加藤 昇平 (カトウ シヨウヘイ)

KATO Shohei

写真a

所属学科・専攻等

情報工学教育類 知能情報分野/創造工学教育類
情報工学専攻 知能情報分野

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

出身大学

  •  
    -
    1993年03月

    名古屋工業大学   工学部   電気情報工学科   卒業

出身大学院

  •  
    -
    1998年03月

    名古屋工業大学  工学研究科  電気情報工学専攻博士課程  修了

取得学位

  • 名古屋工業大学 -  博士(工学)

学外略歴

  • 2016年04月
    -
    継続中

      国立研究開発法人国立長寿医療研究センター   客員研究員

  • 1999年04月
    -
    2002年03月

      国立高専機構豊田工業高等専門学校   電気・電子システム工学科   講師

  • 1998年04月
    -
    1999年03月

      国立高専機構豊田工業高等専門学校   電気工学科   助手

所属学会・委員会

  • 2011年06月
    -
    継続中

    日本認知症学会

  • 2010年11月
    -
    継続中

    電気学会

  • 2009年07月
    -
    継続中

    IEEE

  • 2006年10月
    -
    継続中

    日本感性工学会

  • 2005年06月
    -
    継続中

    日本ロボット学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類)

  • マルチメディア・データベース

  • 計算機システム

  • 感性情報学

  • 知覚情報処理

  • 知能情報学

全件表示 >>

 

研究経歴

  • 高齢者の発話音声と脳血流解析に基づく軽度認知症の早期スクリーニング

    国内共同研究  

    研究期間:  2009年04月  -  現在

  • ヒューマノイドに心を宿す情報技術に関する研究

    国内共同研究  

    研究期間:  2002年04月  -  現在

  • 二足歩行ロボットの運動制御におけるAI技術の応用研究

    国内共同研究  

    研究期間:  2002年04月  -  現在

  • ソーシャルネットワークの特性を利用したさりげない情報検索・推薦システム

    機関内共同研究  

    研究期間:  2009年04月  -  現在

  • マルチエージェントシミュレーションに基づく人工社会・人工生命に関する研究

    機関内共同研究  

    研究期間:  2002年04月  -  現在

論文

  • Constrained GA Based Segment Assignment in Shield Tunneling to Minimize the Amount of Excavated Soil

    Koya Ihara Shohei Kato Takehiko Nakaya Tomoaki Ogi

    The 7th IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2018)   7   197 - 198   2018年10月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Discrimination of Motor Imagery from Functional MR Image of Human Brain Using Multi-ROI 3D Convolutional Neural Networks

    Tomofumi Nakano, Shohei Kato, Epifanio Bagarinao, Akihiro Yoshida, Mika Ueno, Toshiharu Nakai

    The 7th IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2018)   7   214 - 215   2018年10月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • A Method of Updating Tastes Toward Friendly Agents for Kansei Communication

    Kazuaki Fukuta, Shohei Kato

    The 7th IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2018)   7   141 - 143   2018年10月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Mood Estimation Considering Features to Contribute Mood Using ECG Signals During Recalling Incidents from the Past

    Akane Kitagawa, Shohei Kato

    The 7th IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2018)   7   283 - 284   2018年10月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Real-time functional MRI-based neurofeedback improves volitional recall of brain activation patterns during motor imagery training

    Epifanio Bagarinao, Akihiro Yoshida, Mika Ueno, Kazunori Tanabe, Shohei Kato, Haruo Isoda, Toshiharu Nakai

    Brain Connects 2018     23 - 24   2018年06月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Application of 3D Convolutional Neural Networks for Neuro-Feedback Training Using Real-Time Functional MRI

    Tomofumi Nakano, Shohei Kato, Epifanio Bagarinao, Akihiro Yoshida, Mika Ueno, Toshiharu Nakai

    Brain Connects 2018   15   37 - 38   2018年06月

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • AI technology-based detecting cognitive impairment of elderly people from speech and fNIRS signals during verbal interaction

    Shohei Kato

    Brain Connects 2018     8 - 9   2018年06月  [招待有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   単著

  • Improved Volitional Recall of Motor-Imagery-Related Brain Activation Patterns Using Real-Time Functional MRI-Based Neurofeedback.

