小澤 智宏 (オザワ トモヒロ)

OZAWA Tomohiro

写真a

所属学科・専攻等

生命・応用化学教育類 生命・物質化学分野
生命・応用化学専攻 生命・物質化学分野

職名

教授

出身大学

  •  
    -
    1989年03月

    筑波大学   第三学群   基礎工学類   卒業

出身大学院

  •  
    -
    1994年03月

    名古屋工業大学  工学研究科  物質工学博士課程 

取得学位

  • 筑波大学 -  工学修士

  • 名古屋工業大学 -  博士(工学)

学外略歴

  • 1998年04月
    -
    2000年03月

      岡崎国立協同研究機構分子科学研究所   助手

所属学会・委員会

  • 2013年04月
    -
    継続中

    金属の関与する生体関連反応シンポジウム

専門分野(科研費分類)

  • 無機化学

 

研究経歴

  • 高原子価ニトロシル錯体の合成とその利用

    個人研究   基礎科学研究  

    研究期間:  2019年10月  -  現在

  • 生体一酸化窒素センサーの構築

    研究期間:  2007年04月  -  現在

論文

  • Synthesis and Physico-chemical Properties of Homoleptic Copper(I) Complexes with Asymmetric Ligands as a Dye of DSSC

    Tomohiko Inomata, Mayuka Hatano, Yuya kawai, Ayaka Matsunaga, Takuma Kitagawa, Yuko Wasada-Tsutsui, Tomohiro Ozawa, Hideki Masuda

    Molecules     2021年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Effect of Counteranions in Electrocatalytic Hydrogen Generation Promoted by Bis(phosphinopyridyl) Ni(II) Complexes

    Takuma Kato, Ryo Tatematsu, Kenichi Nakao, Tomohiko Inomata, Tomohiro Ozawa*, and Hideki Masuda*

    Inorganic Chemistry   60 ( 11 ) 7670 - 7679   2021年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Syntheses, Charactertizations, and Crystal Structures of Dinitrogen-Divanadium Complexes Bearing Triamidoamine Ligands

    Yoshiaki Kokubo, Yuko Wasada-Tsutsui, Shunsuke Yomura, Sachiko Yanagisawa, Minoru Kubo, Shin-ichi Kugimiya, Yuji Kajita, Tomonhiro Ozawa, Hideki Masuda

    Europearn Journal of Inorganic Chemistry   15-16   1456 - 1464   2020年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Efficient Electronic Structure to Stabilize N2-Bridged Dinuclear Complexes Intended for N2 Activation: Iminophosphorane Iron(I) and Cobalt(I)

    Yuko Wasada‐Tsutsui; Hiroaki Wasada; Tatsuya Suzuki; Akira Katayama; Yuji Kajita; Tomohiko Inomata; Tomohiro Ozawa; Hideki Masuda

    European Journal of Inorganic Chemistry     2020年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Dinitrogen-Molybdeum Complex Induces Dinitrogen Cleavage by One-Electron Oxidation

    Akira Katayama, Takehiro Ohta, Yuko-Wasada Tsutsui, Tomohiko Inomata, Tomohiro Ozawa, Takeshi Ogura, Hideki Masuda

    Angew. Chem. Int, Ed.   58 ( 33 ) 11279 - 11284   2019年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Theoretical Study of N2 Coordination to Titanocene(III) Monochloride in Ionic Liquid

    Katayama, Akira; Wasada-Tsustui, Yuko; Ozawa, Tomohiro; Inomata, Tomohiko; Masuda, Hideki

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   92 ( 8 ) 1379 - 1384   2019年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Co(III) Complexes with N2S3-Type Ligands as Structural/Functional Models for the Isocyanide Hydrolysis Reaction Catalyzed by Nitrile Hydratase

    Takuma Yano, Yuko Wasada-Tsutsui, Tomohiro Ikeda†, Tomonori Shibayama, Yuji Kajita, Tomohiko Inomata, Yasuhiro Funahashi, Tomohiro Ozawa, and Hideki Masuda

    Inorg. Chem.   57 ( 8 ) 4277 - 4290   2018年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Efficient Catalytic Conversion of Dinitrogen to N(SiMe3)3 Using a Homogeneous Mononuclear Cobalt Complex

