電池のために、高電圧動作に耐える固体電解質が求められる。本研究では、耐酸化性の高い塩化物電解質としてLiAlCl4を用い、3.5 V級電極を用いた全固体電池の作動を目指した。しかし、一般的な酸化物電極 (LiFePO4等) を用いた電池は、作動電位がLiAlCl4の酸化電位以下であるにもかかわらず、低容量を示すことがわかった。第一原理計算と27Al MAS-NMR測定のデータから、電極と電解質の間でHSAB(Hard and Soft Acid-Base)ルールに基づく酸塩基反応が起こっていることが示唆された。一方、同じ塩化物電極(Li2FeCl4)を組み合わせることで、コーティング処理等なしでも副反応を抑制し、室温で高い電圧 (> 3.6 V vs. Li+/Li) と可逆容量 (〜100 mAh g-1)が観察された。これらの結果は、電極・電解質材料の組み合わせを考える際にもHSABルールに基づく材料設計が有用である一例を示していると同時に、塩化物電極-塩化物電解質の組み合わせが高エネルギー密度全固体電池につながる可能性を示している。

    DOI: 10.1039/D2TA05152D

    Web of Science

  • Metastable Chloride Solid Electrolyte with High Formability for Rechargeable All-Solid-State Lithium Metal Batteries 査読あり

    Naoto Tanibata, Shuta Takimoto, Koki Nakano, Hayami Takeda, Masanobu Nakayama, Hirofumi Sumi

    ACS Materials Letters   2 ( 8 )   880 - 886   2020年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society ({ACS})  

    高エネルギー密度Li金属電極の実現に向け、デンドライトを抑制する高密度固体電解質が求められる。本研究では、圧粉処理のみによってLiデンドライトを抑制できる高変形能固体電解質を探索するために、Li+イオンとのクーロン相互作用が弱く分極率の高いClを含むLi化合物に注目した。データベースに存在するLi-Cl化合物に対して、イオン伝導度、変形能、熱力学的安定性の指標として、Li+イオン移動エネルギー、バルク弾性率、分解エネルギーが網羅計算された。その中で、3つの指標とも有望な値を示す単斜晶LiAlCl4に注目した。XRDと7Li-MAS NMRの測定から、メカノケミカル合成されたLiAlCl4は単斜晶ホスト構造を持ち、少量のLi (2.5%) が計算で示された高イオン伝導経路上の準安定サイトを占有していることがわかった。その結果、その圧粉体は室温で従来の固体合成試料の20倍にあたるイオン伝導度 (2.1×10-5 S cm-1) を示した。また、SEM観察および緩和時間分布解析の結果、粒子間のネッキングが大きい緻密な圧粉体は全抵抗値に対する粒界抵抗の寄与が少なく(7.5%)、その圧粉体を使用したLi金属対称セルは、高電流密度 (0.1 mA cm-2) で70サイクルの間、短絡や過電圧上昇のない良好なサイクル性能を示した。

    添付ファイル: Manuscript file.pdf

    DOI: 10.1021/acsmaterialslett.0c00127

    Web of Science

  • Nanotube-structured Na2V3O7 as a Cathode Material for Sodium-Ion Batteries with High-rate and Stable Cycle Performances 査読あり 国際誌

    Naoto Tanibata, Yuki Kondo, Shohei Yamada, Masaki Maeda, Hayami Takeda, Masanobu Nakayama, Toru Asaka, Ayuko Kitajou, Shigeto Okada

    Scientific Reports   8 ( 1 )   17199 - 17199   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Nature  

    結晶構造データベースに対するイオン伝導の活性化エネルギーの網羅計算により、効率的に新規な高速ナトリウムイオン伝導体を発見した。その酸化物材料を用いたナトリウムイオン電池は、報告されている中でも高いレート特性とサイクル特性を示した。また、電気化学測定と第一原理計算を組み合わせ、更なる高性能化に向けた設計指針を明らかにした。