    Epifanio Bagarinao, Akihiro Yoshida, Mika Ueno, Kazunori Terabe, Shohei Kato, Haruo Isoda, Toshiharu Nakai

    Frontiers in human neuroscience   12   Article158 (13pages)   2018年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Easy Screening for Mild Alzheimer’s Disease and Mild Cognitive Impairment from Elderly Speech

    Shohei Kato, Akira Homma, Takuto Sakuma

    Current Alzheimer Research, Thematic Issue of "Speech production in persons with dementia   15 ( 2 ) 104 - 110   2018年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Multiobjective Optimization in One-Player Mahjong Using MM-NEAT PROCEDINGS_ALPHABET : 23rd International Symposium on Artificial Life and Robotics

    Koya Ihara, Shohei Kato

    23rd International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB 2018)     2018年01月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

全件表示 >>

著書

  • パーソナル・ヘルスケア:ユビキタス、ウェアラブル医療実現に向けたエレクトロニクス研究最前線

    加藤昇平,遠藤英俊,本間 昭 (担当: 共著 )

    NTS  2013年10月 ISBN: 978-4-86469-080-5

  • Early Detection and Rehabilitation Technologies for Dementia: Neuroscience and Biomedical Applications

    Shohei Kato, Sachio Hanya, Akiko Kobayashi, Toshiaki Kojima, Hidenori Itoh, Akira Homma (担当: 共著 )

    IGI Global  2011年05月 ISBN: 978-1-60960-559-9

  • Evolution of Adaptive Behavior toward Environmental Change in Multi-Agent Systems

    Atsuko Mutoh, Hideki Hashizume, Shohei Kato and Hidenori Itoh (担当: 共著 )

    InTech  2011年04月 ISBN: 978-953-307-176-3

  • Biped Robots

    Shohei Kato, Minoru Ishida (担当: 共著 )

    InTech  2011年02月 ISBN: 978-953-307-216-6

  • Kansei Engineering and Soft Computing: Theory and Practice

    Masayoshi Kanoh, Tsuyoshi Nakamura, Shohei Kato, Hidenori Itoh (担当: 共著 )

    IGI Global  2010年10月 ISBN: 978-1-61692-797-4

  • Informatics in Control, Automation and Robotics I

    Kohshiro Noritake, Shohei Kato, Hidenori Itoh (担当: 共著 )

    Springer  2006年04月 ISBN: 978-1-4020-4136-5

総説・解説記事

  • AI technology-based detecting cognitive impairment of elderly people from speech and fNIRS signals during verbal interaction

    Shohei KATO

    Brain Connects 2018     8 - 9   2018年06月  [依頼有り]

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   単著

  • 人や社会と共生するロボットを実現する情報技術

    加藤昇平

    TOENEC Technology Development Report ( 株式会社トーエネック技術開発部 )  32   4 - 11   2016年10月  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   単著

  • Intuitive Control and Affective Computing in Robotics for Symbiosis with Human

    Shohei KATO

    Brain Connects 2016 (as Focus Lecture 7)     30 - 32   2016年09月  [依頼有り]

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   単著

  • ロボットに心を宿し性格を与える感性情報処理

    加藤昇平

    人工知能 特集「人工知能とEmotion」 ( 人工知能学会 )  31 ( 5 ) 671 - 678   2016年09月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 高齢者の発話から認知症の危険度を察知する情報技術 ─誰でも気軽に使える認知症スクリーニングを目指して─

    加藤昇平,遠藤英俊,本間 昭

    人工知能 特集「超高齢化社会とAI ─社会生活支援編─」   31 ( 3 ) 356 - 362   2016年05月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 感性ロボットに心を宿す情報処理とインタラクションデザイン

    加藤昇平

    感性工学 特集「感性ロボット」   13 ( 4 ) 211 - 219   2015年12月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 高齢者の発話から認知症の危険度を察知する情報技術

    加藤昇平

    ごきそ(名古屋工業会会誌) ( 名古屋工業会 )  461   6 - 7   2014年09月

    総説・解説(その他)   単著

  • Soft Computing Approaches to Motion Control for Humanoid Robots

    Shohei KATO, Hidenori ITOH

    International Symposium on Micro-Nano Mechatronics and Human Science ( IEEE )    47 - 52   2005年11月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 画像アーカイブ情報からの類似個所検出技術と考古遺物復元への応用

    加藤昇平,加納政芳,伊藤英則

    画像ラボ ( 日本工業出版 )  16 ( 11 ) 10 - 14   2005年11月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

研究発表

  • Potentiality of 3D Convolutional Neural Networks to Discriminate Motor Imagery from a Functional Brain Image of an Unknown Subject(掲載決定)

    中野智文, 加藤昇平, EpifanioBagarinao, 吉田彰浩, 上野美果, 中井敏晴

    ISMRM Japanese Chapter  2018年12月  -  2018年12月 

  • Potentiality of 3D Convolutional Neural Networks to Discriminate Motor Imagery from a Functional Brain Image of an Unknown Subject(掲載決定)

