高木 幸治 (タカギ コウジ)

TAKAGI Koji

写真a

所属学科・専攻等

生命・応用化学教育類 ソフトマテリアル分野
生命・応用化学専攻 ソフトマテリアル分野

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://polysyn.web.nitech.ac.jp/

研究分野・キーワード

高分子合成、精密重合、高分子反応、共役系(高)分子、機能性(高)分子、デバイス材料

出身大学

  •  
    -
    1993年03月

    名古屋工業大学   工学部   材料工学科   卒業

出身大学院

  •  
    -
    1998年03月

    東京工業大学  総合理工学研究科  電子化学専攻博士課程  修了

取得学位

  • 東京工業大学 -  博士(工学)

  • 東京工業大学 -  修士(工学)

所属学会・委員会

  • 1993年04月
    -
    継続中

    高分子学会

  • 2014年03月
    -
    継続中

    日本化学会

  • 2009年04月
    -
    継続中

    光化学協会

  • 1998年04月
    -
    継続中

    アメリカ化学会

  • 2014年04月
    -
    継続中

    科学技術交流財団

全件表示 >>

専門分野(科研費分類)

  • 高分子化学

  • 合成化学

  • 機能物性化学

  • デバイス関連化学

  • 有機・ハイブリッド材料

 

研究経歴

  • ラダーポリマー創成に向けた高分子反応の開拓

    その他の研究制度  

    研究期間:  2015年04月  -  現在

  • 電子光デバイス応用を指向した材料開発

    研究期間:  2006年04月  -  現在

  • 構造制御されたπ共役ポリマーの合成

    個人研究  

    研究期間:  2005年04月  -  現在

  • 有機触媒による制御カチオン重合

    個人研究   その他の研究制度  

    研究期間:  2016年04月  -  現在

  • カルコゲン元素の特長を生かした制御ラジカル重合

    個人研究  

    研究期間:  1998年04月  -  2005年03月

論文

  • Stereoselectivity in Dehydrative Cyclic Trimerization of Substituted 4-Alkylaminobenzoic Acids

    Koji Takagi, Hinako Yamaguchi, Daiki Miyamoto, Yuka Deguchi, Takehiro Hirao, and Takeharu Haino

    New J. Chem.     2020年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Cationic Polymerization of Vinyl Monomers using Halogen Bonding Organocatalysts with Varied Activity

    Koji Takagi, Hiroto Murakata, Koji Yamauchi, and Kohei Hashimoto

    Polym. Chem.   11 ( 42 ) 6739 - 6744   2020年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Cationic Polymerization of n-Hexyloxyallene by using Halogen Bonding Organocatalysts

    Koji Takagi* and Kanami Okamura

    J. Polym. Sci., Part A: Polym. Chem.   57 ( 24 ) 2436 - 2441   2019年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Charge-Neutral and Self-Doped Cyclopentadithiophene-Based Conjugated Polymers: Influence of Side Chain on Optical, Electrical, and Thermoelectric Properties

    Koji Takagi,* Hiroki Yano, Hiroki Ito, and Naoki Kishi

    Polymer   181   121787   2019年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • pi-Extension of Electron-Accepting Dithiarubicene with Cyano-Substituted Electron-Withdrawing Group and Application to Air-Stable n-Channel Organic Field Effect Transistor

    Kenji Tsukamoto, Koji Takagi,* Shusaku Nagano, Mitsuo Hara, Yutaka Ie, Kohtaro Osakada, and Daisuke Takeuchi

    J. Mater. Chem. C   7 ( 40 ) 12610 - 12618   2019年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Ladderization of poly(p-phenylenevinylene) derivative: Synthesis of polycyclic aromatic hydrocarbon polymer by intramolecular oxidative cyclization

    Koji Takagi* and Yoshihiro Yamada

    Polymer   179   121607   2019年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Ladderization of Polystyrene Derivatives by Palladium-Catalyzed Polymer Direct Arylation

    Koji Takagi,* Hidetoshi Tanaka, and Koichiro Mikami*

    Polym. Chem.   10 ( 21 ) 2647 - 2652   2019年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Potentially Helical Imidazole-Containing Conjugated Oligomer: Synthesis, Optical Properties, and Conformation

