岩田 修一 (イワタ シユウイチ)

IWATA Shuichi

写真a

所属学科・専攻等

生命・応用化学教育類 生命・物質化学分野
生命・応用化学専攻 生命・物質化学分野

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

出身大学

  •  
    -
    1989年03月

    名古屋工業大学   工学部   応用化学   卒業

出身大学院

  • 1989年04月
    -
    1991年03月

    名古屋工業大学  工学研究科  物質工学修士課程  修了

取得学位

  • 京都大学 -  博士(工学)

  • 名古屋工業大学 -  工学修士

学外略歴

  • 1991年04月
    -
    1996年11月

      三井東圧化学(現 三井化学)株式会社   -

  • 2004年03月
    -
    2005年03月

      ドイツ アーヘン工科大学 プラスチックプロセッシング研究所   研究員

所属学会・委員会

  • 1988年05月
    -
    継続中

    化学工学会

  • 2003年04月
    -
    継続中

    日本レオロジー学会

  • 1998年06月
    -
    継続中

    プラスチック成形加工学会

  • 2001年08月
    -
    継続中

    日本機械学会

  • 2006年02月
    -
    継続中

    The Polymer Processing Society

全件表示 >>

専門分野(科研費分類)

  • 化工物性・移動操作・単位操作

  • 流体工学

  • 環境技術・環境負荷低減

 

研究経歴

  • 電気泳動粒子濃縮法によるナノ粒子回収および回収物の再資源化

    国内共同研究   研究開発事業委託費  

    研究期間:  2009年11月  -  現在

  • 圧力振動脱泡法の開発

    個人研究   JST地域イノベーション創出総合支援事業  

    研究期間:  2003年04月  -  現在

  • 表面張力と接触角決定手法の開発

    個人研究  

    研究期間:  1999年04月  -  現在

  • 特異要素/分割型有限要素法による粘弾性流体の流動解析

    個人研究   科学研究費補助金  

    研究期間:  1996年04月  -  現在

学位論文

  • 低メモリー分割型有限要素法による粘弾性流動解析に関する研究

    岩田 修一

      2003年07月(年月日)

    学位論文(博士)   単著

  • 固体壁面上の障害物近傍における乱流流動と伝熱の理論解析

    岩田修一

      1991年03月(年月日)

    学位論文(修士)   単著

論文

  • Molecular Dynamics Study of the Correlation between the Solvation Structures and the Antifouling Properties of Three Types of Betaine Moieties

    Ryo Nagumo, Ryoya Suzuki, Takaaki Miyake, Haruki Furukawa, Shuichi Iwata, Hideki Mori

    Journal of Chemical Engineering of Japan ( Society of Chemical Engineers, Japan )  50 ( 5 ) 333 - 338   2017年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 振動場における微小液滴の内部流動に関する検討

    山内聡子,岩田修一,吉武裕美子,南雲亮,森秀樹,梶谷忠志

    レオロジー学会誌   44 ( 3 ) 137 - 141   2016年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 砲弾ボブの押し込み反力による平面伸張粘度の機械的測定手法の開発

    杉原 幸信, 久保田 航, 吉武 裕美子, 高橋 勉, 岩田 修一, 南雲 亮, 森 秀樹

    レオロジー学会誌   44 ( 3 ) 175 - 183   2016年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 牛乳紙容器への牛乳充填プロセスの三次元数値解析

    松本 憲治, 太田 光浩, 岩田 修一

    日本レオロジー学会誌   44 ( 3 ) 159 - 166   2016年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Molecular Dynamics Simulation Study on CO2 Physical Absorption

    Ryo Nagumo, Yukihiro Muraki, Shuichi Iwata, Hideki Mori, Hiromitsu Takaba and Hidetaka Yamada

    Ind. Eng. Chem. Res.   55   8200 - 8206   2016年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 紙容器入り牛乳の製造プロセスへの充填操作条件の影響

    松本 憲治, 太田 光浩, 岩田 修一

    化学工学論文集 ( 化学工学会 )  42 ( 3 ) 83 - 91   2016年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Measurement of Dynamic Surface Tension by Mechanically Vibrated Sessile Droplets

    Shuichi Iwata, Satoko Yamauchi, Yumiko Yoshitake, Ryo Nagumo, Hideki Mori, and Tadashi Kajiya

    Review of Scientific Instrumments ( American Institute of Physics )  87 ( 4 ) 045106   2016年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    We developed a novel method for measuring the dynamic surface tension of liquids using mechanically vibrated sessile droplets. Under continuous mechanical vibration, the shape of the deformed droplet was fitted by numerical analysis, taking into account the force balance at the drop surface and the momentum equation. The surface tension was determined by optimizing four parameters: the surface tension, the droplet’s height, the radius of the droplet-substrate contact area, and the horizontal symmetrical position of the droplet. The accuracy and repeatability of the proposed method were confirmed using drops of distilled water as well as viscous aqueous glycerol solutions. The vibration frequency had no influence on surface tension in the case of pure liquids. However, for water-soluble surfactant solutions, the dynamic surface tension gradually increased with vibration frequency, which was particularly notable for low surfactant concentrations slightly below the critical micelle concentration. This frequency dependence resulted from the competition of two mechanisms at the drop surface: local surface deformation and surfactant transport towards the newly generated surface.

