小畑 誠 (オバタ マコト)

OBATA Makoto

写真a

所属学科・専攻等

社会工学教育類 環境都市分野
社会工学専攻 環境都市分野

職名

理事

メールアドレス

メールアドレス

出身大学

  • 1978年04月
    -
    1982年03月

    東京大学   工学部   土木工学   卒業

出身大学院

  •  
    -
    1985年03月

    ノースウェスタン大学  -  博士課程  修了

  •  
    -
    1984年03月

    ノースウェスタン大学  -  修士課程  修了

  •  
    -
    1982年

    東京大学  工学系研究科  土木工学修士課程  中退

取得学位

  • ノースウェスタン大学 -  Ph.D.-

  • ノースウェスタン大学 -  M.S.

学外略歴

  • 1985年04月
    -
    1987年03月

      カリフォルニア大学サンディエゴ校   研究員

所属学会・委員会

  • 1982年04月
    -
    継続中

    土木学会

専門分野(科研費分類)

  • 構造工学・地震工学・維持管理工学

 

研究経歴

  • 鋼橋の腐食環境のシミュレーション

    国内共同研究  

    研究期間:  2008年04月  -  現在

論文

  • 支承用ゴムの多軸載荷下の応力ひずみ関係の改良

    小畑誠,海老澤健正,後藤芳顯

    土木学会論文集A1 ( 土木学会 )  76 ( 2 ) 320 - 330   2020年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    ゴム支承は橋の耐震設計において重要な役割を果たすため,その変形特性と破壊特性を正確に評価すること
    が必要である.ゴム支承のゴム材料は,破壊するまで数百%もの巨大なせん断変形を受け,超弾性,可塑性,粘
    性などのゴム材料に固有の材料特性を持っているため,必然的に大変形問題と複雑な応力ひずみの関係を考慮
    する必要がある.そのため,ゴム支承の挙動の正確な数値シミュレーションについての多くの研究がなされて
    いる.本研究では,充填ゴムに特有の Mullins 効果およびこれまで深く論じられることが少なかったゴム材料の
    塑性挙動に注目する.そしてこれらの定式化に必要かつ合理的な改善を加え,実験結果をよりよく再現できる
    ことを示した.

  • 腐食環境評価のための浮遊塩分量調査とその数値予測について

    小畑誠,村上太郎

    構造工学論文集A   60 ( A ) 596 - 604   2014年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 局所および広域解析を組み合わせた付着塩分量推定法に関する研究

    小畑誠,李国泰,渡辺泰成,後藤芳顯

    構造工学論文集A   58   668 - 678   2012年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    It is important to estimate corrosion environment of steel bridges for a proper
    corrosion prevention and maintenance program. Adhered sea-salt particulate
    matter (SSPM) is an influential factor especially in coastal areas. To this end, it is
    better to know the adhesion behavior of SSPM to bridge girders. The objective of
    this manuscript is to pursue numerical method to simulate the adhesion behavior of
    salt particles oriented from sea surface. Specifically, two scale approach is
    proposed. Mesoscale Meteorological Analysis and Lagrangian type two phase
    flow analysis are used in global and local analyses respectively. The comparisons
    between the numerical and observed results showed that the numerical analysis can
    reproduce essential behaviors of airborne SSPM.

  • 円形鋼製橋脚の局部座屈部に生じた一つの延性破壊現象に関する解析的検討

    藤原英之,小畑誠,後藤芳顯

    構造工学論文集A   58   310 - 318   2012年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    In the 1995 Hyogoken Nanbu earthquake, steel structures failed in brittle failure modes that have been rarely observed before. Among them is brittle failure of a circular steel column after a severe elephant foot type buckling. These observations are followed by researches in various points of view. A convincing scenario is that an initial ductile fracture triggers eventual brittle crack propagation and it is in fact supported by some observations. The objective of this work is to pursue the possibility of a numerical analysis predicting initiation of such ductile cracks. Gurson type void damage plasticity model is modified to be valid for cyclic loading. These numerical results are compared to experimental observations.

