岩本 雄二 (イワモト ユウジ)

IWAMOTO Yuji

写真a

所属学科・専攻等

生命・応用化学教育類 環境セラミックス分野
生命・応用化学専攻 環境セラミックス分野
国際交流推進室

職名

教授

出身大学

  • 1981年04月
    -
    1985年03月

    名古屋市立大学   薬学部   卒業

出身大学院

  •  
    -
    1987年03月

    名古屋市立大学  薬学研究科  有機化学修士課程  修了

取得学位

  • 名古屋市立大学 -  薬学修士

  • 東京大学 -  博士(科学)

学外略歴

  • 1999年04月
    -
    2000年03月

      ダルムシュタット工科大学客員研究員   研究員

  • 1995年04月
    -
    1999年03月

      ファインセラミックス技術研究組合 シナジーセラミックス研究所   主任研究員

  • 1990年01月
    -
    2007年04月

      財団法人ファインセラミックスセンター   部長(学部長含む)

  • 1985年04月
    -
    1988年12月

      日本農薬株式会社   研究員

所属学会・委員会

  •  
     
     

    米国セラミックス学会

  •  
     
     

    米国化学会

  •  
     
     

    日本膜学会

  •  
     
     

    日本セラミックス協会

  •  
     
     

    米国材料学会

専門分野(科研費分類)

  • 無機材料・物性

 

研究経歴

  • ガス分離用セラミック膜に関する研究

    国内共同研究  

    研究期間:  2002年04月  -  現在

  • 機能性セラミックスに関する研究

    国内共同研究  

    研究期間:  1995年04月  -  現在

論文

  • Hot sulfuric acid-resistance of fly-ash-based geopolymer as a refractory materia

    S. Hashimoto, T. Machino, K. Ando, Y. Daiko, S. Honda, Y. Iwamoto

    Constr. Build. Mater.   151   714 - 719   2017年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Fabrication of SiC Hardened Bodies with Geopolymer Binders using a Warm Press Method

    S. Hashimoto, K. Kubota, K. Ando, M. Tsutani, Y. Daiko, S. Honda and Y. Iwamoto

    Green Construction and Engineering Education for Sustainable Future AIP Conf. Proc.   1887   1 - 7   2017年08月

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Mechanochemically induced sulfur doping in ZnO via oxygen vacancy formation

    Y. Daiko, J. Schmidt, G. Kawamura, S. Romeis, D. Segets, Y. Iwamoto and W. Peukert

    Phys. Chem. Chem. Phys   19   13838 - 13845   2017年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • H+ emission under room temperature and non-vacuum atmosphere from a sol-gel-derived nanoporous emitter

    Y. Daiko, S. Mizutani, K. Machida, H. Imataka, S. Honda, Y. Iwamoto

    J. Sol Gel-Sci. Technol.   83   252 - 258   2017年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Amine-functionalized polycarbosilane hybrids for CO2-selective membranes

    Z. Mouline, K. Asai, Y. Daiko, S. Honda, S. Bernard, Y. Iwamoto

    J. Eur. Ceram. Soc.   37   5213 - 5221   2017年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Fabrication of pure phase calcium carbonate hardened bodies as a means of creating novel geomimetic ceramics

    S. Hashimoto, S. Kusawake, Y. Daiko, S. Honda and Y. Iwamoto

    Constr. Build. Mater.   135   405 - 410   2017年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Effect of fabrication parameters on physical properties of metakaolin-based ceramic hollow fibre membrane (CHFM)

    S. K. Hubadillah, M. H. D. Othman, Z. Harun, A.F. Ismail, Y. Iwamoto, S. Honda, M. A. Rahman, J. Jaafar, P. Gani, and M. N. M. Sokri

    Ceram. Int.   42 ( 14 ) 15547 - 15558   2016年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Polymer-derived organoamine-functionalized amorphous silica materials for CO2-selective membranes

