柴田 哲男 (シバタ ノリオ)

SHIBATA Norio

写真a

所属学科・専攻等

生命・応用化学教育類 生命・物質化学分野
生命・応用化学専攻 生命・物質化学分野

職名

教授

外部リンク

学位

  • 博士(薬学) ( 1993年03月   大阪大学 )

 

研究経歴

  • 色素を用いた太陽電池の開発

    その他の研究制度  

    研究期間: 2005年01月 - 現在

  • フタロシアニンの設計と合成と機能

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2003年04月 - 現在

  • サリドマイドの研究

    その他の研究制度  

    研究期間: 1998年01月 - 現在

  • 有機フッ素化合物の不斉合成と創薬化学への展開

    科学研究費補助金  

    研究期間: 1988年04月 - 現在

論文

  • KHMDS/Triglyme Cryptate as an Alternative to Phosphazene Base in Stereodivergent Pentafluoroethylation of N-Sulfinylimines Using HFC-125 査読あり 国際共著

    Yuji Sumii, Hiroto Iwasaki, Yamato Fujihira, Elsayed M. Mahmoud, Hiroaki Adachi, Takumi Kagawa, Dominique Cahard, Norio Shibata

    The Journal of Organic Chemistry   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.joc.2c01821

  • Dephospho-Coenzyme A Kinase Is an Exploitable Drug Target against Plasmodium falciparum: Identification of Selective Inhibitors by High-Throughput Screening of a Large Chemical Compound Library 査読あり 国際共著

    Arif Nurkanto, Riyo Imamura, Yulia Rahmawati, Erwahyuni Endang Prabandari, Danang Waluyo, Takeshi Annoura, Kazuki Yamamoto, Masakazu Sekijima, Yuki Nishimura, Takayoshi Okabe, Tomoo Shiba, Norio Shibata, Hirotatsu Kojima, James Duffy, Tomoyoshi Nozaki

    Antimicrob. Agents Chemother.   66   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/aac.00420-22

    DOI: 10.1128/aac.00420-22

    その他リンク: https://journals.asm.org/doi/full/10.1128/aac.00420-22

  • Unusual Photoisomerization Pathway in a Near-Infrared Light Absorbing Enzymerhodopsin 査読あり 国際共著

    Masahiro Sugiura, Kazuki Ishikawa, Kota katayama, Yuji Sumii, Rei Abe-Yoshizumi, Satoshi P.Tunoda, Yuji Furutani, Norio Shibata, Leonid S.Brown, Hideki Kandori

    The Journal of Physical Chemistry Letters   13 ( 40 )   9539 - 9543   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.jpclett.2c02334

  • Continuous-Flow Synthesis of Perfluoroalkyl Ketones via Perfluoroalkylation of Esters Using HFC-23 and HFC-125 under a KHMDS-Triglyme System 査読あり

    Yamato Fujihira, Hiroto Iwasaki, Yuji Sumii, Hiroaki Adachi, Takumi Kagawa, Norio Shibata

    Bulletin of the Chemical Society of Japan   2022年08月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/bcsj.20220162

  • Etherification of Fluoroarenes with Alkoxyboronic Acid Pinacol Esters via C-F Bond Cleavage 査読あり

    Jun Zhou, Bingyao Jiang, Zhengyu Zhao, Norio Shibata

    Organic Letters   24 ( 28 )   5084 - 5089   2022年07月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.2c01864

  • Synthesis of Pyridine-SF4-Isoxazolines Using the Functionality of trans-Tetrafluoro-λ6-sulfanyl Rodlike Linkers 査読あり

    Koki Maruno, Kenshiro Hada, Yuji Sumii, Osamu Nagata, Norio shibata

    Organic Letters   24 ( 21 )   3755 - 3759   2022年04月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.2c01046

  • Regioselective Synthesis of Pyridine-SF4-Methyl Ketones via Hydration of Pyridine-SF4-Alkynes 査読あり

    Kentaro Iwaki, Kazuhiro Tanagawa, Soichiro Mori, Koki Maruno, Yuji Sumii, Osamu Nagata, Norio Shibata

    Organic Letters   24 ( 18 )   3347 - 3352   2022年04月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.2c00998

    その他リンク: https://pubs.acs.org/doi/10.1021/acs.orglett.2c00998

  • Ethynyl-SF4-Pyridines:Reagents for SF4-Alkynylation to Carbonyl Compouds 査読あり

    Kentaro Iwaki, Koki Maruno, Osamu Nagata, Norio Shibata

    The Journal of Organic Chemistry   87 ( 9 )   6302 - 6311   2022年04月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.joc.2c00564

