市之瀬 敏勝 (イチノセ トシカツ)

ICHINOSE Toshikatsu

写真a

所属学科・専攻等

社会工学教育類 建築・デザイン分野
社会工学専攻 建築・デザイン分野

職名

教授

出身大学

  •  
    -
    1977年03月

    名古屋工業大学   工学部   建築   卒業

出身大学院

  •  
    -
    1982年03月

    東京大学  工学系研究科  建築博士課程  修了

取得学位

  • 東京大学 -  工学修士

  • 東京大学 -  工学博士

専門分野(科研費分類)

  • 建築構造・材料

 

研究経歴

  • 鉄筋コンクリートの力学

    個人研究  

    研究期間:   - 

論文

  • 複数の縦長開口を有するRC連層耐震壁の構造性能 ー縦開口が1列に偏在配置される場合と斜めに配置される場合の実験ー

    廣澤 光法, 劉 虹, Rado RAMAROZATOVO, 鈴木 卓, 高橋 之, 真田 靖士, 市之瀬 敏勝

    日本建築学会構造系論文集 ( 日本建築学会 )  82 ( 734 ) 579 - 588   2017年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 1階柱を屋外側に拡張したRCピロティ柱梁接合部の解析モデル 接合部が開く方向に関する検討

    宇野 芳奈美, 鈴木 貴也, 三宅 眞理子, 市之瀬 敏勝, 星 龍典, 八木 茂治

    日本建築学会構造系論文集 ( 日本建築学会 )  82 ( 734 ) 567 - 577   2017年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 無筋コンクリートによる鉄骨基礎梁の耐力・剛性増大効果

    山本太造, 岡田晋太郎, 八木茂治, 市之瀬敏勝, 吉田悠人, 宇高航平

    日本建築学会技術報告集 ( 日本建築学会 )  23 ( 53 ) 141 - 146   2017年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 夏季に材齢3日で脱型したRCスラブの持続荷重下における挙動

    戸塚真里奈, 高橋 之, 市之瀬敏勝, 丸山一平, 八木茂治, 七里賢司, 高橋裕治

    日本建築学会構造系論文集 ( 日本建築学会 )  82 ( 731 ) 105 - 113   2017年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 多段配筋RC梁のサイドスプリット型付着割裂耐力に関する考察

    西村康志郎,市之瀬敏勝,大西直毅

    日本建築学会構造系論文集   Vol. 81 ( 729 )   2016年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 1階柱を屋内側に拡張したRCピロティ柱梁接合部の解析モデル (接合部が閉じる方向に関する検討)

    宇野芳奈美, 鈴木貴也, 高橋 之, 市之瀬敏勝

    日本建築学会構造系論文集 ( 日本建築学会 )  Vol. 81 ( 728 ) 1703 - 1712   2016年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • ポリウレア樹脂で塗膜した上端筋のないRCスラブの剛性

    久保彰平, 笹尾泰智, 高橋之, 市之瀬敏勝

    コンクリート工学年次論文集 ( 日本コンクリート工学会 )  38 ( 2 ) 439 - 444   2016年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • RC造耐震壁のすべり変形における打継処理と軸力の影響

    高橋之, 細野純, Rado Ramarozatovo, 市之瀬敏勝

    コンクリート工学年次論文集 ( 日本コンクリート工学会 )  38 ( 2 ) 871 - 876   2016年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Effects of construction joints and axial loads on slip behavior of RC shear walls

    R. Ramarozatovo, J. Honoso, T. Kawai, S. Takahashi, and T. Ichinose

    International Journal of Civil, Structural, Environmental and Infrastructure Engineering Research and Development     2016年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Using the Mohr-Coulomb Criterion to Estimate Shear Strength of RC Columns

    S. Pujol, N. Hanai, T. Ichinose and M. A. Sozen,

    ACI Structural Journal   Vol. 113 ( No. 3 ) 459 - 468   2016年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書

  • 規規準の数値は「何でなの」を探る 第3巻

    寺本隆幸, 大越俊男, 和田 章 (担当: 監修書 , 担当範囲: Q.350 投影定着長さ )

