江龍 修 (エリユウ オサム)

ERYU Osamu

写真a

所属学科・専攻等

物理工学教育類 応用物理分野/創造工学教育類
物理工学専攻 応用物理分野

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

出身大学

  •  
    -
    1985年03月

    筑波大学   第三学群   基礎工学類   卒業

出身大学院

  •  
    -
    1990年03月

    筑波大学  工学研究科  物質工学博士課程  修了

取得学位

  • 筑波大学 -  工学博士

  • 筑波大学 -  工学修士

学外略歴

  • 1990年04月
    -
    1993年04月

      筑波大学物質工学系   助手

所属学会・委員会

  •  
     
     

    Materials Reserch Society

  • 2014年04月
    -
    2015年03月

    中部知的財産委員会

  • 2014年04月
    -
    2017年03月

    ぎふ技術革新センター運営協議会

  • 2012年06月
    -
    継続中

    日本MOT学会

  • 2011年08月
    -
    2012年07月

    日本学術振興会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類)

  • 応用物性

  • 薄膜・表面界面物性

  • 電子・電気材料工学

  • 電子デバイス・電子機器

  • 材料加工・組織制御工学

全件表示 >>

 

研究経歴

  • TrueNano加工技術による新規電子デバイス創製

    国内共同研究   その他の研究制度  

    研究期間:  2009年04月  -  現在

  • 低速イオンを用いた新規表面機能創製

    個人研究  

    研究期間:  2009年04月  -  現在

  • 無機-有機ハイブリッドセンサ創製

    個人研究  

    研究期間:  2009年04月  -  現在

  • 超平坦物質面を活用する新規結晶成長機構創製

    国内共同研究   JST地域イノベーション創出総合支援事業  

    研究期間:  2008年04月  -  現在

  • SiC単結晶刀具による切削機構解明

    国内共同研究   中小企業産業技術研究開発  

    研究期間:  2007年04月  -  現在

論文

  • Surface thermal stability of free-standing GaN substrates

    Shunsuke Okada, Hideto Miyake, Kazumasa Hiramatsu, Reina Miyagawa, Osamu Eryu, and Tamotsu Hashizume

    Japanese Journal of Applied Physics 55, 01AC08 (2016)   55   01AC08-1 - 01AC08-5   2015年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Surface characterization of 6H-SiC substrate irradiated by femtosecond laser

    Reina Miyagawa and Osamu Eryu

    Japanese Journal of Applied Physics   54 ( 6 ) 071302 - 071305   2015年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Formation of Graphene Ribbons onto Atomically Flat 6H-SiC

    Gemma Rius, Yayoi Tanaka, Osamu Eryu

    Materials Science Forum   778-780   1158 - 1161   2014年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • SiC材料の表面加工と電気的作用

    江龍修・田中弥生

    表面科学   35 ( 2 ) 74 - 77   2014年02月  [査読有り]  [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Focused ion beam as a tool for graphene technology: Structural study of processing sequence by electron microscopy

    9) Gemma Rius; Tavabi, Amir H; Mestres, Narcis; Eryu, Osamu; Tanji, Takayoshi; Yoshimura, Masamichi

    Japanese Journal of Applied Physics   53   02BC22-1 - 02BC22-7   2014年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • AlN Grown on a- and n-Plane Sapphire Substrates by Low-Pressure Hydride Vapor Phase Epitaxy

    Naoki Goriki, Hideto Miyake, Kazumasa Hiramatsu, Toru Akiyama, Tomonori Ito, and Osamu Eryu

    The Japan Society of Applied Physics   52 ( 8 ) 08JB31 - 08JB34   2013年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • アンケート調査に基づく高校生を対象とした啓発活動に関する一検討

    平田晃正、丸田章博、加藤正史、江龍 修

    電気学会論文誌A   132 ( 12 ) 1124 - 1125   2012年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • The atomic step induced by off angle CMP influences the electrical properties of the SiC surface

    Yayoi Tanaka, Takao Kanda, Kazuyuki Nagatoshi, Masamiichi Yoshimura and Osamu Eryu

    Materials Science Forum   717-720   569 - 572   2012年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 電気電子工学系大学生の入学動機の時系列変化および大学間における相違の調査

    加藤正史、平田晃正、大原繁男、江龍 修、丸田章博

    電気学会論文誌A (基礎・材料・共通部門誌)   131 ( 8 ) 635 - 636   2011年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    名工大と阪大の電気系学生の入学動機と教育意欲に関する論文

  • 学習・教育目標を利用した要素別GPA分析による学習指導の試み(共著)

    大原繁男、森田良文、平田晃正、加藤正史、江龍 修

    電気学会論文誌A   1 ( 130 ) 123 - 124   2010年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書

  • 次世代パワー半導体

    - (担当: 共著 )

    株式会社エヌ・ティー・エス  2009年10月 ISBN: 9784860432621

  • 最新CMP技術と周辺部材

    - (担当: 共著 )