    添付ファイル: s41598-018-35608-9.pdf

    DOI: 10.1038/s41598-018-35608-9

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Materials Informatics for Thermistor Properties of Mn–Co–Ni Oxides 査読あり

    Shogo Hashimura, Yudai Yamaguchi, Hayami Takeda, Naoto Tanibata, Masanobu Nakayama, Naohiro Niizeki, Takayuki Nakaya

    The Journal of Physical Chemistry C   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society (ACS)  

    DOI: 10.1021/acs.jpcc.3c03114

  • Drawing a materials map with an autoencoder for lithium ionic conductors 査読あり

    Yudai Yamaguchi, Taruto Atsumi, Kenta Kanamori, Naoto Tanibata, Hayami Takeda, Masanobu Nakayama, Masayuki Karasuyama, Ichiro Takeuchi

    Scientific Reports   13 ( 1 )   2023年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    Abstract

    Efforts to optimize known materials and enhance their performance are ongoing, driven by the advancements resulting from the discovery of novel functional materials. Traditionally, the search for and optimization of functional materials has relied on the experience and intuition of specialized researchers. However, materials informatics (MI), which integrates materials data and machine learning, has frequently been used to realize systematic and efficient materials exploration without depending on manual tasks. Nonetheless, the discovery of new materials using MI remains challenging. In this study, we propose a method for the discovery of materials outside the scope of existing databases by combining MI with the experience and intuition of researchers. Specifically, we designed a two-dimensional map that plots known materials data based on their composition and structure, facilitating researchers’ intuitive search for new materials. The materials map was implemented using an autoencoder-based neural network. We focused on the conductivity of 708 lithium oxide materials and considered the correlation with migration energy (ME), an index of lithium-ion conductivity. The distribution of existing data reflected in the materials map can contribute to the development of new lithium-ion conductive materials by enhancing the experience and intuition of material researchers.

    DOI: 10.1038/s41598-023-43921-1

    その他リンク: https://www.nature.com/articles/s41598-023-43921-1

  • Characterization of a Novel Chloride Li-ion Conductor Li<sub>2</sub>LuCl<sub>5</sub> 査読あり

    Shin AIZU, Naoto TANIBATA, Hayami TAKEDA, Masanobu NAKAYAMA

    Electrochemistry   2023年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Electrochemical Society of Japan  

    DOI: 10.5796/electrochemistry.23-00063

  • Optimization of force-field potential parameters using conditional variational autoencoder 査読あり

    Koki Matsunoshita, Yudai Yamaguchi, Masato Hamaie, Motoki Horibe, Naoto Tanibata, Hayami Takeda, Masanobu Nakayama, Masayuki Karasuyama, Ryo Kobayashi

    Science and Technology of Advanced Materials: Methods   3 ( 1 )   2023年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Informa UK Limited  

    DOI: 10.1080/27660400.2023.2253713

  • Increasing the Sodium Metal Electrode Compatibility with the Na<sub>3</sub>PS<sub>4</sub> Solid‐State Electrolyte through Heteroatom Substitution 査読あり

    Lieven Bekaert, Suzuno Akatsuka, Naoto Tanibata, Frank De Proft, Annick Hubin, Mesfin Haile Mamme, Masanobu Nakayama

    ChemSusChem   16 ( 20 )   2023年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    Abstract

    Rechargeable batteries are essential to the global shift towards renewable energy sources and their storage. At present, improvements in their safety and sustainability are of great importance as part of global sustainable development goals. A major contender in this shift are rechargeable solid‐state sodium batteries, as a low‐cost, safe, and sustainable alternative to conventional lithium‐ion batteries. Recently, solid‐state electrolytes with a high ionic conductivity and low flammability have been developed. However, these still face challenges with the highly reactive sodium metal electrode. The study of these electrolyte‐electrode interfaces is challenging from a computational and experimental point of view, but recent advances in molecular dynamics neural‐network potentials are finally enabling access to these environments compared to more computationally expensive conventional ab‐initio techniques. In this study, heteroatom‐substituted Na<sub>3</sub>PS<sub>3</sub>X<sub>1</sub> analogues, where X is sulfur, oxygen, selenium, tellurium, nitrogen, chlorine, and fluorine, are investigated using total‐trajectory analysis and neural‐network molecular dynamics. It was found that inductive electron‐withdrawing and electron‐donating effects, alongside differences in heteroatom atomic radius, electronegativity, and valency, influenced the electrolyte reactivity. The Na<sub>3</sub>PS<sub>3</sub>O<sub>1</sub> oxygen analogue was found to have superior chemical stability against the sodium metal electrode, paving the way towards high‐performance, long lifetime and reliable rechargeable solid‐state sodium batteries.