    その他リンク: https://pubs.acs.org/doi/10.1021/acs.joc.2c00564

  • Enantio-,Diastereo-and Regioselective Synthesis of Chiral Cyclic and Acyclic gem-Difluoromethylenes by Palladium-Catalyzed[4+2]Cycloaddition 査読あり

    Hiroto Uno, Koki kawai, Taichi Araki, Motoo Shiro, Norio Shibata

    Angew. Chem., Int. Ed.   61 ( 24 )   2022年03月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.202117635

  • Synthesis of an Eccentric Electron-Deficient Fluorinated Motif,Tetrafluoro-λ6-sulfanyl gem-Difluorocyclopropenes 査読あり

    Koki Maruno, Kiyoteru Niina, Osamu Nagata, and Norio shibata

    Organic Letters   24 ( 8 )   1722 - 1726   2022年02月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.2c00358

    その他リンク: https://pubs.acs.org/doi/10.1021/acs.orglett.2c00358

全件表示 >>

書籍等出版物

  • フッ素化合物の精密合成を実現する有機ヨウ素触媒および試薬の開発 査読あり

    住井裕司,柴田哲男( 担当: 共著)

    シーエムシー出版   2022年08月 

     詳細を見る

    担当ページ:14-30   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    その他リンク: https://www.cmcbooks.co.jp/products/detail.php?product_id=8647

  • トリフルオロメチル化合物(フローマイクロ合成の最新動向,深瀬浩一,永木愛一郎 編)

    住井裕司,柴田哲男( 担当: 共著)

    シーエムシー出版  2021年08月  ( ISBN:978-4-7813-1615-4

     詳細を見る

    担当ページ:第14章 pp149-168   記述言語:日本語   著書種別:学術書

  • フタロシアニンを基盤とする機能材料の開発(未来を拓く多彩な色素材料)

    森悟,柴田哲男( 担当: 共著)

    化学同人  2021年03月  ( ISBN:978-4-7598-1400-2

     詳細を見る

    担当ページ:p.131-145   記述言語:日本語   著書種別:学術書

  • フッ素化学を足がかりとする不凍作用物質の設計と合成

    住井裕司,柴田哲男( 担当: 共著)

    低温生物工学会誌  2021年02月 

     詳細を見る

    担当ページ:2020年,66巻,2号 p. 65-71   記述言語:日本語   著書種別:学術書

  • トリフルオロメチル化反応のフロー合成法への展開(フロー合成、連続生産のプロセス設計、条件設定と応用事例)

    住井裕司,柴田哲男( 担当: 共著)

    (株)技術情報協会  2020年12月  ( ISBN:978-4-86104-820-3

     詳細を見る

    担当ページ:第6章 第9節:pp 316-330   記述言語:日本語   著書種別:学術書

  • Fluolead (Ar-SF3) Deoxofluorination

    Benqiang Cui, Norio Shibata( 担当: 共著)

    Fluorination. Synthetic Organofluorine Chemistry., Eds. Hu J., Umemoto T., Springer, Singapore.  2020年09月  ( ISBN:978-981-10-3895-2

     詳細を見る

    記述言語:英語   著書種別:学術書

  • Emerging Fluorinated Motifs: Synthesis, Properties and Applications

    Yumeng Liang, Dominique Cahard, Norio Shibata( 担当: 分担執筆)

    John Wiley & Sons, Inc.  2020年04月  ( ISBN:978-3-527-34681-3

     詳細を見る

    担当ページ:403-448   記述言語:英語   著書種別:学術書

  • サリドマイド研究のパラドックス 光学異性体の自己不均一化現象

    徳永 恵津子, 柴田 哲男( 担当: 共著)

    ファルマシア 2020 年 56 巻 4 号  2020年04月 

     詳細を見る

    担当ページ:330-334   記述言語:日本語  

  • Direct Trifluoromethylthiolation toward C(sp3)-SCF3 Compounds (Emerging Fluorinated Motifs: Synthesis, Properties and Applications, 2 Volume Set)

    Liang, Y.; Cahard, D.; Shibata, N.( 担当: 共著)

    John Wiley & Sons, Inc.  2020年04月  ( ISBN:978-3-527-34681-3

     詳細を見る

    担当ページ:403-448   記述言語:英語   著書種別:学術書

  • ペンタフルオロ-λ6-スルファニル(SF5)芳香族化合物の創薬展開(「ファインケミカル 2020年2月号」)

    新名清輝,住井裕司,柴田哲男( 担当: 共著)

    シーエムシー出版  2020年02月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

全件表示 >>

MISC

  • 2021年に,EMBO Journal誌(Impact Factor 11.598 (2020))に報告した サリドマイドに関する論文が,2021年のダウンロード数Top20に選ばれました

