伊藤 宏 (イトウ ヒロシ)

ITOH Hiroshi

写真a

所属学科・専攻等

生命・応用化学教育類 生命・物質化学分野
生命・応用化学専攻 生命・物質化学分野

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

-

出身大学

  •  
    -
    1985年03月

    筑波大学   体育専門学群   健康教育学   卒業

出身大学院

  • 1985年04月
    -
    1987年03月

    筑波大学  体育研究科  健康教育学修士課程  修了

取得学位

  • 筑波大学 -  体育学修士

  • 名古屋大学 -  博士(医学)

学外略歴

  • 1995年02月
    -
    1995年10月

      ニューヨーク州立大学   名古屋工業大学工学部   文部科学省在外研究員

所属学会・委員会

  • 2000年04月
    -
    継続中

    東海体育連合

  • 1998年04月
    -
    継続中

    European College of Sports Science

  • 1989年04月
    -
    継続中

    東海体育学会

  • 1987年04月
    -
    継続中

    日本体力医学会

  • 1987年04月
    -
    継続中

    日本体育学会

専門分野(科研費分類)

  • 応用健康科学

  • スポーツ科学

 

研究経歴

  • 皮膚ガスによる疾病指標

    機関内共同研究   共同研究  

    研究期間:  2006年04月  -  現在

  • 運動と酸化ストレス

    個人研究  

    研究期間:   - 

  • 老化と体力

    個人研究  

    研究期間:   - 

  • 運動とエネルギー代謝

    個人研究  

    研究期間:   - 

学位論文

  • 27. Effects of endurance physical training on hydroxyl radical generation in rat tissues.

    Hiroshi Itoh et al.

    Life Sci  63   1921 - 1929   1999年01月(年月日)  [査読有り]

    学位論文(博士)   単著

論文

  • 電気化学センサーを用いた簡易型皮膚ガス分析装置による運動時の皮膚ガス中アセトン濃度分析の試み

    伊藤 宏, 大桑哲男, 津田孝雄

    デサントスポーツ科学   37   128 - 134   2016年06月  [査読有り]  [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • A new approach for the measurement of volatile organic compounds in human skin gas by chromatography

    Toshiaki Funada, Tetsuo Ohkuwa, Katsumi Hirai, Hiroshi Itoh, Takao Tsuda

    International Journak of Biological Sciences and Applications     2015年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Acetone and 6-methyl -5-hepten-2-One in skin gas increase during handgrip exercise.

    T. Funada, T. Ohkuwa, K. Hirai, H. Itoh, T. Tsuda

    Int J Sciences   4   37 - 44   2015年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Nitric oxide concentrations in gas emanating from the tails of obese rats

    Rin Nakanishi; Jun Ohwaki; Shunsuke Emoto; Toshiki Mori; Kosuke Mizuno; Takao Tsuda; Hiroshi Itoh; Tetsuo Ohkuwa

    Redox Report   18 ( 6 ) 233 - 237   2013年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Acetone Concentration in Gas Emanating from Tails of Diabetic、「(共著)」

    Kazuaki YAMAI, Toshiaki FUNADA,Tetsuo OHKUWA,Hiroshi ITOH,and Takao TSUDA

    ANALYTICAL SCIENCES   28 ( 2 ) 1 - 4   2012年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    This study investigated the effects of diabetic rats induced by streptozotocin (STZ) on acetone concentration emanating
    from the tail of a rat. Experiments were carried out with male Wistar rats (9 weeks of age, 220 – 250 g body weight).
    Glucose concentration in the blood was 10.8 ± 0.7 mmol/l for the control group and 39.6 ± 2.4 mmol/l for the diabetic
    group. β-Hydroxybutyrate concentration in blood was 218 ± 52 μmol/l for the control group and 1439 ± 101 μmol/l for
    the diabetic group. Both glucose and β-hydroxybutyrate concentrations in the blood of the diabetic group were significantly
    higher than those of the control group (p < 0.001). Skin gas acetone concentration emanated from rat tail was 124 ± 46 ppb
    for control and 1134 ± 417 ppb for diabetic. Skin gas acetone concentration emitted from the tail of a rat with diabetes
    was significantly higher than that from a rat in the control group (p < 0.001). The result indicates that skin acetone
    emanating from a rat tail is a useful parameter to use for insulin-dependent diabetes (type I).

