市川 洋 (イチカワ ヨウ)

ICHIKAWA Yo

写真a

所属学科・専攻等

物理工学教育類 応用物理分野/創造工学教育類
物理工学専攻 応用物理分野

職名

教授

出身大学

  •  
    -
    1981年03月

    名古屋工業大学   工学部   計測工学   卒業

出身大学院

  •  
    -
    1986年03月

    大阪大学  工学研究科  電磁エネルギー工学博士課程  修了

取得学位

  • 大阪大学 -  工学修士

  • 大阪大学 -  工学博士

学外略歴

  • 1986年04月
    -
    1999年03月

      松下電器産業株式会社中央研究所   主任研究員

所属学会・委員会

  •  
     
     

    レーザー学会

  • 2010年11月
    -
    継続中

    電気化学会

  • 2009年04月
    -
    継続中

    日本表面科学会

  • 2006年04月
    -
    継続中

    応用物理学会

  • 1999年04月
    -
    継続中

    電気学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類)

  • 光工学・光量子科学

  • ナノマイクロシステム

  • 薄膜・表面界面物性

 

研究経歴

  • 紫外・青色発光材料開発に関する研究

    国内共同研究   共同研究  

    研究期間:  2012年04月  -  現在

  • 低次元化された電子材料の物性と応用に関する研究

    個人研究  

    研究期間:   - 

  • レーザーを用いたナノ構造形成に関する研究

    個人研究  

    研究期間:   - 

  • 機能性材料の薄膜化プロセス

    研究期間:   - 

  • ナノ構造の作製とセンサー応用

    研究期間:   - 

  • 薄膜化技術に関する研究

    個人研究  

    研究期間:   - 

論文

  • UV-laser-induced orientation of ZnO seed layer crystals for the growth of ZnO nanorods

    Qiyan Zhang, Mitsuhiro Honda, Shinji Takayanagi and Yo Ichikawa

    Japanese Journal of Applied Physics ( 応用物理学会 )  57 ( 7 ) 070306   2018年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Effects of carbon defects on ZnO nanorods directly grown on graphene

    Mitsuhiro Honda, Qiyan Zhang, Hiroki Tateyama and Yo Ichikawa

    Journal of the Ceramic Society of Japan ( 日本セラミックス協会 )  126 ( 5 ) 367 - 371   2018年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • UV plasmonic device for sensing ethanol and acetone

    Mitsuhiro Honda, Yo Ichikawa, Alex G. Rozhin and Sergei A. Kulinich

    Applied Physics Express ( 応用物理学会 )  11 ( 1 ) 012001   2018年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    金属ナノ粒子による表面プラズモン効果を揮発性ガスのセンシングに応用を試みた。インジウムナノ粒子の表面プラズモン効果が現れる紫外線領域での吸収強度が、ガス吸着により劇的に変化することから、エタノール・アセトンといった揮発性がのセンシングに応用できることをみいいだした。

  • Effects of carbon defects on ZnO nanorods directly grown on graphene

    Mitsuhiro Honda, Fuyuki Tokuda and Yo Ichikawa

    Japanese Journal of Applied Physics   56 ( 11 ) 110306   2017年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Nanostructures prepared via laser ablation of tin in water

    Mitsuhiro Honda, Takahiro Kondo, Tatsuki Owashi, Prabakaran Shankar, Satoru Iwamori, Yo Ichikawa and Sergei A. Kulinich

    New Journal of Chemistry   41   11308 - 11316   2017年08月

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Micro-Modulations of Titanium Oxide Coatings Formed Using a Femtosecond Laser

    T. Osuga and Y. Ichikawa

    Nanomedicine & Nanotchnology Open Access ( MEDWIN PUBLISHERS )  2 ( 1 ) 000113   2017年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    Highly useful microstructures are required in order to enhance the properties of titanium oxide (TiO2) coatings, so as to substantially increase the surface and underlayer surface areas. Along with coating deposition techniques, femtosecond laser irradiation has high capability to control micro-modulations consisting of mesopores and microspheres, with no
    unexpected damage due to thermal expansion. In this study, phase contrast microscopy (PCM) is employed in
    conjunction with differential-emphasis and contrast-enhancement image-processing techniques. This approach is confirmed to allow precise identification of the refractive index modulation generated in the TiO2 coatings. The effects of the laser output per pulse (5-0 μJ) and the pulse number (1-1000) on the TiO2-coating ablation craters formed by the femtosecond laser irradiation are also investigated. The double ridges are composed of inner and outer crater edges, the clarity R of which is characterized by the difference between the inner and outer diameters. This value is distinct and increases with increasing laser output for single-pulse irradiation. For high-pulse-number irradiation, the superposition of the collapsed circles created by multiple fluctuating pulses decreases R. Differential-emphasis PCM images, which
    emphasize the difference in image intensity between adjacent image pixels, facilitate identification of surface periodic structures in ablation craters formed by five pulses or less. Further, contrast-enhanced PCM images are found to reveal microspheres mechanically propelled by the laser beam from the interiors to the peripheries of the ablation craters. The micro-modulations in the TiO2 coatings formed by the emtosecond laser irradiation and revealed by the PCM images are expected to modify the nano-adsorbency of this material for more effective use in water treatments, by increasing the coating surface areas.

