井田 隆 (イダ タカシ)

IDA Takashi

写真a

所属学科・専攻等

生命・応用化学教育類 環境セラミックス分野
生命・応用化学専攻 環境セラミックス分野
先進セラミックス研究センター

職名

教授

出身大学

  •  
    -
    1985年03月

    東京大学   理学部   化学   卒業

出身大学院

  •  
    -
    1989年03月

    東京大学  理学系研究科  化学博士課程  中退

取得学位

  • 東京大学 -  理学修士

  • 東京大学 -  博士(理学)

学外略歴

  • 1991年04月
    -
    1999年07月

      姫路工業大学   助手

  • 1989年04月
    -
    1991年03月

      岡崎国立共同研究機構分子科学研究所   技官

所属学会・委員会

  • 2014年08月
    -
    継続中

    国際結晶学連合(IUCr)

  • 2008年03月
    -
    継続中

    国際回折データセンター(ICDD)

  • 2002年04月
    -
    継続中

    日本セラミックス協会

  • 1999年04月
    -
    継続中

    日本結晶学会

  • 1988年04月
    -
    継続中

    日本物理学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類)

  • 応用物性

  • 無機材料・物性

  • 無機化学

 

研究経歴

  • 粉末X線回折法による結晶粒径と歪みの評価

    研究期間:   - 

  • 粉末X線回折法による構造解析

    国内共同研究  

    研究期間:   - 

  • 粉末X線回折法による構造解析

    研究期間:   - 

  • 結晶性微粒子のサイズ評価

    研究期間:   - 

  • 粉末回折の方法論

    研究期間:   - 

  • 高精度粉末X線回折装置の開発

    研究期間:   - 

論文

  • Analysis of powder diffraction data collected with synchrotron x-ray and multiple 2D x-ray detectors applying a beta-distribution peak profile model

    T. Ida, K. Wachi, D. Hattan, S. Ono, S. Tachiki, Y. Nakanishi, Y. Sakuma, A. Wada, S. Towata

    Powder Diffraction ( International Centre for Diffraction Data )  32 ( 3 ) S172   2017年09月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

    A powder diffraction measurement system constructed on a beam-line BL5S2 at Aichi Synchrotron Radiation Center in Seto, Japan, has been modified for extensive use of two-dimensional (2D) X-ray detectors. Four flat 2D detectors are currently mounted on the movable stages on supporting rods radially attached to the 2Θ-wheel of the goniometer with the interval of 25°. The 2D powder diffraction intensity data are reduced to conventional 1D format of powder diffraction data by the method based on averaging of the pixel intensities with geometrical corrections, which also enables evaluation of standard uncertainties about the reduced intensity data. The 1D powder diffraction data of a 0.1 mm-capillary LaB6 (NIST SRM660b) sample obtained at the camera length of 340 mm have shown almost symmetric peak profile with slight asymmetry simulated by a beta-distribution profile function.

  • Crystal structure and phase transition behavior in (K1-x)NbO3-based lead-free piezoelectric ceramic over a wide range of temperatures

    H. Yamada, T. Matsuoka, H. Kozuka, M. Yamazaki, K. Ohbayashi, T. Ida

    Journal of Applied Physics ( American Institute of Physics )  120   214102   2016年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    The phase transition temperature in a (K, Na)NbO3 (KNN) phase of a KNN-based composite lead-free piezoelectric ceramic with a KTiNbO5 system ((K1−xNax)0.86Ca0.04Li0.02Nb0.85O3−δ–K0.85Ti0.85Nb1.15O5–BaZrO3–Co3O4–Fe2O3–ZnO) is lower than that in an undoped KNN ceramic by approximately 200 °C. We have studied the structural changes around the phase transition by using synchrotron powder X-ray diffraction and transmission electron microscopy. The crystal system of the main KNN phase is assigned to tetragonal as a stable structure at room temperature and does not change to orthorhombic on lowering the temperature all at once. The crystal structure changes from tetragonal to orthorhombic through the successive transition state. The curve of the phase transition temperature from x = 0.33 to 0.75 has a V shape and reaches its lowest value of approximately 0 °C in the vicinity of x = 0.56. From selected-area electron diffraction patterns of the KNN phase, weak superlattice spots owing to the tilt-ordered NbO6 octahedra are observed for x ≥ 0.56. This tilt-ordered NbO6 octahedral phase is formed at the nanometer-scale (nanodomains) in the tetragonal and orthorhombic KNN matrices, regardless of the phase transition. The minimum x to generate the nanodomains is substantially equal to the Na fraction at which the starting temperature of the successive phase transition shifts to the lowest.

