水野 稔久 (ミズノ トシヒサ)

MIZUNO Toshihisa

写真a

所属学科・専攻等

生命・応用化学教育類 生命・物質化学分野
生命・応用化学専攻 生命・物質化学分野

職名

准教授

研究分野・キーワード

生体機能関連化学、蛋白質工学、ナノ材料

出身大学

  •  
    -
    1995年03月

    名古屋工業大学   工学部   卒業

取得学位

  • 九州大学 -  博士(工学)

  • 九州大学 -  修士(工学)

学外略歴

  • 2001年04月
    -
    2002年03月

      テキサス大学オースチン校博士研究員   研究員

  • 1999年04月
    -
    2001年03月

      日本学術振興会   日本学術振興会特別研究員

所属学会・委員会

  •  
     
     

    高分子学会

専門分野(科研費分類)

  • 生体関連化学

 

研究経歴

  • 膜タンパク質可溶化試薬の開発

    個人研究   科学研究費補助金  

    研究期間:  2011年04月  -  現在

  • 刺激応答性タンパク質の合理的設計

    個人研究   科学研究費補助金  

    研究期間:  2004年04月  -  2010年03月

論文

  • Development of Cell-Penetration PG-Surfactants and Its Application in External Peptide Delivery to Cytosol

    Natsumi Sumito, Shuhei Koeda, Naoki Umezawa, Yasumichi Inoue, Shinya Tsukiji, Tsunehiko Higuchi, Toshihisa Mizuno

    Bioconjugate Chemistry   xx ( xx ) xx - xx   2020年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Development of New Antimicrobial Agents from Cationic PG-surfactants containing oligo-Lys peptide

    R. Kimura, M. Shibata, S. Koeda, A. Miyagawa, H. Yamamura, T. Mizuno

    Bioconjugate Chemistry   29 ( 12 )   2018年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Construction of Enzyme-encapsulated Fibermats from the Cross-linkable Copolymers Poly(acrylamide)-co-poly(diacetone acrylamide) with the Bi-functional Cross-linker, Adipic Acid Dihydrazide

    Yuya Ido, Anthony L. B. Maçon, Makito Iguchi, Yuto Ozeki, Shuhei Koeda, Akiko Obata, Toshihiro Kasuga, Toshihisa Mizuno

    Polymer   132   342 - 352   2017年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Design of New Extraction Surfactants for Membrane Proteins from Peptide-Gemini Surfactants (PG-surfactants)

    M. Shibata, S. Koeda, T. Noji, K. Kawakami, Y. Ido, Y. Amano, N. Umezawa, T. Higuchi, T. Dewa, S. Itoh, N. Kamiya, T. Mizuno

    Bioconjugate Chemistry   27 ( 10 ) 2469 - 2479   2016年10月

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Coaxial Electrospun Fibermat of Poly(AM/DAAM)/ADH and PCL: Versatile Platform for Encapsulating Functionally Active Enzymes

    Yuji Tanikawa, Yuya Ido, Ren Ando, Akiko Obata, Kenji Nagata, Toshihiro Kasuga, Toshihisa Mizuno

    Bulletin of the Chemical Society of Japan   93   1155 - 1163   2020年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Construction of DNAzyme-Encapsulated Fibermats Using the Precursor Network Polymer of Poly(γ-glutamate) and 4-Glycidyloxypropyl Trimethoxysilane

    Koji Mizuno, Shuhei Koeda, Akiko Obata, Jun Sumaoka, Toshihiro Kasuga, Julian R. Jones, Toshihisa Mizuno

    Langmuir   33 ( 16 ) 4028 - 4035   2017年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Rational Design of Novel High-Molecular-Weight Solubilization Surfactants for Membrann Proteins from the peptide gemini surfactants (PG-surfactants)

    S. Koeda, T. Suzuki, T. Noji, K. Kawakami, Y. Ido, T. Dewa, S. Itoh, N. Kamiya, T. Mizuno

    Tetrahedron   72   6898 - 6908   2016年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Light-induced hydrogen production by Photosystem I–Pt nanoparticle conjugates immobilized in porous glass plate nanopores

    T. Noji, T. Suzuki, M. Kondo, T. Jin, K. Kawakami, T. Mizuno, H. Oh-oka, M. Ikeuchi, M. Nango, Y. Amao, N. Kamiya, T. Dewa

    Res. Chem. Intermed   42 ( 0 ) 7731 - 7742   2016年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Construction and Characterization of Protein-Encapsulated Electrospun Fibermats Prepared from a Silica/Poly(γ-glutamate) Hybrid

    S. Koeda, K. Ichiki, N. Iwanaga, K. Mizuno, M. Shibata, A. Obata, T. Kasuga, T. Mizuno

    Langmuir   32 ( 1 ) 221 - 229   2015年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Applications of Peptide Gemini Surfactants as Solubilization Surfactants for Photosystems I and II of Cyanobacteria

