庄 建治朗 (シヨウ ケンジロウ)

SHO Kenjiro

写真a

所属学科・専攻等

社会工学教育類 環境都市分野
社会工学専攻 環境都市分野

職名

助教

出身大学院

  •  
    -
    1996年03月

    京都大学  工学研究科  環境地球工学修士課程  修了

取得学位

  • 京都大学 -  博士(工学)

所属学会・委員会

  • 2003年07月
    -
    継続中

    日本気象学会

  • 1996年04月
    -
    継続中

    日本地理学会

  • 1996年04月
    -
    継続中

    水文・水資源学会

  • 1993年04月
    -
    継続中

    土木学会

専門分野(科研費分類)

  • 水工学

 

研究経歴

  • 東海地域における局地的大雨の雨量解析

    研究期間:  2000年09月  -  現在

  • 樹木年輪の酸素・炭素同位体比変動と気候との相関分析

    個人研究  

    研究期間:  1996年08月  -  現在

  • 歴史的洪水資料の洪水頻度分析への導入

    個人研究  

    研究期間:   - 

  • 古日記天候記録を用いた琵琶湖歴史洪水の復元

    個人研究  

    研究期間:   - 

論文

  • 年輪セルロース酸素同位体比の年層内変動データを用いた年代照合の可能性に関する検討

    庄 建治朗

    総合地球環境学研究所気候適応史プロジェクト成果報告書 ( 総合地球環境学研究所 )  1   55 - 63   2016年03月  [招待有り]

    研究論文(大学,研究機関紀要)   単著

  • Application of the Pseudo Global Warming Dynamic Downscaling Method to the Tokai Heavy Rain in 2000

    Kenji TANIGUCHI, Kenjiro SHO

    Journal of the Meteorological Society of Japan ( 日本気象学会 )  93 ( 5 ) 551 - 570   2015年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 10分雨量データとXRAINデータを用いた名古屋における強雨事例の雨域特性解析

    庄建治朗,谷口健司,冨永晃宏

    水工学論文集   58   I_487 - I_492   2014年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    Precipitation analysis for several heavy rainfalls that occurred in Nagoya City was performed based on 10-minute and hourly precipitation data. Rainfall distribution analyses showed that a rain band in the direction of the prevailing wind at middle levels was formed in 9 out of 10 major heavy rainfall events in past 56 years. The rain band consisted of aligned heavy-rain cells of about 5–10 km diameter that traveled successively along the rain band that was generated on a meso-scale convergence line. Also, the result of rainfall analysis using 10-minute precipitation data was compared to rainfall distribution based on XRAIN (X-band polarimetric RAdar Information Network, that was installed in Nagoya area in 2010) for the rainfall event in 2011 and its validity and precision was evaluated.

  • 小笠原諸島における年輪気候学研究の可能性について

    庄建治朗,カズメル ミクロシュ

    首都大学東京小笠原研究年報   ( 34 ) 59 - 67   2011年05月  [招待有り]

    研究論文(大学,研究機関紀要)   共著

    小笠原父島において、過去の気候変動の復元に利用できる樹木年輪クロノロジーの作成を目指し、シマムロを対象樹種として標本採取と成長輪の分析を行った。シマムロは成長が非常に遅く、採取した標本の成長輪数は最大のもので200層近くあり、平均的な成長輪幅は1mm程度ないしそれ以下のものが多かった。また、成長輪の形状は非常に不規則で、成長輪境界の不明瞭なものも多く見られ、シマムロの休眠期は必ずしも顕著ではないと推測される。さらに、樹皮直下の最外成長輪の観察から、3月が成長期の前期に、5月が早材形成期の後期にあたることが示唆された。これらのことから、夏と冬の年2回の乾燥期がシマムロの休眠期に対応している可能性が考えられる。

  • 10分雨量データを用いた愛知県における短時間強雨の雨量解析

    庄建治朗, 谷口健司, 冨永晃宏

    土木学会論文集B1(水工学)   55   I_499 - I_504   2011年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    Precipitation analysis for heavy rainfalls in Tokai district on September 11-12, 2000 and August 28-29, 2008 was performed based on 10-minute precipitation data. Rainfall distribution analyses showed that a rain band in the direction of the prevailing wind at middle levels slowly moved eastward on the western Aichi Prefecture throughout the both events. The rain band consisted of aligned heavy-rain cells of about 5-10 km diameter that traveled successively along the rain band. The band lay 10-20 km toward the cold sector of a meso-scale convergence line. Moreover, an analysis of 10-minute precipitation data for the past 22 years revealed that the areas including the northern Chita Peninsula and Nagoya City have a maximum frequency of heavy rain of short duration despite having the lowest annual total precipitation in Aichi Prefecture. Thus, these areas seem to have topographic characters favoring concentrated heavy rainfall only under specific meteorological conditions.

