梅村 恒 (ウメムラ ヒサシ)

UMEMURA Hisashi

写真a

所属学科・専攻等

社会工学教育類 建築・デザイン分野
社会工学専攻 建築・デザイン分野

職名

准教授

出身大学

  •  
    -
    1995年03月

    東京大学   工学部   建築学   卒業

出身大学院

  •  
    -
    2000年03月

    東京大学  工学系研究科  建築学博士課程  修了

取得学位

  • 東京大学 -  修士(工学)

  • 東京大学 -  博士(工学)

専門分野(科研費分類)

  • 建築構造・材料

 

研究経歴

  • 建物の設計用地震荷重

    研究期間:   - 

論文

  • 曲げ理論に基づくRC造十字型柱梁接合部の強度評価

    瀬古里帆,梅村恒

    構造工学論文集   67B   91 - 95   2021年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 画像解析による RC 造試験体のひび割れ幅自動計測

    杉浦 紳斗, 梅村 恒

    日本建築学会大会学術講演梗概集     2020年09月

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 曲げ理論に基づくRC 造十字形柱梁接合部の強度評価

    瀬古 里帆, 梅村 恒

    日本建築学会大会学術講演梗概集     2020年09月

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • H形鋼梁の連続的繰返し履歴モデルにおける指向点の検討

    大谷友香,井戸田秀樹,梅村恒

    日本建築学会学術講演梗概集,構造III     2019年09月

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 非線形応答解析に基づく地震動破壊力の指標に関する考察

    杉浦紳斗, 梅村恒

    日本建築学会大会学術講演梗概集 ( 日本建築学会 )  C2   1051 - 1052   2019年09月

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 弾塑性支承で支持された剛体の地震時転倒条件

    板垣尚子, 井戸田秀樹, 梅村恒

    日本建築学会大会学術講演梗概集,構造II     2019年09月

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 曲げ降伏後にせん断破壊する鉄筋コンクリート部材の安全限界変形

    佐脇 祥郎, 森川ゆず, 梅村恒

    日本建築学会構造系論文集 ( 日本建築学会 )  756   267 - 277   2019年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • A New Image Analysis System for Structural Experiments - Application to RC Shear Wall Specimens

    Megumi MINAMI, Yoshio SAWAKI, Yuzu MORIKAWA and Hisashi UMEMURA

    Proceedings of 7th Asia Conference on Earthquake Engineering     2018年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Evaluating Safety Limit Deformation based on the Failure Mechanism of Reinforced Concrete Members Failing inShear after Flexural Yielding

    Yoshio SAWAKI, Yuzu MORIKAWA and Hisashi UMEMURA

    Proceedings of 7th Asia Conference on Earthquake Engineering     2018年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 曲げ降伏後にせん断破壊するRC部材の変形性能-破壊メカニズムと安全限界変形の算定法-

    北川大祐,岡河雅人,森川ゆず,梅村恒

    日本建築学会大会学術公演梗概集   構造IV   2017年08月

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>