    建築技術  2015年11月

  • 東日本大震災合同調査報告

    東日本大震災合同調査報告書編集委員会 (担当: 共著 , 担当範囲: 4.2 柱pp.110~114, 5.2.42, 5.2.43, 5.2.55, 5.2.56, 5.2.57, 5.2.58 )

    日本建築学会  2015年05月

  • 規規準の数値は「何でなの」を探る 第2巻

    寺本隆幸,大越俊男,和田 章 (担当: 監修書 , 担当範囲: pp.034-035, pp.045-046, pp.050-051 )

    建築技術  2015年05月

    Q155 RC造柱・梁の曲げ耐力比
    Q165 異形鉄筋の付着割裂破壊
    Q168 RC柱・梁のせん断補強筋比

  • Principles of Reinforced Concrete Design

    Mete A. Sozen, Toshikatsu Ichinose, Santiago Pujol (担当: 共著 )

    CRC Press  2014年08月

  • 原子力施設鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説

    規準作成関係委員 (担当: 共著 )

    日本建築学会  2013年08月

  • 鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説2010

    - (担当: 共著 )

    -日本建築学会  2010年02月

  • 建築大百科事典

    ◦神田順ほか編(執筆者約200名) (担当: 共著 )

    朝倉書店  2008年04月

  • An Introduction to Structural Analysis

    -M.A. Sozen, Ichinose, T (担当: 共著 )

    CRC Press  2008年04月

  • よくわかる構造力学

    - (担当: 単著 )

    ナツメ社  2007年04月

  • ホームページで学ぶ構造力学

    市之瀬敏勝 (担当: 単著 )

    技報堂出版  2004年04月

全件表示 >>

総説・解説記事

  • 建築年報2017 東海支部

    市之瀬 敏勝

    建築雑誌   132 ( 1702 ) 068 - 068   2017年09月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 第1章 鉄筋コンクリート部材の圧縮強度とせん断強度と付着強度

    市之瀬敏勝

    構造設計一級建築士 定期講習テキスト [第6版] ( 株式会社確認サービス )    2-1-1 - 2-1-21   2017年04月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   共著

  • 2010年RC規準で、建物外周の柱に梁主筋を折り曲げて定着する際、投影定着長さが仕口部材断面全せい0.75に満たない場合は柱梁接合部の短期許容せん断力を低減するとあるが、0.75の根拠は

    市之瀬 敏勝

    月刊建築技術 ( 株式会社建築技術 )  781   111 - 111   2015年02月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 巻頭言 コンクリート工学の保守性と革新性

    市之瀬 敏勝

    コンクリート工学 ( 日本コンクリート工学会 )  52 ( 9 ) 723 - 723   2014年09月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   単著

  • 「原子力施設鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説」の改定について

    市之瀬 敏勝,秋田 昇道,秋山 和則,小高 清孝,小野 英雄,下戸 芳寛,羽場崎 淳,

    コンクリート工学 ( 日本コンクリート工学会 )  52 ( 3 ) 229 - 235   2014年03月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 鉄筋コンクリート造連層耐力壁の構造詳細と部材種別に係る基準の整備に資する検討

    河野 進,壁谷澤 寿海,真田 靖士,坂下 雅信,市之瀬 敏勝,高橋 之,西山 峰広

    ビルディングレター 2013.9 ( 日本建築センター )    10 - 24   2013年09月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • RCの許容せん断力のαの範囲、1<α<2はどう決まったか。また、せん断ひび割れ強度式の、せん断スパン比の適用上限値が3なのはなぜか

    市之瀬敏勝

    建築技術 ( (株)建築技術 )  ( 4月 ) 114 - 114   2013年04月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 多段筋の内側鉄筋列に対して、付着割裂の基準となる強度を低減する割合が0.6なのはなぜか

    市之瀬敏勝

    建築技術 ( ㈱建築技術 )  ( 4月 ) 118 - 118   2013年04月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • RC造の超高層以外の建物に関して、柱・梁の曲げ耐力比の規定は不要なのか。また、必要とすればどの程度の値がよいか

    市之瀬敏勝

    建築技術 ( 株式会社建築技術 )  ( 747 ) 106 - 106   2012年04月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • RC規準2010:改定の趣旨

