梅村 恒 (ウメムラ ヒサシ)

UMEMURA Hisashi

写真a

所属学科・専攻等

社会工学教育類 建築・デザイン分野
社会工学専攻 建築・デザイン分野

職名

准教授

出身大学

  •  
    -
    1995年03月

    東京大学   工学部   建築学   卒業

出身大学院

  •  
    -
    2000年03月

    東京大学  工学系研究科  建築学博士課程  修了

取得学位

  • 東京大学 -  修士(工学)

  • 東京大学 -  博士(工学)

専門分野(科研費分類)

  • 建築構造・材料

 

研究経歴

  • 建物の設計用地震荷重

    研究期間:   - 

論文

  • 曲げ降伏後にせん断破壊するRC部材の変形性能-破壊メカニズムと安全限界変形の算定法-

    北川大祐,岡河雅人,森川ゆず,梅村恒

    日本建築学会大会学術公演梗概集   構造IV   2017年08月

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Development of a Curvilinear Hysteresis Model for Reinforced Concrete Structures

    Daisuke KITAGAWA and Hisashi UMEMURA

    COMPDYN 2017 - 6th International Thematic Conference     2017年07月

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • 画像処理によるRC部材の変形状態の分析

    北川大祐,岡河雅人,梅村恒

    コンクリート工学年次論文集   38 ( 2 ) 733 - 738   2016年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 画像処理によるRC部材の変形状態の分析

    北川大祐,岡河雅人,梅村恒

    コンクリート工学年次論文集   38 ( 2 ) 733 - 738   2016年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 鉄筋コンクリート構造物のための曲線型復元力特性モデル

    山本将太,梅村恒

    東海支部研究報告集     293 - 296   2014年02月

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 鉄筋コンクリート構造物のための曲線型復元力特性モデル

    山本将太,梅村恒

    日本建築学会大会学術講演梗概集   ( 構造IV ) 489 - 490   2013年08月

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • New Strut Model for Estimation of Shear Strength of RC Interior Beam-Column Joints

    Bashi Ahmad MUHSEN,梅村恒

    日本建築学会学術講演梗概集   C-2   543 - 544   2011年08月

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • エネルギー一定則及び等価線形化法を用いた応答予測精度の検証

    近藤剛,梅村恒

    日本建築学会学術講演梗概集   B-1   239 - 240   2011年08月

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 曲げ降伏後にせん断破壊するRC柱 -コンクリート負担分のせん断耐力に着目-

    伊藤嘉基,梅村恒

    日本建築学会学術講演梗概集   C-2   235 - 236   2011年08月

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 繰返し載荷による耐力劣化を考慮した土壁および面材壁の復元力モデル -その4 複雑な変形入力に対する再現-

    石黒貴裕,梅村恒,井戸田秀樹,小島崇徳

    ,日本建築学会大会学術講演梗概集   C-1   23 - 24   2011年08月

    研究論文(学術雑誌)   単著

全件表示 >>