加藤 雄一郎 (カトウ ユウイチロウ)

KATO Yuichiro

写真a

所属学科・専攻等

産学官連携センター

職名

特任教員

ホームページ

http://brand-design.web.nitech.ac.jp/index.htm

研究分野・キーワード

マーケティング、ブランドマネジメント、技術経営(MOT)、組織マネジメント、TQM、ビジョン・マネジメント、事業創造人財育成、インターナル・マーケティング、インターナル・ブランディング、ドメイン・ブランディング

出身大学院

  •  
    -
    2002年03月

    東京工業大学  -  価値システム専攻博士課程  修了

  •  
    -
    1995年03月

    東京工業大学  -  経営工学専攻修士課程  修了

取得学位

  • 東京工業大学 -  博士(学術)

学外略歴

  • 2003年04月
    -
    2015年09月

      名古屋工業大学   大学院工学研究科 産業戦略工学専攻   准教授

  • 1995年04月
    -
    2003年03月

      株式会社大広   東京本社マーケティング局   主任研究員

  • 1992年04月
    -
    1993年04月

      株式会社ニチレイ   船橋食品工場 製造技術課   職員(技術系)

所属学会・委員会

  • 2015年01月
    -
    継続中

    デミング賞審査委員会

  • 2003年10月
    -
    継続中

    日本品質管理学会

  • 2010年03月
    -
    継続中

    日本MOT学会

  • 2015年05月
    -
    継続中

    組織学会

  • 2015年01月
    -
    継続中

    日本経営システム学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類)

  • 経営学

取得資格

  • デミング賞審査委員

  • マーケティング・マイスター(日本マーケティング協会認定)

 

研究経歴

  • コンセプト主導型オープンイノベーションの推進

    機関内共同研究   共同研究  

    研究期間:  2016年04月  -  現在

  • 事業ドメイン・ブランディングの手続き

    国内共同研究   共同研究  

    研究期間:  2014年07月  -  現在

  • 組織開発(インターナル・マーケティング)の推進方法

    国内共同研究   共同研究  

    研究期間:  2013年10月  -  現在

  • 事業創造人財の育成方法

    国内共同研究   共同研究  

    研究期間:  2012年04月  -  現在

  • イノベーション思考技術の確立と啓蒙

    国内共同研究   共同研究  

    研究期間:  2003年04月  -  現在

  • インターナル・ブランディングの手続き

    国内共同研究   共同研究  

    研究期間:  2006年04月  -  2012年03月

  • ブランドロイヤルティ形成のメカニズム解明

    国内共同研究   共同研究  

    研究期間:  2008年10月  -  2012年03月

  • ブランド情報処理のメカニズム解明

    国内共同研究   共同研究  

    研究期間:  1998年10月  -  2006年03月

  • ブランド価値設計手法の確立と啓蒙

    国内共同研究   共同研究  

    研究期間:  1995年10月  -  2003年03月

論文

  • エンゲージメントが顧客ロイヤルティの形成に及ぼす影響

    松村喜弘,加藤雄一郎

    市場創造研究   5   19 - 29   2016年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • From goods creation to value creation

    Masaki Niwa and Yuichiro Kato

    Proceeding of Internationa Conference on Information and Social Science   - 158   2014年09月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • The need for a long-term perspective to defeat risk aversion that prevents the creation of new value in organization

    Masahiro Ono and Yuichiro Kato

    Proceeding of Internationa Conference on Information and Social Science   - 157   2014年09月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Change called for towards business creation

    Suguru Nozue and Yuichiro Kato

    Proceeding of Internationa Conference on Information and Social Science     157   2014年09月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • 理想追求型 QC ストーリー: バックキャスティング思考に基づき製品・サービスを創造する新たな手続き

    加藤雄一郎,松村喜弘

    市場創造研究   3   29 - 41   2014年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 文脈価値の継続的創造をもたらすコンセプトの特徴

    加藤雄一郎,松村喜弘

    市場創造研究   3   5 - 18   2014年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 地域ブランド開発におけるプロジェクト方針設計の枠組み