    技術情報協会  2008年02月 ISBN: 9784861042119

研究発表

  • パワーデバイス用SiC基板の高精密加工プロセス技術

    江龍 修  [招待有り]

    産総研コンソーシアム「製造技術イノベーション協議会」 精密加工プロセス研究会  (福岡合同庁舎本館 1階 九経交流プラザ)  2016年09月  -  2016年09月  産業技術総合研究所

  • SiCに関わる研究からダイヤモンドウェハのあるべき姿について考える

    江龍 修

    公益社団法人砥粒加工学会 研磨の基礎科学とイノベーション化専門委員会  (金沢工業大学KIT虎ノ門大学院)  2016年07月  -  2016年07月  砥粒加工学会

  • フェムト秒レーザーを用いた劈開による基板切り出し手法の検討

    ・岡本 淳祐、宮川 鈴衣奈、江龍 修

    第63回 応用物理学会春季学術講演会  (東京工業大学 岡山キャンパス)  2016年03月  -  2016年03月  応用物理学会

  • フェムト秒レーザー照射によるSiC表面周期構造形成メカニズム

    広瀬 雄治、江龍 修

    第63回 応用物理学会春季学術講演会  (東京工業大学 岡山キャンパス)  2016年03月  -  2016年03月  応用物理学会

  • 省エネルギー技術課題とパワー半導体加工技術

    江龍 修  [招待有り]

    2016年度公益社団法人砥粒加工学会先進テクノフェアATF2016  (大田区産業プラザPiO)  2016年03月  -  2016年03月  砥粒加工学会

  • 糖濃度に依存するフェニルボロン酸を用いたSiCデバイス特性

    田中弥生、神田隆生、江龍修

    先進パワー半導体分科会 第2回講演会  (大阪国際交流センター)  2015年11月  -  2015年11月  応用物理学会

  • 6H-SiC基板へのフェムト秒レーザー照射によるナノ周期構造の形成

    岡本 淳祐 、宮川 鈴衣奈、岡部 悠、江龍修

    先進パワー半導体分科会 第2回講演会  (大阪国際交流センター)  2015年11月  -  2015年11月  応用物理学会

  • TOF-SIMSを用いたSiCの表面のイオン化率評価

    岡田拓也、江龍修

    先進パワー半導体分科会 第2回講演会   (大阪国際交流センター)  2015年11月  -  2015年11月  応用物理学会

  • 名工大の活用と研究テーマの共創

    江龍 修  [招待有り]

    名古屋工業大学研究協力会 特別講演会  (名古屋工業大学4号館1階ホール)  2015年06月  -  2015年06月  名古屋工業大学研究協力会

  • SiC基板表面における浸漬法による自己組織化膜形成

    鈴木 悠矢 、広瀬 雄治 、玉置 祥平、宮川 鈴衣奈 、木下 隆利、江龍 修

    電子情報通信学会 電子デバイス研究会  ( 豊橋技術科学大学VBL棟)  2015年05月  -  2015年05月  電子情報通信学会

全件表示 >>

工業所有権

  • 金属製研摩パッド及びその製造方法

    特願 特願2013-150678 

    名古屋工業大学 江龍 修, 新東工業株式会社 山口 英二

  • 二次元微細薄膜の作製方法

    特願 特願2008-160822  特許 特許第5311456号

    江龍 修、 木下隆利、田中正剛、(独)宇空航空研究開発機構

  • 微細構造の作製法及び微細構造を備えた基板

    特願 PY20080214 

    -

その他研究活動

  • 第28回日本国際工作機械見本市

    書評  2016年11月  -  2016年11月

    第28回日本国際工作機械見本市に研究成果物を出展した

  • 大学の立場から俯瞰した省エネルギー技術開発とNEDOの取り組み

    2015年02月  -  2015年02月

    NEDO創設30周年の記念講演会にて、全国大学を代表して、NEDO及び内閣府に対し、「省エネルギー技術の現状と展望」と題されたセッションにおいて招待講演・提言を行った。

  • 第26回日本国際工作機械見本市

    2012年11月  -  2012年11月

    日本国際工作機械見本市において、研究成果物発表を行った

  • 日本の「未来」と学生の「将来」についてと題したパネルディスカッションと講演会主催

    2012年03月  -  2012年03月

    日本の未来と学生の将来についてと題して、パネルディスカッションと講演会を主催した。産業戦略工学専攻で開発した講義形式を発展させ、オープンな会を催した。52号館11講義室を活用させて頂いた。協賛として三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ライオン株式会社、ノリタケカンパニーリミテド等、多数の企業にご協力頂き、名古屋工業大学の活動として開催した。参加者は50名であった。今後も継続して開催したい。