    DOI: 10.1002/cssc.202300676

  • Assessing the Reactivity of the Na<sub>3</sub>PS<sub>4</sub> Solid-State Electrolyte with the Sodium Metal Negative Electrode Using Total Trajectory Analysis with Neural-Network Potential Molecular Dynamics 査読あり

    Lieven Bekaert, Suzuno Akatsuka, Naoto Tanibata, Frank De Proft, Annick Hubin, Mesfin Haile Mamme, Masanobu Nakayama

    The Journal of Physical Chemistry C   127 ( 18 )   8503 - 8514   2023年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society (ACS)  

    DOI: 10.1021/acs.jpcc.3c02379

  • Screening chloride Li-ion conductors using high-throughput force-field molecular dynamics 査読あり

    Shin Aizu, Shuta Takimoto, Naoto Tanibata, Hayami Takeda, Masanobu Nakayama, Ryo Kobayashi

    JOURNAL OF THE AMERICAN CERAMIC SOCIETY   106 ( 5 )   3035 - 3044   2023年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jace.18991

    Web of Science

全件表示 >>

書籍等出版物

MISC

  • 材料シミュレーションとベイズ最適化を用いた高Liイオン伝導体の高効率組成最適化

    中野高毅, 谷端直人, 谷端直人, 武田はやみ, 武田はやみ, 中山将伸, 中山将伸, 中山将伸, 野田祐輔, 小林亮, 小林亮, 竹内一郎, 竹内一郎, 竹内一郎

    電気化学会大会講演要旨集(CD-ROM)   87th   2020年

     詳細を見る

  • 第一原理計算によるMgイオン伝導体MgZr4(PO4)6のイオン伝導度および相安定性評価

    中野高毅, 野田祐輔, 谷端直人, 谷端直人, 中山将伸, 中山将伸, 中山将伸, 梶原浩一, 金村聖志

    化学電池材料研究会ミーティング講演要旨集   21st   2019年

     詳細を見る

  • 第一原理計算による岩塩型正極材料LiNb<sub>1/3</sub>Ni<sub>2/3</sub>O<sub>2</sub>の電荷補償機構解析

    原田真帆, 谷端直人, 谷端直人, 野田祐輔, 中山将伸, 中山将伸, 中山将伸, 薮内直明

    Journal of Flux Growth   13 ( 2 )   2018年

     詳細を見る

  • 材料シミュレーションによるNASICON型Liイオン伝導体の相安定性と導電性評価

    中野高毅, 大竹将成, 宮路康裕, 谷端直人, 小林亮, 小林亮, 野田祐輔, 武田はやみ, 武田はやみ, 中山将伸, 中山将伸, 中山将伸

    日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   31st   2018年

     詳細を見る

講演・口頭発表等

  • アモルファス硫化物電極活物質におけるアニオンレドックスと分相

    赤塚涼乃, 谷端直人, 武田はやみ, 中山将伸

    第62回セラミックス基礎科学討論会  2024年01月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年01月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • ニューラルネットワーク力場を用いたメリライト型酸化物の分子動力学計算

    小山翼, 谷端直人, 武田はやみ, 中山将伸, Steffen-Grieshammer, Judith-Schue

    第62回セラミックス基礎科学討論会  2024年01月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年01月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Application of LSTM machine learning to battery emulators 国際会議