    中野智文, 加藤昇平, EpifanioBagarinao, 吉田彰浩, 上野美果, 中井敏晴

    ISMRM Japanese Chapter  2018年12月  -  2018年12月 

  • メンタルケアロボット実現に向けた未来想像時の心電図を用いた心の健康度推定(掲載決定)

    北河茜, 加藤昇平

    第19回計測自動盛業学会システムインテグレーション部門後援会  2018年12月  -  2018年12月 

  • 高齢者の体操教室におけるインストラクターロボットの提案とDynamic Time Warpingによる運動分析(掲載決定)

    加藤瑛樹,加藤昇平,瀬尾己奈

    第19回計測自動盛業学会システムインテグレーション部門後援会  2018年12月  -  2018年12月 

  • シールド工法における掘削土量を考慮した制約付遺伝的アルゴリズムによるセグメント割付(掲載決定)

    伊原滉也, 加藤昇平, 中谷武彦, 大木智明, 増田湖一

    第19回計測自動盛業学会システムインテグレーション部門後援会  2018年12月  -  2018年12月 

  • 運動イメージ療法支援システムのためのMulti-ROI 3D Convolutional Neural Networksによる脳機能分類の提案(掲載決定)

    中野智文, 加藤昇平, EpifanioBagarinao, 吉田彰浩, 上野美果, 中井敏晴

    第19回計測自動盛業学会システムインテグレーション部門後援会  2018年12月  -  2018年12月 

  • 部分観測マルコフ決定過程における遺伝的アルゴリズムを用いた階層型強化学習(掲載決定)

    鈴木晃平, 加藤昇平

    第19回計測自動盛業学会システムインテグレーション部門後援会  2018年12月  -  2018年12月 

  • 運動イメージ療法支援システムのためのMulti-ROI 3D Convolutional Neural Networksによる脳機能分類の提案(掲載決定)

    中野智文, 加藤昇平, EpifanioBagarinao, 吉田彰浩, 上野美果, 中井敏晴

    第19回計測自動盛業学会システムインテグレーション部門後援会  2018年12月  -  2018年12月 

  • メンタルケアロボット実現に向けた未来想像時の心電図を用いた心の健康度推定(掲載決定)

    北河茜, 加藤昇平

    第19回計測自動盛業学会システムインテグレーション部門後援会  2018年12月  -  2018年12月 

  • 高齢者の体操教室におけるインストラクターロボットの提案とDynamic Time Warpingによる運動分析(掲載決定)

    加藤瑛樹,加藤昇平,瀬尾己奈

    第19回計測自動盛業学会システムインテグレーション部門後援会  2018年12月  -  2018年12月 

全件表示 >>

工業所有権

  • Cognitive Impairment Determination Apparatus, Cognitive Impairment Determination System and Program

    特願 U.S. Patent: No. 9,131,889 B2  特許 U.S. 9,131,889 B2

    Shohei Kato,Hidetoshi Endo

  • 認知機能障害判別装置,認知機能障害判別システム,およびプログラム

    特願 特願2011-121241  特許 特許第5959016号

    加藤昇平,遠藤英俊

  • 認知機能障害危険度算出装置,認知機能障害危険度算出システム,及びプログラム

    特願 特願2010-134403  特許 特許第4876207号

    加藤昇平,小林朗子,小島敏昭,伊藤英則,本間昭

  • sound generation method, computer-readable storage medium, stand-alone type sound generation/reproduction device, and network distribution type sound generation/reproduction system