    Z. Mouline, K. Asai, Y. Daiko, S. Honda, S. Bernard and Y. Iwamoto

    Ceram. Soc. Japan   124   989 - 995   2016年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Fabrication and thermal conductivity of highly porous alumina body from platelets with yeast fungi as a pore forming agent

    S. Honda, S. Hashimoto, S. Yase, Y. Daiko, Y. Iwamoto

    Ceram. Int.   42   13882 - 13887   2016年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Effect of grinding treatment of fly ash on compressive strength of hardened geopolymers using form press method

    S. hashimoto, K. Kubota, K. Ando, Y. Daiko, S. Honda and Y. Iwamoto

    Proceeding Book Title: AGS-MIGS     2016年08月

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

全件表示 >>

著書

  • セラミックデータブック2017/18

    橋本 忍、岩本雄二 (担当: 共著 , 担当範囲: ウォームプレス法を用いた炭酸カルシウムの新規固化技術 )

    工業製品技術協会  2017年12月

  • セラミックデータブック2017/18

    Zineb Mouline、 岩本雄二 (担当: 共著 , 担当範囲: アミノ基を有するSi-C-H系無機・有機ハイブリッドのCO2吸脱着特性 )

    工業製品技術協会  2017年12月

  • セラミックデータブック2016/17

    下川洋平、岩本雄二 (担当: 共著 , 担当範囲: ポリマープレカーサー法による新規AlNセラミックスの化学合成 )

    工業製品技術協会  2016年12月

  • セラミックデータブック2016/17

    早川知克, 岩本雄二 (担当: 共著 , 担当範囲: 国際共同研究を通じたセラミックス材料科学分野の教育・研究機能強化―フランス・ENSCI/リモージュ大学との連携活動 )

    工業製品技術協会  2016年12月

  • Handbook of Sol-Gel Science and Technology

    Y. Daiko, Y. Iwamoto (担当: 共著 , 担当範囲: Proton conduction in Sol-Gel derived glasses and films )

    Springer  2016年07月 ISBN: 978-3-319-32100-4

  • セラミックデータブック2015/16

    下川洋平、岩本雄二 (担当: 共著 , 担当範囲: CaZrO3:Eu3+系蛍光体における2つの異なるEu3+置換サイトと赤色発光特性 )

    工業製品技術協会(株式会社テクノプラザ)  2015年10月 ISBN: 4-905959-97-X

  • エネルギー・化学プロセスにおける膜分離膜技術

    岩本 雄二 (担当: 単著 , 担当範囲: メタンの水蒸気改質反応への応用をめざした多孔質セラミックスの開発研究 )

    S&T出版  2014年12月 ISBN: 978-4-907002-42-8

  • セラミックデータブック2014/15

    橋本 忍、岩本雄二 (担当: 共著 , 担当範囲: ウォームプレス法を用いたジオポリマーの短時間合成 )

    工業製品技術協会(株式会社テクノプラザ)  2014年12月 ISBN: 4-905959-96

  • 海外連携を通じたセラミックスの教育研究活動

    春日敏宏、岩本雄二、柿本健一 (担当: 共著 , 担当範囲: 海外連携を通じたセラミックスの教育研究活動 )

    工業製品技術協会(株式会社テクノプラザ)  2013年12月 ISBN: 4-905959-95X

  • アルミナ系多孔質耐火物骨材の作製と評価

    橋本 忍, 岩本雄二 (担当: 共著 , 担当範囲: アルミナ系多孔質耐火物骨材の作製と評価 )

    工業製品技術協会(株式会社テクノプラザ)  2013年12月 ISBN: 4-905959-95X

全件表示 >>

総説・解説記事

  • 高温水素分離用アモルファスシリカ膜

    岩本雄二

    ENEOS Technical Review ( JX日鉱日石エネルギー研究開発企画部 )  55 ( 1 ) 7 - 13   2013年02月

    総説・解説(その他)   単著

  • 高温水素分離膜としての合成研究

    岩本雄二

    セラミックス ( 日本セラミックス協会 )  47 ( 1 ) 25 - 27   2012年01月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • マイクロポーラスセラミック膜の合成と高温水素分離膜としての応用研究

