吉野 明広 (ヨシノ アキヒロ)

YOSHINO Akihiro

写真a

所属学科・専攻等

生命・応用化学教育類 生命・物質化学分野
生命・応用化学専攻 生命・物質化学分野

職名

准教授(転出・退職)

出身大学

  •  
    -
    1978年03月

    名古屋工業大学   工学部   合成化学   卒業

取得学位

  • 広島大学 -  博士(工学)

所属学会・委員会

  • 1978年04月
    -
    継続中

    社団法人 日本化学会

  • 2002年04月
    -
    継続中

    日本核磁気共鳴学会

  • 2004年12月
    -
    継続中

    東海化学工業会

  • 2006年10月
    -
    2016年03月

    社団法人 高分子学会

専門分野(科研費分類)

  • 薄膜・表面界面物性

  • 物理化学

  • 生体関連化学

  • 麻酔科学

 

研究経歴

  • 界面活性剤分子の拡散係数に関する研究

    研究期間:  1994年04月  -  現在

  • 多孔性物質に吸着された分子のキャラクタリゼーション

    研究期間:   - 

  • 界面活性剤またはエマルションに関する研究

    研究期間:   - 

  • 相分離または乳化剤に関する研究

    研究期間:   - 

  • 分子集合体における界面反応のNMR研究

    研究期間:   - 

論文

  • Effect of Escherichia coli on Phospholipid Monolayers: Surface Tensiometry and Brewster Angle Microscopy Measurements

    Masaya Okabe, Keijiro Taga, Akihiro Yoshino, Yasushi Yamamoto, Akiko Taneda, Suguru Shinoda, Shin Kanamasa, Zameer Shervani

    European Biophysics Journal ( Springer link )  49 ( 1 ) 71 - 84   2020年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Physical Properties in Aqueous Solutions for a Series of Alkyltrimethylammonium Salicylates (C12TA-Sal through C16TA-Sal): From a View Point of Drag Reduction

    Yasushi Yamamoto, Takashi Arai, Takashi Tomita, Zameer Shervani, Akihiro Yoshino, Keijiro Taga, Shinji Tamano, Motoyuki Itoh, Yoshitaka Taguchi

    Soft Nanoscience Letters ( Scientific Reserch Publishing )  6 ( 4 ) 45 - 55   2016年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • ACTION MECHANISM OF INHALATION ANESTHETIC ON THE CHANGE IN MEMBRANE PROPERTIES

    Daiki Ito, Akihiro Hayashi, Hiroaki Horie, Hiroya Mori, Akihiro Yoshino, Keijiro Taga, Yasushi Yamamoto, Zameer Shervani, Masato Yamamoto

    The 9th International Conference on Mechanisms of Anaesthesia (MAC2015) ( The 9th International Conference on Mechanisms of Anaesthesia (MAC2015) )    2015年06月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Interactions between Phospholipid Monolayers (DPPC and DMPC) and Anesthetic Isoflurane Observed by Quartz Crystal Oscillator

    Y. Yamamoto, T. Yokoyama, D. Yoshida, H. Mori, K. Sekiguchi, T. Shimoaki, A. Yoshino, K. Taga, Z. Shervani, M. Yamamoto

    Journal of Biophysical Chemistry   2015 ( 6 ) 42 - 53   2015年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Properties in aqueous solution of a mixture of an amphoteric surfactant with a series of carboxylic acids

    Yusuke Arai, Yasushi Yamamoto, Akihiro Yoshino, Keijiro Taga

    1st Asian Conference on Oleo Science (ACOS2014)     2014年09月

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Adsorption behavior of saccharides and alkyl derivatives onto the interfacial water of the CTAB aqueous micelle(jointly worked)

    Rie KITO, Yasushi YAMAMOTO, Keijiro TAGA, Akihiro YOSHINO

    International Association of Colloid and Interface Scientists, Conference     2012年05月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

    Physical properties evaluation of aqueous micelle for cethyltrimethylammonium bromide (CTAB) was examined by electric conductivity and NMR spectroscopy. At the low saccharides concentration, effect of the saccharides for conductance has no observed. At the high saccharides concentration, the CMC and degree of dissociation in CTAB molecule were decreased. These effects mean the adsorption of counter Br- anion and saccharides onto the interfacial water. The adsorption behavior was investigated by the means of NMR.