    Koji Takagi,* Jun-ya Ohta, Kenta Sugihara, Kanami Okamura, and Yoshihiro Yamada

    Polym. J.   51 ( 4 ) 389 - 395   2019年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Chiral Non-Planar Oligophenylenes bridged by Urea Linkage: Synthesis through Intramolecular Direct Arylation, Chiroptical Behavior, and Theoretical Investigation

    Koji Takagi,* Yuto Hirano, Koichiro Mikami, Shoko Kikkawa, and Isao Azumaya

    Eur. J. Org. Chem.   2019 ( 10 ) 2071 - 2080   2019年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Creating Elastic Organic Crystals of π-Conjugated Molecules with Bending Mechanofluorochromism and Flexible Optical Waveguide Performances

    Shotaro Hayashi,* Shun-ya Yamamoto, Daisuke Takeuchi,† Yutaka Ie, and Koji Takagi*

    Angew. Chem. Int. Ed.     2018年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書

  • Precision Spatial Arrangement of Chromophore using Cyclic Aromatic Triamide Scaffold

    Koji TAKAGI and Ryohei YAMAKADO (担当: 共著 )

    Pan Stanford Publishing  2017年08月

  • Conjugated Objects: Developments, Synthesis, and Application

    Atsushi Nagai and Koji Takagi, Eds (担当: 共編著 )

    Pan Stanford Publishing  2017年08月

  • Encyclopedia of Polymeric Nanomaterials

    Koji Takagi (担当: 単著 )

    Springer  2014年12月 ISBN: 978-3-642-29647-5

  • 有機電子デバイスのための導電性高分子の物性と評価

    高木幸治、他 (担当: 共著 )

    シーエムシー出版  2012年06月

  • これでわかる有機化学演習

    高木幸治、他 (担当: 共著 )

    三共出版  2012年03月

  • 基礎高分子科学演習編

    高木幸治、他 (担当: 共著 )

    東京化学同人  2011年12月

  • 最新 導電性高分子 全集

    - (担当: 共著 )

    技術情報協会  2007年04月

  • 進化する有機半導体

    - (担当: 共著 )

    エヌ・ティー・エス  2006年04月

  • これでわかる基礎有機化学

    畔田博文,樋口弘行,川淵浩之,高木幸治 (担当: 共著 )

    三共出版  2006年03月

総説・解説記事

  • ハロゲン結合性有機分子触媒によるメタルフリーカチオン重合

    高木幸治, 山内光司, 橋本康平, 岡村花奈美

    触媒   61 ( 3 ) 157 - 162   2019年03月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 元素の能力を利用する金属を用いない重合

    高木幸治

    ペトロテック   41 ( 5 ) 395 - 399   2018年05月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 非ベンゼン系芳香族単位を含む共役系高分子の合成と特性

    高木幸治

    関東化学ケミカルタイムズ   ( 4 ) 2 - 8   2008年10月  [依頼有り]

    その他記事   単著

  • 有機セレン化合物によるラジカル重合末端の官能基修飾

    高木幸治,結城康夫

    高分子加工   54 ( 6 ) 39 - 43   2005年03月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 共役ポリマー金属錯体における配位子の分子設計

    高木幸治

    高分子錯体アニュアルレビュー     4 - 5   2004年03月

    総説・解説(その他)   単著

  • アリルニッケル触媒によるアレン類のリビング配位重合の開拓と応用

    冨田育義, 高木幸治, 遠藤剛

    有機合成化学協会誌   56 ( 4 ) 260 - 267   1998年04月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

研究発表

  • 高分子直接アリール化によるらせんラダーポリマーの合成

    前田明日香, 高木幸治

    第69回高分子討論会  2020年09月  -  2020年09月 

  • ビニルモノマーのカチオン重合におけるカルコゲン結合触媒の検討

    榊原直生, 高木幸治

    第69回高分子討論会  2020年09月  -  2020年09月 

  • 反芳香族ユニットを鍵とする電子輸送性トランジスタ材料の合成とデバイス特性

    高木幸治  [招待有り]

