平下 恒久 (ヒラシタ ツネヒサ)

HIRASHITA Tsunehisa

写真a

所属学科・専攻等

生命・応用化学教育類 生命・物質化学分野
生命・応用化学専攻 生命・物質化学分野

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

有機金属化学 有機合成化学

出身大学院

  •  
    -
    1999年03月

    名古屋工業大学  工学研究科  博士課程  修了

取得学位

  • 名古屋工業大学 -  修士(工学)

  • 名古屋工業大学 -  博士(工学)

学外略歴

  • 2005年02月
    -
    2006年02月

      デルフト工科大学   文部科学省 海外先進教育研究実践プログラム

所属学会・委員会

  • 2009年03月
    -
    継続中

    東海化学工業会

  • 2003年02月
    -
    継続中

    日本油化学会

  • 1995年02月
    -
    継続中

    有機合成化学協会

  • 1994年08月
    -
    継続中

    日本化学会

専門分野(科研費分類)

  • 有機化学

  • 合成化学

 

研究経歴

  • 環境調和型有機合成反応の開発

    機関内共同研究  

    研究期間:  2005年04月  -  現在

  • 有機金属反応剤を用いる有機合成反応

    機関内共同研究  

    研究期間:  2002年04月  -  現在

論文

  • Copper(I)- and Mesoionic-Hydroxyamide-Catalyzed Chemoselective Aerobic Oxidation of Primary Benzylic Alcohols

    Matsukawa, Yuta; Hirashita, Tsunehisa

    Synlett     2018年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Revisiting Sodium Hypochlorite Pentahydrate (NaOCl·5H2O) for the Oxidation of Alcohols in Acetonitrile without Nitroxyl Radicals

    Tsunehisa Hirashita, Yuto Sugihara, Shota Ishikawa, Yohei Naito, Yuta Matsukawa,Shuki Araki

    Synlett   29   2404 - 2407   2018年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    Sodium hypochlorite pentahydrate (NaOCl·5H2O) is capable of oxidizing alcohols in acetonitrile at 20 °C without the use of catalysts. The oxidation is selective to allylic, benzylic, and secondary alcohols. ­Aliphatic primary alcohols are not oxidized.

  • Indium-Mediated Allylation of Carbonyl Compounds in Ionic Liquids: Effect of Salts in Ionic Liquids

    Tsunehisa Hirashita, Fusako Takahashi, Takayuki Noda, Yuji Takagi, Shuki Araki

    Molecules     2018年07月  [査読有り]  [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    The In-mediated allylation of carbonyl compounds can be performed in various types of solvents including ionic liquids. However, we have found that in [bmim][BF4] (where bmim = 1-butyl-3-methylimidazolium), the In-mediated coupling of crotyl bromide with benzaldehyde gives a complex mixture, and some additives, such as halides and amines, are crucial for the successful conversion to the corresponding γ-adduct. Instead, the addition of alcohols or water promotes the formation of the α-adduct. An asymmetric induction with up to 62% enantiomeric excess (ee) was observed employing cinchonidine as an additive in a binary solvent consisting of an ionic liquid and dichloromethane.

  • Nitrosotetrazolium-Catalyzed Aerobic Oxidation of Alcohols to the Corresponding Carbonyl Compounds

    Yuta Matsukawa, Tsunehisa Hirashita, Shuki Araki

    European Journal of Organic Chemistry     2018年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著



    A mesoionic‐nitrosotetrazolium‐catalyzed aerobic oxidation of alcohols is reported. In the presence of catalytic amounts of 5‐nitroso‐1,3‐diphenyltetrazolium tetrafluoroborate (5 mol‐%) and nitric acid (20 mol‐%), a wide range of alcohols are oxidized to the corresponding aldehydes and ketones in yields of 53–100 % at room temperature under ambient air or oxygen conditions. This oxidation shows a strong preference for secondary alcohols over primary alcohols; sterically hindered alcohols are also smoothly oxidized. A mechanism involving a nitroso/NOx catalytic cycle is proposed.

