梅村 恒 (ウメムラ ヒサシ)

UMEMURA Hisashi

写真a

所属学科・専攻等

社会工学教育類 建築・デザイン分野
社会工学専攻 建築・デザイン分野

職名

准教授

出身大学

  •  
    -
    1995年03月

    東京大学   工学部   建築学   卒業

出身大学院

  •  
    -
    2000年03月

    東京大学  工学系研究科  建築学博士課程  修了

取得学位

  • 東京大学 -  修士(工学)

  • 東京大学 -  博士(工学)

専門分野(科研費分類)

  • 建築構造・材料

 

研究経歴

  • 建物の設計用地震荷重

    研究期間:   - 

論文

  • 鉄筋コンクリート構造物のための曲線型復元力特性モデル

    山本将太,梅村恒

    東海支部研究報告集     293 - 296   2014年02月

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 鉄筋コンクリート構造物のための曲線型復元力特性モデル

    山本将太,梅村恒

    日本建築学会大会学術講演梗概集   ( 構造IV ) 489 - 490   2013年08月

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 層降伏型RC建物の形状指標について

    -

    コンクリート工学年次論文集   23 ( 3 ) 1213 - 1218   2001年04月

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • Inelastic Seismic Response of Existing Reinforced Concrete Wall Buildings

    -

    コンクリート工学年次論文集   23 ( 3 ) 1099 - 1104   2001年04月

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • Modeling Of Hysteresis Rules Of Reinforced Concrete Structures Considering Strength Degradation Due To Cyclic Loading

    -

    The Eighth East Asia-Pacific Conference on Structural Engineering and Construction     2001年04月

    研究論文(その他学術会議資料等)   単著

  • 繰り返しによる耐力低下が鉄筋コンクリート構造の地震応答に与える影響

    -

    コンクリート工学年次論文報告集   20 ( 3 ) 1021 - 1026   2001年04月

    研究論文(その他学術会議資料等)   単著

  • Estimation of Inelastic Response of Structures under Near-Field Ground Motions Considering Inhomogeneous Faulting

    -

    12th World Conference on Earthquake Engineering     2000年04月

    研究論文(その他学術会議資料等)   単著

  • 繰り返し載荷により耐力低下する鉄筋コンクリート部材の復元力特性モデル

    -

    コンクリート工学年次論文集   23 ( 3 ) 1297 - 1302   2000年04月

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • 断層運動の不均質性を考慮した設計用地震動の基本的な性質─破壊力について

    -

    都市直下地震災害総合シンポジウム論文集   23 ( 3 ) 485 - 486   1999年04月

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • 断層運動の不均質性を考慮した断層近傍の地震動評価

    -

    都市直下地震災害総合シンポジウム論文集   23 ( 3 ) 115 - 118   1998年04月

    研究論文(学術雑誌)   単著

全件表示 >>