  • GC/MSによるヒト皮膚ガス中の環境由来揮発性有機化合物の測定

    久永真央、津田孝雄、大桑哲男、伊藤宏

    分析化学   61 ( 1 ) 57 - 61   2012年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    労働環境や生活環境において,生体内に取り込まれた化学物質の皮膚からの放出に関する研究は少ない.そこで皮膚ガスを採取し,ガスクロマトグラフィー/質量分析(GC/MS)で分析を行い,生体内への化学物質の取込みを推定することを目的として本研究を行った.皮膚ガスの採取は,労働環境や生活環境の異なる被験者10名(男性7名,女性3名)の左手から行った.被験者の皮膚ガス中に,ベンゼン,トルエン,キシレン,2-エチル-1-ヘキサノール,p-ジクロロベンゼンなどを確認した.有機化学実験をしている異なる2 つの研究室の被験者間に,2-エチル-1-ヘキサノールの濃度平均値の有意差を認めた.またトルエン濃度が,他の被験者に比べ有意(P<0.05)に高い被験者がいた.この被験者がガス関連事業所で働いていたことから,職場での暴露によると推測された.労働環境や生活環境の違いにより,皮膚ガスに含まれる化学物質には,人により差があることが示唆された.

  • Findings of skin gases and their possibilities in healthcare monitoring

    Tsuda T, Ohkuwa T, Itoh H

    Gas Biology Research in Clinical Practice     125 - 132   2011年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 生活習慣病指標としての皮膚ガスNO濃度測定の有用性─特に血管年齢との関わりから─

    伊藤宏、大桑哲男、津田孝雄

    医科学応用研究財団研究報告   30   37 - 40   2011年02月

    研究論文(その他学術会議資料等)   共著

  • 骨格筋損傷指標としての皮膚ガス中一酸化窒素の有用性

    伊藤宏、山崎良比古、津田孝雄

    デサントスポーツ科学   31   97 - 105   2010年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • The relationship between exercise intensity and lactate concentration on the skin surface.

    Ohkuwa T, Ysukamoto K, Yamai K, Itoh H, Yamazaki Y, Tsuda T

    Int J Biomed Sci   5 ( 1 ) 100 - 104   2009年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書

  • 身体運動と呼吸・循環機能

    宮村実晴 編集 (担当: 共著 )

    真興交易  2012年08月 ISBN: 978-4-88003-868-1

  • 新運動生理学

    - (担当: 単著 )

    真興交易  2001年04月

  • 健康運動科学教本

    - (担当: 単著 )

    サカタ出版  1997年04月

  • 健康とライフスタイル

    - (担当: 単著 )

    ぎょうせい  1987年04月

研究発表

  • INFLUENCE OF EXERCISE INTENSITY ON CHANGES IN HUMAN SKIN-GAS ACETONE CONCENTRATIONS FOLLOWING SUBMAXIMAL CYCLE EXERCISE

    Itoh, H., Matsuura, K., Tamura, K, Yoshii, Y., Kato, H., Utsu, Y., Takai, S., Ohkuwa, T., Tsuda, T.

    European College of Sport Science  (Vienna, Austria)  2016年07月  -  2016年07月  European College of Sport Science

  • SKIN-GAS ACETONE CONCENTRATIONS ON SURFACE OF ACTIVE MUSCLES FOLLOWING SUBMAXIMAL EXERCISE

    Kato, H., Tamura, K., Matsuura, K., Takai, S., Utsu, Y., Yoshii Y., Ohkuwa, T., Tsuda, T., Itoh, H.

    European College of Sport Science  (Vienna, Austria)  2016年07月  -  2016年07月  European College of Sport Science

  • EXERCISE INCREASES SKIN-GAS NITRIC OXIDE CONCENTRATIONS EMANATING FROM RAT TAILS.

    Utsu, Y., Yoshii Y., Kato, H., Matsuura, K., Tamura, K, Takai, S., Ohkuwa, T., Tsuda, T., Itoh, H.