  • Separation Characteristics of a Modified Petlyuk Process for Ternary Separations

    Hideki Mori, Takanori Nishioka, Shuichi Iwata, Ryo Nagumo, Joon Man Lee

    JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN   49 ( 2 ) 79 - 83   2016年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Molecular Dynamics Simulations for Systematic Prediction of the CO2 Solubility of Physical Absorbents

    Ryo Nagumo, Yukihiro Muraki, Masaki Taniguchi, Haruki Furukawa, Shuichi Iwata, Hideki Mori, and Hiromitsu Takaba

    JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN ( The Society of Chemical Engineers, Japan )  49 ( 1 ) 1 - 5   2016年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Potential of Carboxybetaine Polymer-Coated Siliceous Membranes in Desalination Processes: A Molecular Dynamics Simulation Study

    Ryo Nagumo, Takaaki Miyake, Haruki Furukawa, Shuichi Iwata, Hideki Mori, Hiromitsu Takaba

    JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN ( Society of )  48 ( 10 ) 805 - 808   2015年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書

  • 化学工学の進歩50 気泡・分散系現象の基礎と応用

    岩田修一,加藤禎人,太田光浩,本間俊司,酒井幹夫,菰田悦之 他 (担当: 共著 )

    三恵社  2016年10月 ISBN: 978-4-86487-588-2

  • 分離技術のシーズとライセンス技術の実用化

    岩田修一 (担当: 編著 )

    分離技術会  2014年10月 ISBN: 978-4-9908079-1-7

  • 気泡・ボイドの発生メカニズムと未然防止・除去技術

    岩田修一 (担当: 単著 )

    技術情報協会  2014年02月

  • 薄膜塗布技術と乾燥トラブル対策

    岩田修一 (担当: 共著 , 担当範囲: 第6章第1節 )

    技術情報協会  2013年08月

  • 装置内の移動現象の解析と可視化

    加藤禎人編 (担当: 共著 , 担当範囲: トピックス編,第3章「非ニュートン流体の脱泡技術」,pp.227~242を担当 )

    三恵社  2011年11月 ISBN: 978-4-88361-885-9

  • レオロジーの測定とコントロール 一問一答集

    宮本勲 他49名 (担当: 共著 , 担当範囲: 第4章第5節 スラリーのレオロジーをコントロールするには? )

    技術情報協会  2010年08月 ISBN: 978-4-86104-326-0

総説・解説記事

  • 名古屋工業大学における分離技術

    森秀樹,多田豊,加藤禎人,岩田修一,南雲亮,古川陽樹

    分離技術   46 ( 2 ) 73 - 75   2016年03月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 化学工学を学びたい方への手引き

    内田博久,野田玲治,岩田修一,川端鋭憲,片岡祥,小野努,土屋活美,安居光國

    化学工学 ( 化学工学会 )  79 ( 1 ) 45 - 52   2015年01月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   共著

  • 圧力振動を用いた新たな脱泡方法

    岩田修一

    塗装工学 ( 日本塗装技術協会 )  48 ( 12 ) 570 - 576   2013年12月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   単著

  • 有限要素法による粘弾性流動解析における定式化

    岩田修一

    日本ゴム協会誌 ( 日本ゴム協会 )  84 ( 2 ) 49 - 55   2011年02月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   単著

  • アーヘン工科大学 プラスチックプロセッシング研究所

    岩田修一

    成形加工 ( プラスチック成形加工学会 )  16 ( 11 ) 721 - 724   2004年11月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   単著

研究発表

全件表示 >>

工業所有権

  • BUBBLE REMOVAL METHOD AND BUBBLE REMOVAL DEVICE

    特願 14/238288  特許 9463398

    Shuichi Iwata and Hideki Mori

    PCTからアメリカ移行申請(JST補助)

  • 表面物性の測定方法及び測定装置

    特願 特願2010-178630  特許 特許第5622266号

    岩田修一,森秀樹

  • BUBBLE REMOVAL METHOD AND BUBBLE REMOVAL DEVICE

    特願 13/389925  特許 8753431

    Shuichi Iwata and Hideki Mori

    PCTからアメリカ移行申請(JST補助)

  • 表面張力と接触角の測定方法及び測定装置

    特願 特許出願2009-187337  特許 特許第5622266号

    岩田修一,森秀樹

  • 粘性流体に含まれる気泡の除去方法

    特願 特願2005-239470  特開 特開2007-54680  特許 4644808

    岩田修一,森秀樹,新垣勉

    【目的】容器全体を振動させず、粘性流体の気泡除去方法を提供する。
    【構成】本発明の気泡除去方法は、容積が変化できる構造を有する容器を用い、気泡が含まれる粘性流体の容積を、振動を用いて変化させ、容器内の減圧・加圧を交互に行うことにより気泡体積を増加・減少し、気泡を除去することを特徴とする。