    市之瀬敏勝

    建築技術 ( 株式会社建築技術 )  ( 734 ) 102 - 105   2011年03月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

全件表示 >>

研究発表

  • RCピロティ柱梁接合部設計法のための検討 その3 提案指標と耐力比の比較

    三宅 眞理子, 星 龍典, 森長 和也, 鈴木 貴也, 市之瀬 敏勝

    日本建築学会東海支部研究報告集 第55号  (名古屋工業大学)  2017年02月  -  2017年02月  日本建築学会東海支部

  • RCピロティ柱梁接合部設計法のための検討 その2 1階柱を屋内側に拡張した接合部耐力比指標の提案

    森長 和也, 星 龍典, 三宅 眞理子, 鈴木 貴也, 市之瀬 敏勝

    日本建築学会東海支部研究報告集 第55号  (名古屋工業大学)  2017年02月  -  2017年02月  日本建築学会東海支部

  • RCピロティ構造柱梁接合部設計法のための検討 その1 1階柱を屋内側に拡張した接合部断面例

    星 龍典, 森長 和也, 三宅 眞理子, 鈴木 貴也, 市之瀬 敏勝

    日本建築学会東海支部研究報告集 第55号  (名古屋工業大学)  2017年02月  -  2017年02月  日本建築学会東海支部

  • SC 基礎梁の補強工法に関する試みの検討 (その2)柱脚接合部に施す欠損補強

    吉田 悠人, 宇高 航平, 原田 兼佑, 市之瀬 敏勝, 山本 太造, 児玉 修佑, 八木 茂治, 川崎 将臣

    日本建築学会東海支部研究報告集 第55号  (名古屋工業大学)  2017年02月  -  2017年02月  日本建築学会東海支部

  • SC基礎梁の補強工法に関する試みの検討 (その1)鉄筋を用いた継手

    原田 兼佑, 吉田 悠人, 宇高 航平, 市之瀬 敏勝, 山本 太造, 児玉 修祐, 八木 茂治, 川崎 将臣

    日本建築学会東海支部研究報告集 第55号  (名古屋工業大学)  2017年02月  -  2017年02月  日本建築学会東海支部

  • 高強度横補強筋を用いたRC梁のせん断・付着性状 その2 短期許容せん断力とひずみ度分布

    笹尾 泰智, 河田 奈々, 久保 彰平, 八木 茂治, 宮田 英樹, 市之瀬 敏勝

    日本建築学会東海支部研究報告集 第55号  (名古屋工業大学)  2017年02月  -  2017年02月  日本建築学会東海支部

  • 高強度横補強筋を用いたRC梁のせん断・付着性状 その1 実験概要と実験結果

    河田 奈々, 笹尾 泰智, 久保 彰平, 市之瀬 敏勝, 八木 茂治, 宮田 英樹

    日本建築学会東海支部研究報告集 第55号  (名古屋工業大学)  2017年02月  -  2017年02月  日本建築学会東海支部

  • 複数の縦長開口を有するRC連層耐震壁の構造性能 その3 開口上部における梁の変形性状

    Ramarozatovo Rado, 廣澤 光法, 木下 拓哉, 市之瀬 敏勝

    日本建築学会東海支部研究報告集 第55号  (名古屋工業大学)  2017年02月  -  2017年02月  日本建築学会東海支部

  • 複数の縦長開口を有するRC連層耐震壁の構造性能 その2 試験体の変形性状

    木下 拓哉, 廣澤 光法, RAMAROZATOVO Rado, 市之瀬 敏勝

    日本建築学会東海支部研究報告集 第55号y  (名古屋工業大学)  2017年02月  -  2017年02月  日本建築学会東海支部

  • 複数の縦長開口を有するRC連層耐震壁の構造性能 その1 実験概要と荷重変形角関係

    廣澤 光法, RAMAROZATOVO Rado, 木下 拓哉, 市之瀬 敏勝

    日本建築学会東海支部研究報告集 第55号  (名古屋工業大学)  2017年02月  -  2017年02月  日本建築学会東海支部

全件表示 >>

工業所有権

  • 建築物の耐震補強構造

    特願 2014-095620 

    市之瀬 敏勝, 高橋 之, 堀田 和敬

学術関係受賞

  • 日本建築学会教育賞(教育貢献)

