種村 眞幸 (タネムラ マサキ)

TANEMURA Masaki

写真a

所属学科・専攻等

物理工学教育類 応用物理分野
物理工学専攻 応用物理分野
大型設備基盤センター

職名

教授

出身大学

  •  
    -
    1981年03月

    名古屋工業大学   工学部   計測工学   卒業

出身大学院

  •  
    -
    1988年03月

    名古屋工業大学  工学研究科  生産システム工学博士課程  修了

取得学位

  • 名古屋工業大学 -  工学修士

  • 名古屋工業大学 -  工学博士

学外略歴

  • 1983年04月
    -
    1990年03月

      株式会社豊田中央研究所   研究所員

所属学会・委員会

  • 2004年04月
    -
    継続中

    日本表面科学会

専門分野(科研費分類)

  • 薄膜・表面界面物性

  • 応用物性

 

研究経歴

  • カーボンナノファイバーの室温大量合成とその応用

    国際共同研究  

    研究期間:  2004年04月  -  2004年04月

  • ナノエネルギー材料の開発

    国内共同研究  

    研究期間:  2002年04月  -  2002年04月

  • カーボンナノチューブの作製、評価、応用

    国際共同研究  

    研究期間:  2000年04月  -  2000年04月

  • 角度分解型SIMSの試作

    研究期間:   - 

  • 半導体ナノロッド・ナノワイヤーの作製と応用

    研究期間:   - 

  • スパッタリングに関する基礎的研究

    個人研究  

    研究期間:   - 

  • カーボンナノチューブの作製と応用

    研究期間:   - 

論文

  • Graphene formation at 150 C using indium as catalyst

    Mona Ibrahim Araby, Mohamad Saufi Rosmi,Riteshkumar Vishwakarma, Subash Sharma, Yuji Wakamatsu, Kazunari Takahashi, Golap Kalita, and Masashi Kitazawab and Masaki Tanemura

    RSC Advances   7   47353 - 47356   2017年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Temperature dependent diode and photovoltaic characteristics of graphene-GaN heterojunction

    Golap Kalita, Muhammad Dzulsyahmi Shaarin, Balaram Paudel, Rakesh Mahyavanshi, and Masaki Tanemura

    Applied Physics Letters   111   013504-1 - 013504-5   2017年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Dual-layer hollow fiber MT-SOFC using lithium doped CGO electrolyte fabricated via phase-inversion technique

    Siti Munira Jamil, Mohd Hafiz Dzarfan Othman, Mukhlis A. Rahman, Juhana Jaafar, Mohamad Azuwa Mohamed, Mohd Zamri Mohd Yusop, Ahmad Fauzi Ismail, and Masaki Tanemura

    Solid State Ionics   304   113 - 125   2017年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Synthesis of MoS2 ribbons and their branched structures by chemical vapor deposition in sulfur enriched environment

    Rakesh D. Mahyavanshi, Golap Kalita, Kamal P. Sharma, Masuharu Kondo, Takeshita Dewa, Toshio Kawahara, Masaki Tanemura

    Applied Surface Science   409   396 - 402   2017年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Transfer free graphene growth on SiO2 substrate at 250 oC

    Riteshkumar Vishwakarma, Mohamad Saufi Rosmi, Kazunari Takahashi, Yuji Wakamatsu, Yazid Yaakob, Mona Ibrahim Araby, Golap Kalita, Masashi Kitazawa, Masaki Tanemura

    Scientific Reports   7   43756   2017年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Influence of copper foil polycrystalline structure on graphene anisotropic etching

    Kamal P. Sharma, Rakesh D. Mahyavanshi, Golap Kalita, Masaki Tanemura

    Applied Surface Science   393   428 - 433   2017年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Bonding state and defects of nitrogen-doped graphene in oxygen reduction reaction

    Takeru Okada, Kumi Y. Inoue, Golap Kalita, Masaki Tanemura, Tomokazu Matsue, M. Meyyappan, Seiji Samukawa

    Chemical Physics Letters   665   117 - 120   2016年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Synthesis of uniform monolayer graphene on re-solidified copper from waste chicken fat by low pressure chemical vapor deposition

    Rosmi Mohamad Saufi, Shinde Sachin, Rahman Nor Dalila Abd, Thangaraja Amutha, Sharma Subash, Sharma P. Kamal, Yaakob Yazid, Vishwakarma Ritesh, Kumar Bakar Suriani Abu, Kalita Golap, Ohtani Hajime, Tanemura, Masaki

    Materials Research Bulletin   83   573 - 580   2016年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • CuNi binary alloy catalyst for growth of nitrogen-doped graphene by low pressure chemical vapor deposition

    Rémi Papon, Kamal P. Sharma, Rakesh D. Mahayavanshi, Subash Sharma, Riteshkumar Vishwakarma, Mohamad Saufi Rosmi, Toshio Kawahara, Joseph Cline, Golap Kalita, Masaki Tanemura

    Physica Status Solidi - Rapid Research Letters   10   749 - 752   2016年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Carbon as amorphous shell and interstitial dopant in mesoporous rutile TiO2: Bio-template assisted sol-gel synthesis and photocatalytic activity

    M. A. Mohamed, W. N. Wan Salleh, J. Jaafar, M. S. Rosmi, Z. A. Mohd. Hir, M. Abd Mutalib, A. F. Ismail, M. Tanemura

    Applied Surface Science   393   46 - 59   2016年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書

  • Fundamentals of Chemical Vapor Deposited Graphene and Emerging Applications

    Golap Kalita, Masaki Tanernura (担当: 共著 )