    Kanato Oka, Naoto Tanibata, Hayami Takeda, Masanobu Nakayama

    Advanced Materials Research GRAND MEETING MRM2023 IUMRS-ICA2023  2023年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kyoto   国名:日本国  

  • ニューラルネットワーク力場によるスピネル正極材料におけるMgイオン拡散評価

    中原陸, 相津新, 堀部元基, 横山弓夏, 谷端直人, 武田はやみ, 中山将伸, 下川航平, 市坪哲

    日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会  2023年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高エネルギー密度全固体リチウムイオン電池のための塩化物正極材料の検討と設計指針

    笹平拓寛, 相津新, 谷端直人, 武田はやみ, 中山将伸

    日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会  2023年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 実験とインフォマティクスを併用した酸化物サーミスタ材料の特性予測

    加藤 央, 牧野圭祐, 橋村祥吾, 谷端直人, 武田はやみ, 中山将伸, 新関尚宏, 中谷孝之

    日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会  2023年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 固体電解質材料リン酸タンタルリチウムの合成条件最適化

    柴﨑未妃, 村上健斗, 武田はやみ, 谷端直人, 中山将伸

    日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会  2023年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • マテリアルズ・インフォマティクスによるオリビン型LiMXO4の因子探索

    牛腸巧一, 濱家雅人, 谷端直人, 武田はやみ, 中山将伸

    日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会  2023年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • レドックス準位チューニングによる高電位塩化物電極の開発

    谷端直人, 相津新, 武田はやみ, 中山将伸

    第64回電池討論会  2023年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • Naイオン伝導性塩化物材料のハイスループットスクリーニング計算とNMR測定による拡散性評価

    谷端 直人, 野中 直貴, 武田 はやみ, 中山 将伸, 小林 亮

    第49回固体イオニクス討論会  2023年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

全件表示 >>

産業財産権

受賞

  • 若手研究イノベータ奨励賞

    2020年03月   名古屋工業大学  

    谷端直人

  • 若手研究イノベータ奨励賞

    2019年03月   名古屋工業大学  

    谷端 直人

  • 第12回固体イオニクスセミナー 若手依頼講演 講演奨励賞

    2018年09月   日本固体イオニクス学会   ナトリウムイオン電池用新規 Na2V3O7電極の特性評価と第一原理計算による拡散機構解析

    谷端 直人

  • ベストプレゼンテーション賞

    2016年09月   日本セラミックス協会  

    谷端 直人

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  • Excellent Presentation Award 2016

    2016年08月   日本セラミックス協会ガラス部会  

    谷端 直人

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  • TECHNOVATION大賞

    2016年03月   足立一馬基金  

    谷端 直人

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞 

  • 関西電気化学奨励賞

    2015年12月   関西電気化学研究会  

    谷端 直人

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  • ベストプレゼンテーション賞

    2015年09月   日本セラミックス協会  

    谷端 直人

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  • Excellent Presentation Award 2015

    2015年08月   日本セラミックス協会ガラス部会  

    谷端 直人

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  • 学生講演賞

    2015年07月   日本セラミックス協会関西支部  

    谷端 直人

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 高成形性を有する新規イオン伝導体を用いた高エネルギー密度全固体電池の実現

    2021年04月 - 2022年03月

    永井科学技術財団  研究奨励金 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 次世代型高容量二次電池用アモルファス電極における硫黄レドックス制御と創成

    研究課題/領域番号:19K15657  2019年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  若手研究(B)

    谷端直人

     詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

  • 学内研究推進経費

    2019年04月 - 2020年03月

    名古屋工業大学  学内研究推進経費 

    谷端直人

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 硫化物単味電極を用いた次世代全固体ナトリウム電池の開発

    2018年04月 - 2019年03月

    民間財団等 一般財団法人東海産業技術振興財団  研究助成金 

    谷端直人

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:700000円

  • 全固体ナトリウム‐硫黄電池の実現にむけた材料および構造に関する研究

    研究課題/領域番号:15J12341  2015年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費  特別研究員奨励費