  • YIELDING STEEL DAMPERS TO REPLACE CONCRETE SHEAR KEYS FOR SEISMIC RETROFIT OF BRIDGES WITH UNEQUAL HEIGHT PIERS

    Nailiang Xiang, Y Goto, Makoto Obata, M. Shahria Alam, Jianzhong Li

    Proc. 17th World Conference on Earthquake Engineering     2020年09月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

    Irregular multi-span continuous bridges with unequal height piers are commonly adopted in mountainous areas when crossing steep-sided valleys. As common practice, economical unbonded laminated rubber bearings and concrete shear keys are usually installed in such bridges as superstructure-to-substructure connections. In strong earthquakes, the sliding of rubber bearings and the shear key failure are mostly expected, which may weaken the seismic resistance of the irregular bridges. The current study is mainly divided into three parts: the first one investigates the effect of concrete shear keys on the transverse seismic performance of the irregular bridges by incorporating the potential sliding of laminated rubber bearings; the second part proposes the concept of using yielding steel dampers to replace shear keys for mitigating the irregular seismic responses of the unequal height bridges with the practical design method being developed; the third part demonstrates the retrofit effectiveness by conducting nonlinear time-history analyses. The results indicate that the existence of concrete shear keys increases the bridge irregularity by inducing a significant in-plane superstructure rotation response around the vertical axis, posing nonuniform displacement demands at the substructures. The shear keys also contribute to the unbalanced ductility demands on the unequal height substructures, rendering the taller piers more vulnerable to the seismic damages. This differs from the case with fixed bearings, where the shorter piers are more subjected to damages. Using yielding steel dampers that are appropriately designed as per the proposed method, the seismic rotations of the bridge superstructure can be considerably mitigated with a relatively uniform superstructure movement maintained. The steel dampers are also effective in distributing the inertia forces among the unequal height piers. The effectiveness of yielding steel dampers replacing concrete shear keys in unequal height irregular bridges is successfully verified by the results from the numerical simulation.

  • Passive seismic unseating prevention strategies implemented in highway bridges: A state-of-the-art review

    Nailiang Xiang , Yoshiaki Goto, Makoto Obata, M. Shahria Alam

    Engineering Strucures ( Elsevier )  194   77 - 93   2019年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Analysis of rubber bearing behavior with material deterioration

    Makoto Obata, Yoshiaki Goto

    Proceedings of ICASS2018     2018年12月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • 材料劣化を考慮した繰返し載荷下のゴム支承挙動の解析

    小畑誠,小岩千紗,後藤芳顯

    第20回性能に基づく橋梁等の耐震設計に関するシンポジウム講演論文集 ( 土木学会 )  1 ( 1 ) 335 - 338   2017年07月  [査読有り]

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   共著

    橋梁の耐震設計においてゴム支承は重要な役割を果たしており,その変形特性,破壊特性の的確な評価の必要性が高い.ゴム支承は破壊にいたるまでに数100%のせん断変形に耐えること,またいくつかのゴム材料特有の材料特性を持つことから,これまでにもゴム材料の挙動の精度良い数値解析を目指す研究が多くなされてきている.本研究ではこの中でもMullins効果に注目する.これは繰り返し載荷下にゴムの剛性が低下する現象であるが,これまでに導入されている定式化,例えばOgden-Roxburgh)などの方法では必ずしも実際の挙動をうまく再現できない場合がある.Nasdalaらはこの点について別の状態変数を導入することによる解決案を提案しているが,本研究ではこの点において変形にもとづくアプローチを提案する.