  • ポリスチレンスルホン酸を滴定剤としたコロイド滴定 ―トルイジンブルーのメタマクロマジーと電位差コロイド滴定―

    服部敏明,内藤洋子,伊藤義徳,加藤亮,平田幸夫,吉野明広

    分析化学   60 ( 5 ) 419 - 425   2011年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Properties in aqueous solution of the systems for cetyltrimethylammonium bromide/phthalic acid and its sodium derivatives

    Takashi Tomita, Takashi Arai, Yasushi Yamamoto, Akihiro Yoshino, Keijiro Taga

    International Conference on Nanoscopic Colloid and Surface Science     181 - 181   2010年04月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Effect of Hydration on the Very Slow Droplet-Lamellar Transition in Dioleylsulfosuccinate/Decane/Water System – A Small Angle Xray Scattering Study

    Swapan K. Ghosh他

    Bulletin of the Chemical Society of Japan   82 ( 6 ) 664 - 674   2009年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Folded Structures of L-Leucylglycine Oligopeptides and their Aggregational Behavior in Aqueous Solution: Raman Scattering Spectra and Proton NMR Spin-Lattice Relaxation Studies.

    Akihiro Yoshino 他

    Journal of Physical Chemistry, B   112 ( 18 ) 5824 - 5833   2008年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書

  • Guide to Instrumental Analysis

    「服部敏明」「纐纈守」「川口健」「吉野明広」編 (担当: 共編著 , 担当範囲: 5章ナノ粒子分析、8章データの取扱い、4章・7章の一部 )

    株式会社 化学同人  2008年09月 ISBN: 978-89-7338-707-6

    機器分析に際しての分析機器の利用に関する解説書

  • 機器分析ナビ

    「服部敏明」「纐纈守」「川口健」「吉野明広」編 (担当: 共編著 , 担当範囲: 5章ナノ粒子分析、8章データの取扱い、4章・7章の一部 )

    株式会社 化学同人  2006年08月 ISBN: 4-7598-1057-9

    機器分析に際しての分析機器の利用に関する解説書

  • 機器分析化学

    「津田孝雄」「廣川健」編著 (担当: 共著 , 担当範囲: 6章核磁気共鳴法 )

    株式会社 朝倉書店  2004年12月 ISBN: 4-254-14067-3

    機器分析化学の入門書

研究発表

  • 二鎖型両性界面活性剤を用いたオイルゲル化能調査

    稲葉 菜月、吉野 明広、多賀 圭次郎、山本 靖

    第59回日本油化学会年会  (Web開催)  2020年11月  -  2020年11月  日本油化学会

  • カチオン性界面活性剤を用いたオイルゲル化効果

    今田 剛、吉野 明広、多賀 圭次郎、山本 靖、岩田 修一、小幡 亜希子

    第59回日本油化学会年会  (Web開催)  2020年11月  -  2020年11月  日本油化学会

  • 1F06 両性界面活性剤によるオイルゲル化

    松本智憲・吉野明広・多賀圭次郎・山本靖・岩田修一・小幡亜希子

    第50回中部化学関係学協会支部連合秋季大会  (長野県 松本市)  2019年11月  -  2019年11月  中部化学関係学協会支部連合協議会

  • 1F05 界面活性剤を用いた有機溶媒ゲルの構造調査

    太田 康輔・吉野 明広・多賀 圭次郎・山本 靖・岩田 修一 ・小幡 亜希子

    第50回中部化学関係学協会支部連合秋季大会  (長野県松本市)  2019年11月  -  2019年11月  中部化学関係学協会支部連合協議会

  • PT01-28 Oil Gelation using an Amphoteric Surfactant

    Tomonori Matsumoto, Akihiro Yoshino, Keijiro Taga, Yasushi Yamamoto , Akiko Obata, Shuichi Iwata