  • ギ酸で安定化させたアルミナ前駆体水溶液の乾燥方法がα-Al2O3への相転移と粒子形態に及ぼす影響

    吉田道之,加藤雄太,櫻田修,尾畑成造,井田隆,田中誠,北岡諭

    粉体工学会誌 ( 粉体工学会 )  53 ( 9 ) 571 - 576   2016年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Experimental estimation of uncertainties in powder diffraction intensities with a two-dimensional X-ray detector

    Takashi Ida

    Powder Diffraction ( International Centre for Diffraction Data )  31 ( 3 ) 216 - 222   2016年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • Improvement of the Piezoelectric Properties in (K, Na)NbO3-Based Lead-Free Piezoelectric Ceramic With Two-Phase Co-Existing State (共著)

    H. Yamada, T. Matsuoka, H. Kozuka, M. Yamazaki, K. Ohbayashi, T. Ida

    Journal of Applied Physics   117 ( 21 ) 214102   2015年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    添加物を加えた (K, Na)NbO3 系圧電体の結晶構造と微細組織が Na の分率によってどのように変化するかをシンクロトロン粉末回折と制限視野電子回折,高分解能透過電子顕微鏡観察によって調べた。低 Na 分率では室温で強誘電性を持つ正方晶が安定であったが,高 Na 分率では配位八面体のティルトを伴う斜方晶相が共存し始め,中間的な Na 分率領域で比較的大きな誘電率と電気機械結合定数を示すことがわかった。

  • Effect of Preferrred Orientation in Synchrotron X-ray Powder Diffraction

    Takashi Ida

    名古屋工業大学先進セラミックス研究センター年報   2   7 - 11   2014年06月  [査読有り]

    研究論文(大学,研究機関紀要)   単著

  • Analytical method for observed powder diffraction intensity data based on maximum likelihood estimation

    T. Ida, F. Izumi

    Powder Diffraction Journal   28 ( 2 ) 124 - 126   2013年06月  [査読有り]  [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Powder x-ray structure refinement applying a theory for particle statistics

    Takashi Ida

    Solid State Phenomena   203-204   3 - 8   2013年06月  [査読有り]  [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • 粉末X線回折法による相組成分析と球形試料の吸収補正

    井田隆

    名古屋工業大学先進セラミック研究センター年報     2013年03月  [査読有り]

    研究論文(大学,研究機関紀要)   単著

  • Particle Statistics in Rotating-Specimen Powder Diffractometry

    Takashi Ida

    Photon Factory Activity Report 2011 Part B     401 - 401   2013年01月

    研究論文(その他学術会議資料等)   単著

全件表示 >>

著書

  • 粉末エックス線解析の実際 第2版(共著)

    井田隆 他 (担当: 共著 , 担当範囲: pp.81-85 )

    朝倉書店  2009年07月 ISBN: 9784254140828

  • Nanoparticle Technology Handbook(共著)

    T. Ida et al. (担当: 共著 , 担当範囲: pp. 270-274 )

    Elsevier  2007年11月 ISBN: 9780444531223

  • ナノパーティクルテクノロジーハンドブック(共著)

    井田隆 他 (担当: 共著 , 担当範囲: pp.252-257 )

    日刊工業新聞社  2006年04月 ISBN: 9784526056642

  • 「実験化学講座第4版」第12巻 物質の機能性(共著)

    井田隆他 (担当: 共著 , 担当範囲: 2.3.1節、2.3.2節 )

    丸善  1993年04月 ISBN: 4-621-03816-8

総説・解説記事

  • 粉末回折データに対する逆畳み込み・畳み込み処理の考え方

    井田隆

    名古屋工業大学先進セラミックス研究センター年報 (2016) ( 名古屋工業大学先進セラミックス研究センター )  5   37 - 43   2017年06月  [査読有り]

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

    最近著者の提案した粉末回折データに対する「逆畳み込み・畳み込み処理」の核となる考え方を紹介する。この方法はX線源の現実的な分光プロファイルと、ブラッグ・ブレンターノ型粉末回折計の軸発散収差の精密な近似形式に関するキュムラント解析の結果に基づく。現実の粉末回折データをこの方法により処理し、回折ピークが左右対称な単一ピーク形状をとり、汚染による不要ピークも効果的に除去されることを示す。

  • ICDD の活動

    井田隆

    名古屋工業大学先進セラミックス研究センター年報 (2015) ( 名古屋工業大学先進セラミックス研究センター )  4   12 - 19   2016年07月  [査読有り]

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

    国際回折データセンター International Center for Diffraction Data (ICDD) の活動について述べる。ICDD は粉末回折データの収集・編集・維持・出版・配布をするための非営利かつ非政府の科学組織である。ICDD のメンバーは世界的な学術界・公的機関・産業界からの代表から構成される。ICDD は多様な方法を通じて科学者コミュニティに対して援助も行っている。