    Shuhei Koeda, Katsunari Umezaki, Tomoyasu Noji, Atsushi Ikeda, Keisuke Kawakami, Masaharu Kondo, Yasushi Yamamoto, Jian-Ren Shen, Keijiro Taga, Takehisa Dewa, Mamoru Nango, Toshiki Tanaka, Toshihisa Mizuno

    Langmuir   29 ( 37 ) 11667 - 11680   2013年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

総説・解説記事

  • 生理活性を保持した不織布の開発

    水野稔久、小幡亜希子

    月刊 ファインケミカル   ( 7 ) 5 - 16   2017年07月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   共著

  • 生理活性を保持した不織布の開発

    水野稔久、小幡亜希子

    ケミカルエンジニアリング ( 化学工業社 )  60 ( 12 ) 911 - 920   2015年12月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   共著

  • 設計タンパク質をモジュールドメインとして利用した外部刺激応答タンパク質の創製

    水野稔久,織田昌幸,田中俊樹

    熱測定 ( 日本熱測定学会 )  35 ( 5 ) 227 - 236   2008年10月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   共著

研究発表

  • Coaxial Electrospun Fibermat of Poly(AM/DAAM)/ADH and PCL: Versatile Platform for Functioning Active Enzymes

    Yuji Tanikawa, Yuya Ido, Akiko Obata, Toshihiro Kasuga, Toshihisa Mizuno

    3rd GLowing Polymer Symposium in KANTO (GPS-K 2020)  2020年11月  -  2020年11月 

  • Construction of Protein-loadable Protein Cages Using the Hybrid Proteins of the Oleosin Hydrophobic Domain and Hydrophilic Dimeric Coiled-coil

    Taiki Nishiyama, Kento Sugiura, Toshihisa Mizuno

    3rd GLowing Polymer Symposium in KANTO (GPS-K 2020)  2020年11月  -  2020年11月 

  • タンパク質を内包可能なタンパク質カプセル設計と抗体修飾による細胞内導入の検討

    西山 泰貴、水野 稔久

    第 93 回日本生化学会大会  2020年09月  -  2020年09月 

  • 蛋白質を徐放可能なpoly(AA/DAAM)/ゼラチンコアシェル型不織布の作製とその機能評価

    谷川 雄治、水野 稔久

    第 93 回日本生化学会大会  2020年09月  -  2020年09月 

  • ラクターゼを内包固定化したPoly(AM/DAAM)/ADH-PCLコアシェル不織布の 作製と機能評価

    安藤 蓮、谷川 雄治、小幡 亜希子、永田 謙二、春日 敏弘、水野 稔久

    第14回バイオ関連化学シンポジウム2020  2020年09月  -  2020年09月 

  • トランススプライシング反応を用いた細胞接着誘導の検討

    浅井 健吾、高橋 剛、築地 真也、水野 稔久

    第14回バイオ関連化学シンポジウム  2020年09月  -  2020年09月 

  • デキサメタゾンを内包したpoly(AM/DAAM)/ADH-PCL不織布の作製と不織布上での骨芽細胞の分化評価

    今井 豊大、小幡 亜希子、春日 敏宏、水野 稔久

    第14回バイオ関連化学シンポジウム2020  2020年09月  -  2020年09月 

  • 細胞内輸送キャリヤーとしてのペプチドジェミニ型界面活性剤の間葉系幹細胞に対する機能評価

    解江 諒平、住藤 夏美、井上 靖道、梅澤 直樹、水野 稔久

    第14回バイオ関連化学シンポジウム2020  2020年09月  -  2020年09月 

  • 蛋白質徐放可能な不織布ベースの新規細胞培養足場材料の開発に向けた検討

    谷川 雄治、水野 稔久

    第14回バイオ関連化学シンポジウム2020  2020年09月  -  2020年09月 

  • 抗体提示能を有する蛋白質カプセルの設計と細胞内導入への検討

    西山 泰貴、水野 稔久

    第14回バイオ関連化学シンポジウム2020  2020年09月  -  2020年09月 

全件表示 >>

工業所有権

  • リポペプチド誘導体を含む抗菌剤

    特願 2017-094745 

    木村亮介、水野稔久、山村初雄、宮川淳

  • 金属イオン応答性蛍光発色タンパク質

    特願 2006-247008 

    水野稔久、村尾香織、田中俊樹

学術関係受賞

  • 第 9 回 CSJ 化学フェスタ 2019 学生ポスター賞

    2019年11月20日   公益社団法人 日本化学会  

    受賞者:  ⻄山 泰貴

  • 永井学術賞

    2017年03月02日   永井科学技術財団  

    受賞者:  水野稔久

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 生体高分子の3次元印刷を可能とする新規バイオインキの開発と生体材料構築への応用

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月  代表者:  水野稔久

  • 膜蛋白質の機能分子としての利用を指向した新規ゲル化手法の開発とナノ材料創成

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

  • 外来蛋白質の細胞膜透過キャリアとしてのアルキル鎖を複数含むカチオン性ペプチド開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2020年04月  -  2023年03月