    加藤雄一郎

    広告科学   48   48 - 65   2007年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • 高次感性処理の特性を考慮した新しいコミュニケーション効果モデル

    加藤雄一郎

    広告科学   47   1 - 16   2006年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • ブランド評価と顧客接点 ~購入銘柄のブランド評価上の特徴と顧客接点による影響~

    加藤雄一郎,河村法征

    日経広告研究所報   225   22 - 29   2006年02月  [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 購入銘柄の条件 ~顧客価値モデルに基づく購入銘柄の特徴~

    加藤雄一郎

    広告科学   46   76 - 89   2005年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

全件表示 >>

著書

  • 理想追求型QCストーリー: 「未来の顧客価値」を起点にしたコンセプト主導型の新製品・サービス開発手法

    加藤雄一郎 (担当: 単著 )

    日科技連出版社  2014年11月 ISBN: 9784817195326

  • ニッポン品質の更なる飛躍を目指したブランドマネジメント

    加藤雄一郎 (担当: 単著 )

    品質月刊委員会  2010年10月

  • 新版 品質保証ガイドブック

    中條武志,光藤義郎,山田秀,加藤雄一郎他 (担当: 共著 )

    日本科学技術連盟  2009年11月 ISBN: 978-4-8171-9307-0

  • JSQC選書9 ブランドマネジメント: 究極的なありたい姿が組織能力を更に高める

    加藤雄一郎 (担当: 単著 )

    日本規格協会  2009年10月 ISBN: 978-4-542-50460-8

  • マーケティングコミュニケーション

    清水公一,加藤雄一郎他 (担当: 共著 )

    五絃舎  2009年03月 ISBN: 978-4-901810-79-1

総説・解説記事

  • 価値共創時代のブランドマネジメントとTQM

    加藤雄一郎

    品質 ( 日本品質管理学会 )  46 ( 4 )   2016年10月  [依頼有り]

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 長期的展望に立ったコア技術戦略

    加藤雄一郎

    Jtekt Engineering Jounal ( ㈱ジェイテクト )  ( 1014 ) 2 - 13   2016年10月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 第100回品質管理シンポジウム ルポルタージュ

    加藤雄一郎

    品質 ( 日本品質管理学会 )  46 ( 1 ) 55 - 60   2016年01月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 理想追求型QC ストーリーに欠かすことのできない3つのキーワード

    加藤雄一郎

    品質 ( 日本品質管理学会 )  45 ( 2 ) 29 - 33   2015年04月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • インターナル・マーケティングの要領が理想追求型QCストーリーとして詳細化された経緯

    加藤雄一郎

    品質 ( 日本品質管理学会 )  45 ( 1 ) 30 - 34   2015年01月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • インターナル・マーケティング:組織的な知識創造に関する理論的枠組み

    加藤雄一郎

    品質 ( 日本品質管理学会 )  44 ( 4 ) 31 - 35   2014年10月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 理想追求型QCストーリーを用いた事例(B2C編)

    加藤雄一郎

    品質 ( 日本品質管理学会 )  44 ( 3 ) 38 - 42   2014年07月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 理想追求型QCストーリーを用いた事例(B2B編)

    加藤雄一郎

    品質 ( 日本品質管理学会 )  44 ( 2 ) 49 - 53   2014年04月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 魅力的な製品・サービスの継続的創造に向けて私たちが改めるべき価値観と高めるべき能力

    加藤雄一郎

    品質 ( 日本品質管理学会 )  44 ( 1 ) 71 - 76   2014年01月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   単著

  • フロントランナー型経営に求められる新たな視点

    加藤雄一郎

    月刊プログレス ( 中部産業連盟 )    2012年08月

    総説・解説(商業誌)   単著

全件表示 >>

研究発表

  • インターナル・マーケティングがもたらすブランドマネジメント活動の持続的発展

    加藤雄一郎  [招待有り]

    第7回BM日本大会  (品川プリンスホテル)  2016年12月  -  2016年12月  ㈱小松製作所

  • 第1回 梅澤伸嘉賞記念講演『文脈価値の継続的創造をもたらすコンセプトの特徴と新たなブランド戦略への展開』

    加藤雄一郎, 松村喜弘  [招待有り]

