南 範彦 (ミナミ ノリヒコ)

MINAMI Norihiko

写真a

所属学科・専攻等

基礎教育類
情報工学専攻 情報数理分野

職名

教授

出身大学

  •  
    -
    1981年03月

    京都大学   理学部   数学   卒業

出身大学院

  •  
    -
    1983年03月

    京都大学  理学研究科  数理解析修士課程  修了

取得学位

  • 京都大学 -  理学修士

  • - -  Ph.D

学外略歴

  • 1994年04月
    -
    1998年03月

      アラバマ大学   準教授

  • 1991年04月
    -
    1994年03月

      アラバマ大学   助教授

  • 1989年04月
    -
    1990年03月

      バークレー数理科学研究所   -

  • 1988年04月
    -
    1991年03月

      マサチューセッツ工科大学C.L.E.ムーア講師   講師

  • 1983年04月
    -
    1988年03月

      広島大学理学部   助手

所属学会・委員会

  • 2012年03月
    -
    2013年03月

    「数学通信」非常任編集委員

  • 2011年03月
    -
    2012年03月

    「数学通信」常任編集委員

  • 2009年10月
    -
    継続中

    代数的および幾何学的位相幾何学(Algebraic & Geometric Topology)編集委員会

  • 2009年09月
    -
    継続中

    日本数学会 情報システム運用委員会ビデオ撮影実行委員

  • 1985年09月
    -
    継続中

    (アメリカ数学会)

全件表示 >>

専門分野(科研費分類)

  • 幾何学

 

研究経歴

  • 絶対数学とホモトピー論の関係

    研究期間:  2009年03月  -  現在

  • 導来代数幾何とその応用

    研究期間:  2007年04月  -  現在

  • 4次元多様体の安定ホモトピーSeiberg-Witten不変量

    国内共同研究  

    研究期間:   - 

  • 球面の安定ホモトピー群の大局的な問題。特にKervaire不変量1の問題と新「世界最後の日」予想

    個人研究  

    研究期間:   - 

  • 安定ホモトピー圏の大局的な問題。特にHopkinsの「彩色」分裂予想

    個人研究  

    研究期間:   - 

論文

  • A handy chart to navigate a small part of Ayoub's Thesis on Grothendieck's six operations in the motivic stable homotopy categories

    南 範彦

    京都大学数理解析研究所講究録 ( 京都大学数理解析研究所 )  2016   8 - 131   2017年01月  [招待有り]

    研究論文(大学,研究機関紀要)   単著

    A handy chart to navigate a small part of Ayoub's Thesis on Grothendieck's six operations in the motivic stable homotopy categories

  • Some mathematical aspects of topological materials

    南 範彦

    数理解析研究所講究録 ( 京都大学数理解析研究所 )  1968   35 - 40   2015年11月  [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • モチビックホモトピー論における新・世界最後の日予想について

    南 範彦

    京都大学数理解析研究所講究録   1876   48 - 69   2014年01月  [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • On the random variable $\{ 1, 2, \ldots, n \}^r \ni (k_1, k_2, \ldots, k_r) \mapsto \gcd(n,k_1k_2\cdots k_r) \in \N$

    Norihiko Minami

    Journal of Number Theory   133 ( 8 ) 2635 - 2647   2013年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • A topologist's introduction to the motivic homotopy theory for transformation group heorists - 1

    Norihiko Minami

    RIMS K^oky^uroku Bessatsu   B39   063 - 107   2013年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • A topologist’s introduction to the motivic homotopy theory for transformation group theorists - 2

    Minami, Norihiko

    京都大学数理解析研究所講究録   1816   2012年12月

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • ON THE CONNES-CONSANI-SOULE TYPE ZETA FUNCTION FOR F1-SCHEMES

    南範彦

    京都大学数理解析研究所講究録   1732   51 - 66   2011年03月

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • Lurie's topological quantum field theory

    南範彦

    京都大学数理解析研究所講究録   1670   140 - 155   2009年12月

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • Lurie's quasi category topos theory