  • Direct growth of densely aligned ZnO nanorods on graphene

    M. Honda, R. Okumura, Y. Ichikawa

    Japanese Journal of Applied Physics   55 ( 8 ) 080301   2016年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    グラフェン上へのZnOナノロッドの直接配向成長に関わる研究成果である。ZnOナノロッドは種層上に成長することが知られているが,物理的蒸着法,化学的蒸着法を持ってしても種層形成段階でグラフェンは消滅して,直接的な配向成長は無理であった。我々はグラフェンに適度な欠陥があるときにZnOナノロッドが水熱合成法で成長することを見出した。

  • Properties of industrial boiler ash as sand replacement and thermal improvement in aerated concrete

    E. Aminudin, D. M. Fadhil, M. W. Hussin, I. Kenzo, P. Mohanadoss and Y. Ichikawa

    Malaysian Journal of Civil Engineering   27   145 - 159   2015年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    火力発電所で発生する”灰”のコンクリート用砂代用材料についての効能を調べた。特に温度特性に優れた性能があることを見出した。

  • Size controlled ZnO nanoparticles synthesized by liquid phase deposition and polymer hybridization

    Y. Tabata, T. Sakai, N. Hiroshiba and Y. Ichikawa

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   39 ( 3 ) 313 - 315   2015年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    液相成長でのZnOナノ粒子のサイズ、形状制御に関する研究。高分子を融合させることで、結晶の成長方向を制御し、球状成長に成功した。

  • Simple synthesis conditions of WO3 hydrate nanorods by solvothermal process

    N. Hiroshiba, Y. Tabata, S. Yamauchi and Y. Ichikawa

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   39 ( 4 ) 423 - 425   2015年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    オートクレーブを用いた液相成長で、従来困難とされていたWO3ナノ結晶の合成に成功した。しかしながら、合成される温度範囲は10℃程度と狭いことも判明した。

全件表示 >>

著書

  • 機能共生の指針と材料創成

    - (担当: 単著 )

    技報堂出版  2000年04月

  • 高周波セラミック材料とその応用 -構造制御による新しい電子セラミックスの開発-

    - (担当: 単著 )

    (株)ティー・アイ・シー  1998年04月

研究発表

  • 液相レーザーアブレーションにおける半導体ナノ材料への金属イオンドーピング

    張栖岩、本田光裕、市川洋

    2018年日本表面真空学会学術講演会  (神戸国際会議場)  2018年11月  -  2018年11月  日本表面真空学会

  • スパッタ成膜中のイオン照射に基づく酸化物薄膜の結晶配向制御

    高柳真司、堀場靖央、本田光裕、市川洋

    2018年日本表面真空学会学術講演会  (神戸国際会議場)  2018年11月  -  2018年11月  日本表面真空学会

  • SnOスパッタ膜特性の成膜酸素分圧の影響

    山田拓哉、彦坂透磨、高柳真司、本田光裕、市川洋

    2018年日本表面真空学会学術講演会  (神戸国際会議場)  2018年11月  -  2018年11月  日本表面真空学会

  • 金属ターゲットから作製したSn-Oスパッタ膜の特性

    山田拓哉、彦坂透磨、高柳真司、本田光裕、市川洋

    第79回応用物理学会秋季学術講演会  (名古屋国際会議場)  2018年09月  -  2018年09月  応用物理学会

  • ZnS:Cuナノ粒子の液相レーザーアブレーション合成

    張栖岩、本田光裕、市川洋、佐藤利文

    第79回応用物理学会秋季学術講演会  (名古屋国際会議場)  2018年09月  -  2018年09月  応用物理学会

  • 先端先鋭化したZnOナノロッドを用いた分散型無機ELの発光強度の向上

    張栖岩、本田光裕、市川洋、佐藤利文

    第65回応用物理学会春季学術講演会  (早稲田大学)  2018年03月  -  2018年03月  応用物理学会

  • UV plasmonics applications: Plasmon-enhanced photocatalysis and efficient gas detection

    M. Honda, R. I. Devi, T. Nishtha and Y. Ichikawa  [招待有り]

    9th International Conference on Nanoscience & Nanotechnology 2018  (University Technology MARA, Shah Alam, Selangor, Malaysia)  2018年02月  -  2018年02月  NANO-SciTech Centre, University Technology MARA

  • UV-laser irradiation effect on the ZnO seed layer for weel-aligned ZnO nanorods growth

    Q. Zhang, Y. Horiba, M. Honda, S. Takayanagi and Y. Ichikawa

    9th International Conference on Nanoscience & Nanotechnology 2018  (University Technology MARA, Shah Alam, Selangor, Malaysia)  2018年02月  -  2018年02月  NANO-SciTech Centre, University Technology MARA

  • Energy saving at window to reduce CO2 emission by Fly Ash (FA)

    K. Iwao, M. Honda and Y. Ichikawa

    9th International Conference on Nanoscience & Nanotechnology 2018  (University Technology MARA, Shah Alam, Selangor, Malaysia)  2018年02月  -  2018年02月  NANO-SciTech Centre, University Technology MARA

  • UV レーザー照射したシード層上へのZnO ナノロッド成長

    張 栖岩,本田 光裕,市川 洋

    第78回応用物理学会秋季学術講演会  (福岡国際会議場)  2017年09月  -  2017年09月  応用物理学会

全件表示 >>

その他研究活動

  • ナノ構造を使った新規光触媒の開発

    2011年03月  -  現在

  • ZnO結晶体の新規応用に関する研究

    2010年11月  -  現在

  • ニューガラスの先端加工技術に関する調査研究

    フィールドワーク  1997年04月  -  1997年04月

学術関係受賞

  • 日本表面科学会論文賞

    1989年04月   -  

    受賞者:  -

 
 

学会・委員会等活動

  • 2010年04月
    -
    現在

    日本表面科学会   理事

  • 2010年03月
    -
    現在

    電気学会   論文委員

  • 2009年04月
    -
    現在

    日本表面科学会   中部支部支部長