    George Z. Kyzas and Athanasios Ch. Mitropoulos  2017年05月 ISBN: 978-953-51-3142-7

  • Chemical vapour deposition of graphene for electronic device application

    G. Kalita, M. Umeno and M. Tanemura (担当: 共著 )

    CRC Press/Taylor & Francis  2016年06月 ISBN: 9781466591325

  • "Flexible Field Emitters: Carbon Nanofibers (Chapter 15.)" in "Carbon Nanotube and Related Field Emitters: Fundamentals and Applications"

    M. Tanemura and S. P. Lau (担当: 共著 )

    Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA (Weinheim)  2010年04月 ISBN: 9783527327348

  • "Nanoprobe Applications of Carbon Nanotubes and Nanofibers (Chapter 8)" in "Carbon Nanotubes : Multifunctional Materials"

    M. Tanemura and M. Kitazawa (担当: 共著 )

    Applied Science Innovations Pvt. Ltd., India  2008年04月 ISBN: 978-81-906027-0-9

  • 最新導電性材料技術大全集(上巻)「イオン誘起カーボンナノファイバーの特性と応用(第2章 第3節)」

    種村眞幸 (担当: 単著 )

    技術情報協会  2007年04月 ISBN: 978-4-86104-192-1 C3

  • "Plasma-CVD Growth of Carbon Nano-tubes on Metal Substrates (Chapter 1)" in "Trends in Nanotubes Research"

    Wilfried Wunderlich and Masaki Tanemura (担当: 共著 )

    Nova Science Publishers, Inc. New York  2006年04月 ISBN: 1-59454-791-2

総説・解説記事

  • カーボンナノファイバの走査プローブ顕微鏡探針への応用

    種村 眞幸,因幡 和久,北澤 正志,太田 亮

    トライボロジスト ( 一般社団法人 日本トライボロジー学会 )  57 ( 10 ) 694 - 700   2012年10月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   共著

  • ナノ材料・構造を用いたフレキシブル透明デバイスの開発

    種村眞幸,Pradip Ghosh, Subramanian Munisary, Debasish Ghosh, Mohd Zamri Yusop,

    ケミカルエンジニヤリング ( 化学工業社 )  56 ( 11 ) 44 - 49   2011年11月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • カーボン・ナノ・ファイバーの室温合成と実用化

    種村眞幸,北澤正志

    Ceramic Data Book ( 株式会社テクノプラザ )  38 ( 92 ) 140 - 144   2010年11月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • イオンビーム手法を用いたフレキシブル透明デバイスの開発

    種村眞幸, Pradip Ghosh, 川岸正之, 佐藤俊作

    コンバーテック ( 加工技術研究会 )  452   72 - 76   2010年11月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

研究発表

  • TEM Observation of Graphitization at 250oC for Amorphous Carbon Nanofibers Including Novel Catalyst Nanoparticles

    Mona Ibrahim Araby Ibrahim 他

    The 30th International Microprocesses and Nanotechnology Conference  (Korea)  2017年11月  -  2017年11月 

  • Chemical Vapor Deposition Based Rapid Graphene Growth System

    Sharma Kamal Prasad 他

    The 30th International Microprocesses and Nanotechnology Conference  (Korea)  2017年11月  -  2017年11月 

  • Controllable Synthesis of Hexagonal Boron Nitride Crystals on Cu foils by Atmospheric Chemical Vapor Deposition

    サラマ カマル プラサド、カリタ ゴラップ、種村 眞幸  [招待有り]

    第5回応用物理学会名古屋大学スチューデントチャプター学術講演会  2017年10月  -  2017年10月 

  • In Situ Transmission Electron Microscopy Observation of Graphitic Carbon Layer Formation for Sn-included Carbon Nanofiber During Current Flow

    Mona Ibrahim Araby Ibrahim 他

    The 8th International Symposium on Surface Science  (Tsukuba,Japan)  2017年10月  -  2017年10月 

  • Low temperature growth of transfer free graphene using a novel catalyst

    種村 眞幸  [招待有り]

    IEEE Nanotechnology Materials and Devices Conference  (Singapore)  2017年10月  -  2017年10月 

  • グラフェンを用いた固液摩擦帯電におけるドーピング効果検証

    岡田 健、Kalita Golap、種村 眞幸、寒川 誠二  [招待有り]

    第78回応用物理学会秋季学術講演会  2017年09月  -  2017年09月 

  • Edge Controlled Growth of Hexagonal Boron Nitride Crystals by Atmospheric Chemical Vapor Deposition

    Kamal Prasad Sharma、Golap Kalita、Masaki Tanemura  [招待有り]

    第78回応用物理学会秋季学術講演会  2017年09月  -  2017年09月 

  • 絶縁基板上へのグラフェンの直接低温合成

    高橋 和成、若松 裕司、Vishwakarma Riteshkumar、Araby Mona、Kalita Golap、北澤 正志、種村 眞幸  [招待有り]

    第78回応用物理学会秋季学術講演会  2017年09月  -  2017年09月 

  • グラフェン-GaNヘテロ接合のショットキーダイオードと光起電力特性

    Golap Kalita、Shaarin Muhammad Dzulsyahmi、Paudel Balaram、Mahyavanshi Rakesh、種村 眞幸  [招待有り]

    第78回応用物理学会秋季学術講演会  2017年09月  -  2017年09月 

  • Towards the low temperature growth of transfer free graphene

    種村 眞幸  [招待有り]

    33rd EUROPEAN CONFERENCE ON SURFACE SCIENCE  (Hungary)  2017年08月  -  2017年09月 

全件表示 >>

その他研究活動

  • カーボンナノ複合材料の電子源応用

    2005年04月  -  2005年04月

  • カーボンナノチューブの研究

    2004年04月  -  2004年04月