犬塚 信博 (イヌヅカ ノブヒロ)

INUZUKA Nobuhiro

写真a

所属学科・専攻等

情報工学教育類 知能情報分野/創造工学教育類
情報工学専攻 知能情報分野
グローバル共生情報研究センター

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

出身大学

  •  
    -
    1987年03月

    名古屋工業大学   工学部   情報工学   卒業

出身大学院

  •  
    -
    1992年03月

    名古屋工業大学  工学研究科  電気情報工学博士課程  修了

取得学位

  • 名古屋工業大学 -  博士(工学)

  • 名古屋工業大学 -  工学修士

学外略歴

  • 1994年04月
    -
    1996年03月

      日本学術振興会海外特別研究員   日本学術振興会特別研究員

  • 1990年04月
    -
    1992年03月

      日本学術振興会   日本学術振興会特別研究員

所属学会・委員会

  • 2012年01月
    -
    継続中

    日本学生相談学会

  • 2008年04月
    -
    継続中

    日本科学哲学会

  • 2005年04月
    -
    継続中

    国際計算機学会(ACM)

  • 2004年04月
    -
    継続中

    計測自動制御学会

  • 2003年04月
    -
    継続中

    情報処理学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類)

  • マルチメディア・データベース

  • 知能情報学

  • 情報学基礎理論

 

研究経歴

  • 人間関係分析のための知識発見アルゴリズム

    個人研究   科学研究費補助金  

    研究期間:  2015年04月  -  2019年03月

  • 相談構造の特徴を重視した学生相談記録システムの開発

    個人研究   その他の研究制度  

    研究期間:  2011年12月  -  2012年07月

  • 科学的・合理的な学生相談手法を確立するための情報科学的研究

    機関内共同研究   科学研究費補助金  

    研究期間:  2011年05月  -  2013年03月

  • 関係型データマイニング法の実利用試験

    JST地域イノベーション創出総合支援事業  

    研究期間:  2010年10月  -  2011年03月

  • 関係型データマイニングに基づく統合的データ分析システムの開発

    個人研究   JST地域イノベーション創出総合支援事業  

    研究期間:  2009年10月  -  2010年03月

  • ボトムアップ方式による多関係データマイニング手法の確立

    個人研究   科学研究費補助金  

    研究期間:  2008年04月  -  2011年03月

論文

  • Effects of Grouping on Friendships and Group Composition

    Atsuko Mutoh, Kouta Aratani, Miwa Sakata,Nobuhiro Inuzuka

    The 2016 Conference on Technologies and Applications of Articial Intelligence     2016年11月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • A model of friendship networks based on social network analysis

    Atsuko Mutoh, Yuta Imura, Ryumaru Kato, Tohgoroh Matsui, Nobuhiro Inuzuka

    Artificial Life and Robotics ( Springer Japan )  21 ( 2 ) 1 - 6   2016年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

    It is important for teachers to understand the characteristics of forming and changing of friendship networks to manage their classes effectively. Many studies have analyzed friendship networks using agent-based models. Most of the models used were designed for capturing basic phenomena in a micro-viewpoint. The purpose of our study is to simulate actual friendship networks. In this paper, we present an agent-based friendship-network model based on our analysis of friendship networks among university students. We focused on Hiramatsu’s model based on a cost-benefit analysis and modified the model with the aim of closing to the actual friendship. With our modified model, the benefit function was based on their cluster structure. The results with the modified model better matched the actual friendship networks. The clique size in the modified model approached that in the actual friendship networks, and the values of several network properties approached those of the actual friendship networks.