    谷端 直人

     詳細を見る

    配分額:1700000円 ( 直接経費:1700000円 )

    本年度は、前年度に引き続き、従来の電極よりも高容量を示す「十硫化四リンを用いたアモルファス状硫黄電極」についての研究を行った。本年度は、核磁気共鳴分光 (NMR) 測定や光電子分光 (XPS) 測定などを測定し、全固体ナトリウム電池における十硫化四リンを用いたアモルファス状硫黄電極の構造解析を行った。これらの構造解析を複合的に考慮した結果、充放電に伴い、イオン伝導パスが形成される充放電機構を明らかにした。また、透過電子顕微鏡による硫黄電極の観察から、そのイオン伝導パスがナノスケールで結晶化している様子が観測された。
    一方、十硫化四リンを用いたアモルファス状硫黄電極を用いた全固体リチウム電池は、全固体ナトリウム電池より高容量を示す。全固体リチウム電池においても構造解析を行った結果、ナトリウム系と同様の充放電反応が進行していることが明らかになった。しかし、リチウム系においては、充放電後の結晶化は生じていないことが明らかになった。これらの結果から、ナトリウム系におけるイオン伝導パスの結晶化は容量劣化の要因になると考えられる。そこで、十硫化四リンの一部を二硫化ケイ素に置き換え多成分化することによって、この結晶化の抑制に成功した。その結果、充放電容量も増加し、全固体ナトリウム電池における最大の充放電容量を達成した。これらの研究内容に関しては、日本セラミックス協会や関西電気化学研究会などからポスター賞を受賞している。

その他競争的資金獲得実績

  • 高成形性を有する新規イオン伝導体を用いた高エネルギー密度全固体電池の実現

    2021年04月 - 2022年03月

    永井科学技術財団  研究奨励金 

    谷端 直人

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 学内研究推進経費

    2019年04月 - 2020年03月

    名古屋工業大学  学内研究推進経費 

    谷端 直人、谷端直人

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 硫化物単味電極を用いた次世代全固体ナトリウム電池の開発

    2018年04月 - 2019年03月

    民間財団等 一般財団法人東海産業技術振興財団  研究助成金 

    谷端 直人、谷端直人

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 全固体ナトリウム‐硫黄電池の実現にむけた材料および構造に関する研究

    2015年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費 

    谷端 直人、谷端 直人

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    本年度は、前年度に引き続き、従来の電極よりも高容量を示す「十硫化四リンを用いたアモルファス状硫黄電極」についての研究を行った。本年度は、核磁気共鳴分光 (NMR) 測定や光電子分光 (XPS) 測定などを測定し、全固体ナトリウム電池における十硫化四リンを用いたアモルファス状硫黄電極の構造解析を行った。これらの構造解析を複合的に考慮した結果、充放電に伴い、イオン伝導パスが形成される充放電機構を明らかにした。また、透過電子顕微鏡による硫黄電極の観察から、そのイオン伝導パスがナノスケールで結晶化している様子が観測された。
    一方、十硫化四リンを用いたアモルファス状硫黄電極を用いた全固体リチウム電池は、全固体ナトリウム電池より高容量を示す。全固体リチウム電池においても構造解析を行った結果、ナトリウム系と同様の充放電反応が進行していることが明らかになった。しかし、リチウム系においては、充放電後の結晶化は生じていないことが明らかになった。これらの結果から、ナトリウム系におけるイオン伝導パスの結晶化は容量劣化の要因になると考えられる。そこで、十硫化四リンの一部を二硫化ケイ素に置き換え多成分化することによって、この結晶化の抑制に成功した。その結果、充放電容量も増加し、全固体ナトリウム電池における最大の充放電容量を達成した。これらの研究内容に関しては、日本セラミックス協会や関西電気化学研究会などからポスター賞を受賞している。

 

担当経験のある授業科目(学外)