    OKINAWA COLLOIDS 2019  (Okinawa Nago city)  2019年11月  -  2019年11月  Division of Colloid and Surface Chemistry, The Chemical Society of Japan

  • PT10-08 Evaluation on the Photocatalytic Rate, Degradation Processes of Various Types of Dyes Using Nano-TiO2 Dispersion

    Takuya Nohara, Yasushi Yamamoto, Akihiro Yoshino

    OKINAWA COLLOIDS 2019  (Okinawa Nago city)  2019年11月  -  2019年11月  Division of Colloid and Surface Chemistry, The Chemical Society of Japan

  • PT04-23 Action Mechanism of Anesthetics to Sphingomyelin Monolayer Formed on the Surface

    Shuhei Kitagawa, Daisuke Yoshida, Hiroya Mori, Akihiro Hayashi, Daiki Ito, Keijiro Taga, Akihiro Yoshino, Yasushi Yamamoto

    OKINAWA COLLOIDS 2019 Okinawa  (Okinawa Nago city)  2019年11月  -  2019年11月  Division of Colloid and Surface Chemistry, The Chemical Society of Japan

  • PT04-22 Specific Action Mechanism of Isoflurane to phospholipid Monolayers formed on the Water Surface

    Masaaki Ieda, Takashi Yokoyama, Hiroya Mori, Daisuke Yoshida, Akihiro Hayashi, Daiki Ito, Akihiro Yoshino, Keijiro Taga, Yasushi Yamamoto

    OKINAWA COLLOIDS 2019 Okinawa  (Okinawa Nago city)  2019年11月  -  2019年11月  Division of Colloid and Surface Chemistry, The Chemical Society of Japan

  • PT01-29 The Effect of Additives to Gemini Surfactants in Organic Solvent

    Kosuke Ota, Akihiro Yoshino, Keijiro Taga, Yasushi Yamamoto, Akiko Obata, Shuichi Iwata

    OKINAWA COLLOIDS 2019  (Okinawa Nago city)  2019年11月  -  2019年11月  Division of Colloid and Surface Chemistry, The Chemical Society of Japan

  • 3P-26 カチオン性ジェミニ型界面活性剤の有機溶媒中での物性評価

    太田康輔・吉野明広・多賀圭次郎・山本靖・岩田修一・小幡亜希子

    日本油化学会第58回年会  (東京都港区)  2019年09月  -  2019年09月  公益社団法人 日本油化学会

全件表示 >>

その他研究活動

  • 食の安心・安全技術開発プロジェクト

    2010年04月  -  2012年03月

    テーマ「高感度化のための微生物集積技術の開発」を担当し、サブテーマリーダーを務め、試作機を製作した。

学術関係受賞

  • オレオ奨励賞

    2018年11月03日   日本油化学会   カチオン性/カチオン性混合界面活性剤における水溶液物性  

    受賞者:  緒方沙映・吉野明広・多賀圭次郎・山本靖・片山耕大

  • 第63回レオロジー討論会ベストポスター賞

    2015年09月24日   第63回レオロジー討論会  

    受賞者:  有安友樹、山本靖、吉野明広、多賀圭次郎

  • BCSJ Award Article

    2009年06月15日   社団法人 日本化学会  

    受賞者:  「Swapan K. Ghosh」他

  • 第14回永井科学技術財団賞学術賞受賞

    1997年04月   -  

    受賞者:  -

 
 

学会・委員会等活動

  • 2014年02月
    -
    現在

    東海化学工業会   東海化学工業会賞 表彰審査委員会委員

社会貢献活動

  • 2015名工大夏期レクチャーコースⅡ複合材料分析法の基礎と実例

    名古屋工業大学 研究協力会  (名古屋工業大学 4号館1階 産官学交流スペース)  2015年08月  -  2015年08月

    企業の材料設計・開発担当者に対して複合材料分析法の基礎から実例までを講義形式にして分かりやすく解説する。