  • 形式概念束の簡約化のための概念間の距離に関する検討

    寺町太貴, 石榑隼人, 武藤敦子, 森山甲一, 犬塚信博

    第78回情報処理学会全国大会論文集 ( 情報処理学会 )  1   445 - 446   2016年03月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   共著

    形式概念分析は、概念データを思考単位として、概念構造の明確化や事象の分析、データの可視化及び依存関係などを明らかにするものである。形式概念分析は特にデータ解析の調査においてユーザビリティなどの観点から適している。形式概念分析から得られる概念束は、サイズが大きくなり過ぎると構造の理解が困難になり、概念束の簡約化が必要になる。簡約化の一つの尺度として、簡約化後の形式概念間の距離のばらつきをとりあげ、ばらつきが大きい場合、簡約化が適切でないと考える。そのため概念間の距離を定義し、簡約化前後の距離について検討する。

  • 友人関係ネットワークを用いたコミュニティの時間推移の分析

    三木友祐, 武藤敦子, 森山甲一, 犬塚信博

    第78回情報処理学会全国大会論文集   1   303 - 304   2016年03月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   共著

    社会ネットワーク分析という分野において、ネットワークの内部構造を抽出するためのコミュニティ分析に関する研究は注目を集めており、既に多くのコミュニティ抽出法が提案されている。本論文では時間経過によるネットワーク及びコミュニティの変化に着目し、局所的手法を用いた学生の友人関係ネットワークからのコミュニティ抽出結果を用いて、学生の友人関係とそれによって構成されるコミュニティが時間経過によってどのように変化するかを観察する。

  • アオモンイトトンボの頻度依存選択に関するエージェントベースドモデル

    藤野準平, 武藤敦子, 加藤昇平, 森山甲一, 犬塚信博

    第78回情報処理学会全国大会論文集   1   295 - 296   2016年03月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   共著

    頻度依存選択とは進化のプロセスにおいて、ある遺伝子を持つ個体の適応度がその個体の頻度によって決まることである。
    そしてアオモンイトトンボという昆虫は集団の中で少数派の遺伝子を持つ個体の適応度が高くなる負の頻度依存選択があることがわかっている。
    これまでにアオモンイトトンボの個体に対して頻度依存選択を反映した時間変化のシミュレーションをする研究は行われている。
    しかし、個々のアオモンイトトンボの単位でモデル化された研究はない。そこで個体の構成、環境、相互作用をモデル化し頻度依存選択が行われるには個体にどのような要素が必要なのかマルチエージェントシミュレーションを用いてミクロな視点から解明する。

  • ラジオ体操に現れる特徴的動作の発見とその関係の分析

    島孔介, 犬塚信博, 山口陽平

    研究報告知能システム研究会報告 ( 情報処理学会 )  2016-ICS-183 ( 20 ) 1 - 7   2016年03月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   共著

    人間の日常生活は歩行や走行,階段昇降などの様々な行動によって行われており,日常的に現れやすい行動のコンテキストの分類が広く研究されている.この中で,行動を行動素により記述することで行動モデルを構築する研究や,上半身動作と下半身動作を分割してテンプレートを生成し,テンプレートの組み合わせにより行動を分類する研究が行われている.本研究では人間の行動シーケンスがあらかじめ決定されており,さらにさまざまな動作を含むラジオ体操を対象とし,ラジオ体操を構成する各運動を行動素として記述することで,運動に現れる特徴的なパターンを発見し,これを分析する.ラジオ体操を構成する各運動をそれぞれ行動とし,行動中に多数の人に共通して現れる特徴的な動作と,特徴的な動作間の関連を調べることで,異なる行動中に同様の動作の組み合わせを持つグループが存在することを確認する.

  • ネットワーク構造を導入したコミュニティ活動モデル

    甲村啓伍, 武藤敦子, 松井藤五郎, 森山甲一, 犬塚信博

    情報処理学会 第107回数理モデル化と問題解決研究会研究報告 (2016-MPS-107)   2016-MPS-107 ( 9 ) 1 - 6   2016年03月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   共著

    コミュニティ活動とは防災や環境美化等のための市民活動であり,地域の発展に重要である.人々の結びつきや 「タダ乗り」 等の社会現象との関係を解明する必要がある.山田ら [1] は個人の内面的動機と周囲の影響をモデル化したコミュニティ活動形成モデルを提案したが,人々のつながりの多様性をモデル化できていない.本研究はネットワークモデルを導入したモデルを提案する.それにより,ネットワークの特徴と活動の関係,中心性の高い人物の影響について観察する.実験結果より,ネットワークが持つクラスター係数や平均次数がコミュニティ活動の活性化に影響することを示した.また,ネットワーク内の個々の要素の影響によって,コミュニティ活動の活性化に違いがあることの可能性を示唆した.

