牧野 武彦 (マキノ タケヒコ)

MAKINO Takehiko

写真a

所属学科・専攻等

電気・機械工学教育類 機械工学分野
電気・機械工学専攻 機械工学分野
ものづくりテクノセンター

職名

准教授

出身大学

  •  
    -
    1990年03月

    富山大学   工学部   金属工学   卒業

出身大学院

  •  
    -
    1995年03月

    京都大学  工学研究科  金属加工学博士課程 

取得学位

  • 富山大学 -  修士(工学)

  • 京都大学 -  博士(工学)

専門分野(科研費分類)

  • 材料加工・組織制御工学

  • 金属物性・材料

 

研究経歴

  • 塑性変形の分子動力学解析

    研究期間:   - 

  • 合金の組織制御

    研究期間:   - 

  • 相変態の分子動力学解析

    研究期間:   - 

論文

  • Tribological effects of punch with micro-dimples in blanking under high hydrostatic pressure

    K. Kitamura, T. Makino, M. Nawa, S. Miyata

    CIRP Annals - Manufacturing Technology   65   249 - 252   2016年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Direct measurement of friction force during forming

    Takehiko Makino. Yuya Yogo, Toshinari Michimoto, Yohei Takamori

    4th Asian Symposium on Materials Processing (ASMP 2015)     39 - 40   2016年03月

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

    Information about distribution and change in friction during forming is required to construct a prediction model. The small deflection of a thin part fabricated at the other side of a flat tool surface is detected using laser reflection to decompose the normal and horizontal (frictional) forces. The locus of laser reflection on a detector showed both components. The values estimated from the locus were fairly close to the measured forces.

  • Contact potential difference measurement of adhesion process during micro/meso-scale injection upsetting (共著)

    Takehiko Makino, Toshinari Michimoto, Shinpei Moriyama, Tohru Kikuchi

    Procedia Engineering   81   444 - 449   2014年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Proposal of a Ball Burnishing Method with Forced Rotation (共著)

    Futamura, M., Ishitani, A., Makino, T. and Dohda, K.

    Tribology Online   6   199 - 206   2011年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Frictional Behavior of Ball Rotation with Plastic Deformation (共著)

    Futamura, M., Ishitani, A., Makino, T. and Dohda, K.

    Tribology Online   6   193 - 198   2011年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • An investigation on bump formation in forming of micro dimple (共著)

    Cao, J., Dohda, K., Zhou, R., Makino, T. and Futamura, M.

    Steel research international   81 ( 9 ) 1160 - 1164   2010年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Micro-Dimple Forming for Inner Surface of Pipe (共著)

    Futamura, M., Dohda, K., Makino, T. and Suzuki, T.

    Transactions of NAMRI/SME   38   515 - 522   2010年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Tribo-characteristic of Coated Die against Magnesium in Ironing Process (共著)

    K.Dohda, T. Makino, H. Katoh

    International Journal of Material Forming   2   243 - 246   2009年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Production of Small Pin by Micro/Meso-Scale Rotary Forming (共著)

    H. Zhang, T. Makino, K. Dohda, J. Cao

    Materials Science Forum   614   105 - 110   2009年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Anisotropy of Plastic Deformation in Micro/meso-scale Metal Forming- Development of Testing Method - (共著)

    T. Makino, K. Dohda, A. Ishitani, H. Zhang

    Transaction of NAMRI/SME   37   333 - 340   2009年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書

  • Micro-Manufacturing (共著)

    T. Makino, K. Dohda (担当: 共著 )

    John Wiley & Sons Inc.  2011年07月 ISBN: 978-0-470-55644-3

総説・解説記事

  • マイクロ・メゾ成形のトライボロジー(共著)

    堂田 邦明, 牧野 武彦

    塑性と加工 ( 日本塑性加工学会 )  49   638 - 642   2008年07月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   共著

  • ぬれの分子動力学解析

    牧野 武彦

    ぶれいず ( 日本溶接協会ろう部会 )  39   40 - 47   2005年11月

    総説・解説(その他)   単著

研究発表

  • 各種工具皮膜上の凝着過程の接触電位差測定

    牧野 武彦,小保田 麻暉,青松 明宏

    第67回塑性加工連合講演会  (埼玉(日本工業大学))  2016年10月  -  2016年10月  日本塑性加工学会

  • 各種工具皮膜上の凝着量の原子スケール計算

    牧野 武彦,加田 静香,アジェイ・アンリタラジ

    第67回塑性加工連合講演会  (埼玉(日本工業大学))  2016年10月  -  2016年10月  日本塑性加工学会

  • マイクロ・メゾスケール押出し据込みにおける工具皮膜上の凝着過程の接触電位差測定

    牧野 武彦, 小保田 麻暉

    第66回塑性加工連合講演会  (福島県いわき市)  2015年10月  -  2015年10月  日本塑性加工学会

  • 成形中の摩擦力の直接測定

    牧野 武彦, 余語 祐弥, 道元 俊成

    第66回塑性加工連合講演会  (福島県いわき市)  2015年10月  -  2015年10月  日本塑性加工学会

  • Atomistic calculation of adhesion during forming

    Takehiko Makino, Penigalapaty Joseph Ajay Amrithraj, Masayuki Ishikawa and Shota Kohmura