  • 5-Nitroso-1,3-diphenyltetrazolium salt as a mediator for the oxidation of alcohols

    Yuta Matsukawa, Tsunehisa Hirashita, Shuki Araki

    Tetrahdron ( Elsevier )  73 ( 42 ) 6052 - 6056   2017年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    We describe the synthesis of a mesoion-derived nitroso compound, 5-nitroso-1,3-diphenyltetrazolium tetrafluoroborate (1), and its application in the oxidation of alcohols. The structure of 1 was fully characterized by X-ray analysis, showing that it exists as a monomer in the solid state. In the cyclic voltammetric analysis of 1, a reversible redox peak was observed at 0.43 V (vs. Ag/Ag+ in MeCN) under acidic conditions. It was subsequently shown that the nitrosotetrazolium salt 1 is capable of stoichiometrically oxidizing alcohols to the corresponding carbonyl compounds effectively. This nitroso heterocycle and its reduced form, i.e., the corresponding mesoionic hydroxyamide, participate in a redox cycle involving the catalytic oxidation of alcohols by the aid of HNO3 under mild condition

  • Enantioselective Barbier-type allylation of ketones using allyl halide and indium in water

    Shuichi Nakamura, Yoshichika Hara, Takashi Furukawa,Tsunehisa Hirashitaa

    RSC Advances ( Royal Society of Chemistry )  7   15582 - 15585   2017年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Ionic TEMPO in Ionic Liquids: Specific Promotion of the Aerobic Oxidation of Alcohols

    Tsunehisa Hirashita,*[a] Makoto Nakanishi,[a] Tomoya Uchida,[a] Masakazu Yamamoto,[a]

    ChemCatChem   8   2704 - 2709   2016年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    The main objective of this study was to design a recyclable
    TEMPO (2,2,6,6-tetramethylpiperidinyl-N-oxyl) derivative that
    could be used as a catalyst in an ionic liquid solvent for the
    aerobic oxidation of alcohols by using NaNO2 and HCl as cocatalysts.
    To this end, a TEMPO derivative bearing a quaternary
    ammonium group, [4-Bu2MeN-TEMPO][PF6] (1), was prepared.
    It was subsequently shown that this ionic TEMPO derivative is
    an efficient catalyst for the aerobic oxidation of a variety of primary
    and secondary alcohols. It exhibits a synergistic effect
    with ionic liquid solvents and readily outperforms analogous
    oxidations in methylene chloride. Moreover, the ionic TEMPO
    could be recycled five times with no loss of activity.

  • Analysis of Pigments in the Printing Inks of the First Japanese Postage Stamps, the Hand-Engraved Issues

    Araki, Shuki; Kondo, Emi; Shibata, Tomohiro; Yokota,Takeshi; Marena, Suzuki, Hirashita, Tsunehisa Yamaguchi, Koichi; Matsumoto, Hirok; Murase, Yoshiaki

    Bulletin of the Chemical Society of Japan ( 日本化学会 )    2016年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Condensation of indoles and aldehydes in subcritical water without the addition of catalysts

    Tsunehisa Hirashita, Masaki Ogawa, Reina Hattori, Sota Okochi, Shuki Araki

    Bulletin of the Chemical Society of Japan   88   1760 - 1764   2015年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Nickel-catalyzed indium(I)-mediated syn-selective propargylation of aldehydes

    Hirashita, Tsunehisa; Suzuki, Yuuki; Tsuji, Hiromitsu; Sato, Yoshiki; Naito, Kojiro; Araki, Shuki

    European Journal of Organic Chemistry   2012 ( 29 ) 5668 - 5672   2012年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書

  • Indium compounds.(共著)

    Shuki Araki, Tsunehisa Hirashita (担当: 共著 )

    Thieme Chemistry  2011年03月

  • Indium(III) Iodide.(共著)

    Tsunehisa Hirashita, Shuki Araki (担当: 共著 )

    John Wiley & Sons  2011年03月

  • Indium and Gallium in “Comprehensive Organometallic Chemistry III”.(共著)

    Shuki Araki, Tsunehisa Hirashita (担当: 共著 )