  • グループ活動による友人関係の形成とネットワーク構造の変化

    荒谷康太, 武藤敦子, 森山甲一, 犬塚信博

    情報処理学会 第107回数理モデル化と問題解決研究会研究報告 (2016-MPS-107)   2016-MPS-107 ( 8 ) 1 - 6   2016年03月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   共著

    本研究ではこれまでに提案された社会ネットワーク分析に基づいた友人生成のためのグループ分け手法を実際の講義に適用した.その結果,グループ分け手法の違いによって新規友人生成に差があることが確認できた.また,少人数グループを単位とする友人構造では確認できない影響を見るため,クラスを単位とする数十人の学生の区分けとネットワークの変化を観察した.すなわち,学年ごとにクラスの区切りが変更されることに注目し,クラス内及び学年全体の友人関係の変化を区分けの前後で観察したところ,クラスを単位とする活動が友人関係ネットワークの構造に影響を与えていることを確認した.

  • 友人関係ネットワークの変化に対応した関係構築中心性の提案

    菅田貞治, 武藤敦子, 森山甲一, 坂田美和, 犬塚信博

    情報処理学会 第107回数理モデル化と問題解決研究会研究報告 (2016-MPS-107)   2016-MPS-107 ( 16 ) 1 - 6   2016年03月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   共著

    友人関係は生成変化する中で,その変化に貢献する個人が存在すると考えられる.本研究は友人関係ネットワークの変化の中でも関係の発生に着目し,新しく成立した関係に対してその要因を 2 種類に分類し,それぞれに基づいた評価値を提案する.この評価値は関係を構築する能力と関連する社会的属性と関係しており,関係構築中心性と見なすことができる.実験では提案した値が実際に個人の能力や性格を反映しているのかを確かめるために現実の友人関係ネットワーク (大学生 341人,4 か月) と人格適応論を参考にした自身の性格についてのアンケートの回答との間の相関を統計に基づいた検定によって調べた.その結果,アンケート内のいくつかの設問に対する回答において有意な関連性が見られた.

  • コミュニティ活動形成モデルを用いたネットワーク構造の影響分析

    甲村啓伍, 武藤敦子, 松井藤五郎, 森山甲一, 犬塚信博

    第13回情報学ワークショップ論文集     1 - 4   2015年12月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   共著

全件表示 >>

著書

  • MIT認知科学大事典

    中島秀之, 他 (担当: 共訳 )

    共立出版  2012年11月 ISBN: 978-4-320-09447-5

    「認知科学」の全分野にわたって,それぞれの方法論および理論を網羅した世界に類のない事典。認知科学を構成している六つの主要分野:哲学,心理学,神経科学,計算論的知能,言語学,文化・認知・進化の中から470項目を厳選し,それぞれに対して第一級の研究者が執筆にあたっている。
    登録者(犬塚)は人工知能関係の8項目程度を翻訳した。