    柴田哲男

    EMBO Journal   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    その他リンク: https://www.nitech.ac.jp/research/news/9246.html

  • フッ素化合物からフッ素のみ除去へ 名古屋工業大チームが手法開発

    木村俊介, 柴田哲男

    朝日新聞DIGITAL   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    その他リンク: https://digital.asahi.com/articles/ASPBW66V1P71OIPE00L.html

  • 蛋白質PLZFを新発見-サリドマイド催奇性に関与 愛媛大学,東北大学,名古屋大学,名古屋工業大学研究グループ

    日本テレコン

    日本テレコン   2021年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • サリドマイド催奇性 分子メカニズム解明 愛媛大・東北大など

    科学新聞

    科学新聞   2021年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 蛋白質PLZFが関与‐サリドマイド催奇形性愛媛大学研究グループ

    薬事日報

    薬事日報   2021年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • サリドマイド催奇性に関わるタンパク質PLZFを同定-愛媛大ほか

    医療NEWS

    医療NEWS   2021年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • サリドマイド催奇性を引き起こすタンパク質の発見~サリドマイドによる副作用のメカニズムを提唱~

    テック・アイ技術情報研究所

    テック・アイ技術情報研究所   2021年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 愛媛大・東北大・名大・名工大・AMED、サリドマイド催奇性を引き起こすタンパク質を発見

    日本経済新聞

    日本経済新聞   2021年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • サリドマイド催奇性を引き起こすタンパク質の発見―サリドマイドによる副作用のメカニズムを提唱―

    日本医療研究開発機構

    日本医療研究開発機構   2021年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • NHK松山 サリドマイドの薬害作用 タンパク質で明らかに

    日本経済新聞

    NHK松山   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:NHK松山  

    NHK松山 愛媛大学 サリドマイドの薬害作用 タンパク質で明らかに」愛媛大との共同研究成果が放映された

全件表示 >>

講演・口頭発表等

  • C-F Bond: from Formation to Activation 招待あり 国際会議

    柴田哲男

    The World Class Professor Program from September to November 2022  2022年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Universitas Gadjah Mada, Indonesia (Bulaksumur Yogyakarta, Indonesia)Online meeting   国名:インドネシア共和国  

  • Design of Halogen Bond Donors Based on the Fluorine Chemistry 招待あり 国際会議

    柴田哲男

    5th International Symposium on Halogen Bonding (ISXB5)  2022年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:kazusa Academia Park in Kisarazu (Chiba, Japan)   国名:日本国  

    その他リンク: https://fiu-iodine.org/isxb5/invitation/

  • C-F Bond: From formation to activation 招待あり 国際会議

    柴田哲男

    Scientific Seminar, University of Orléans  2022年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Orléans, France   国名:フランス共和国  

  • C-F Bond: From formation to activation 招待あり

    柴田哲男

    Scientific Seminar, University of Strasbourg   2022年09月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年09月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Strasbourg, France   国名:フランス共和国  

  • C-F Bond: From formation to activation 招待あり 国際会議

    柴田哲男

    Scientific Seminar, University of Versailles Saint-Quentin-en-Yvelines   2022年09月  Emmanuel Magnier

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年09月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Versailles, France   国名:フランス共和国  

  • Contributions of Organofluorine Molecules to Life Science 招待あり 国際会議

    柴田哲男

    Autumn School of the XL-Chem  2022年09月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年09月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Normandie Université, Rouen (Mont Saint Aignan, France)   国名:フランス共和国  

  • C-F Bond: from Formation to Activation 招待あり 国際会議

    柴田哲男

    20th European Symposium on Fluorine Chemistry  2022年08月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年08月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Humboldt-Universität zu Berlin (Berlin, Germany)   国名:ドイツ連邦共和国  

  • C-F Bond: From formation to activation 招待あり 国際会議

    柴田哲男

    Scientific Seminar, Departamento de Química Orgánica, Facultad de Farmacia, Universitat de Valencia   2022年07月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年07月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Valencia, Spain   国名:スペイン  

  • サリドマイドの催奇形性と自己不均一化現象 招待あり

    柴田哲男

    第49回日本毒性学会学術年会  2022年06月  第49回日本毒性学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年06月 - 2022年07月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:札幌コンベンションセンター  

  • C-F Bond: From formation to activation 招待あり 国際会議

    柴田哲男

    Scientific Seminar, ENSICAEN & Université de Caen  2022年04月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年04月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Caen, France   国名:フランス共和国  

全件表示 >>

Works(作品等)

全件表示 >>

受賞

  • Chair of Excellence

    2022年04月   LabEx SynOrg  

    柴田哲男

     詳細を見る

    受賞国:フランス共和国

  • Excellent Reviewer

    2021年05月   Publons  

    柴田哲男

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  • Fellow of Royal Society of Chemistry