    第6回研究発表会  (慶應義塾大学 三田キャンパス)  2016年11月  -  2016年11月  市場創造研究会

  • Internal Marketing Provides Continuous Growth of Brand Management

    加藤雄一郎  [招待有り]

    The 3rd Russian BM Conference  (Hotel Intercontinental Moscow)  2016年11月  -  2016年11月  ㈱小松製作所

  • コマツにおけるブランドマネジメントの取組み

    加藤雄一郎  [招待有り]

    ミドルマネジメント研修  (コマツ本社)  2016年11月  -  2016年11月  ㈱小松製作所

  • Internal Marketing Provides Continuous Growth of Brand Management

    加藤雄一郎  [招待有り]

    The 9th Global BM Conference  (コマツウェイ研修センター)  2016年10月  -  2016年10月  ㈱小松製作所

  • Internal Marketing Provides Continuous Growth of Brand Management

    加藤雄一郎

    The 4th European BM Conference  (KSA Head office (Brussels))  2016年09月  -  2016年09月  ㈱小松製作所

  • スマートコンストラクション事業の更なる発展に向けたインターナル・マーケティング

    加藤雄一郎  [招待有り]

    スマートコンストラクション推進室長会議  (TKP新橋カンファレンスセンター)  2016年08月  -  2016年08月  コマツレンタル㈱

  • バックキャスティング思考を用いたコア技術戦略の実践

    加藤雄一郎  [招待有り]

    セミナー講演会  (国分事業所)  2016年08月  -  2016年08月  ㈱ジェイテクト

  • バックキャスティング思考を用いたコア技術戦略の実践

    加藤雄一郎

    セミナー講演会  (奈良事業所)  2016年07月  -  2016年07月  ㈱ジェイテクト

  • バックキャスティング思考を用いたコア技術戦略の実践

    加藤雄一郎  [招待有り]

    セミナー講演会  (刈谷事業所)  2016年06月  -  2016年06月  ㈱ジェイテクト

全件表示 >>

工業所有権

  • コミュニケーション費用計算方法、この方法を用いた装置、システム、プログラムおよび記録媒体

    特願 特願2006-280647  特開 特開2007-133865 

    加藤雄一郎、河村法征

    課題:マーケティング目標を実現するためのコミュニケーション総費用を最小化する顧客接点ごとの投下金額を推定する。
    解決手段:本発明では、(1)顧客の情報処理プロセスのデータ(処理ベクトル)を用い、(2)すべての顧客接点を同時に取り扱い、(3)顧客の購買行動までを視野に入れ、以下のように顧客接点ごとの投下金額を推定する。具体的には、マーケティング目標を達成するためには、意思決定に必要なすべての処理ベクトルViに対して、顧客接点ごとに必要な費用Tj、前記マーケティング目標S、前記必要な喚起回数Fi、前記単位接触あたりの喚起確率Kij、前記単位投下量あたりの費用Cjが、満たさなければならない条件式を用いて、ΣTjが最小となる各費用Tjを求める。

学術関係受賞

  • 市場創造研究 第1回 梅澤伸嘉賞

    2016年09月26日   一般社団法人 日本市場創造研究会  

    受賞者:  加藤雄一郎, 松村喜弘

 
 

学会・委員会等活動

  • 2015年01月
    -
    現在

    日本科学技術連盟   デミング賞審査委員

  • 2012年04月
    -
    現在

    日本科学技術連盟   クオリティフォーラム企画委員

  • 2010年10月
    -
    2016年09月

    日本品質管理学会   代議員

  • 2012年01月
    -
    2013年03月

    日本MOT学会   企画委員

  • 2009年04月
    -
    2014年12月

    日本科学技術連盟   品質月間委員

  • 2008年01月
    -
    2011年09月

    日本広告学会   論集委員

  • 2006年01月
    -
    2016年10月

    日本品質管理学会   学会誌編集委員