犬塚 信博 (イヌヅカ ノブヒロ)

INUZUKA Nobuhiro

写真a

所属学科・専攻等

情報工学教育類 知能情報分野/創造工学教育類
情報工学専攻 知能情報分野
創造工学教育推進センター

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

人工知能, 計算機ソフトウエア, 知識発見, 計算論理, 教育工学, ネットワーク科学

出身大学

  •  
    -
    1987年03月

    名古屋工業大学   工学部   情報工学   卒業

出身大学院

  •  
    -
    1992年03月

    名古屋工業大学  工学研究科  電気情報工学博士課程  修了

取得学位

  • 名古屋工業大学 -  博士(工学)

  • 名古屋工業大学 -  工学修士

学外略歴

  • 1994年04月
    -
    1996年03月

      日本学術振興会海外特別研究員   日本学術振興会特別研究員

  • 1990年04月
    -
    1992年03月

      日本学術振興会   日本学術振興会特別研究員

所属学会・委員会

  • 2012年01月
    -
    継続中

    日本学生相談学会

  • 2008年04月
    -
    継続中

    日本科学哲学会

  • 2005年04月
    -
    継続中

    国際計算機学会(ACM)

  • 2004年04月
    -
    継続中

    計測自動制御学会

  • 2003年04月
    -
    継続中

    情報処理学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類)

  • 知能情報学

  • マルチメディア・データベース

  • 情報学基礎理論

 

研究経歴

  • 人間関係分析のための知識発見アルゴリズム

    個人研究   科学研究費補助金  

    研究期間:  2015年04月  -  2019年03月

  • 相談構造の特徴を重視した学生相談記録システムの開発

    個人研究   その他の研究制度  

    研究期間:  2011年12月  -  2012年07月

  • 科学的・合理的な学生相談手法を確立するための情報科学的研究

    機関内共同研究   科学研究費補助金  

    研究期間:  2011年05月  -  2013年03月

  • 関係型データマイニング法の実利用試験

    JST地域イノベーション創出総合支援事業  

    研究期間:  2010年10月  -  2011年03月

  • 関係型データマイニングに基づく統合的データ分析システムの開発

    個人研究   JST地域イノベーション創出総合支援事業  

    研究期間:  2009年10月  -  2010年03月

  • ボトムアップ方式による多関係データマイニング手法の確立

    個人研究   科学研究費補助金  

    研究期間:  2008年04月  -  2011年03月

論文

  • Extraction of Behavioral Patterns by Recombining Non-Negative Multiple Matrix Factorization and Clustering Results

    Shogo Yasui, Atsuko Mutoh, Koichi Moriyama, Tohgoroh Matsui, and Nobuhiro Inuzuka

    Proceedings of Proceedings of 2021 IEEE 10th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2021) ( IEEE )    2021年10月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Evaluation of Martial Arts Demonstration Focusing on Peak Timing Using Acceleration Data

    Shohei Yamanaka, Kosuke Shima, Atsuko Mutoh, Koichi Moriyama, Tohgoroh Matsui, and Nobuhiro Inuzuka

    Proceedings of Proceedings of 2021 IEEE 10th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2021) ( IEEE )    2021年10月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Classification of Buzzwords by Focusing on Time Trends Using Twitter Data

    Juno Hashimoto, Atsuko Mutoh, Koichi Moriyama, Azusa Yokogoshi, Eiko Yoshida, Tohgoroh Matsui, and Nobuhiro Inuzuka

    Proceedings of Proceedings of 2021 IEEE 10th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2021) ( IEEE )    2021年10月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Human motion analysis using expressions of non-separated accelerometer values as character strings

    Kosuke Shima, Atsuko Mutoh, Koichi Moriyama, Nobuhiro Inuzuka

    Artificial Life and Robotics ( Springer Japan )  26 ( 2 ) 202 - 209   2021年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

    People generally perform various activities, such as walking and running. They perform these activities with different motions. For example, walking can be performed with or without swinging shoulders, as well as staggering and swinging arms. We assume that such differences occur based on physical and mental characteristics of humans. To analyze relations between the motions and the characteristics/conditions, it is useful to group humans according to these differences. In a previous work, we proposed a method that successfully grouped humans by analyzing accelerometer data of their bodies in a specific activity with fixed timing and duration. In this study, we tackle with a problem of grouping human in generic, variable-length activities, such as walking and running. We propose a method that detects same motions from the accelerometer data with sliding windows and merges continuous same motions into a motion. The method is robust regarding the difference in timing and duration of the motion. In our conducted experiments, the proposed method classified humans into groups appropriately, the groups which are acquired by the previous method with the same data but without assuming fixed timing and fixed duration, which are assumed in the previous method. The proposed method is robust against temporally noised data generated from the data.

