北野 利一 (キタノ トシカズ)

KITANO Toshikazu

写真a

所属学科・専攻等

社会工学教育類 環境都市分野
社会工学専攻 環境都市分野

職名

教授

出身大学

  •  
    -
    1991年03月

    京都大学   工学部   土木工学   卒業

出身大学院

  •  
    -
    1995年03月

    京都大学  工学研究科  修士課程  修了

取得学位

  • 京都大学 -  修士(工学)

  • 京都大学 -  博士(工学)

学外略歴

  • 1996年04月
    -
    2000年03月

      徳島大学工学部   助手

  • 1995年04月
    -
    1996年03月

      大阪府港湾局   -

専門分野(科研費分類)

  • 水工学

 

研究経歴

  • 不規則波の統計的性質

    個人研究  

    研究期間:   - 

  • 波浪による海底地盤の応答における浸透流の効果

    個人研究  

    研究期間:   - 

  • 水環域問題に関する統計的解析

    研究期間:   - 

  • 沿岸域における現象の統計的解析

    個人研究  

    研究期間:   - 

論文

  • 円筒振動水柱型波力発電ディバイスを載せた有脚式離岸堤の波浪制御効果と発電効率

    喜岡渉,山内真太郎,藤沢真一郎,北野利一

    土木学会論文集B2(海岸工学)     2016年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • ベイズ手法による降水量の極値の予測分布 〜 最尤法による相違と相互補完

    北野利一・高橋倫也・田中茂信

    土木学会論文集B1 (水工学)     2016年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • ベイズ統計による低頻度事象の外挿

    北野利一

    統計数理研究所 共同研究リポート「極値理論の工学への応用(13)」     33 - 40   2016年02月

    研究論文(大学,研究機関紀要)   単著

  • 気候変動による影響の検出に伴う2つの過誤のバランス

    北野利一・喜岡 渉

    土木学会論文集B2 (海岸工学)   71 ( 2 ) I_97 - I_102   2015年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • An Extended Poisson test for detecting the difference between the past and future rates of extremes of sea wave height

    Toshikazu Kitano, Sivaranjani Jayaprasad, Wataru Kioka

    Procedia Engineering   116   583 - 591   2015年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 2) 降水量の極値特性の気候変動に伴う差異の検出〜変化の現れ方の想定により生じる問題

    北野利一, 高橋倫也, 田中茂信

    水工学論文集   59   361 - 369   2015年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 報告:数学協働ワークショップ「甚大災害の外力想定に必要となる極値統計解析法の背景と活用」

    北野利一,田中茂信,志村隆彰

    統計数理研究所 共同研究集会リポート     2015年02月

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • R年確率外力に対するパラドックス

    北野利一

    統計数理研究所 共同研究集会リポート   349   37 - 41   2015年02月

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • レベル超過の生起率を対象とした2標本問題

    北野利一

    統計数理研究所 共同研究集会リポート   349   84 - 91   2015年02月

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • EVA 2.0 ~発展しつつある極値統計解析の次のステップに向けて~

    北野利一

    甚大災害の外力想定に必要となる極値統計解析法の背景と活用     2014年12月

    研究論文(学術雑誌)   単著

全件表示 >>

著書

  • 時系列ハンドブック

    北川源四郎、田中勝人、川崎能典、北野利一 他 (担当: 共訳 )

    朝倉書店  2016年02月 ISBN: 978-4-254-12211-4

  • 伊勢湾台風級の高潮と確率潮位/第49回 水工学に関する夏期研修会(Bコース)テキスト

    北野利一 (担当: 単著 )

    土木学会,海岸工学委員会  2013年08月

  • Wave Hindcasting and Coastal Structures Design, Present and Future

    - (担当: 単著 )

    Dobokugakkai  2001年04月

  • 新しい波浪算定法とこれからの海域施設の設計法

    安田ら, (担当: 共著 )

    土木学会  2001年04月

総説・解説記事

  • アダムの創造そして大洪水 - 地上と天空をつなぐ道具の限界

    北野利一

    中部経済新聞 ( 中部経済新聞社 )    2014年01月

    総説・解説(その他)   単著

  • 防災の日に思う - 甚大災害が生じる確率は希少か?

    北野利一

    中部経済新聞 ( 中部経済新聞社 )    2013年08月

    総説・解説(その他)   単著

  • 伊勢湾台風級の高潮と確率潮位

    北野利一

    第49回 水工学に関する夏期研修会(Bコース)テキスト ( 土木学会 )    2013年08月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

研究発表

  • 気候モデルから得られる多数のアンサンブル標本を活用した極値統計解析

    北野利一  [招待有り]

    数理セミナー  2016年11月  -  2016年11月 

  • 60年×50アンサンブル標本=3,000年分?の降水量データを活用した極値統計解析

    北野利一

    極値理論の工学への応用  2016年10月  -  2016年11月 

  • 気候変動による豪雨リスク変化の検出に係る過誤のバランス

    北野利一  [招待有り]

    統計関連学会連合大会  2016年09月  -  2016年09月 

  • ベイズ手法による降水量の極値の予測分布 〜 最尤法による相違と相互補

    北野利一,高橋倫也,田中茂信

    水工学講演会  2016年03月  -  2016年03月 

  • 気候変動による影響の検出に伴う2つの過誤のバランス

    北野利一

    海岸工学講演会  2015年11月  -  2015年11月 

  • 外付けの外挿と内包された外挿:再現レベル推定への2つのパスによる相違

    北野利一

    統計数理研究所 共同研究集会「極値理論の工学への応用」  2015年11月  -  2015年11月 

  • Balancing two types errors in dectecting the diference between the occurrence rates of extremes due to the climate change

    Kitano Toshikazu

    Advances in Extreme Value Analysis and Application to Natural Hazards  (Santander, Spain)  2015年09月  -  2015年09月 

  • A simple but extended test for detecting the occurrence difference in past and future climates

    Kitano Toshikazu

    Extreme Value Analysis  (Ann Arbor, USA)  2015年06月  -  2015年06月 

  • 極値統計解析を行う上で生じる考え方の様々な相違 〜 極値解析の使用上の誤解,極値理論に対する心得違い

    北野利一

    数学協働ワークショップ:甚大災害の外力想定に必要となる極値統計解析法の背景と活用  (きはだホール)  2014年12月  -  2014年12月  名古屋工業大学、京都大学防災研究所、統計数理研究所

  • EVA 2.0 〜 発展しつつある極値統計解析(Extreme Value Analysis)の次のステップに向けて

    北野利一

    数学協働ワークショップ:甚大災害の外力想定に必要となる極値統計解析法の背景と活用  2014年12月  -  2014年12月 

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 来襲外力の複数の最悪シナリオによる結果をまとめる統計解析法の構築

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2018年03月  代表者:  北野利一