  • 第20回SiC及び関連ワイドギャップ半導体研究会

    2011年12月  -  2011年12月

    オーガナイザ

  • ミシガン州立大学ソーラーカー誘致

    2011年11月  -  2011年11月

    ミシガン州立大学ソーラーカー誘致。中日新聞発表

  • 日刊工業新聞掲載 SiC刀具によるTi加工に関して

    2011年03月  -  2011年03月

    日刊工業新聞紙1面にて、科学研究費補助金、知の拠点、サポインの成果物に関して成果が取り上げられた

  • 第25回日本国際工作機械見本市 JIMTOF2010出展

    2010年10月  -  2010年11月

    科学研究費補助金、知の拠点、サポイン予算に関連した研究成果物を東京ビッグサイトで開催されたJIMTOF2010にて展示・研究発表した。名工大からは唯一の報告である

  • 平成20年度学内推進研究経費(指定研究)「エネルギーと情報の高密度化社会を支える革新的ものづくり技術の創出」

    2008年04月  -  2009年03月

学術関係受賞

  • 文部科学大臣賞科学技術賞理解増進部門

    2014年04月15日   文部科学省  

    受賞者:  平田明正、加藤正史、丸田章博、江龍 修

  • 財団法人永井科学技術財団 第二十回学術賞

    2002年04月   -  

    受賞者:  -

受託研究受入実績

  • C-SMC成形技術による耐薬品性・軽量・高強度を実現した炭素繊維複合材によるボルト・ナット・ワッシャの量産技術の開発

    提供機関: 公益財団法人岐阜県産業経済振興センター  一般受託研究

    研究期間: 2015年06月  -  2016年03月 

    現在、市場で販売されているボルト・ナット・ワッシャにおいて、軽量・高強度・耐薬品性の項目で、バランスのとれたものはなく、川下企業はやむを得ずに、市販の製品を使用しているケースがある。
    今回、当研究開発では、軽量・高強度・耐薬品性の項目にバランスが取れた炭素繊維複合材のボルト・ナット・ワッシャ(カーボンボルト・カーボンナット・カーボンワッシャ)を開発し、様々な業界のニーズにこたえる。

共同研究実施実績

  • フェムト秒レーザーによる素材機能化の研究

    提供機関:   国内共同研究

    研究期間: 2015年04月  -  2017年03月  代表者: 江龍 修

職務上の実績に関する事項

  • 2016年11月
     
     

    NEDOフォーラム2016 in中部の誘引と基調講演

  • 2016年09月
     
     

    文部科学省先端研究基盤共用促進事業キックオフ・シンポジウム パネルディスカッション パネラー

  • 2016年08月
     
     

    イノベーションジャパン2016 大学見本市&ビジネスマッチング展 全国20大学に選定された

  • 2016年04月
    -
    2017年03月

    内閣府「地方創生加速化交付金」事業名「ビジネスエコシステム拠点形成による産学官連携ニーズ創出」

  • 2016年04月
    -
    2017年03月

    経済産業省「地域中核企業創出・支援事業」事業名「窒化ガリウム等次世代半導体の社会実装加速に向けた中間・後工程に係る高度な技術を有する企業群の拡大支援事業」

全件表示 >>

 

その他教育活動及び特記事項

  • 2011年04月
    -
    現在

    ソーラーカー部顧問

 

学会・委員会等活動

  • 2015年04月
    -
    2017年03月

    応用物理学会   応用物理学会東海支部幹事企画委員長

  • 2014年04月
    -
    現在

    中部知的財産委員会   中部知的財産戦略本部本部員

  • 2014年04月
    -
    現在

    ぎふ技術革新センター運営協議会   幹事

  • 2012年06月
    -
    現在

    日本MOT学会   役員 企画委員

  • 2012年05月
    -
    現在

    新エネルギー・産業技術総合開発機構   NEDO技術委員

  • 2011年08月
    -
    2013年07月

    日本学術振興会   研究員審査会専門委員

  • 2011年08月
    -
    2013年07月

    日本学術振興会   国際事業委員会審査員

  • 2011年04月
    -
    2013年03月

    応用物理学会   応用物理学会東海支部幹事企画委員長

  • 2010年04月
    -
    現在

    電気情報通信学会   アクレディテーション委員会委員

社会貢献活動

  • 「にししんハイスクール・ものづくりコンテスト」審査発表会 審査員

    西尾信用金庫、刈谷市  (場 所:刈谷市産業振興センター 7階小ホール)  2016年11月  -  2016年11月

    11月6日(日)の「にししんハイスクール・ものづくりコンテスト」審査発表会に審査委員として参加
    愛知県下 7校の工業高校が参加し、福祉に関するものづくりプレゼンに対し、書面及びプレゼン実地審査を実施した。

  • 岡崎市企業勉強会

    岡崎信用金庫  岡崎市企業勉強会、岡崎市ものづくりフェア  (岡崎信用金庫 本店会議室)  2016年04月  -  2016年10月

    岡崎市ものづくりフェアにて企業力向上のため、岡崎市中核企業(岡崎商工会議所が誘致)を対象にコアコンピタンス抽出とその向上を目指した勉強会を開催した。中部経済局からも参加があった。