吉野 明広 (ヨシノ アキヒロ)

YOSHINO Akihiro

写真a

所属学科・専攻等

生命・応用化学教育類 生命・物質化学分野
生命・応用化学専攻 生命・物質化学分野

職名

准教授

出身大学

  •  
    -
    1978年03月

    名古屋工業大学   工学部   合成化学   卒業

取得学位

  • 広島大学 -  博士(工学)

所属学会・委員会

  • 2006年10月
    -
    2016年03月

    社団法人 高分子学会

  • 2004年12月
    -
    継続中

    東海化学工業会

  • 2002年04月
    -
    継続中

    日本核磁気共鳴学会

  • 1978年04月
    -
    継続中

    社団法人 日本化学会

専門分野(科研費分類)

  • 麻酔科学

  • 生体関連化学

  • 物理化学

  • 薄膜・表面界面物性

 

研究経歴

  • 界面活性剤分子の拡散係数に関する研究

    研究期間:  1994年04月  -  現在

  • 多孔性物質に吸着された分子のキャラクタリゼーション

    研究期間:   - 

  • 界面活性剤またはエマルションに関する研究

    研究期間:   - 

  • 相分離または乳化剤に関する研究

    研究期間:   - 

  • 分子集合体における界面反応のNMR研究

    研究期間:   - 

論文

  • Interactions between Phospholipid Monolayers (DPPC and DMPC) and Anesthetic Isoflurane Observed by Quartz Crystal Oscillator

    Y. Yamamoto, T. Yokoyama, D. Yoshida, H. Mori, K. Sekiguchi, T. Shimoaki, A. Yoshino, K. Taga, Z. Shervani, M. Yamamoto

    Journal of Biophysical Chemistry   2015 ( 6 ) 42 - 53   2015年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Properties in aqueous solution of a mixture of an amphoteric surfactant with a series of carboxylic acids

    Yusuke Arai, Yasushi Yamamoto, Akihiro Yoshino, Keijiro Taga

    1st Asian Conference on Oleo Science (ACOS2014)     2014年09月

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Adsorption behavior of saccharides and alkyl derivatives onto the interfacial water of the CTAB aqueous micelle(jointly worked)

    Rie KITO, Yasushi YAMAMOTO, Keijiro TAGA, Akihiro YOSHINO

    International Association of Colloid and Interface Scientists, Conference     2012年05月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

    Physical properties evaluation of aqueous micelle for cethyltrimethylammonium bromide (CTAB) was examined by electric conductivity and NMR spectroscopy. At the low saccharides concentration, effect of the saccharides for conductance has no observed. At the high saccharides concentration, the CMC and degree of dissociation in CTAB molecule were decreased. These effects mean the adsorption of counter Br- anion and saccharides onto the interfacial water. The adsorption behavior was investigated by the means of NMR.

  • ポリスチレンスルホン酸を滴定剤としたコロイド滴定 ―トルイジンブルーのメタマクロマジーと電位差コロイド滴定―

    服部敏明,内藤洋子,伊藤義徳,加藤亮,平田幸夫,吉野明広

    分析化学   60 ( 5 ) 419 - 425   2011年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Effect of Hydration on the Very Slow Droplet-Lamellar Transition in Dioleylsulfosuccinate/Decane/Water System – A Small Angle Xray Scattering Study

    Swapan K. Ghosh他

    Bulletin of the Chemical Society of Japan   82 ( 6 ) 664 - 674   2009年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Folded Structures of L-Leucylglycine Oligopeptides and their Aggregational Behavior in Aqueous Solution: Raman Scattering Spectra and Proton NMR Spin-Lattice Relaxation Studies.

    Akihiro Yoshino 他

    Journal of Physical Chemistry, B   112 ( 18 ) 5824 - 5833   2008年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Photooxidation and reproduction of pentacene derivatives substituted by aromatic groups

    Katsuhiko Ono他

    Tetrahedron   63   9699 - 9704   2007年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Dextran-magnetite complex: temperature dependence of its NMR relaxivity

    「Takeshi Kawaguchi」「Akihiro Yoshino」他

    J. Materials Science: Materials in Medicine   13 ( 1 ) 113 - 117   2002年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Polymerization Process of the Silane Coupling Agent 3-Aminopropyltriethoxy Silane - 1H NMR Spectra and Kinetics of Ethanol Release

    「Toshiaki Ogasawara」「Akihiro Yoshino」他

    Colloids and Surfaces A:Physicochem. Eng. Aspects   180 ( 3 ) 317 - 322   2001年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Structure of liquid-crystalline phases formed by N-acetyl-L-glutamic acid oligomeric benzyl esters - 2H NMR study

    Akihiro Yoshino他

    Colloid Polymer Science   279 ( 5 ) 1144 - 1148   2001年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書

  • Guide to Instrumental Analysis

    「服部敏明」「纐纈守」「川口健」「吉野明広」編 (担当: 共編著 , 担当範囲: 5章ナノ粒子分析、8章データの取扱い、4章・7章の一部 )