  • Synchronized Northern Hemisphere climate change and solar magnetic cycles during the Maunder Minimum

    Yasuhiko T. YAMAGUCHI, Yusuke YOKOYAMA, Hiroko MIYAHARA, Kenjiro SHO, Takeshi NAKATSUKA

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   107 ( 48 ) 20697 - 20702   2010年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Tree-ring width and stable carbon isotope composition of Japanese cypress in the Lake Biwa area, central Japan, and their hydrologic and climatic implications

    Kenjiro SHO, Hiroshi Aoki TAKAHASHI, Hiroshi MIYAI, Shuichi IKEBUCHI, Toshio NAKAMURA

    IAWA Journal   30 ( 4 ) 395 - 406   2009年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 歴史データを含む琵琶湖の極値水文資料に適合する洪水頻度モデルの検討

    吉田尚, 庄建治朗, 冨永晃宏

    水工学論文集   53   211 - 216   2009年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    In this study, suitable distribution models of extreme hydrological data including historical information of Lake Biwa were investigated. Parameters of 11 candidate distributions fitted to the standardized annual maximum water level and the annual maximum rainfall totals for 30 days were estimated by the maximum likelihood method and goodness-of-fit tests were performed. Resampling tests
    based on the jackknife technique were also applied to evaluate the stability of quantile estimates for each
    distribution model fitted.
    As results, 2-parameter models generally showed better performance in both of goodness-of-fit and stability tests for all cases, and introducing historical flood information improved the stability of quantile estimates.

  • Application of historical flood information to probability quantile estimation for Lake Biwa, Japan

    Kenjiro SHO, Akihiro TOMINAGA

    Journal of Hydroscience and Hydraulic Engineering   23 ( 1 ) 87 - 95   2005年05月  [査読有り]  [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Reconstruction of historical droughts in the Lake Biwa basin, central Japan, using daily weather records of old diaries

    Kenjiro SHO, Akihiro TOMINAGA

    Journal of Hydroscience and Hydraulic Engineering   22 ( 1 ) 15 - 24   2004年05月  [査読有り]  [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

研究発表

  • 年輪酸素同位体比の年層内変動データを用いた享保・天保飢饉期の高分解能気候復元

    庄建治朗, 荒神勇太, 濱田育実, 佐野雅規, 中塚武

    第19回日本AMSシンポジウム・2016年度「樹木年輪」研究会 共同開催シンポジウム  (国立歴史民俗博物館)  2016年12月  -  2016年12月  国立歴史民俗博物館年代実験室,日本AMS研究協会,「樹木年輪」研究会

  • 樹木年輪酸素同位体比の年層内変動データによる江戸時代享保期における梅雨季乾湿変動の復元

    庄建治朗, 荒神勇太, 佐野雅規, 中塚武

    水文・水資源学会2016年度研究発表会  (コラッセふくしま)  2016年09月  -  2016年09月  水文・水資源学会

  • 観測時代の古日記を用いた日記天気記録による古気候復元の精度評価

    庄建治朗, 鎌谷かおる, 平野淳平

    日本地球惑星科学連合2016年大会  (幕張メッセ)  2016年05月  -  2016年05月  公益社団法人日本地球惑星科学連合

  • Validation of weather records of Japanese old diaries by comparison with meteorological observed data

    Kenjiro SHO, Kaoru KAMATANI, Junpei HIRANO

    International Union for Quaternary Research, XIX Congress  (名古屋国際会議場)  2015年07月  -  2015年08月  International Union for Quaternary Research

  • 古記録による歴史時代の琵琶湖洪水の復元

    庄建治朗

    日本地理学会2014年秋季学術大会  2014年09月  -  2014年09月 

  • パターン分類から見る愛知県における過去約30年間の大雨事例の雨域特性

    松本貴昇, 庄建治朗

    土木学会第69回年次学術講演会  2014年09月  -  2014年09月 

  • 名古屋市周辺における雨域の移動特性

    松本貴昇,庄建治朗

    平成25年度土木学会中部支部研究発表会  2014年03月  -  2014年03月 

  • リュウキュウマツの冬期休眠と年輪生長について

    飯島友,庄建治朗,中塚武

    2013年度樹木年輪研究会  2013年12月  -  2013年12月 

  • 南西諸島におけるリュウキュウマツ年輪の酸素安定同位体比と気象要素・降水同位体比との関係

    庄建治朗,飯島友,中塚武

    2013年度樹木年輪研究会  2013年12月  -  2013年12月 

  • 亜熱帯性針葉樹リュウキュウマツの生長輪は年輪か? -酸素安定同位体比を用いた年輪の特定-

    飯島友,庄建治朗,中塚武

    2012年度「樹木年輪」研究会  (信州大学農学部)  2012年11月  -  2012年12月  「樹木年輪」研究会

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動

  • 2004年09月
    -
    現在

    水文・水資源学会   編集出版委員会委員