松浦 千佳子 (マツウラ チカコ)

MATSUURA Chikako

写真a

所属学科・専攻等

基礎教育類
社会工学専攻 経営システム分野
工学教育総合センター

職名

准教授

出身大学

  •  
    -
    1985年03月

    名古屋大学   文学部   文学科・言語学専攻   卒業

出身大学院

  •  
    -
    1998年03月

    ニューカッスル大学  -  応用言語学修士課程  修了

  •  
    -
    1993年03月

    名古屋大学  文学研究科  言語学博士課程  単位取得満期退学

  •  
    -
    1989年03月

    名古屋大学  文学研究科  言語学修士課程 

取得学位

  • ニューカッスル大学 -  文学修士

  • 名古屋大学 -  文学修士

所属学会・委員会

  •  
     
     

    連合王国応用言語学会

  •  
     
     

    IDE大学協会

  •  
     
     

    日本工学教育協会

  •  
     
     

    日本言語学会

専門分野(科研費分類)

  • その他

  • 外国語教育

  • 言語学

 

研究経歴

  • 工学部専攻学部生のための英語プレゼンテーション教育法の構築

    個人研究   科学研究費補助金  

    研究期間:  2009年04月  -  2011年03月

  • 工学者向け発信型英語教育システムの構築-論文作成とそれに関わる口頭表現の解析

    国内共同研究   科学研究費補助金  

    研究期間:  2003年09月  -  2005年03月

  • 言界論

    個人研究  

    研究期間:   - 

論文

  • 歌を利用した英語コミュニケーション教育の報告―名古屋工業大学における試み

    松浦 千佳子, 甚目 裕夫, 西田 智裕, 伊藤 孝紀

    工学教育研究講演会講演論文集 ( 工学教育研究会 )    396 - 397   2018年08月  [査読有り]

    研究論文(その他学術会議資料等)   共著

  • 口と目を拓くプレゼンテーション

    松浦 千佳子

    New Directions 36 ( 名古屋工業大学共通教育・英語 )  36   43 - 55   2018年03月

    研究論文(大学,研究機関紀要)   単著

    This paper discusses Japanese students' learning style of English by reviewing the author's presentation classes in 2017. The mainstream of Japanese education is still a passive one: Students learn while taking notes and study for writing or listening exams. This leaning style of English seems to be affected by Japanese language with lots of Kanji characters. Students tend to memorize each word of English by associating its meaning, just like memorizing a Kanji character.
    This kind of learning style is suitable for mulling over an idea, but not really for transmitting ideas. In fact, students have few opportunities of training for their clear voice. Their postures are not prepared for speaking.
    Therefore, it should be effective to focus on their physical properties, postures, to make their speech clear in English classes at the university level. In order to do this, presentation classes in English must be effective, and in those classes teachers should observe their students' postural habits and give appropriate feedback with various cues.

  • 歌を利用した英語コミュニケーション教育

    松浦 千佳子, 甚目 裕夫

    Trans/Actions ( 名古屋工業大学産業文化研究会 )  3   2018年

    研究論文(学術雑誌)   共著

    The cultural setting of the body is the source of language, and in the field of Opera the clarity of language is trained in order to make a song communicate to the audience. This method – diction – seems to be ideal for Japanese learners of English whose setting of the body and the use of the diaphragm are far different from those of English speakers. In this paper, we introduce our attempt of teaching English with the idea of diction for practical communication skills in English. The attempt is unique as students are made to be conscious of their setting of the body through special lectures, they have practices of using their body in giving presentations in English, and also the findings are programmed as an opus – NITech Music Project.

  • 名工大音楽プロジェクト―その意図と成果

    松浦千佳子、甚目裕夫

    Trans/Actions ( 名古屋工業大学産業文化研究会 )  2   247 - 268   2017年11月

    研究論文(大学,研究機関紀要)   共著

    NITech Music Project is based on our idea that the experience of specific performance of music helps to develop sensibility for global communication. While programming music events, we have been trying to “engineer” music as phenomena by proposing a spectrum which covers variety of music from minimum to maximum.
    Through the two events, we have shown that ①different cultural settings of the body lead to different kinds of music and different ways of perceiving intonation, and ②superb performance facilitates dialogues between professionals and amateurs. In future events, we intend to extend our programme in order to provide a new approach in education.

