舟橋 健司 (フナハシ ケンジ)

FUNAHASHI Kenji

写真a

所属学科・専攻等

情報工学教育類 メディア情報分野
情報工学専攻 メディア情報分野
情報基盤センター

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

出身大学

  • 1989年04月
    -
    1993年03月

    岐阜大学   工学部   電子情報工学   卒業

出身大学院

  • 1995年04月
    -
    1998年03月

    名古屋大学  工学研究科  情報工学博士課程  単位取得満期退学

  • 1993年04月
    -
    1995年03月

    名古屋大学  工学研究科  情報工学修士課程  修了

取得学位

  • 名古屋大学 -  博士(工学)

  • 名古屋大学 -  修士(工学)

  • 岐阜大学 -  学士(工学)

所属学会・委員会

  • 2012年10月
    -
    継続中

    中部ゲーム産学協議会

  • 2011年07月
    -
    2012年07月

    日本デジタルゲーム学会中部

  • 2010年08月
    -
    継続中

    芸術科学会

  • 2001年04月
    -
    継続中

    日本生体医工学会

  • 2000年05月
    -
    継続中

    IEEE

全件表示 >>

専門分野(科研費分類)

  • ヒューマンインタフェース・インタラクション

 

研究経歴

  • 仮想化学実験体験システム-バーチャル化学実験室

    個人研究  

    研究期間:  2010年04月  -  現在

  • センサー数の少ないグローブのデータ補正法

    個人研究  

    研究期間:  2009年04月  -  現在

  • 触れるインターネットショッピングシステム

    個人研究   受託研究  

    研究期間:  2009年04月  -  2010年03月

  • 調理学習システム-バーチャルお料理教室

    個人研究  

    研究期間:  2007年04月  -  現在

  • 仮想水泳

    国際共同研究  

    研究期間:  2003年07月  -  現在

  • 仮想道具を介した仮想物体操作

    個人研究   共同研究  

    研究期間:  2003年04月  -  2008年03月

  • 仮想物体操作モデル

    個人研究  

    研究期間:  1993年04月  -  現在

論文

  • Blending CNNs with Different Signal Lengths for Real-time EEG Classification Sensitive to the Changes

    Takashi Ota, Kenji Funahashi

    Proc. IWAIT 2021     2022年01月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Estimating the Optimal Parameters of SEIR model for Predicting the Trajectory of COVID-19 Pandemic in Japan

    Taichi Fukuta, Hirotaka Itoh, Kenji Funahashi

    Proc. IEEE-GCCE 2021     2021年10月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Positive Effect of Slight Delay for Operational Performance

    Ryota Akimoto, Masatoshi Miyaji, Kenji Funahashi, Koji Tanida, Shinji Mizuno

    Proc. IEEE-GCCE 2021     2021年10月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • AR tooth brushing system to promote oral care habits of children

    Haruki Kondo, Kenji Funahashi

    Proc. NICOGRAPH International 2021     2021年07月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Virtual living room system based on video call to connect nursing home resident and family moderately

    Genki Uryu, Kenji Funahashi

    Proc. NICOGRAPH International 2021     2021年07月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Novel tap operation on capacitive touch screen for people with visual impairment

    Kenji Funahashi, Hayato Maki, Yuji Iwahori

    Proc. ICAT-EGVE 2020     2020年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Camera Based Presentation Support System for Multiscreen Venue Using Laser Pointer

    Daichi Shibata, Kenji Funahashi

    Proc. IEEE-GCCE 2020     2020年10月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Analysis of the Relationship Between University Attendance and Grades by Data Mining

    Tatsukaze Naganawa, Hirotaka Itoh, Kenji Funahashi

    Proc. IEEE-GCCE 2020     2020年10月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Graph Matching Approach between Endoscope Images for Non-Rigid Motion using Blood Vessel Structure

    Shun Emoto, Yuji Iwahori, Kenji Funahashi, Hiroyasu Usami, Naotaka Ogasawara, Kunio Kasugai

    Proc. KES2020 (Procedia Computer Science)   176   2020年09月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Virtual remote view system in traffic jam using smartphone peer-to-peer image propagation

    Shohei Miki, Hirotaka Itoh, Kenji Funahashi

    Proc. ICAT-EGVE 2019     2019年09月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

全件表示 >>

著書

  • Linux による情報リテラシー入門

    - (担当: 共著 )

    培風館  2005年04月 ISBN: 4-563-01555-5

  • Cプログラミング-情報技術入門-

    - (担当: 共著 )

    昭晃堂  2005年04月 ISBN: 4-7856-3154-6

総説・解説記事

  • 小児医療現場におけるVR技術活用の取り組みと将来展望

    舟橋健司

    月刊新医療   44 ( 8 ) 62 - 66   2017年07月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 仮想の液体に対する操作を実現する