    Tatsuya Suzuki, Keisuke Fujimoto, Yoshiyuki Takemoto, Yuko Wasada-Tsutsui, Tomohiro Ozawa, Tomohiko Inomata, Michael D. Fryzuk, and Hideki Masuda

    ACS Catalysis   8 ( 4 ) 3011 - 3015   2018年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Electrochemical Evaluation of Titanocenes in Ionic Liquids with Non-coordinating and Coordinating Anions and Application for NH3 Synthesis

    Akira Katayama, Tomohiko Inomata, Tomohiro Ozawa Hideki Masuda

    ChemElectroChem     2017年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • Novel Nano Boehmite Prepared by Solvothermal Reaction of Aluminum Hydroxide Gel in Monoethanolamine

    Yasuhiro Ohta, Tomokatsu Hayakawa, Tomohiko Inomata, Tomohiro Ozawa, Hideki Masuda

    Journal of Nanoparticle Research   19 ( 232 ) 1 - 14   2017年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書

  • 無機化学(共著)

    増田秀樹他 (担当: 共著 )

    オーム社  2010年10月

研究発表

  • N2P2型Ni錯体による電気化学的水素生成と活性中心近傍のアミン基効果

    仲尾 健一・加藤 匠馬・立松 涼・和佐田 祐子・猪股 智彦・小澤 智宏・増田 秀樹

    第52回中部化学関係学協会支部連合秋季大会  (静岡大学(オンライン))  2021年10月  -  2021年10月  中部化学関係学協会支部連合

  • アルデヒド脱ホルミル化オキシゲナーゼ(ADO)モデルとしての三座アルキルアミン配位子鉄(III)-酸素錯体のキャラクタリゼーション

    五十嵐樹・梶田裕二・尾上智子・壬生攻・和佐田祐子・ 猪股智彦・小澤智宏・増田秀樹

    中部化学関係学協会支部連合協議会秋季大会  (静岡大学(オンライン))  2021年10月  -  2021年10月  中部化学関係学協会支部連合協議会

  • プロトン輸送部位を有するビスフェニルアミド-ビピリジンCoII錯体による電気化学的水素生成触媒の開発

    原善邦, 猪股智彦,小澤智宏, 増田秀樹

    錯体化学会第71回討論会  (大阪市立大学(オンライン))  2021年09月  -  2021年09月  錯体化学会

  • Reactivity of iron(II) complex with a tridentate alkylamine ligand and molecular oxygen as a aldehyde-deformylating oxygenase model

    Itsuki IGARASHI, Yuji KAJITA, Tomoko ONOUE, Ko MIBU, Yuko WASADA-TSUTSUI, Tomohiko INOMATA, Tomohiro OZAWA, Hideki MASUDA

    錯体化学会第71回討論会  (大阪市立大学(オンライン))  2021年09月  -  2021年09月  錯体化学会

  • Effect of amino group near active center for electrochemical hydrogen production by N2P2-type Ni(II) complex catalysts

    Kenichi NAKAO,1 Takuma Kato, Ryo TATEMATSU, Yuko,Wasada-Tsutui Tomohiko Inomata, Tomohiro Ozawa, Hideki Masuda

    錯体化学会第71回討論会  (大阪市立大学(オンライン))  2021年09月  -  2021年09月  錯体化学会

  • Electrochemical hydrogen production by N2P2-type Ni(II) complex with proton transfer site and its counterion effect

    Kenichi NAKAO, Takuma KATO, Ryo TATEMATSU, Tomohiko INOMATA, Tomohiro OZAWA, Hideki MASUDA

    第30回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(SRM2021)  (茨城大学(オンライン))  2021年06月  -  2021年06月  日本薬学会物理系薬学部会

  • アルデヒド脱ホルミル化オキシゲナーゼ(cADO)の反応性を志向した 三座型アルキルアミノ鉄錯体による酸化反応

    五十嵐樹 , 梶田裕二, 尾上智子, 壬生 攻, 猪股智彦, 小澤智宏, 増田秀樹

    第30回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(SRM2021)  2021年06月  -  2021年06月 