学術関係受賞

  • H26年度名古屋工業大学教員評価 優秀賞

    2014年11月25日   名古屋工業大学  

    受賞者:  岩田修一

  • H23年度名古屋工業大学教員評価 優秀賞

    2013年01月29日   名古屋工業大学  

    受賞者:  岩田修一

  • H22年度名古屋工業大学教員評価 優秀賞

    2012年02月02日   名古屋工業大学  

    受賞者:  岩田修一

  • 第28回永井学術賞

    2011年03月25日   財団法人永井科学技術財団  

    受賞者:  岩田修一

  • H21年度名古屋工業大学教員評価 優秀賞

    2011年01月18日   国立大学法人 名古屋工業大学  

    受賞者:  岩田修一

  • H20年度名古屋工業大学教員評価 優秀賞

    2010年01月08日   名古屋工業大学  

    受賞者:  岩田修一

  • 化学工学会 粒子・流体プロセス部会 フロンティア賞

    2009年03月25日   化学工学会 粒子・流体プロセス部会  

    受賞者:  岩田修一,山田悠介・小森翔悟,森秀樹

  • H19年度名古屋工業大学教員評価 特別優秀賞

    2008年12月24日   名古屋工業大学  

    受賞者:  岩田修一

  • 成形加工学会 ポスター賞

    2007年11月21日   (社)プラスチック成形加工学会  

    受賞者:  岩田修一

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 圧力振動場における微小気泡の特異形状と気液間物質移動速度への影響

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月 

その他競争的資金獲得実績

  • 第3回マルチスケール多相系プロセス工学国際シンポジウム

    提供機関:  日本学術振興会  JSPS 二国間交流事業共同研究/セミナー(ドイツ・DFGとのセミナー)

    研究期間:  2017年04月  -  2018年03月  代表者:  岩田修一

 

教育活動に関する受賞

  • 分離技術会年会2015 奨励賞(関西化学機械製作)

    2015年05月   分離技術会年会実行委員会  

  • 化学工学会80年会学生賞(銀賞)

    2015年03月   化学工学会80年会実行委員会  

    受賞者: 水越彩加

 

学会・委員会等活動

  • 2017年09月
     
     

    化学工学会   第49回秋季大会セッションオーガナイザ

  • 2017年06月
    -
    2020年03月

    化学工学会   Journal of Chemical Engineers, Japan, Guest Editor

  • 2017年03月
    -
    2017年10月

    日本レオロジー学会   第65回レオロジー討論会,セッションオーガナイザー(非ニュートン流体)

  • 2016年11月
    -
    2017年10月

    日本機械学会   The Ninth JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference, F11(Non-Newtonian Fluid Mechanics) Session Organizer

  • 2016年03月
    -
    現在

    化学工学会 粒子・流体プロセス部会 気泡・液滴・微粒子分散工学分科会   代表

  • 2016年03月
    -
    2016年09月

    化学工学会   第48回秋季大会セッションオーガナイザ

  • 2016年01月
    -
    現在

    日本機械学会   第94期日本機械学会流体工学部門講演会 OS4(非ニュートン流体の流動現象)セッションオーガナイザー

  • 2015年11月
    -
    2016年10月

    日本流体力学会   日本流体力学会 年会2016 実行委員(プログラム編成担当)

  • 2015年10月
    -
    現在

    化学工学会   The 3rd international symposium on Multiscale Multiphase Process Engineering (MMPE) (MMPE2017)副実行委員長

  • 2015年03月
    -
    2015年09月

    化学工学会   第47回秋季大会セッションオーガナイザ

全件表示 >>

社会貢献活動

  • おもしろ科学実験

    常滑市立図書館  2017年08月  -  2017年08月

  • 高粘度流体における気泡混入メカニズムと脱泡技術 ~ 100Pa・s程度の粘度の流体を目安に ~

    サイエンス&テクノロジー株式会社  (名古屋市中小企業振興会館 4F 第4会議室)  2017年06月  -  2017年06月

  • 泡の混入メカニズムと脱泡技術

    R&D支援センターセミナー  (東京・江東区)  2016年11月  -  2016年11月

  • おもしろ科学実験

    常滑市立図書館  (常滑市立図書館南陵分館)  2016年08月  -  2016年08月

  • 高粘度流体における気泡混入メカニズムと脱泡技術

    サイエンス&テクノロジー  (名古屋・吹上ホール)  2016年04月  -  2016年04月

  • 泡の混入メカニズムと脱泡技術

    R&D支援センターセミナー  (東京・江東区)  2015年12月  -  2015年12月

  • 第50回化学工学の進歩講習会 気泡・分散系現象の基礎と応用

    化学工学会  (名古屋市工業技術試験所)  2015年11月  -  2016年11月

  • 名工大研究協力会 第33回技術談話会

    名工大研究協力会  2015年10月  -  2015年10月

  • おもしろ科学実験

    常滑市立図書館  (常滑市立図書館南陵分館)  2015年08月  -  2015年08月

  • 高粘度流体における気泡混入メカニズムと脱泡技術

    サイエンス&テクノロジー  (東京大井町・きゅりあん)  2015年05月  -  2015年05月

全件表示 >>