  • 構造解析におけるベイズ推定の応用

    井田隆

    名古屋工業大学先進セラミックス研究センター年報 (2014) ( 名古屋工業大学先進セラミックス研究センター )  3   11 - 16   2015年07月  [査読有り]

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

    実験データに基づき統計的な推定をするための基本的な概念:(i) ベイズ推定、(ii) 最大事後確率推定、(iii) 最尤推定、(iv) 最小二乗推定について述べる。ベイズ推定とは日本の高校数学の教科書に「条件つき確率」として記載されているものとまったく同じである。ベイズ推定はどのような偏見・先入観・思い込みも許容し、それを捨てることも強要しない。ベイズ推定の基本的な考え方は、「絶対的な真実には到達することができない」ということと、しかし同時に「常に真実に近づくことはできる」ということをあからさまに仮定する。X線回折測定に基づいた結晶構造解析においてベイズ推定を応用する単純な例について提案する。

  • 入門講座 分析化学における放射光の利用 粉末X線回折

    井田隆

    ぶんせき ( 日本分析化学会 )  2015年 ( 2月 )   2015年02月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   単著

  • Advanced Methods for Powder Diffraction Anallysis - II

    Takashi Ida

    Journal of the Technical Association of Refractories, Japan ( The Technical Association of Refractories, Japan )  34 ( 4 ) 237 - 242   2014年12月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   単著

  • Advanced Methods for Powder Diffraction Analysis - I

    Takashi Ida

    Journal of the Technical Association of Refractories, Japan ( The Technical Association of Refractories, Japan )  34 ( 4 ) 232 - 236   2014年12月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   単著

  • X線回折法による結晶子サイズ評価

    井田隆

    セラミックス ( 日本セラミックス協会 )  49 ( 3 ) 157 - 162   2014年03月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   単著

  • X線粉末解析の最新技術-2

    井田 隆

    耐火物 ( 耐火物協会 )  65 ( 10 ) 470 - 475   2013年10月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • X線粉末解析の最新技術ー1

    井田 隆

    耐火物 ( 耐火物協会 )  65 ( 8 ) 348 - 353   2013年08月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   単著

  • Particle statistics in synchrotron powder diffractometry

    T. Ida, T. Goto, A. Oya, H. Hibino

    Photon Factory Activity Report 2009 ( Photon Factory )  27 ( B ) 271 - 271   2011年03月

    総説・解説(その他)   共著

全件表示 >>

研究発表

全件表示 >>

工業所有権

  • Crystallite size analysis method and apparatus using powder x-ray diffraction

    特願 12/560,803  特開 US 2011/0064199 A1 

    Takashi Ida, Licai Jiang

学術関係受賞

  • Best Poster Award in ICDD Spring Meetings

    2017年03月14日   International Centre for Diffraction Data   Decontamination of powder diffraction data measured with copper Kalpha x-ray and nickel filter  

    受賞者:  Takashi Ida

    A new method to remove small peaks caused by contamination of x-ray source tube has been developed and demonstrated.

  • Richard and Patricia Spriggs Phase Equillibria Award

    2010年10月   The Americal Ceramic Society  

    受賞者:  Genki Kobayashi, Shin-ichi Nishimura, Min-Sik Park, Ryoji Kanno, Masatomo Yashima, Takashi Ida, Atsuo Yamada

  • ICDD Fellow

    2010年03月   International Centre for Diffraction Data  

    受賞者:  Takashi Ida

 

教育活動に関する受賞

  • 東海若手セラミスト懇話会優秀発表賞

    2016年06月   日本セラミックス協会東海支部東海若手セラミスト懇話会  

    受賞者: 尾野翔器

    結晶子サイズと試料回転が二次元粉末回折図形に及ぼす影響

  • 東海若手セラミスト懇話会優秀発表賞

    2016年06月   日本セラミックス協会東海支部東海若手セラミスト懇話会  

    受賞者: 八反大貴

    アイドリングストップ車用パラフィン系蓄冷材の構造研究

  • 東海若手セラミスト懇話会優秀発表賞

    2015年06月   日本セラミックス協会東海支部東海若手セラミスト懇話会  

    受賞者: 尾野翔器

    Ni 基超合金のラフト形成に関するフェーズフィールド・シミュレーション

 

学会・委員会等活動

  • 2016年03月
    -
    現在

    国際回折データセンター(ICDD)   Director at Large

  • 2014年08月
    -
    現在

    国際結晶学連合(IUCr)   Committee member of Commision on Powder Diffraction

  • 2010年04月
    -
    2012年03月

    日本結晶学会   情報委員

  • 2008年03月
    -
    現在

    国際回折データセンター(ICDD)   Regional Co-chair of Eastern Pacific Rim

  • 2006年05月
    -
    現在

    日本セラミックス協会   東海支部IT推進委員

  • 2005年02月
    -
    現在

    日本セラミックス協会   東海支部幹事