研究発表

  • アオモンイトトンボの頻度依存選択に関するエージェントベースドモデル

    藤野準平,武藤敦子,加藤昇平,森山甲一,犬塚信博

    情報処理学会第78回全国大会  (慶応義塾大学,横浜市)  2016年03月  -  2016年03月  情報処理学会

  • 友人関係ネットワークを用いたコミュニティの時間推移の分析

    三木友祐,武藤敦子,森山甲一,犬塚信博

    情報処理学会第78回全国大会  (慶応義塾大学,横浜市)  2016年03月  -  2016年03月  情報処理学会

  • 形式概念束の簡約化のための概念間の距離に関する検討

    寺町太貴, 石榑隼人, 武藤敦子, 森山甲一, 犬塚信博

    情報処理学会第78回全国大会  (慶応義塾大学,横浜市 )  2016年03月  -  2016年03月  情報処理学会

  • スマートフォンを用いたラジオ体操の行動認識に関する検討

    島孔介, 犬塚信博, 山口陽平

    情報処理学会第78回全国大会  (慶応義塾大学,横浜市)  2016年03月  -  2016年03月  情報処理学会

  • ラジオ体操に現れる特徴的動作の発見とその関係の分析

    島孔介, 犬塚信博, 山口陽平

    知能システム研究会  (名古屋工業大学)  2016年03月  -  2016年03月  情報処理学会

  • 友人関係ネットワークの変化に対応した関係構築中心性の提案

    菅田貞治, 武藤敦子, 森山甲一, 坂田美和, 犬塚信博

    第107回数理モデル化と問題解決研究会  2016年03月  -  2016年03月  情報処理学会

  • グループ活動による友人関係の形成とネットワーク構造の変化

    荒谷康太, 武藤敦子, 森山甲一, 犬塚信博

    第107回数理モデル化と問題解決研究会  2016年03月  -  2016年03月  情報処理学会

  • ネットワーク構造を導入したコミュニティ活動モデル

    甲村啓伍, 武藤敦子, 松井藤五郎, 森山甲一, 犬塚信博

    第107回数理モデル化と問題解決研究会  2016年03月  -  2016年03月  情報処理学会

  • コミュニティ活動形成モデルを用いたネットワーク構造の影響分析

    甲村啓伍, 武藤敦子, 松井藤五郎, 森山甲一, 犬塚信博

    第13回情報学ワークショップ(WiNF2015)   (名城大学)  2015年12月  -  2015年12月  情報学ワークショップ実行委員会

  • 関係発生要因の定量化による友人ネットワークの分析

    菅田貞治, 武藤敦子, 森山甲一, 坂田美和, 犬塚信博

    第13回情報学ワークショップ(WiNF2015)   (名城大学)  2015年12月  -  2015年12月  情報学ワークショップ実行委員会

全件表示 >>

工業所有権

  • 相談構造に基づく相談記録システム

    特願 特願2011-999999 

    犬塚信博, 武藤敦子, 小田尚宜

  • 友人関係推測システム

    特願 特願2008-34078  特開 特開2009-193396  特許 5283059

    犬塚信博, 中野智文, 下村幸作, 松尾啓志

    出席の記録から友人関係を推測するシステムに関する特許

学術関係受賞

  • 情報処理学会全国大会学生奨励賞

    2013年03月06日   情報処理学会  

    受賞者:  西山瑞紀

  • 第9回情報学ワークショップ奨励賞

    2011年11月25日   第9回情報学ワークショップ実行委員会  

    受賞者:  小田尚宜, 武藤敦子, 犬塚信博

  • 第8回情報学ワークショップ奨励賞

    2010年12月10日   情報学ワークショップ実行委員会  

    受賞者:  松島裕, 犬塚信博

  • 第8回情報学ワークショップ優秀論文賞

    2010年12月10日   情報学ワークショップ実行委員会  

    受賞者:  中野裕介, 犬塚信博

  • 第7回情報学ワークショップ奨励賞

    2009年11月27日   情報学ワークショップ実行委員会  

    受賞者:  牧野敏行,犬塚信博

  • 電気関係学会東海支部連合大会奨励賞

    1996年04月   -  

    受賞者:  -

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 人間関係分析のための知識発見アルゴリズム

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2019年03月  代表者:  犬塚信博

  • 科学的・合理的な学生相談手法を確立するための情報科学的研究

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2011年04月  -  2013年03月  代表者:  犬塚信博

 

教育活動に関する受賞

  • 2015年度 情報処理学会東海支部学生論文奨励賞

    2016年05月   情報処理学会東海支部  

    受賞者: 島孔介

  • 2015年度 情報処理学会東海支部学生論文奨励賞

    2016年05月   情報処理学会東海支部  

    受賞者: 石榑隼人