    2015年05月   日本建築学会  

    受賞者:  国際トラスコンテストの会

  • 日本コンクリート工学会賞(論文賞)

    2015年01月09日   日本コンクリート工学会  

    受賞者:  Sefatullah Halim, 高橋 之, 市之瀬 敏勝, 勅使川原 正臣

  • ACT three outstanding papers of the year 2014

    2014年12月   Journal of Advanced Concrete Technology  

    受賞者:  Sefatullah Halim, Susumu Takahashi, Toshikatsu Ichinose, Masaomi Teshigawara, Takashi Kamiya, Hiroshi Fukuyama

  • 日本建築学会教育賞

    2008年04月   -  

    受賞者:  -

  • 日本建築学会賞(論文)

    1998年04月   -  

    受賞者:  -

  • 日本建築学会奨励賞

    1990年04月   -  

    受賞者:  -

  • 日本建築学会東海賞

    1988年04月   -  

    受賞者:  -

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 縦開口を有するRC壁の地震時挙動

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2015年04月  -  2017年03月  代表者:  市之瀬敏勝

  • カットオフを有する鉄筋コンクリート部材の付着設計法

    基盤研究(B)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月  代表者:  市之瀬敏勝

  • フラットプレート構造におけるせん断補強効果の定量評価

    基盤研究(B)

    研究期間:  2010年04月  -  2014年03月  代表者:  市之瀬敏勝

  • 曲げ降伏後にせん断破壊する鉄筋コンクリート柱の三次元ひび割れと寸法効果

    基盤研究(B)

    研究期間:  2006年04月  -  2010年03月  代表者:  市之瀬敏勝

  • 曲げ降伏後のせん断・付着破壊を考慮した鉄筋コンクリート部材の復元モデル

    基盤研究(B)

    研究期間:  2002年04月  -  2006年03月 

共同研究実施実績

  • 鉄骨地中梁基礎工法の接合部の研究

    提供機関: 東建コーポレーション株式会社 

    研究期間: 2016年08月  -  2017年03月  代表者: 市之瀬 敏勝

    パイロット実験による接合部の構造特性を把握し、 本実験の実験計画を立 てることを目的とする。

  • 高強度鉄筋785N/m㎡を用いた鉄筋コンクリート梁・柱のせん断強度実験

    提供機関: 山口鋼業株式会社  学内共同研究

    研究期間: 2016年04月  -  2017年03月  代表者: 市之瀬敏勝

  • LINE-X によるコンクリート補強

    提供機関: 株式会社愛知レジン 

    研究期間: 2015年04月  -  2016年03月  代表者: 市之瀬敏勝

    既存劣化コンクリートに対する補強としてLINE-Xが有効なのかを検証

  • 早期脱型コンクリートの力学的性状に関する実験研究

    提供機関: 株式会社NIPPO・国立法人名古屋大学・株式会社飯島建築事務所 

    研究期間: 2014年06月  -  2017年03月  代表者: 市之瀬敏勝

    早期脱型による床スラブ施工の若材齢コンクリートの脱型する確認根拠・施工品質管理値を学術的根拠・力学的性状の明確にする。

 
 

学会・委員会等活動

  • 2015年05月
    -
    現在

    日本コンクリート工学協会   中部支部長

  • 2015年05月
    -
    現在

    日本建築学会   理事及び支部長

  • 2013年05月
    -
    2015年05月

    日本コンクリート工学協会   理事

社会貢献活動

  • JSCA福島 講演会

    JSCA福島  『規基準の数値は「何でなの」を探る---RC部材の付着,せん断を中心に』  (郡山市中央公民館)  2015年11月  -  2015年11月

  • 集合住宅基礎で新工法

    東建コーポレーション  日刊工業新聞  (日刊工業新聞 2015/11/13付)  2015年11月  -  2015年11月

    東建コーポレーションが独自開発した集合住宅向け基礎工事工法「鉄骨地中梁基礎工法」において実物大鉄骨をつかった加圧実験を行った