小澤 智宏 (オザワ トモヒロ)

OZAWA Tomohiro

写真a

所属学科・専攻等

生命・応用化学教育類 生命・物質化学分野
生命・応用化学専攻 生命・物質化学分野

職名

准教授

出身大学

  •  
    -
    1989年03月

    筑波大学   第三学群   基礎工学類   卒業

出身大学院

  •  
    -
    1994年03月

    名古屋工業大学  工学研究科  物質工学博士課程 

取得学位

  • 筑波大学 -  工学修士

  • 名古屋工業大学 -  博士(工学)

学外略歴

  • 1998年04月
    -
    2000年03月

      岡崎国立協同研究機構分子科学研究所   助手

所属学会・委員会

  • 2013年04月
    -
    継続中

    金属の関与する生体関連反応シンポジウム

専門分野(科研費分類)

  • 無機化学

 

研究経歴

  • 生体一酸化窒素センサーの構築

    研究期間:  2007年04月  -  現在

  • ニトリルヒドラターゼを模範とした二トリル水和錯体系の構築

    研究期間:  2006年04月  -  現在

論文

  • Electrochemical conversion of dinitrogen to ammonia induced by a metal complex–supported ionic liquid

    Akira Katayama, Tomohiko Inomata, Tomohiro Ozawa, Hideki Masuda

    Electrochemical Communications   67   6 - 10   2016年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Electrocatalytic Hydrogen Production by a Ni(II) Complex with a Phosphine-Pyridine Type Ligand

    Ryo Tatematsu, Tomohiko Inomata, Tomohiro Ozawa, and Hideki Masuda

    Angewandte Chemie International Edition   55 ( 17 ) 5247 - 5250   2016年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Immobilization of a non-heme diiron complex encapsulated in ammonium type ionic liquid layer modified on a Au electrode: Reactivity of the electrode for O2 reduction

    Tatsuya Kitagawa, Junpei Nishino, Tomohiko Inomata, Tomohiro Ozawa, Yasuhiro Funahashi, and Hideki Masuda

    Chemical Communications   52 ( 26 ) 4780 - 4783   2016年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Tricopper(I) Complexes Encapsulating a {Cu3X3} Core Structure (X = Cl, Br, and I) in a Polyaza Cryptand

    Kojiro Nagata, Tsubasa Hatanaka, Kensuke Fukui, Tomohiko Inomata, Tomohiro Ozawa, Kiyoshi Tsuge, Hideki Masuda, Yasuhiro Funahashi

    Chemistry Letters     2016年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • N2 Activation by an Iron Complex with a Strong Electron Donating Iminophosphorane Ligand

    Suzuki, Tatsuya; Wasada-Tsutsui, Yuko; Ogawa, Takahiko; Inomata, Tomohiko; Ozawa, Tomohiro; Sakai, Yoichi; Fryzuk, Michael; Masuda, Hideki

    Inorganic Chemostry   54 ( 19 ) 9271 - 9281   2015年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Steric Effect on the Nucleophilic Reactivity of Nickel (III) Peroxo Complexes

    Jalee Kim, Bongki Shin, Hyunjeong Kim, Junhyung Lee, Joongoo Kang, Sachiko Yanagisawa, Takashi Ogura, Hideki Masuda, Tomohiro Ozawa and Jaeheung Cho

    Inorganic Chemistry   54 ( 13 ) 6176 - 6183   2015年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Role of the amide carbonyl groups in the Nitrile Hydratase active site for nitrile coordination using Co(III) complex with N2S3-type ligand

    Takuma Yano, Tokohiro Ikeda, Tomonori Shibayama, Tomohiko Inomata, Yasuhiro Funahashi, Tomohiro Ozawa, and Hideki Masuda

    Chemistry Letters   44 ( 6 ) 761 - 763   2015年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Nitrosyl and carbene iron complexes bearing a κ3-SNS thioamide pincer type ligand

    Tatsuya Suzuki, Jun Matsumoto, Yuji Kajita, Tomohiko Inomata, Tomohiro Ozawa, and Hideki Masuda

    Dalton Transaction   44   1017 - 1022   2015年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • A Novel Square-planar Ni(II) Complex with an Amino-carboxamido-dithiolato Type Ligand as an Active Site Model of NiSOD

    Daisuke Nakane, Yuko Wasada-Tsutsui, Yasuhiro Funahashi, Tsubasa Hatanaka, Tomohiro Ozawa, Hideki Masuda

    Inorganic Chemistry   53 ( 13 ) 6512 - 6523   2014年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Gold Nanoparticles Modified with Artificial Siderophore-Iron Complexes: Selective Adsorption and Aggregation of Microbes Using “Coordination Program”

    Tomohiko Inomata, Takanori Murase, Hiroki Ido, Tomohiro Ozawa, and Hideki Masuda

    Chemistry Letters   43 ( 7 ) 1146 - 1148   2014年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書

  • 無機化学(共著)

    増田秀樹他 (担当: 共著 )

    オーム社  2010年10月

研究発表

  • Redox and Spectroscopic behavior of metal complexes encapsulated in size-controlled ionic liquid-modified electrodes