    岩本雄二

    超精密 ( 精密工学会 超精密加工専門委員会 )  17   18 - 23   2011年12月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • ナノ多孔質セラミックス分離膜の研究開発動向, -化学合成プロセスへの応用における省エネルギー化-

    岩本雄二、河本洋

    科学技術動向 ( 文部科学省 科学技術政策研究所 )  95 ( 2 ) 20 - 33   2009年02月

    総説・解説(その他)   共著

  • セラミックス製高温水素分離膜の開発

    岩本雄二

    東海科学工業会会報 ( 東海科学工業会 )  258   2 - 6   2008年04月

    総説・解説(その他)   単著

  • 高温水素分離用多孔質セラミック膜

    岩本 雄二

    ケミカルエンジニアリング ( 化学工業社 )  51 ( 5 ) 59 - 64   2006年05月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 新規ナノコンポジット系高温水素分離膜の開発

    岩本 雄二

    セラミックス ( 日本セラミックス協会 )  41 ( 11 ) 925 - 928   2006年11月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 多孔質セラミック膜を用いた高温水素分離

    岩本 雄二

    膜 ( 日本膜学会 )  30 ( 9 ) 247 - 253   2005年09月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 高温水素分離用セラミック膜の開発

    岩本 雄二

    電気評論 ( 電気評論社 )  90 ( 4 ) 48 - 52   2005年04月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 高効率高温水素分離膜の開発

    岩本 雄二

    まてりあ ( 日本金属学会 )  44 ( 3 ) 220 - 225   2005年03月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

全件表示 >>

研究発表

  • Chemical formation of ceramic-based materials through polymer-derived ceramics route

    Yuji Iwamoto

    2017 GLOBAL RESEARCH EFFORTS ON ENERGY AND NANOMATERIALS (GREEN 2017)  (Taipei, Taiwan)  2017年12月  -  2017年12月  Asia Pacific Society for Materials Research

  • シリカ添加によるアルミナセメントキャスタブルの中間温度域における機械的特性の改善

    山口慶太郎、橋本忍、安藤耕太郎、大幸祐介、本多沢雄、岩本雄二、池本正

    平成29年度日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会  (名古屋工業大学)  2017年12月  -  2017年12月  日本セラミックス協会

  • 高温蒸発法によるアルミナ多孔体の作製と評価

    武藤大夢・橋本忍・大幸裕介・本多沢雄・岩本雄二

    平成29年度日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会  (名古屋工業大学)  2017年12月  -  2017年12月  日本セラミックス協会

  • Coカチオンドープアモルファスアルミノシリケートの合成と水素反応挙動の解析

    安藤しおり, 太田郁也, 水谷浩司, 大幸裕介, 本多沢雄, 岩本雄二

    平成29年度日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会  (名古屋工業大学)  2017年12月  -  2017年12月  日本セラミックス協会

  • ポリマープレカーサー法によるβ-SiAION:Eu2+の合成とPL発光特性

    飯濵準也、濵名大樹、大幸裕介、本多沢雄、岩本雄二

    平成29年度日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会  (名古屋工業大学)  2017年12月  -  2017年12月  日本セラミックス協会

  • 乾燥ゲルからのベータ型ゼオライトの結晶化挙動

    中嶋健人、賈朋飛、吉田健人、本多沢雄、大幸裕介、岩本雄二

    第33回ゼオライト研究発表会  (長良川国際会議場)  2017年11月  -  2017年12月 

  • Alkaline-earth metal ion dependence of H+ implantation in phosphate glass by in-situ electrochemical FT-IR analysis

    S. JEONG, Y. DAIKO, S. HONDA, Y. IWAMOTO

    The 34th International Japan-Korea Seminar on Ceramics (J-K Ceramics 34)  (浜松ロイヤルホテル)  2017年11月  -  2017年11月 