    XIII International Conference on Computational Plasticity (COMPLAS XIII)  (Barcelona, Spain)  2015年09月  -  2015年09月  International Center for Numerical Methods in Engineering (CIMNE)

  • Direct measurement of friction force during forming

    Takehiko Makino. Yuya Yogo, Toshinari Michimoto, Yohei Takamori

    4th Asian Symposium on Materials Processing (ASMP 2015)  (Lombok, Indonesia)  2015年08月  -  2015年08月  日本機械学会

  • マイクロ・メゾスケール押出し据込みにおける工具表面凝着過程の接触電位差測定

    牧野武彦,道元俊成,森山慎平

    第65回塑性加工連合講演会  (岡山)  2014年10月  -  2014年10月  日本塑性加工学会

  • 成形中の工具面摩擦力直接測定法の開発

    牧野武彦,道元俊成,余語祐弥

    第65回塑性加工連合講演会   (岡山)  2014年10月  -  2014年10月  日本塑性加工学会

  • 分子動力学による摩擦凝着挙動のモデル化

    牧野武彦

    日本塑性加工学会 ナノ・マイクロ加工分科会 第2回セミナー 「ナノ・マイクロ加工で活用されるシミュレーション」  (首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス)  2013年12月  -  2013年12月 

  • マイクロ・メゾ成形のトライボロジー

    牧野武彦

    日本塑性加工学会 プロセス・トライボロジー分科会 第139回研究会  (福岡県八女郡 中島田鉄工所)  2013年11月  -  2013年11月 

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • マイクロ・メゾ成形中の摩擦界面挙動の定量とモデル化

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月  代表者:  牧野 武彦

    本研究は,マイクロ・メゾ成形による金属部品の精度と信頼性に大きな影響を及ぼす工具/材
    料間の摩擦界面挙動を定量化し, 成形の解析のためのモデル化を行うことを目的とする.界面挙動
    の定量は,工具表面の凝着量についての接触電位差測定を所定量ごとの成形後に行い,モデル化
    は,この定量結果と工具表面に加わる摩擦力の測定を成形中に行った結果を比較して行う.最終
    的に,成形前の材料状態の結果として成形中に変化する境界条件を,成形の解析に適用する.

  • マイクロ・メゾ成形中の工具/材料間摩擦力の直接測定

    基盤研究(C)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月  代表者:  牧野 武彦

    マイクロ・メゾスケールの成形中の工具/材料間摩擦力の分布と変化を,工具微小ひずみ検出機構により直接測定し,さらにその摩擦を決定する工具表面の材料の凝着状態を,仕事関数測定により高感度で観測することによって,摩擦状態分布を可視化する,新たな摩擦状態測定システムを構築した.

  • マイクロ・メゾスケール成形加工解析法の構築

    基盤研究(C)

    研究期間:  2009年04月  -  2012年03月  代表者:  牧野 武彦

    寸法効果が顕著になるマイクロ・メゾスケールでの成形加工の解析法を構築することを目的とし,結晶のサイズと方位分布を扱える有限要素多結晶モデルと,原子レベルで界面の挙動を扱える分子動力学法を結合し,微小部品の塑性加工の広範囲な問題を扱える解析法を構築した.

  • 原子内包フラーレンを基本要素としたナノ構造素子の開発

    若手研究(B)

    研究期間:  2003年04月  -  2006年03月  代表者:  牧野 武彦

    原子内包フラーレンを人為的な操作が可能な原子(基本要素)とみなし,これを周囲の環境変化によって自己組織的に配列させることが同時に機能発現となる,新たな分子素子の創造を目指した.原子内包フラーレンの電子状態を明らかにし,これを表現できる簡単な分子間相互作用を想定した分子動力学計算を行い,自己組織的配列の可能性を論じた.

  • β型チタン合金におけるω相を利用したα相およびβサブグレインの微細化

    奨励研究(A)

    研究期間:  1996年04月  -  1997年03月  代表者:  牧野 武彦