    南範彦

    第35回変換群論シンポジウム 講演集     2008年11月

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   単著

  • Lurie's quasi category Yoneda's lemma

    南範彦

    京都大学数理解析研究所講究録   1612   21 - 40   2008年09月

    研究論文(学術雑誌)   単著

全件表示 >>

著書

  • 朝倉数学辞典

    川又雄二郎 ・坪井俊 ・楠岡成雄 ・新井仁之 (担当: 分担執筆 )

    朝倉書店  2016年06月

  • Proceedings of the Nishida Fest (Kinosaki 2003)

    Matthew Ando, Norihiko Minami, Jack Morava and W Stephen Wilson (担当: 共編著 )

    mathematical sciences publishers  2007年04月

  • 岩波数学辞典第4版

    日本数学会 (担当: 共著 )

    岩波書店  2007年03月 ISBN: ISBN-10: 4000803093

総説・解説記事

  • 「ホモとピー論」研究者にとっての「絶対数学」

    南範彦

    黒川信重 編著, リーマン予想がわかる, 数学セミナー増刊 ( 日本評論社 )    2009年10月

    総説・解説(その他)   単著

  • 『超対称性ゲージ理論と幾何学』 数セミブック・プラザ

    南範彦

    数学セミナー ( 日本評論社 )    2008年08月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • ホモトピー論・単体的集合から,その彼方へ

    南範彦

    数理科学 ( サイエンス社 )    2008年03月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

研究発表

  • Costello-GwilliamsのQFTへの入門 (1), 古典的場の理論と位相的場の理論からの動機

    南 範彦  [招待有り]

    春の代数的位相幾何学セミナー (2017)  2017年03月  -  2017年03月 

  • Costello-GwilliamsのQFT (2), 例を中心として

    南 範彦  [招待有り]

    春の代数的位相幾何学セミナー (2017)  2017年03月  -  2017年03月 

  • Costello-GwilliamsのQFT (1), Factorization algebra の役割を中心として

    南 範彦  [招待有り]

    春の代数的位相幾何学セミナー (2017)  2017年03月  -  2017年03月 

  • Factorization algebra (2), 例を中心として

    南 範彦  [招待有り]

    春の代数的位相幾何学セミナー (2017)  2017年03月  -  2017年03月 

  • Factorization algebra (1), 定義と基礎を中心として

    南 範彦  [招待有り]

    春の代数的位相幾何学セミナー (2017)  2017年03月  -  2017年03月 

  • Costello-GwilliamsのQFT への入門 (2), 理論の概要

    南 範彦  [招待有り]

    春の代数的位相幾何学セミナー (2017)  2017年03月  -  2017年03月 

  • ファインマン・モチーフ (Connes-Marcolli) はじめの一歩

    南 範彦  [招待有り]

    冬の代数的位相幾何学セミナー  (岡山理科大学)  2017年01月  -  2017年01月  山崎正之(岡山理科大学).南範彦(名古屋工業大学)

  • Cisinski's theorem of the K-theory representability in the cdh topology

    南 範彦  [招待有り]

    高知ホモトピー論談話会2016  (高知大学理学部)  2016年12月  -  2016年12月  下村克己(高知大学理), 加藤諒(高知大学非常勤)

  • Cisinski's proof of the K-theory representability in the cdh topology

    南 範彦  [招待有り]

    高知ホモトピー論談話会2016  (高知大学理学部)  2016年12月  -  2016年12月  下村克己(高知大学理), 加藤諒(高知大学非常勤)

  • The proper base change theorem of Ayoub, Cisinski-Deglise

    南 範彦

    高知ホモトピー論談話会2016  (高知大学理学部)  2016年12月  -  2016年12月  下村克己(高知大学理), 加藤諒(高知大学非常勤)

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動

  • 2009年
    -
    現在

    代数的および幾何学的位相幾何学(Algebraic & Geometric Topology)編集委員会   編集委員

  • 2009年09月
    -
    現在

    日本数学会   情報システム運用委員会ビデオ撮影実行委員

  • 2011年03月
    -
    2012年02月

    日本数学会   評議員

  • 2011年03月
    -
    2012年02月

    日本数学会   「数学通信」常任編集委員