  • 深層強化学習における時系列的内部報酬生成器による探索の改善

    村上知優, 森山甲一, 松井藤五郎, 武藤敦子, 犬塚信博

    情報処理学会論文誌数理モデル化と応用(TOM) ( 情報処理学会 )  14 ( 1 ) 1 - 11   2021年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    近年,高次元状態における強化学習手法として深層強化学習という手法が注目されている.しかし,深層強化学習を含む強化学習全般において,報酬が疎な環境における学習が困難であることが知られている.この問題を解決する手段として,目新しい状態の訪問に対して内的な報酬を発生させ,エージェントに多様な状態への訪問を促進させる手法が存在する.本研究ではそれを時系列的なものへ拡張し,目新しい状態遷移に対して内部報酬を生成するようにした.これにより部分観測マルコフ決定過程における探索にも対応できるようにし,実験を行った結果,その有効性を確認した.

  • 属性情報取得範囲を考慮した友人関係生成モデル

    泉優多, 武藤敦子, 森山甲一,松井藤五郎, 犬塚信博

    電気学会論文誌C電子情報システム部門誌 ( 電気学会 )  140 ( 12 )   2020年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • Evolution of Mate-choice Copying Adapted to Environmental Changes

    Kosuke Ozeki, Atsuko Mutoh, Koichi Moriyama, Tohgoroh Matsui, and Nobuhiro Inuzuka

    Proc. 2020 IEEE 9th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2020) ( IEEE )    2020年10月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   単著

  • 社会ネットワークにおける構造的特徴を測るためのエゴと周辺の異質性に基づいた属性の提案

    夏目稔, 石榑隼人, 武藤敦子, 森山甲一, 犬塚信博

    人工知能学会 社会におけるAI研究会 SIG-SAI ( 人工知能学会 )  37 ( 3 ) 1 - 7   2020年03月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   共著

    社会ネットワーク分析において, 多様な性質を有するグループに接続する接点は有用な働きをする可能性がある. そこで, 本研究は周囲に多様な属性を持つ接点の属性を明らかにする. そのために社会ネットワークにおける構造的特徴を測るためのエゴと周辺の異質性に基づいた属性のためのオペレータを定義し, 構造的特徴を測るために意味を持つ属性を抽出した. また, 抽出した属性を適用した形式概念分析を用いて, 具体的なエゴの振る舞いを分析した.

  • グラフクラスタリングを用いたリーダーの変更によるコミュニティ活動活性化モデル

    浜島康佑, 武藤敦子, 松井藤五郎, 森山甲一, 犬塚信博

    人工知能学会 社会におけるAI研究会 SIG-SAI ( 人工知能学会 )  37 ( 4 ) 1 - 8   2020年03月

    研究論文(学術雑誌)   共著

    Activate of community activities plays an important role in solving regional and national problems. In communities such as neighborhood associations, community activities sometimes carry out to enrich lives of members and improve their environment. Participation in community activities is supported by members having rights and responsibilities. However, there are few people who actually participate. That’s because nonparticipants can obtain the same benefit with participants. Therefore, nomination of a leader who always participates in the activities and encourages the norm consciousness of the surrounding people is important to activate activities. In this research, we propose a community activity model introduced changes of a leader. We make community activity be activated by changing a leader.

  • Analysis of Changes in Behavior Patterns of Workers Using Non-Negative Multiple Matrix Factorization

    Seidai Kojima, Kosuke Shima, Atsuko Mutoh, Koichi Moriyama, and Nobuhiro Inuzuka

    proc. The Twenty-Fifth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2020 (AROB 25th 2020)     2020年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書

  • MIT認知科学大事典

    中島秀之, 他 (担当: 共訳 )

    共立出版  2012年11月 ISBN: 978-4-320-09447-5

    「認知科学」の全分野にわたって,それぞれの方法論および理論を網羅した世界に類のない事典。認知科学を構成している六つの主要分野:哲学,心理学,神経科学,計算論的知能,言語学,文化・認知・進化の中から470項目を厳選し,それぞれに対して第一級の研究者が執筆にあたっている。
    登録者(犬塚)は人工知能関係の8項目程度を翻訳した。

研究発表

  • エージェント間の距離がタスク達成に影響する環境下における報酬の制御

    中田瑛,森山甲一,武藤敦子,松井藤五郎,犬塚信博

    エージェント間の距離がタスク達成に影響する環境下における報酬の制御  (ソフトウェア科学会)  2021年09月  -  2021年09月  SMASH21 SUMMER SYMPOSIUM