    株式会社 化学同人  2008年09月 ISBN: 978-89-7338-707-6

    機器分析に際しての分析機器の利用に関する解説書

  • 機器分析ナビ

    「服部敏明」「纐纈守」「川口健」「吉野明広」編 (担当: 共編著 , 担当範囲: 5章ナノ粒子分析、8章データの取扱い、4章・7章の一部 )

    株式会社 化学同人  2006年08月 ISBN: 4-7598-1057-9

    機器分析に際しての分析機器の利用に関する解説書

  • 機器分析化学

    「津田孝雄」「廣川健」編著 (担当: 共著 , 担当範囲: 6章核磁気共鳴法 )

    株式会社 朝倉書店  2004年12月 ISBN: 4-254-14067-3

    機器分析化学の入門書

研究発表

  • リン脂質単分子膜への麻酔薬の吸着および膜界面物性変化

    堀江弘明、伊藤大輝、吉野明広、多賀圭次郎、山本靖

    第47回中部化学関係学協会支部連合秋季大会  (豊橋)  2016年11月  -  2016年11月  中部化学関係学協会支部

  • 四級アンモニウムジェミニ型界面活性剤の合成および水溶液物性

    加藤達也、大橋秀治郎、高橋寛子、吉野明広、山本靖、多賀圭次郎

    第47回中部化学関係学協会支部連合秋季大会  (豊橋)  2016年11月  -  2016年11月  中部化学関係学協会支部

  • オレイル基を有する一連のカチオン性界面活性剤の水溶液物性

    宮嶋勇帆、山本靖、吉野明広、多賀圭次郎

    第64回レオロジー討論会  (大阪)  2016年10月  -  2016年10月  レオロジー討論会

  • 一連の第4級アンモニウム塩型カチオン性界面活性剤の水溶液物性評価

    宮嶋勇帆、村田護、山本靖、吉野明広、多賀圭次郎

    第67回コロイドおよび界面化学討論会  (旭川)  2016年09月  -  2016年09月  コロイドおよび界面化学討論会

  • 種々の鎖長のアルキル硫酸ナトリウム水溶液の粘弾性効果

    小岩世梨花、山本靖、吉野明広、多賀圭次郎

    日本油化学会第55回年会  (奈良)  2016年09月  -  2016年09月  日本油化学会

  • 一連のヒドロキシ基を有するカチオン性界面活性剤の水溶液物性

    有安 友樹、山本 靖、吉野 明広、多賀 圭次郎

    第63回レオロジー討論会  (神戸)  2015年09月  -  2015年09月 

  • アルキルトリエチルアンモニウムブロミド水溶液における種々の添加剤効果

    高野 猛、山本 靖、吉野 明広、多賀 圭次郎

    第66回コロイドおよび界面化学討論会  (鹿児島)  2015年09月  -  2015年09月 

  • 分子膜の物性変化という観点からの揮発性分子の作用機構

    伊藤 大輝、林 晃弘、堀江 弘明、森 博也、吉野 明広、多賀 圭次郎、山本 靖、Zameer Shervani、山本 雅人

    第66回コロイドおよび界面化学討論会  (鹿児島)  2015年09月  -  2015年09月 

  • 多糖類系廃棄物の界面活性剤への資源化

    吉野明広,村瀬由明  [招待有り]

    日本油化学会第54回年会  (名古屋)  2015年09月  -  2015年09月  公益社団法人 日本油化学会

  • メチル基およびエチル基を有するアルキルアンモニウム臭化物の水溶液物性

    宮嶋 勇帆、山本 靖、吉野 明広、多賀 圭次郎

    日本油化学会第54回年会  (名古屋)  2015年09月  -  2015年09月 

全件表示 >>

その他研究活動

  • 食の安心・安全技術開発プロジェクト

    2010年04月  -  2012年03月

    テーマ「高感度化のための微生物集積技術の開発」を担当し、サブテーマリーダーを務め、試作機を製作した。

学術関係受賞

  • 第63回レオロジー討論会ベストポスター賞

    2015年09月24日   第63回レオロジー討論会  

    受賞者:  有安友樹、山本靖、吉野明広、多賀圭次郎

  • BCSJ Award Article

    2009年06月15日   社団法人 日本化学会  

    受賞者:  「Swapan K. Ghosh」他

  • 第14回永井科学技術財団賞学術賞受賞

    1997年04月   -  

    受賞者:  -

 
 

学会・委員会等活動

  • 2014年02月
    -
    現在

    東海化学工業会   東海化学工業会賞 表彰審査委員会委員

社会貢献活動

  • 2015名工大夏期レクチャーコースⅡ複合材料分析法の基礎と実例

    名古屋工業大学 研究協力会  (名古屋工業大学 4号館1階 産官学交流スペース)  2015年08月  -  2015年08月

    企業の材料設計・開発担当者に対して複合材料分析法の基礎から実例までを講義形式にして分かりやすく解説する。