    2021年05月   Royal Society of Chemistry  

    柴田哲男

  • CAS REGISTRY Innovator

    2021年05月   American Chemical Society  

    柴田哲男

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  • ACS Award for Creative Work in Fluorine Chemistry

    2018年09月   American Chemical Society  

    Norio Shibata

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:アメリカ合衆国

  • International Congress on Pure&Applied Chemistry(ICPAC)2018 Lecture aAward

    2018年03月   INSTITUT KUMIA MALAYSIA & CAMBODIAN CHEMICAL SOCIETY  

    Norio Shibata

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:カンボジア王国

  • 第51回(平成29年度)色材協会賞(論文賞)

    2017年07月   一般社団法人色材協会   「グルコフラノース部位を持つ含フッ素フタロシアニンの合成と分光学的性質および光線力学的療法への展開

    柴田哲男

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  • International Scientific Partnership Foundation Award (The Gold Medals “CBC-2015, St. Petersburg”)

    2015年08月   International Scientific Partnership Foundation  

    Norio Shibata

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:ロシア連邦

  • 日本化学会第32回学術賞(平成26年度)「試薬開発に力点を置いたフッ素化合物の精密合成」

    2015年03月   (公社)日本化学会   「試薬開発に力点を置いたフッ素化合物の精密合成」

    柴田哲男

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 名古屋工業大学特別褒章

    2014年06月   名古屋工業大学  

    柴田哲男

     詳細を見る

    受賞国:日本国

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績

  • フッ素循環社会を実現するフッ素材料の精密分解

    2021年10月 - 2027年03月

    文部科学省  戦略的創造研究推進事業 

    柴田哲男

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

 

教育活動に関する受賞

  • 第43回フッ素化学討論会 優秀口頭発表賞(後援:王立化学会(RSC))

    2020年10月   日本フッ素化学会

    受賞者:宇野寛人

その他教育活動及び特記事項

  • マジックサークルNIT

    2003年04月 - 現在

  • NITech CAN 女性研究リーダー養成塾 第1回研究力向上セミナー 「外部資金の獲得に向けて」

    2021年08月

     詳細を見る

    研究の進め方と外部資金の獲得

 

社会貢献活動

  • 愛知県立一宮高校SSH

    役割:講師

    2022年12月

  • 愛知県立瑞陵高等学校普通科コスモサイエンスコース

    役割:講師

    2022年11月

  • 愛知県立一宮高校SSH

    役割:講師

    2022年10月

  • 愛理県立明和高等学校SSH

    役割:講師

    2022年06月

  • 愛知県立瑞陵高等学校コスモサイエンスコース

    役割:講師

    2021年11月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:講演会

    講義

  • 愛知県立一宮高等学校SSH

    役割:講師, 助言・指導, 実演

    2021年10月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    講義,実験

  • 愛知県立瑞陵高等学校コスモサイエンスコース

    役割:講師

    2020年10月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:講演会

    講義

  • 愛知県立一宮高等学校SSH

    役割:講師, 助言・指導, 実演

    2020年09月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    講義,実験

メディア報道

  • 第44回フッ素化学討論会 インターネットメディア

    日本フッ素化学会  ZOOM開催  2021年11月

     詳細を見る

    実行委員長

  • 令和3年度有機合成セミナー オンライン開催 インターネットメディア

    有機合成化学協会東海支部  ZOOM開催  2021年06月

     詳細を見る

    実行委員長

  • 名古屋工業大学医薬工連携 ― 先端医療を生み出す工学研究 オンデマンド型オンライン講座 インターネットメディア

    名古屋工業大学  2021年06月

  • 令和二年度 有機合成化学協会東海支部総合講演会開催 インターネットメディア

    有機合成化学協会東海支部  ZOOM開催  2020年12月

     詳細を見る

    名古屋工業大学 平下恒久准教授とともに開催

学術貢献活動

  • ACS Fall 2022, Synthetic Method in Fluorine Chemistry 国際学術貢献

    役割:企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等

    Norio Shibata and ACS  2022年08月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 環太平洋国際化学会議2021 国際学術貢献

    役割:企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等

    柴田哲男,アメリカ化学会(ACS),日本化学会  2021年12月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 第44 回フッ素化学討論会 国際学術貢献

    役割:企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等

    柴田哲男&日本フッ素化学会  2021年11月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 令和3年度有機合成セミナー 国際学術貢献

    役割:企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等

    柴田哲男,日本有機合成化学協会東海支部  2021年11月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 夢ナビ YUMENAVI ALL STARS登録教員

    夢ナビ  2015年 - 現在