    特願 Appl. No. 10-2005-7001795  特許 Patent No. 10-0971858

    -

  • 聲音産生方法,電脳可讀取之記憶媒體,單機型聲音産生再生装置及網路配訊型聲音産生再生装置

    特願 92135248  特許 發明第 I 230922

    -

  • サウンド生成方法,コンピュータ読み取り可能な記憶媒体,スタンドアロン型サウンド生成再生装置及びネットワーク配信型サウンド生成再生システム

    特願 特願2005-502491  特許 特許第3863553号

    伊藤英則,加藤昇平,水野雅紀

  • 認知機能障害判別装置,認知機能障害判別システム,およびプログラム

    特許 特許第5959016号

    加藤 昇平,遠藤英俊

その他研究活動

  • 中部経済新聞9月18日朝刊15面「研究現場発「トンネル掘削をAIで支援する」」

    2018年09月  -  2018年09月

  • 日経テレコン 電気新聞6月20日「人工知能活用で掘削計画を最適化/清水建設」

    2018年06月  -  2018年06月

  • 名古屋工業大学プレスリリース「AIを活用したシールド掘進計画支援室を開発ーAIが自己シミュレーションを繰り返し、掘進計画を最適化」

    2018年05月  -  2018年05月

  • AINOW 2018.05.27「清水建設・名古屋工業大学/AI活用のシールド掘進計画支援システム開発」

    2018年05月  -  2018年05月

  • 日刊建設工業新聞5月28日3面「清水建設・名古屋工業大学/AI活用のシールド掘進計画支援システム開発」

    2018年05月  -  2018年05月

  • 清水建設㈱ニュースリリース「AIを活用したシールド掘進計画支援室を開発ーAIが自己シミュレーションを繰り返し、掘進計画を最適化」

    2018年05月  -  2018年05月

  • 非専門家でも短時間で実施できる『軽度認知症スクリーニングツール』の研究開発/JST A-STEP 産学協同ステージ(ハイリスク挑戦プログラム)

    2013年12月  -  2016年03月

  • 中日新聞12月1日朝刊(県内版コラム「ぺーぱーナイフ」)「研究者の役目」

    2013年12月  -  2013年12月

  • 中日新聞8月21日朝刊1面「口ごもりやリズム解析システム:日常会話で認知症判定」

    2013年08月  -  2013年08月

  • 東京新聞8月21日夕刊7面「受信いらずの新システム:認知症 日常会話で判定」

    2013年08月  -  2013年08月

全件表示 >>

学術関係受賞

  • 第16回情報学ワークショップ(WiNF2018)奨励賞

    2018年11月10日   第16回情報学ワークショップ実行委員会   親しみやすい感性対話エージェントを実現する嗜好更新手法  

    受賞者:  福田和彰, 加藤昇平

  • 第16回情報学ワークショップ(WiNF2018)最優秀賞

    2018年11月10日   第16回情報学ワークショップ実行委員会   シールド工法における掘削土量削減のための制約付GAを用いたセグメント割付   

    受賞者:  伊原滉也, 加藤昇平,中谷武彦,大木智明,増田湖一

  • IEEE GCCE 2018 Outstanding Paper Award

    2018年10月11日   IEEE Comsumer Electronics Society   A Method of Updating Tastes Toward Friendly Agents for Kansei Communication  

    受賞者:  Kazuaki Fukuta,Shohei Kato

  • IEEE GCCE 2017 Outstanding Paper Award

    2017年10月26日   IEEE Comsumer Electronics Society   Proposal of Design Policy of Therapy Robots System Based on Rlaxsation State  

    受賞者:  Rina Hayashi, Shohei Kato

  • SI2016優秀講演賞

    2016年12月18日   計測自動制御学会システムインテグレーション部門   ロボットの主観的重量感覚と実重量の祖語による心理的影響  

    受賞者:  林里奈,加藤昇平

  • 文部科学大臣表彰(科学技術賞・研究部門)

    2015年04月15日   文部科学省  

    受賞者:  加藤昇平

  • 日本感性工学会論文賞

    2012年08月30日   日本感性工学会  

    受賞者:  増田恵,加藤昇平,伊藤英則

  • 第9回情報学ワークショップ(WiNF2011)奨励賞

    2011年11月25日   第9回情報学ワークショップ  

    受賞者:  小笠原宏樹,加藤昇平

  • MHS2011 Best Poster Award

    2011年11月09日   2011 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science  

    受賞者:  Shota Sumino,Atsuko Mutoh,Shohei Kato

  • 日本知能情報ファジィ学会論文賞

    2010年09月14日   日本知能情報ファジィ学会  

    受賞者:   

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動

  • 2014年11月
    -
    2015年12月

    電気学会   電気学会論文誌C部門特集号編修小委員会委員長

  • 2014年09月
    -
    2015年03月

    INSTICC   国際会議 BIOSTEC2015 Program Committee Member

  • 2014年01月
    -
    2014年07月

    IEEE   国際会議 IEEE CBI2014 Program Committee Member

  • 2013年12月
    -
    2014年09月

    日本感性工学会   日本感性工学会第16回大会実行委員

  • 2013年09月
    -
    2014年03月

    INSTICC   国際会議 BIOSTEC2014 Program Committee Member

  • 2013年08月
    -
    2014年02月

    人工知能学会   人工知能学会論文誌2013年度特集号編集委員

  • 2013年04月
    -
    2014年01月

    電気関係学会東海支部連合大会   平成25年度電気関係学会東海支部連合大会プログラム編集委員

  • 2013年01月
    -
    2013年07月

    IEEE   国際会議 IEEE CBI2013 Program Committee Member

  • 2012年12月
    -
    2013年09月

    日本感性工学会   日本感性工学会第15回大会実行委員

  • 2012年10月
    -
    2013年09月

    IFAAMAS   国際会議 AAMAS2013 Program Committee Member

全件表示 >>