  • 化学実験

    2017年10月 - 現在 機関名:名古屋工業大学

  • セラミックス応用学実験Ⅰ

    2017年04月 - 現在 機関名:名古屋工業大学

  • 生命・応用化学セミナー3、4

    2017年04月 - 現在 機関名:名古屋工業大学

  • 生命・応用化学セミナー1、2

    2017年04月 - 現在 機関名:名古屋工業大学

  • セラミックス応用学実験Ⅱ

    2017年04月 - 現在 機関名:名古屋工業大学

全件表示 >>

教育活動に関する受賞

  • ベストディスカッション賞

    2019年06月   東海若手セラミスト懇話会

     詳細を見る

    指導学生 (B4) が第58回 東海若手セラミスト懇話会 2019年 夏期セミナーにおいて、ベストディスカッション賞を受賞した。

  • 最優秀発表賞

    2019年06月   東海若手セラミスト懇話会

     詳細を見る

    指導学生 (B4) が第58回 東海若手セラミスト懇話会 2019年 夏期セミナーにおいて、最優秀発表賞を受賞した。

  • 名古屋工業会賞

    2019年03月   名古屋工業会

     詳細を見る

    指導学生 (M1) が名古屋工業会賞を受賞した。

  • 優秀講演賞

    2018年12月   日本セラミックス協会東海支部

     詳細を見る

    指導学生 (B4) が日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会において、優秀講演賞を受賞した。

  • Best Poster Award (silver award)

    2018年11月   国際学会ENGE 2018

     詳細を見る

    指導学生 (M1) が国際学会ENGE 2018において、Best Poster Award (silver award)を受賞した。

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項

  • 生命・応用化学教育類の2年生のクラス委員

    2019年04月 - 2020年03月

  • 生命・応用化学教育類の1年生のクラス委員

    2018年04月 - 2019年03月

 

委員歴

  • 日本セラミックス協会   第58回セラミックス基礎科学討論会 現地実行委員  

    2019年10月 - 2020年01月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本化学会電気化学ディビジョン科学電池材料研究会   日本化学会電気化学ディビジョン科学電池材料研究会 第12回日仏電池セミナー 12th Japan-France Joint Seminar on Batteries事務局   

    2018年09月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本セラミックス協会   第31 回秋季シンポジウム現地実行委員  

    2018年09月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

社会貢献活動

  • 名古屋産業振興公社 異業種交流会 講演

    役割:講師

    公益財団法人名古屋産業振興公社  異業種交流会  2021年09月

  • あいちSTEM能力育成事業「知の探究講座」を講座および審査委員

    役割:実演

    2019年11月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  • 高速充放電可能な次世代電池用セラミックスの発見

    役割:講師

    名古屋工業大学  公開講座  2019年11月

  • 名古屋工業大学 公開講座 発表

    役割:講師

    2019年10月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, 企業

    種別:講演会

  • オンライン国際研究広報「EurekAlert!」に研究成果掲載

    2019年02月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般, 学術団体, 企業, メディア

    種別:インターネット

    オンライン国際研究広報「EurekAlert!」に研究成果掲載
    12,762 PV/掲載一週間; 本学からのリリースで過去最多

  • あいちSTEM能力育成事業「知の探究講座」講座および審査委員担当

    役割:講師, 実演

    愛知県  2018年 - 2019年

  • 研究室見学

    役割:講師, 実演

    名古屋工業大学  オープンキャンパス  2018年

  • 研究室見学

    役割:講師, 実演

    名古屋工業大学  オープンキャンパス  2017年

メディア報道

学術貢献活動

  • 第58回セラミックス基礎科学討論会 現地実行委員

    役割:企画立案・運営等

    日本セラミックス協会  2020年

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  • 日本セラミックス協会 第31 回秋季シンポジウム現地実行委員

    役割:企画立案・運営等

    日本セラミックス協会  2018年

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 日本化学会電気化学ディビジョン科学電池材料研究会 第12回日仏電池セミナーの事務局 12th Japan-France Joint Seminar on Batteriesを開催

    役割:企画立案・運営等

    日本化学会電気化学ディビジョン科学電池材料研究会  2018年

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等