  • Ultimate Behavior of Steel and CFT Piers in Two-Span Continuous Elevated-Girder Bridge Models Tested by Shake-Table Excitations

    Yoshiaki Goto, Takemasa Ebisawa, Makoto Obata, Jianzhong Li, Yan Xu

    Journal of Bridge Engineering ( American Society of Civil Engineering )    2017年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 鋼製橋脚で支持された連続高架橋における積層ゴム支承の水平2方向地震動下の挙動特性

    奥村徹,海老澤健正,後藤芳顯,小畑誠,Jianzhong Li, Yan Xu

    第18回性能に基づく橋梁等の耐震設計に関するシンポジウム論文集   1   49 - 56   2015年07月  [査読有り]

    研究論文(その他学術会議資料等)   共著

全件表示 >>

研究発表

  • Effects of Land Use Data on Numerical Simulation of Corrosive caused by airborne seasalt particles

    Masato Fukushima, Seiya Suzuki

    ISSS2013  (Jeju, Korea)  2013年11月  -  2013年11月  KAIST

  • 土研式捕集タンクへの浮遊粒子の付着挙動の数値シミュレーション

    小畑誠

    土木学会全国大会  (千葉県)  2013年09月  -  2013年09月  土木学会

  • Numerical prediction of ductile crack initiation in a steel column under cyclic loading

    Makoto Obata, Hideyuki Fujiwara, Yoshiaki Goto

    ASCCS  (Singapore)  2012年07月  -  2012年07月  Singapore Structural Steel Society

  • 局所および広域解析を組み合わせた付着塩分量推定法に関する研究

    小畑誠,李国泰,渡辺泰成,後藤芳顯

    構造工学シンポジウム  (東京工業大学)  2012年04月  -  2012年04月  日本学術会議

  • Numerical estimation of corrosion environment by airborne sea salt particles

    Liu Chenchen, Makoto Obata

    GCCSEE  (Yichang)  2012年10月  -  2012年10月  Geoenviornmental Engineering Branch, Chinese Society for Rock Mechanics and Engineering

  • 沿岸部の飛来塩分量に及ぼすサーフゾーンの影響に関する研究

    横井俊哉,小畑誠

    土木学会全国大会  (名古屋市)  2012年09月  -  2012年09月  土木学会

  • 円形断面鋼製橋脚を持つ連続高架橋模型の2方向加振実験による終局挙動のFE解析

    海老澤健正,後藤芳顯,小畑誠,奥村徹,Li Jiangzhong

    土木学会全国大会  (岡山大学)  2015年09月  -  2015年09月  土木学会

  • マルチ振動台を用いた2径間連続高架橋模型の水平2方向加振実験

    後藤 芳顯,海老澤 健正,奥村 徹,小畑誠

    土木学会全国大会  (千葉県)  2013年09月  -  2013年09月  土木学会

  • 高解度地表面情報導入による飛来塩分量予測の改良

    村上 太郎,福島 雅人,鈴木 誠也,小畑 誠

    土木学会全国大会  (千葉県)  2013年09月  -  2013年09月  土木学会

  • ゴム材料の弾塑性挙動における降伏曲面の歪みの影響

    森井伸一,小畑誠,後藤芳顯

    第75回土木学会全国大会  (香川大学)  2019年09月  -  2019年09月  土木学会

全件表示 >>

工業所有権

  • 被測定物の外形測定方法及び外形測定装置

    特願 2009-109128 

    「小畑誠」「後藤芳顯」

学術関係受賞

  • 第28回日本道路会議優秀論文賞

    2009年10月   日本道路協会  

    受賞者:  「宮本重信」,「北嶋浩」,「牧野芳行」,「奥村茂」,「小畑誠」,「永田和寿」,「篠原正」

  • 土木学会論文賞

    2009年04月   土木学会  

    受賞者:  「後藤芳顯」,「江坤生」

 
 

学会・委員会等活動

  • 2019年06月
    -
    2020年06月

    土木学会   中部支部長

  • 2016年06月
    -
    2018年06月

    土木学会   土木学会論文集編集委員会A1分冊編集委員長

  • 2014年04月
    -
    現在

    土木学会   土木学会中部支部商議員