    European College of Sport Science  (Vienna, Austria)  2016年07月  -  2016年07月  European College of Sport Science

  • CHANGES IN SKIN-GAS ACETONE CONCENTRATIONS FOLLOWING A LOW INTENSITY CONSTANT-LOAD EXERCISE

    Itoh, H., Matsuura, K., Yoshii, Y., Komura, T. , Nagase, S., Takekawa, S., Ohkuwa, T., Tsuda, T.

    European College of Sport Science  (Malmo, Sweden)  2015年06月  -  2015年06月  European College of Sport Science

  • 最大下運動における運動強度の違いが皮膚ガス中アセトン濃度に及ぼす影響

    吉井雄治、松浦海、香村聡彦、長瀬翔平、竹川知志、大桑哲男、津田孝雄、伊藤宏

    日本体力医学会東海地方会  (名古屋大学)  2015年03月  -  2015年03月  体力医学会東海地方会

  • EFFECT OF INORGANIC NITRATE INGESTION WITH BEETROOT JUICE ON SKIN-GAS NITRIC OXIDE CONCENTRATIONS

    Itoh, H. , Matsuura, K. , Yamaguchi, A. , Sugiura, S. , Nakano, S. , Li, S. , Ohkuwa, T. , Tsuda, T.

    ヨーロッパスポーツ学会  (アムステルダム、オランダ)  2014年07月  -  2014年07月  European Colleg of Sports Science

  • NITRIC OXIDE EMANATING FROM HUMAN SKIN FOLLOWING SUBMAXIMAL BICYCLE EXERCISE

    Matsuura, K. , Yamaguchi, A. , Sugiura, S. , Nakano, S. , Li, S. , Ohkuwa, T. , Tsuda, T. , Itoh, H.

    European Colleg of Sports Science  (オランダ、アムステルダム)  2014年07月  -  2014年07月 

  • RELASHIONSHIP BETWEEN FINGERTIP SWEAT AMMONIA CONCENTRATIONS AND POWER FOLLOWING SHORT-TERM SPRINT CYCLE EXERCISE

    H. Itoh, S. Kimura, K. Sugimoto, Y. Sakashita, T. Ohkuwa, T. Tsuda, M. Hisanaga

    ヨーロッパスポーツ学会  2013年06月  -  2013年06月 

  • HUMAN SKIN-GAS AMMONIA AFTER SUPRAMAXIMAL CYCLE EXERCISE

    Hiroshi Itoh et al.

    ヨーロッパスポーツ科学学会  (Bruges, Belgium)  2012年07月  -  2012年07月  EUROPEAN COLLEGE OF SPORT SCIENCE

  • ヒト皮膚ガス測定による環境物質の人体への取込み量の推定(4)

    津田孝雄、久永真央、大桑哲男、伊藤 宏

    第3回日本安定同位体・生体ガス医学応用学会  (東邦大学)  2011年11月  -  2011年11月  日本分析化学

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績

  • 電気化学センサーを用いた簡易型皮膚ガス分析装置による運動時の皮膚ガス中アセトン濃度分析の試み

    提供機関:  石本記念デサントスポーツ科学振興財団  石本記念デサントスポーツ科学振興財団第37回研究助成

    研究期間:  2015年05月  -  2016年03月  代表者:  伊藤 宏

  • 血管内皮機能指標としての皮膚ガス一酸化窒素濃度測定システムの開発

    提供機関:  科学技術振興機構  研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)探索タイプ

    研究期間:  2011年04月  -  2012年03月  代表者:  伊藤 宏

共同研究実施実績

  • 「知の拠点」重点研究プロジェクト(超早期診断技術開発)

    提供機関: 科学技術交流財団 

    研究期間: 2012年04月  -  2016年03月 

    生活習慣病等に関係する生体情報を無侵襲・低侵襲で日常的にモニタリングできるセンサとデバイスの確立

 
 

学会・委員会等活動

  • 2014年03月
    -
    2016年03月

    東海体育学会   理事、広報委員

  • 2000年04月
    -
    現在

    東海体育連合   運営委員、評議員

  • 2000年04月
    -
    現在

    日本体力医学会   評議員

社会貢献活動

  • 知立市体育協会理事

    知立市  2013年04月  -  現在

  • 名古屋市 スポーツ実践相談、セミナー

    名古屋市教育スポーツ協会  スポーツ実践相談、セミナー  2010年04月  -  2016年03月

  • 愛知大学野球連盟理事

    1987年07月  -  現在