  • マルチエージェント強化学習問題への好奇心探索の適用

    岩科享,森山甲一,松井藤五郎,武藤敦子,犬塚信博

    人工知能学会全国大会  2021年06月  -  2021年06月  人工知能学会

  • 加速度データを用いた動作タイミングに着目した演武競技の評価

    山中祥平,島孔介,武藤敦子,森山甲一,松井藤五郎,犬塚信博

    人工知能学会第35回全国大会  2021年06月  -  2021年06月  人工知能学会

  • 長期リターンに対しUMAPを用いた投資信託クラスタリング

    籔内 陽斗, 松井 藤五郎, 武藤 敦子, 森山 甲一, 犬塚 信博

    人工知能学会第35回全国大会  2021年06月  -  2021年06月  人工知能学会

  • ネットワーク分割による避難経路の交差を回避した避難所割り当ての最適化

    山本正也,武藤敦子,森山甲一,松井藤五郎,犬塚信博

    人工知能学会第35回全国大会  2021年06月  -  2021年06月  人工知能学会

  • 社会ネットワークの社会的属性を特徴づける構造的属性に関する研究

    細木 聡, 犬塚 信博, 武藤 敦子, 森山 甲一

    人工知能学会第35回全国大会  2021年06月  -  2021年06月  人工知能学会

  • 会議ネットワークにおける中心性の分析による活躍評価要因の推定

    水野裕太,武藤敦子,森山甲一,松井藤五郎,犬塚信博

    人工知能学会第35回全国大会  2021年06月  -  2021年06月  人工知能学会

  • 非負値多重行列因子分解による購買および TV視聴パターンの可視化

    安井彰悟, 武藤敦子, 森山甲一, 松井藤五郎, 犬塚信博

    情報処理学会第83回全国大会  2021年03月  -  2021年03月  情報処理学会

  • 強化学習による歩行者シミュレーションにおける行動規則の自動生成

    小林姫華, 森山甲一, 松井藤五郎, 武藤敦子, 犬塚信博

    計測自動制御学会第48回知能システムシンポジウム  2021年03月  -  2021年03月  計測自動制御学会

  • 高次元連続観測空間における安全な強化学習

    梅本 匠, 松井 藤五郎, 武藤 敦子, 森山 甲一, 犬塚 信博

    情報論的学習理論と機械学習研究会  (オンライン)  2021年03月  -  2021年03月  電子情報通信学会

全件表示 >>

工業所有権

  • 相談構造に基づく相談記録システム

    特願 特願2011-999999 

    犬塚信博, 武藤敦子, 小田尚宜

  • 友人関係推測システム

    特願 特願2008-34078  特開 特開2009-193396  特許 5283059

    犬塚信博, 中野智文, 下村幸作, 松尾啓志

    出席の記録から友人関係を推測するシステムに関する特許

学術関係受賞

  • 2019年度人工知能学会全国大会優秀賞

    2019年06月   人工知能学会   非負値多重行列因子分解の因子行列を用いたクラスタリングと決定木学習によるオフィスの入退室データの分析  

    受賞者:  小島 世大, 石槫 隼人, 坂田 美和, 武藤 敦子, 森山 甲一, 犬塚 信博

  • 情報処理学会全国大会学生奨励賞

    2013年03月06日   情報処理学会  

    受賞者:  西山瑞紀

  • 第9回情報学ワークショップ奨励賞

    2011年11月25日   第9回情報学ワークショップ実行委員会  

    受賞者:  小田尚宜, 武藤敦子, 犬塚信博

  • 第8回情報学ワークショップ奨励賞

    2010年12月10日   情報学ワークショップ実行委員会  

    受賞者:  松島裕, 犬塚信博

  • 第8回情報学ワークショップ優秀論文賞

    2010年12月10日   情報学ワークショップ実行委員会  

    受賞者:  中野裕介, 犬塚信博

  • 第7回情報学ワークショップ奨励賞

    2009年11月27日   情報学ワークショップ実行委員会  

    受賞者:  牧野敏行,犬塚信博

  • 電気関係学会東海支部連合大会奨励賞

    1996年04月   -  

    受賞者:  -

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 人間関係分析のための知識発見アルゴリズム

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2019年03月  代表者:  犬塚信博

  • 科学的・合理的な学生相談手法を確立するための情報科学的研究

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2011年04月  -  2013年03月  代表者:  犬塚信博

 

教育活動に関する受賞

  • 2015年度 情報処理学会東海支部学生論文奨励賞

    2016年05月   情報処理学会東海支部  

    受賞者: 島孔介

  • 2015年度 情報処理学会東海支部学生論文奨励賞

    2016年05月   情報処理学会東海支部  

    受賞者: 石榑隼人