在田 謙一郎 (アリタ ケンイチロウ)

ARITA Kenichiro

写真a

所属学科・専攻等

基礎教育類
物理工学専攻 応用物理分野

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

原子核構造論 半古典論 周期軌道理論

出身大学

  •  
    -
    1990年03月

    京都大学   理学部   物理学   卒業

出身大学院

  •  
    -
    1995年03月

    京都大学  理学研究科  物理学第二博士課程  修了

取得学位

  • 京都大学 -  修士(理学)

  • 京都大学 -  博士(理学)

学外略歴

  • 2007年06月
    -
    2008年03月

      レーゲンスブルク大学   理論物理学研究所   研究員

  • 1996年01月
    -
    1996年08月

      日本学術振興会   日本学術振興会特別研究員

  • 1995年06月
    -
    1995年12月

      京都大学基礎物理学研究所   講師

  • 1995年04月
    -
    1995年05月

      京都大学基礎物理学研究所   研究員

所属学会・委員会

  • 2003年04月
    -
    継続中

    日本物理学会

専門分野(科研費分類)

  • 数理物理・物性基礎

  • 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

 

研究経歴

  • 改良された停留位相法による周期軌道理論

    国際共同研究  

    研究期間:  1997年04月  -  1997年04月

  • 半古典論による原子核構造の研究

    個人研究  

    研究期間:  1993年04月  -  1993年04月

論文

  • Periodic orbit bifurcations and local symmetry restorations in exotic-shape nuclear mean fields

    Ken-ichiro Arita

    Physica Scripta   92   074005   2017年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • Nuclear shell structures in terms of periodic orbits

    Ken-ichiro Arita

    Physica Scripta ( Institute of Physics Publishing )  91 ( 6 ) 063002-1 - 063002-27   2016年05月  [査読有り]  [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • Shells, Orbit Bifurcations, and Symmetry Restorations in Fermi Systems

    A. G. Magner, M. V. Koliesnik, K. Arita

    Physics of Atomic Nuclei ( Pleiades Publishing, Ltd )  79 ( 6 ) 1067 - 1123   2016年  [査読有り]  [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Semiclassical treatment of symmetry breaking and bifurcations in a non-integrable potential

    M. V. koliesnik, Y. D. Krivenko-Emetov, A. G. Maner, K. Arita, B. Brack

    Physica Scripta   90   114011   2015年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Semiclassical origin of the anomalous shell effect for tetrahedral deformation in the radial power-law potential model

    Ken-ichiro Arita, Yasunori Mukumoto

    Physical Review C   89 ( 054308 ) 1 - 10   2014年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Semiclassical trace formula for the two-dimensional radial power-law potentials

    A. G. Magner, A. A. Blasenko, K. Arita

    Physical Review E   87 ( 6 ) 062916   2013年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Periodic-orbit approach to nuclear shell structures with power-law potential models: Bridge orbits and prolate-oblate asymmetry

    Ken-ichiro Arita

    Physical Review C   86 ( 3 ) 034317   2012年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • Shell structure and orbit bifurcations in finite fermion systems

    A.G. Magner, I.S. Yatsyshyn, K. Arita, M. Brack

    Physics of Atomic Nuclei   74 ( 10 ) 1445 - 1477   2011年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    量子準位密度に対する半古典表現であるトレース公式の周期軌道分岐領域への拡張し、それを原子核平均場模型に適用した。特に、核分裂過程のポテンシャルエネルギーにみられる二重障壁構造の形成機構と超変形殻構造の形成機構、それらに対する古典周期軌道の分岐現象の影響について解析した。

  • Normal forms and uniform approximations for bridge orbit bifurcations

    K. Arita, M. Brack

    Journal of Physics A: Mathematical and Theoretical   41 ( 385207 ) 1 - 25   2008年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Anomalous shell effect in the transition from a circular to a triangular billiard

    K. Arita, M. Brack

    Physical Review E   77 ( 056211 ) 1 - 13   2008年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

研究発表

  • 核分裂過程における分裂片シェル構造と周期軌道

    在田謙一郎, 市川隆敏, 松柳研一

    日本物理学会第72回年次大会  (大阪大学)  2017年03月  -  2017年03月  日本物理学会

  • Periodic-orbit bifurcations and dynamical symmetry restorations in exotic-shape nuclear mean fields

    Ken-ichiro Arita  [招待有り]

    Shapes and Symmetries in Nuclei from Experiment to Theory  (Gif sur Yvette, France)  2016年11月  -  2016年11月  Centre national de la recherche scientifique

  • 八重極変形殻構造とその半古典的起源

    在田謙一郎

    日本物理学会秋季大会  (大阪市立大学)  2015年09月  -  2015年09月 

  • 正四面体型変形状態の殻構造とその半古典的起源

    在田謙一郎, 椋本康敬

    日本物理学会第69回年次大会  (東海大学湘南キャンパス)  2014年03月  -  2014年03月  日本物理学会

  • Semiclassical origins of nuclear shell structures

    Ken-ichiro Arita

    原子核における動力学的対称性の探索  (理化学研究所)  2013年07月  -  2013年07月  理化学研究所理論科学連携研究推進グループ

  • LS結合系の量子古典対応と変形シェル構造

    在田謙一郎

    日本物理学会  (広島大学東広島キャンパス)  2013年03月  -  2013年03月 

  • 変形殻構造に対するスピン軌道結合の効果とその半古典解析

    在田謙一郎

    日本物理学会第53回年次大会  2011年03月  -  2011年03月 

  • 周期軌道理論によるプロレート優勢の理解

    在田謙一郎

    大振幅集団運動の微視的理論  (京都大学基礎物理学研究所)  2010年10月  -  2010年10月 

  • Periodic Orbit Approach to Prolate Dominance in Nuclear Deformation

    Ken-ichiro Arita

    Current Problems in Nuclear Physics and Atomic Energy  (Kiev, Ukraine)  2010年06月  -  2010年06月  National Academy of Sciences of Ukraine

  • 現実的平均場模型におけるプロレート優勢の半古典的起源

    在田謙一郎

    日本物理学会第65回年次大会  (岡山大学)  2010年03月  -  2010年03月  日本物理学会

全件表示 >>