    Hirotaka SHIMOHATA, Tatsuya KITAGAWA, Tomohiko INOMATA、 Tomohiro OZAWA, Hideki MASUDA

    錯体化学会第67回討論会  (北海道大学)  2017年09月  -  2017年09月  錯体化学会

  • Redox property of dinuclear copper complex with asymmetric environment as a pMMO model

    Shibuki NISHIMURA, Tatsuya OCHIAI, Tomohiko INOMATA, Tomohiro OZAWA, Hideki MASUDA

    錯体化学会第67回討論会  (北海道大学)  2017年09月  -  2017年09月  錯体化学会

  • Electrochemical detection of microbes using artificial siderophore-iron complexes

    Suguru ENDO, Hiroki IDO, Tomohiko INOMATA, Tomohiro OZAWA, and Hideki MASUDA

    錯体化学会第67回討論会  (北海道大学)  2017年09月  -  2017年09月  錯体化学会

  • Ammonia synthesis by using cyclophane type iron complex bearing Fe-C bond

    Yoshiyuki TAKEMOTO, Li ZILONG, Tomohiko INOMATA, Tomohiro OZAWA and Hideki MASUDA

    金属の関与する生体関連反応シンポジウム  (東京理科大学(神楽坂))  2017年06月  -  2017年06月 

  • Syntheses and properties of artificial siderophore-Fe(III) complexes and its application to microbe-detection tools

    Suguru ENDO, Hiroki IDO, Tomohiko INOMATA, Tomohiro OZAWA, and Hideki MASUDA

    金属の関与する生体関連反応シンポジウム  (東京理科大学(神楽坂))  2017年06月  -  2017年06月 

  • イオン液体修飾チタニア電極を用いた色素増感型太陽電池

    松永彩花、猪股智彦、小澤智宏、増田秀樹

    日本化学会第97春季年会  (慶應義塾大学)  2017年03月  -  2017年03月  日本化学会

  • 空間制御されたイオン液体修飾電極に固定化された金属錯体の電気化学的挙動

    下畑浩隆・北川竜也・猪股智彦・小澤智宏・増田秀樹

    日本化学会第97春季年会  (慶應義塾大学)  2017年03月  -  2017年03月  日本化学会

  • 配位不飽和なコバルト錯体を用いた窒素分子の触媒的なシリル化反応

    鈴木達也・藤本佳介・猪股智彦・小澤智宏・増田秀樹

    日本化学会第97春季年会  (慶應義塾大学)  2017年03月  -  2017年03月  日本化学会

  • pMMOの活性中心をモデル化した非対称二核銅(II,III)錯体の合成と性質

    西村姿吹・落合達矢・猪股智彦・小澤智宏・増田秀樹

    日本化学会第97春季年会  (慶應義塾大学)  2017年03月  -  2017年03月  日本化学会

  • Electrochemical evaluation of molybdenum-dinitrogen complexes in ionic liquid and its application for ammonia synthesis

    Akira Katayama, Tomohiko Inomata, Tomohiro Ozawa, Hideki Masud

    日本化学会第97春季年会  (慶應義塾大学)  2017年03月  -  2017年03月  日本化学会

全件表示 >>

工業所有権

  • 金属錯体触媒を用いたニトリル化合物の水和方法

    特願 2011-193415 

    増田秀樹、小澤智宏、舩橋靖博、猪股智彦、和田昂

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 特殊な分⼦捕捉・反応場を利⽤した電気化学的⽔素⽣成触媒システムの開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月  代表者:  小澤智宏

    分子性高機能水素生成触媒の最大の欠点である安定性(超寿命化)を目指し、電極還元反応場の構築と触媒分子の改良を目指す。電極表面に化学結合を通じて分子を固定化する方法がよく用いられているが、分子と表面との化学的・物理的相互作用を生じることが多く、物性の変質が見られる。本研究ではこれを避けるために、傘高い化合物を補助修飾分子としてその分子間に生じる空間に触媒分子を捕捉する。また原料であるプロトンの周辺濃度を大きくするために、補助修飾分子に塩基を導入し、同様の手法により電極反応場を構築するとともに、その水素生成反応について検討する。

  • 現代病マーカー分子一酸化窒素の高選択的センサー電極の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

  • 第二配位圏の環境制御による酸素活性化に関する生物模倣学的研究

    二国間交流事業共同研究/セミナー

    研究期間:  2013年07月  -  2015年06月 

  • 有機一無機ハイブリッド型高選択一酸化窒素センサーの開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月 

  • 新規機能性分子を自己集積化した生体内NOセンサー用電極の構築

    基盤研究(C)

    研究期間:  2004年04月  -  2007年03月 

その他競争的資金獲得実績

  • 第二配位圏の環境制御による酸素活性化に関する生物模倣学的研究

    提供機関:  文部科学省  二国間交流事業共同研究/セミナー

    研究期間:  2013年07月  -  2015年06月 

 
 

学会・委員会等活動

  • 2013年
    -
    現在

    金属の関与する生体関連反応シンポジウム   評議員

  • 2011年04月
    -
    2012年03月

    ISPlasma   ISPlasma2012 プログラム委員

  • 2011年03月
     
     

    ISPlasma   実行委員

  • 2007年09月
     
     

    錯体化学会   大会実行委員