  • 「ことば」の身体的特徴-音楽的視点からー

    松浦千佳子

    New Directions 35 ( 名古屋工業大学 共通教育・英語 )  35   45 - 54   2017年03月

    研究論文(大学,研究機関紀要)   単著

    This paper discusses physical characteristics of talking - physio-psychological and cultural elements - from the perspective of music - especially that of Bel Canto. Along with this discussion, Japanese idiosyncratic elements are summarized to help teachers who teach Japanese to talk in English.

  • Cultural aspects of techniques of the body for vocalization

    Chikako MATSUURA, Hiroo HADAME

    Trans/Actions ( 名古屋工業大学産業文化研究会 )  ( 1 )   2016年12月  [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 英語プレゼンテーションー知識から表現へ

    松浦 千佳子

    New Directions34 ( 名古屋工業大学共通教育・英語 )  34   27 - 34   2016年03月

    研究論文(大学,研究機関紀要)   単著

  • 英語で表現する

    松浦千佳子

    New Directions   33   79 - 87   2015年03月

    研究論文(大学,研究機関紀要)   単著

    英語表現における日本語話者の技術的適応についてまとめ、英語表現のために必要な言葉の明瞭さという観点から、大学での英語教育において必要と思われるところをまとめた。

  • 発声のための呼吸-効果的なプレゼンテーションのために

    松浦千佳子

    New Directions   32   35 - 44   2014年03月

    研究論文(その他学術会議資料等)   単著

    効果的なプレゼンテーションの前提条件ともいえる声、特にそれを支える呼吸について生理的な基礎をまとめ、近年の日本人特有の問題を指摘し、それに対してどのような教育的方策がとれるのか提言した。

  • 通る声について―その仕組みとエクササイズ

    松浦千佳子

    New Directions   30   37 - 44   2012年03月

    研究論文(大学,研究機関紀要)   単著

    発声の仕組みをまとめ、よく通る声とその出し方について考察した。

全件表示 >>

著書

  • 睡眠と覚醒

    ナサニエル・クライトマン、粥川裕平、松浦千佳子 (担当: その他 , 担当範囲: 全訳 )

    ライフサイエンス  2013年03月 ISBN: 978-4-89801-441-7

    睡眠学の父、ナサニエル・クライトマン博士の名著の全訳。睡眠とは何か、REM睡眠とはいかなるものか、24時間の生体リズムの実証的研究データとともにきめ細かく記述された、睡眠研究のバイブルである。

  • 失語症ー統語障害者の助詞について

    - (担当: 単著 )

    和泉書院  1992年04月 ISBN: 4-87088-535-2

  • 3-5歳児の色彩語彙の発達について

    - (担当: 単著 )

    文化評論社  1986年04月 ISBN: 4-8302-2225-5

研究発表

  • 歌を利用した英語コミュニケーション教育の報告―名古屋工業大学における試み

    松浦 千佳子, 甚目 裕夫, 西田 智裕, 伊藤 孝紀

    工学教育研究会  (名古屋工業大学)  2018年08月  -  2018年08月  工学教育研究会

  • The Effect of Grade Entitlement Attitudes on English Programs in Japanese Universities

    -

    Foreign Language Learning and Teaching (FLLT 2009)  2009年04月  -  2009年04月 

  • Cultural Influence in Acquiring Logical Development by Japanese Engineering Undergraduates

    -

    42th Annual Meeting of the British Association for Applied Linguistics  2009年04月  -  2009年04月 

  • Instructing Japanese Engineering Undergraduates in Logical Development of English

    -

    Cutting Edges Congerence 2009  2009年04月  -  2009年04月 

受託研究受入実績

  • 音楽プロジェクト

    提供機関: 松浦千佳子  一般受託研究

    研究期間: 2016年01月  -  現在  代表者: 松浦千佳子

    音楽的見地から外国語での発声について探究し、考察する場を提供する。

 
 

社会貢献活動

  • 第3回音楽プロジェクトコンサート

    松浦 千佳子  (NITechホール)  2018年03月  -  2018年03月

    NITechホールにてコンサートを主催、企画、運営。学内外また、近隣の福祉施設の児童も招待。

  • 音楽プロジェクト第2回特別演奏会

    松浦千佳子  2017年03月  -  2017年03月

  • 音楽プロジェクト番外編

    2016年10月  -  2016年10月

  • 音楽プロジェクト

    名古屋工業大学  (名古屋工業大学)  2016年03月  -  2016年03月

    学内・学外者を対象にプロのオペラ歌手によるレクチャーコンサートを開催