  • 三座型アルキルアミン配位子を用いた鉄錯体の酸素との反応評価

    五十嵐 樹、梶田 裕二、尾上 智子、壬生 攻、猪股 智彦、小澤 智宏、増田 秀樹

    日本化学会 第101春季年会  (オンライン)  2021年03月  -  2021年03月  日本化学会

  • 酸素分子を酸化剤として用いた新規N3S3型Fe(III)錯体によるメタノール酸化反応

    中根 大輔、猪股 智彦、舩橋 靖博、小澤 智宏、増田 秀樹

    日本化学会 第101春季年会  (オンライン)  2021年03月  -  2021年03月  日本化学会

  • 酸化反応を指向した金属錯体内包イオン液体修飾電極の開発

    松岡 由佳、猪股 智彦、小澤 智宏

    日本化学会 第101春季年会  (オンライン)  2021年03月  -  2021年03月  日本化学会

全件表示 >>

工業所有権

  • 金属錯体触媒を用いたニトリル化合物の水和方法

    特願 2011-193415 

    増田秀樹、小澤智宏、舩橋靖博、猪股智彦、和田昂

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 特殊な分⼦捕捉・反応場を利⽤した電気化学的⽔素⽣成触媒システムの開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月  代表者:  小澤智宏

    分子性高機能水素生成触媒の最大の欠点である安定性(超寿命化)を目指し、電極還元反応場の構築と触媒分子の改良を目指す。電極表面に化学結合を通じて分子を固定化する方法がよく用いられているが、分子と表面との化学的・物理的相互作用を生じることが多く、物性の変質が見られる。本研究ではこれを避けるために、傘高い化合物を補助修飾分子としてその分子間に生じる空間に触媒分子を捕捉する。また原料であるプロトンの周辺濃度を大きくするために、補助修飾分子に塩基を導入し、同様の手法により電極反応場を構築するとともに、その水素生成反応について検討する。

  • 現代病マーカー分子一酸化窒素の高選択的センサー電極の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

  • 第二配位圏の環境制御による酸素活性化に関する生物模倣学的研究

    二国間交流事業共同研究/セミナー

    研究期間:  2013年07月  -  2015年06月 

  • 有機一無機ハイブリッド型高選択一酸化窒素センサーの開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月 

  • 新規機能性分子を自己集積化した生体内NOセンサー用電極の構築

    基盤研究(C)

    研究期間:  2004年04月  -  2007年03月 

その他競争的資金獲得実績

  • 高選択的生体NOセンシング電極の開発

    提供機関:  民間財団等  中谷医工計測技術振興財団 技術開発研究助成

    研究期間:  2020年04月  -  2021年03月  代表者:  小澤智宏

    NOを高選択的に補足する金属含有錯体分子において、外場によりNOを放出可能な環境を付与するとともに、特殊修飾電極上への導入を通じてNOを高感度にセンシング可能な材料の構築を試みる。

  • ゼロエミッションを目指したC1化学触媒システム研究会

    提供機関:  民間財団等  科学技術交流財団

    研究期間:  2018年04月  -  2020年03月  代表者:  小澤智宏

  • 第二配位圏の環境制御による酸素活性化に関する生物模倣学的研究

    提供機関:  文部科学省  二国間交流事業共同研究/セミナー

    研究期間:  2013年07月  -  2015年06月 

 

教育活動に関する受賞

  • 第9回CSJ化学フェスタ2019 優秀ポスター発表賞

    2019年11月   化学フェスタ実行委員会  

    受賞者: 山口瑛名

  • 第29回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(SRM2019) 学生ポスター賞

    2019年06月   SRM2019実行委員会  

    受賞者: 山口瑛名

 

学会・委員会等活動

  • 2019年04月
    -
    2020年03月

    日本化学会   東海支部・庶務幹事

  • 2019年01月
    -
    2019年06月

    金属の関与する生体関連反応シンポジウム   ISABC 組織委員

  • 2018年04月
    -
    2019年03月

    日本化学会   東海支部・常任幹事

  • 2013年
    -
    現在

    金属の関与する生体関連反応シンポジウム   評議員

  • 2011年04月
    -
    2012年03月

    ISPlasma   ISPlasma2012 プログラム委員

  • 2011年03月
     
     

    ISPlasma   実行委員

  • 2007年09月
     
     

    錯体化学会   大会実行委員