    第69回高分子討論会  2020年09月  -  2020年09月 

  • 有機ルイス酸触媒によるビニルモノマーの制御カチオン重合

    高木幸治  [招待有り]

    第69回高分子討論会  2020年09月  -  2020年09月 

  • π電子系有機分子および高分子の創成 ~配列と連結の観点から~

    高木幸治  [招待有り]

    第69回高分子討論会  2020年09月  -  2020年09月 

  • 高分子直接アリール化による屈曲型ラダーポリマーの合成

    前田明日香, 高木幸治

    第69回高分子学会年次大会  2020年05月  -  2020年05月 

  • カルコゲン結合触媒を用いたビニルモノマーのカチオン重合

    榊原直生, 高木幸治

    第69回高分子学会年次大会  2020年05月  -  2020年05月 

  • 高分子直接アリール化によるラダーポリマー合成

    高木幸治, 田中秀俊

    第69回高分子学会年次大会  2020年05月  -  2020年05月 

  • 芳香族アミノ酸の縮合環化と直接アリール化反応

    宮本大輝, 山口日向子, 高木幸治

    第100回日本化学会春季年会  2020年03月  -  2020年03月 

  • π-Extension of electron-accepting dithiarubicene with a cyano-substituted electron-withdrawing group and application in air-stable n-channel organic field effect transistors

    Kenji Tsukamoto, Koji Takagi, Shusaku Nagano, Mitsuo Hara, Yutaka Ie, Kohtaro Osakada, Daisuke Takeuchi

    第100回日本化学会春季年会  2020年03月  -  2020年03月 

全件表示 >>

工業所有権

  • ポリビニルエーテルの製造方法

    特願 特願2016-205598 

    高木幸治

  • 芳香族化合物を重縮合・重付加して得られる重合体

    特願 特願2006-129848 

    鈴木将人 高木幸治

その他研究活動

  • 高効率青色発光ポリマーの設計と合成

    2003年04月  -  2003年04月

学術関係受賞

  • 2019年度「物質・デバイス共同研究賞」

    2019年04月23日   物質・デバイス領域共同研究拠点プログラム  

    受賞者:  高木幸治, 家裕隆, 塚本兼司

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • デザインされた有機触媒による環境適合的かつ簡便な精密重合機能性ポリマーの合成

    基盤研究(C)

    研究期間:  2018年04月  -  現在 

  • 触媒トラップ法によるポリチオフェン末端への簡便で確実な官能基導入

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

  • 側鎖型反応性共役高分子の精密合成と三次元ネットワーク構造の構築

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月 

その他競争的資金獲得実績

  • 産業用インクジェットインクに対応した新規な水溶性光架橋性化合物合成技術の開発

    提供機関:  経済産業省  戦略的基盤技術高度化事業

    研究期間:  2011年  -  2014年 

共同研究実施実績

  • 直接アリール化を利用する有機トランジスタ材料の創製

    提供機関:   国内共同研究

    研究期間: 2018年04月  -  2019年03月 

  • 直接アリール化を利用する有機トランジスタ材料の創製

    提供機関:   国内共同研究

    研究期間: 2016年04月  -  2017年03月 

  • 安価で安全な原料を使った機能性水溶性高分子材料の合成に関する研究

    提供機関:   国内共同研究

    研究期間: 2011年  -  2013年 

 
 

学会・委員会等活動

  • 2016年11月
     
     

    高分子学会   第25回ポリマー材料フォーラム実行委員

  • 2016年04月
    -
    現在

    高分子学会   無機高分子研究会運営委員

  • 2015年04月
    -
    2017年03月

    日本化学会   代議員

  • 2014年09月
    -
    2015年10月

    高分子学会   APME2015ローカルコミッティー

  • 2014年04月
    -
    2016年03月

    科学技術交流財団   次世代電池を切り拓く新材料開発研究会座長

  • 2012年09月
     
     

    高分子学会   第61回高分子討論会特定テーマセッションオーガナイザー

  • 2010年04月
    -
    2010年12月

    高分子学会   第19回ポリマー材料フォーラム運営委員