    Elsevier  2006年12月

  • Methyl lithium.(共著)

    Shuki Araki, Tsunehisa Hirashita (担当: 共著 )

    John Wiley & Sons  2006年04月

  • In in Organic Synthesis in “Main Group Metals in Organic Synthesis” .(共著)

    Araki, S. and Hirashita, T. (担当: 共著 )

    Wiley-VCH  2004年05月 ISBN: 9780080456476

  • Indium(I) Iodide (共著)

    Shuki Araki, Tsunehisa Hirashita (担当: 共著 )

    John Wiley & Sons  2002年10月

  • Indium Trichloride.(共著)

    Araki, S. and Hirashita, T. (担当: 共著 )

    John Wiley & Sons  2002年10月

  • Porous Titania Ceramics Prepared by Mimicking Silicified Woods in "Ceramic Processing Science VI".(共著)

    Hirashita, T.; Miyazaki, H.; Takase, H.; Kinoshita , N.; Ota, T. (担当: 共著 )

    American Ceramic Society  2001年09月 ISBN: 978-1574981049

総説・解説記事

  • メソイオン液体の設計と特性

    平下恒久、荒木修喜

    月刊ファインケミカル ( シーエムシー出版 )  40   6 - 11   2011年10月

    総説・解説(商業誌)   共著

  • イオン液体中におけるアルコールの空気酸化反応

    平下恒久、荒木修喜

    ケミカルエンジニヤリング ( 化学工業社 )  53   939 - 943   2008年12月

    総説・解説(商業誌)   共著

  • 環境調和型アルコールの酸化反応:酸化触媒TEMPO

    平下恒久

    オレオサイエンス ( 日本油化学会 )  6   409 - 415   2006年06月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

研究発表

  • メソイオン液体中におけるヘック反応

    倉林秀明・平下恒久・荒木修喜

    第49回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会  2018年11月  -  2018年11月 

  • 有機インジウム反応剤を用いた選択的シクロプロピルエステルの合成

    清水香里,平下恒久

    第49回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会  2018年11月  -  2018年11月 

  • 新規メソイオン系ベンゾ[c]テトラゾロ[2,3-a]シンノリニウム誘導体の合成と反応

    中田未来,平下恒久

    第8回CSJ化学フェスタ2018  2018年10月  -  2018年10月 

  • 亜臨界水中におけるサリチルアルコール誘導体のipso-Fridel-Craftsアルキル化反応

    中村亜純,志水亜也子,平下恒久,荒木修喜

    日本油化学会第57回年会  2018年09月  -  2018年09月 

  • メソイオン系ヒドロキシアミド化合物によるアルコールの酸化

    中村柊平,松川裕太,平下恒久

    第48回複素環化学討論会  2018年09月  -  2018年09月 

  • 1,3-ジ置換テトラゾリウム-5-オレート系メソイオン化合物のリチオ化を経由した官能基化

    前野正光,平下恒久,荒木修喜

    日本化学会第98春季年会  2018年03月  -  2018年03月 

  • メソイオン性N-ニトロソ-1,3-ジフェニルテトラゾリウム-5-アミドと芳香族化合物のルイス酸存在下におけるアゾカップリング反応

    堀 雅和,平下恒久,荒木修喜

    日本化学会第98春季年会  2018年03月  -  2018年03月 

  • パラジウム触媒によるテトラゾリウム系メソイオンアミドの位置選択的アリール化

    奈良弘樹,平下恒久,荒木修喜

    日本化学会第98春季年会  2018年03月  -  2018年03月 

  • 手彫切手に使用された紫色色素の分析と同定

    鳥居沙紀・平下恒久・荒木修喜

    第48回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会  2017年11月  -  2017年11月 

  • メソイオン系アゾジカチオン種によるアルコールの空気酸化反応

    松本海・平下恒久・荒木修喜

    第48回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会  2017年11月  -  2017年11月 