  • Fracture Evaluation of Direct Copper Bonding Ceramic Substrate Subjected to Cyclic Heating

    S. Honda, T. Ohno, Y. Daiko, T. Ideno, F.Momose, Y. Iwamoto

    The 34th International Japan-Korea Seminar on Ceramics (J-K Ceramics 34)  (浜松ロイヤルホテル)  2017年11月  -  2017年11月 

  • Hardening of Calcite as a Means of Creating Novel Geomimetic Ceramics

    S. Hashimoto, Y. Daiko, S. Honda, Y. Iwamoto

    The 34th International Japan-Korea Seminar on Ceramics (J-K Ceramics 34)  (浜松ロイヤルホテル)  2017年11月  -  2017年11月 

  • Fabrication of SiC hardened bodes with geopolymer binder by a warm press method

    K. Kubota, S. Hashimoto, Y. Daiko, S. Homda, Y. Iwamoto

    The 34th International Japan-Korea Seminar on Ceramics (J-K Ceramics 34)  (浜松ロイヤルホテル)  2017年11月  -  2017年11月 

全件表示 >>

工業所有権

  • セラミックス基板及びその製造方法、並びに半導体放置およびその製造方法

    特願 2010-218482 

    西村芳孝、橋本 忍、岩本雄二

その他研究活動

  • 化学親和性を付与したセラミック系分離膜の合成開発

    2011年04月  -  現在

  • 酸化物系セラミックス蛍光体の合成開発

    2008年04月  -  現在

  • 新規窒化物系セラミック蛍光体の創製研究

    2008年04月  -  現在

  • セラミック多孔体のガス透過特性、および熱機械的特性の評価・解析

    2009年04月  -  現在

  • 高温水素分離用セラミック膜の合成開発

    2006年04月  -  現在

  • 固体高分子形燃料電池実用化戦略的技術開発/次世代技術開発

    2007年04月  -  2009年04月

学術関係受賞

  • 優秀論文賞

    2016年06月03日   社団法人日本セラミックス協会  

    受賞者:  岩本 雄二

  • Richard M. Fulrath Award

    2006年10月16日   The American Ceramic Society  

    受賞者:  岩本 雄二

  • 日本セラミックス協会平成18年度学術賞

    2006年04月   社団法人日本セラミックス協会  

    受賞者:  岩本 雄二

  • 注目発明選定 / 科学技術庁 「化学修飾炭化珪素セラミック粉末及び炭化珪素セラミックスの作成方法」

    1999年04月12日   科学技術庁  

    受賞者:  岩本 雄二, 奥崎幸子, 菊田浩一, 平野眞一

 
 

学会・委員会等活動

  • 2011年04月
    -
    2012年03月

    日本セラミックス協会   常任理事

  • 2010年04月
    -
    2011年03月

    日本セラミックス協会   標準化委員会委員長

  • 2008年04月
    -
    2010年03月

    日本セラミックス協会   標準化委員会副委員長

  • 2009年03月
    -
    2013年03月

    日本セラミックス協会   学術論文誌 編集委員

  • 2004年04月
    -
    2007年03月

    日本セラミックス協会   学術論文誌 編集委員

  • 2010年06月
     
     

    米国セラミックス学会   CIMTEC2010 Symposium organizer (CF)

  • 2010年11月
     
     

    日本セラミックス協会   ICC3 Symposium Co-organizer (2B, Novel Chemical Processing; Molecular Routes to Ceramics and Ceramics-based Materials)

  • 2010年11月
     
     

    日本セラミックス協会   ICC3 Symposium Organizer (12, Porous Ceramics for Environmental Protection and Advanced Industries)

  • 2010年11月
     
     

    日本セラミックス協会   ICC3 Symposium Co-organizer (4, Green and Smart Processing)

  • 2009年09月
     
     

    日本セラミックス協会   2009年度秋季シンポジウム(セッションオーガナイザー(セラミックスのケミカルデザインによる高次構造制御)