小野 克彦 (オノ カツヒコ)

ONO Katsuhiko

写真a

所属学科・専攻等

生命・応用化学教育類 生命・物質化学分野/創造工学教育類
生命・応用化学専攻 生命・物質化学分野

職名

准教授

ホームページ

http://ono.web.nitech.ac.jp

研究分野・キーワード

有機機能化学、超分子化学、有機エレクトロニクス、有機半導体、有機太陽電池、ナノチューブ、ホウ素化合物

出身大学

  •  
    -
    1990年03月

    信州大学   理学部   化学   卒業

出身大学院

  • 1992年04月
    -
    1995年03月

    総合研究大学院大学  数物科学研究科  構造分子科学博士課程  修了

  • 1990年04月
    -
    1992年03月

    信州大学  理学研究科  化学修士課程  修了

取得学位

  • 信州大学 -  修士(理学)

  • 総合研究大学院大学 -  博士(理学)

所属学会・委員会

  •  
     
     

    アメリカ化学会

  •  
     
     

    有機合成化学協会

  •  
     
     

    日本化学会

  •  
     
     

    基礎有機化学会

専門分野(科研費分類)

  • 機能物性化学

  • 有機化学

取得資格

  • エックス線作業主任者

 

研究経歴

  • 新奇な分子デザインに基づく有機半導体の開発

    個人研究  

    研究期間:   - 

  • 超分子ナノチューブの形成と水の機能発現に関する研究

    個人研究  

    研究期間:   - 

  • 太陽電池色素を目指した新規ドナー-π-アクセプタ系の合成研究

    個人研究  

    研究期間:   - 

論文

全件表示 >>

著書

  • 光合成研究と産業応用最前線

    園池 公毅 他 (担当: 共著 )

    株式会社 エヌ・ティー・エス  2014年12月 ISBN: 978-4-86043-412-0

  • 有機エレクトロニクスの展開 ~最新開発状況と実用化への課題~

    - (担当: 共著 )

    株式会社情報機構  2007年09月 ISBN: 9784901677851

総説・解説記事

  • ホウ素元素をいかに利用するか?-有機ホウ素錯体の研究動向

    小野 克彦

    化学 ( 株式会社化学同人 )  74 ( 9 ) 70 - 71   2019年09月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 有機化学者が挑む「水」の化学

    小野克彦

    ごきそ ( 名古屋工業会 )  ( 455 ) 9 - 12   2013年09月

    総説・解説(その他)   単著

研究発表

  • Synthesis, photoluminescence properties, and crystal structures of 2,5-diaryl-N-Boc-pyrroles

    Takuya Matsuoka, Yuya Makino, Katsuhiko Ono

    3nd FRIMS International Symposium on Frontier Materials  2019年11月  -  2019年11月 

  • Synthetic method for 6,13-dihydroxyquinacridone via difluoroboron chelation to quinacridonequinone

    Masayuki Takeda, Koichiro Moriya, Katsuhiko Ono

    3nd FRIMS International Symposium on Frontier Materials  2019年11月  -  2019年11月 

  • Solid-state electronic properties based on assembly of 4,4’-bis[(6,6’-diphenyl)-2,2-difluoro-1,3,2-dioxaborine]

    Yoshitaka Mori, Fumiyasu Ishikawa, Katsuhiko Ono

    3nd FRIMS International Symposium on Frontier Materials  2019年11月  -  2019年11月 

  • キナクリドンキノンへのホウ素キレート化による6,13‐ジヒドロキシキナクリドンの合成

    小野克彦、森谷晃一朗、島田涼平

    第30回基礎有機化学討論会  2019年09月  -  2019年09月 

  • Boron β-Ketoiminate Dye Sensitizers Containing Linear D-π-A Structures

    Fumina Yumioka, Katsuhiko Ono

    International Symposium on Optobiotechnology   2019年02月  -  2019年02月 

  • Synthesis and Absorption Properties of Bis(dioxaborin) Derivatives

    Yoshitaka Mori, Fumiyasu Ishikawa, Katsuhiko Ono

    International Symposium on Optobiotechnology   2019年02月  -  2019年02月 

  • Synthesis and Properties of N-Boc-Pyrrole Derivatives as p-Type Semiconductors

    Takuya Matsuoka, Yuya Makino, Yuta Imaeda, Katsuhiko Ono

    International Symposium on Optobiotechnology   2019年02月  -  2019年02月 

  • Synthesis and Absorption Properties of (1,3-Diketonato)boron Difluoride Derivatives with π-Extended Triphenylamine

    Yuki Sakura, Keisuke Banno, Katsuhiko Ono

    International Symposium on Optobiotechnology   2019年02月  -  2019年02月 

  • N-Bocピロールを用いた熱変換型有機半導体分子の開発

    松岡拓哉, 牧野雄也, 今枝優太, 小野克彦

    第49回中部化学関係学協会支部連合秋季大会(名古屋)  (名古屋大学)  2018年11月  -  2018年11月 

  • キナクリドンキノンホウ素錯体の構造及びその応用

    森谷晃一朗, 島田涼平, 小野克彦

    第49回中部化学関係学協会支部連合秋季大会(名古屋)  (名古屋大学)  2018年11月  -  2018年11月 

全件表示 >>

工業所有権

  • 超分子構造を有する超極細ホースの合成

    特願 特許出願平18-247184  特許 5167533

    -

その他研究活動

  • 新聞発表:化学工業日報

    2008年12月  -  2008年12月

  • 新聞発表:中日新聞

    2006年06月  -  2006年06月

学術関係受賞

  • 名古屋工業大学職員褒賞(優秀賞)

    2009年11月25日   -  

    受賞者:  -

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 有機薄膜太陽電池に最適化された非フラーレンn型半導体の新規モチーフ開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2019年04月  -  2022年03月 

  • ホウ素錯体をクロモフォアとする太陽電池色素の高性能化

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年10月  -  2018年03月 

  • ホウ素錯体による有機π電子系の機能化とn型半導体の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月 

  • 環境に調和した有機トランジスタ作製プロセスの開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2008年04月  -  2011年03月 

  • マクロサイクルによって形成される超分子ナノ構造体と高次機能の調査

    基盤研究(C)

    研究期間:  2007年04月  -  2009年03月 

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動

  • 2018年
    -
    現在

    日本化学会   東海支部常任幹事