全件表示 >>

工業所有権

  • マグネシウム電池用電解液、及び当該電解液を含むマグネシウム電池

    特願 2013-039407 

    平下恒久; 中本博文

  • 電池用電解液, 及び当該電解液を備える電池

    特願 PCT/JP2012/071717 

    平下恒久・荒木修喜・鏡味克之・中本博文・汐月大志

  • メソイオン化合物,当該メソイオン化合物を含む電池用電解液,及び当該 電解液を備える電池

    特願 2011-18793 

    平下恒久・荒木修喜・鏡味克之・中本博文・汐月大志

  • リチウム二次電池用電解液,及び当該電解液を備えるリチウム二次電池

    特願 PCT /IB2011/002536 

    平下恒久・中本博文・汐月大志

  • テトラゾリウムメソイオン構造を有する蒸留可能な室温イオン性液体

    特願 2006-305434 

    平下恒久・荒木修喜・各務友紀

  • 锂电池用电解液及其制造方法、以及具备该锂电池用电解液的锂电池

    特許 第ZL201380047425.1

    平下恒久,荒木修喜,中本博文,白洋淳

  • Electrolyte solution for magnesium battery and magnesium battery containing this electrolyte solution

    特許 US 9231278 B2

    Tsunehisa Hirashita, Hirofumi Nakamoto

  • 电池用电解液及其制造方法、以及具备该电解液的电池

    特許 第ZL201280041985.1

    平下恒久,荒木修喜,中本博文,白洋淳

  • Liquid electrolyte for lithium batteries, method for producing the same, and lithium battery comprising the liquid electrolyte for lithium batteries

    特許 US 9620817 B2

    Tsunehisa Hirashita, Shuki Araki, Hirofumi Nakamoto, Atsushi Shirasawa

  • Liquid electrolyte for batteries, method for producing the same, and battery comprising the same

    特許 US 9722288 B2

    Tsunehisa Hirashita, Shuki Araki, Katsuyuki Kagami, Hirofumi Nakamoto, Taishi Shiotsuki

全件表示 >>

学術関係受賞

  • 有機合成化学協会東海支部奨励賞

    2010年10月02日   有機合成化学協会東海支部  

    受賞者:  平下恒久

  • 東海化学工業会賞

    2009年05月14日   東海化学工業会  

    受賞者:  有機合成反応のための新規反応剤ならびに反応場の構築における研究

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • リチウム電池を支えるメソイオン液体の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月 

  • メソイオン液体の開発と合成

    若手研究(B)

    研究期間:  2008年04月  -  2010年03月 

その他競争的資金獲得実績

  • 亜臨界水中の精密有機合成反応

    提供機関:  民間財団等  谷川熱技術振興基金

    研究期間:  2012年04月  -  2013年03月 

  • 循環型金属ゼロ触媒によるアルコールの空気酸化

    提供機関:  経済産業省  科学技術振興調整費

    研究期間:  2011年04月  -  2012年03月 

  • メソイオン液体のトライボロジー

    提供機関:  民間財団等  JKA助成

    研究期間:  2011年04月  -  2012年03月 

  • フルオラスメソイオン液体の開発とバッテリー電解液への応用

    提供機関:  経済産業省  科学技術振興調整費

    研究期間:  2010年04月  -  2011年03月 

  • バッテリー電解液のための高機能性メソイオン液体の開発

    提供機関:  民間財団等  東海産業技術振興財団研究助成

    研究期間:  2009年04月  -  2010年03月 

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動

  • 2016年03月
    -
    現在

    日本油化学会   東海支部常任幹事

  • 2016年01月
    -
    2016年12月

    日本化学会   化学グランプリ東海支部実行委員長

  • 2015年04月
    -
    現在

    東海化学工業会   常任幹事

  • 2015年04月
    -
    現在

    日本化学会   東海支部化学教育協議会委員

  • 2015年03月
    -
    現在

    日本化学会   代表正会員

  • 2013年06月
    -
    2014年03月

    日本化学会   会場・総務小委員会

  • 2013年01月
     
     

    日本化学会   東海地区若手研究会 世話役

  • 2012年04月
    -
    2015年03月

    東海化学工業会   編集委員

  • 2009年04月
    -
    2010年03月

    日本油化学会   年会実行委員会庶務幹事