    舟橋健司

    画像ラボ ( 画像ラボ )  12 ( 10 ) 5 - 8   2001年10月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    現実世界で我々が手に直接触れて,あるいは,道具を介して動かすなどの操作を行う対象は主に固体である.しかし,実際には液体や気体に対する操作もある.そこで,新たな液体の表現モデルを考案し,仮想液体操作を実現した.これは液体の挙動を厳密に再現するためのものではなく,操作に対する実際の挙動の特徴をリアルタイムに表現するものである.現時点では表示方法については重点をおいていないため,アニメーションとして見るだけでは迫力に欠けるが,実験システムによる操作体験においては良い評価を得ている.実験システムでは固体同士の干渉を考慮していないが,様々なアプリケーションシステムにおいて固体操作だけでなく液体に対する操作も可能とすることにより,より現実感が高まるものと期待される.

  • 3次元仮想空間における仮想手による物体の対話操作システム

    舟橋健司, 鳥脇純一郎

    画像ラボ ( 画像ラボ )  10 ( 4 ) 28 - 32   1999年04月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

    本文では,仮想空間に存在する物体の移動を,実世界における操作に近い感覚で,自身の手により行うためのモデルとシステムについて述べる.物理法則の直接的な適用ではなく,実際の現象をある程度の精度でシミュレートできる幾何学的なモデルにより,対話操作を可能としている.このシステムでは特別な操作方法を学習することなく仮想物体の移動が可能であり,また,自身の手(仮想手)が見えることによる臨場感,没入感の向上が期待できる.

研究発表

  • Blending CNNs with Different Signal Lengths for Real-time EEG Classification Sensitive to the Changes

    Takashi Ota, Kenji Funahashi

    IWAIT 2022  2022年01月  -  2022年01月 

  • 非視認状態を想定した新たなタップ操作インタフェースの多様化の提案

    加藤馨, 牧隼永, 舟橋健司

    NICOGRAPH2021  2021年11月  -  2021年11月 

  • 立体的映像を用いたオンライン参加型プロジェクションマッピングの開発

    安素羅, 水野慎士, 舟橋健司

    情報処理学会第184回CG・第29回DCC・第227回CVIM合同研究発表会  2021年11月  -  2021年11月 

  • Positive Effect of Slight Delay for Operational Performance

    Ryota Akimoto, Masatoshi Miyaji, Kenji Funahashi, Koji Tanida, Shinji Mizuno

    IEEE-GCCE 2021  2021年10月  -  2021年10月 

  • Estimating the Optimal Parameters of SEIR model for Predicting the Trajectory of COVID-19 Pandemic in Japan

    Taichi Fukuta, Hirotaka Itoh, Kenji Funahashi

    IEEE-GCCE 2021  2021年10月  -  2021年10月 

  • 小児の歯磨き指導効率上昇を目的としたARばい菌表示システム

    近藤春希, 舟橋健司

    日本バーチャルリアリティ学会第26回大会  2021年09月  -  2021年09月 

  • 施設入所高齢者の環境変化によるストレス軽減を目指すバーチャルリビングシステムの提案

    瓜生賢輝, 舟橋健司

    日本バーチャルリアリティ学会第26回大会  2021年09月  -  2021年09月 

  • BMIのための入力脳波長の異なるCNNのブレンドによる変化に鋭敏な実時間分類

    太田貴士, 舟橋健司

    日本バーチャルリアリティ学会第26回大会  2021年09月  -  2021年09月 

  • 老視者のための実際の紙が拡大されたように見えるARドキュメント拡大眼鏡

    顔晟裕, 秋元遼太, 舟橋健司

    日本バーチャルリアリティ学会第26回大会  2021年09月  -  2021年09月 

  • Virtual living room system based on video call to connect nursing home resident and family moderately

    Genki Uryu, Kenji Funahashi

    NICOGRAPH International 2021  2021年07月  -  2021年07月 

全件表示 >>

学術関係受賞

  • IEEE GCCE 2020 Excellent Student Paper Award

    2021年10月14日   IEEE GCCE 2020  

    受賞者:  Ryota Akimoto, Masatoshi Miyaji, Kenji Funahashi, Koji Tanida, Shinji Mizuno

  • 日本バーチャルリアリティ学会 論文賞

    2012年09月   日本バーチャルリアリティ学会  

    受賞者:  森井 敦士, 山本 大介, 舟橋 健司

  • 日本e-learnign学会2009年秋季学術講演会優秀賞

    2009年04月   -  

    受賞者:  -

  • 日本e-learnign学会2008年秋季学術講演会奨励賞

    2008年04月   -  

    受賞者:  -

  • 第18回NICOGRAPH論文コンテスト優秀賞

    2002年04月   -  

    受賞者:  -

  • 可視化技術シンポジウム2001優秀賞

    2001年04月   -  

    受賞者:  -

  • 平成八年度電気関係学会東海支部連合大会奨励賞

    1996年04月   -  

    受賞者:  -