伊藤 嘉浩 (イトウ ヨシヒロ)

ITO Yoshihiro

写真a

所属学科・専攻等

情報工学教育類 ネットワーク分野
情報工学専攻 ネットワーク分野

職名

准教授

出身大学

  •  
    -
    1991年03月

    名古屋工業大学   工学部   電気情報工学   卒業

出身大学院

  •  
    -
    1993年03月

    名古屋工業大学  工学研究科  電気情報工学修士課程  修了

取得学位

  • 名古屋工業大学 -  博士(工学)

  • 名古屋工業大学 -  修士(工学)

学外略歴

  • 1993年04月
    -
    2001年03月

      株式会社KDD   -

所属学会・委員会

  • 2010年06月
    -
    継続中

    映像情報メディア学会

  • 2009年12月
    -
    継続中

    ヒューマンインタフェース学会

  • 2001年12月
    -
    継続中

    IEEE

  • 1994年04月
    -
    継続中

    情報処理学会

  • 1990年04月
    -
    継続中

    電子情報通信学会

専門分野(科研費分類)

  • 通信・ネットワーク工学

 

研究経歴

  • インターネットにおけるQoS制御

    研究期間:   - 

論文

  • IPv4/v6共存環境下におけるリレールータを介した低遅延な経路選択機構の提案と評価

    溝口知彦, 伊藤嘉浩

    電子情報通信学会和文論文誌B ( 電子情報通信学会 )  J99-B ( 12 ) 1 - 9   2016年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • WebサービスにおけるQoE向上のためのQoSの変動を抑制する新しいTCP服装制御方式の提案

    柴田将旭, 伊藤嘉浩

    電気学会論文誌C ( 電気学会 )  136 ( 12 ) 1 - 7   2016年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Study of the Effect of the Mean and Standard Deviation of Response Time on QoE in Web Services

    Maya Tabuchi, Yoshihiro Ito

    Proceedings of ICTC 2016 ( IEEE )    637 - 639   2016年10月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

    This paper assesses the influence of the mean and the standard deviation of the response time on Quality of Experience(QoE) for a Web service by experiments with subjects. In the experiments, the authors target actual two Web services over the Internet: map service and shopping service; they assess QoE with three scales which are based on ISO924111 usability. And then, the authors reveal the relationship the RTT and the QoE parameters by the linear regression analysis. Our experimental results show that QoE of the map service is affected by the standard deviation of the RTT more strongly than the mean of the RTT while QoE of the shopping service is influenced by the mean more than the standard deviation. Therefore, for the map service, QoS control which is reducing the packet loss by buffering and so on to maintain WebQoE. On the other hand, for the shopping service, QoS control which is reducing the delay is appropriate.

  • Study on Relationship between QoS Degradation and QoE for Web services with Personal Digital Assistant

    YeongJoo Kim, Yoshihiro Ito

    Proceedings of ICTC 2016 ( IEEE )    267 - 269   2016年10月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

    ThispaperstudiestheeffectoftheQoSdegradation on WebQoE with personal digital assistant (PDA) by experiment. In the experiment, the authors utilize three types of terminals: PDA, tablet PC and desktop PC; they assess QoE for two actual Web services. The experimental results show that the effect of QoS degradation on QoE with PDA is less than that of a desktop PC for one service. However, for the other service, little different between the effects is recognized. As a result, the paper confirms that the effect of QoS degradation on QoE depends on the type of a terminal.

  • Study on Novel Method of QoE Assessment with Electromyogram for an Electronic Book Webcast Service

    Kaori Iwata, Yoshihiro Ito

    Proceedings of ICTC 2016 ( IEEE )    646 - 648   2016年10月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

    This paper studies a novel method of an electronic book Webcast service with electromyography. The proposed method has the following three features. First, we can perform the proposed method at a low cost. Second, the method does not heavily load down users. Finally, the method is portable so we can do it in many situations. This paper did experiments with 18 subjects for an actual Electronic Comics Webcast service. The experimental results show that it is effective for assessing degree of fatigue of the service to utilize the method.

  • Proposal of Method for Assessing Hierarchical Relationship between QoS and QoE for Web Services

    Yuuna Adachi, Yoshihiro Ito

    Proceedings of ICTC 2016 ( IEEE )    637 - 639   2016年10月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

    This study proposes a novel method of evaluating hierarchical relationship between QoS and QoE for Web services by utilizing the path analysis and the principal component analysis. The proposed method shorten the number of QoS parameters each layer with the principal component analysis; it then clarify the relationship between the QoS and the QoE by performing the path analysis. To confirm the effectiveness of the proposed method, this paper does experiments with subjects for the three actual Web services and analyzes the relationship between QoS and QoE from the results by the proposed method. The experimental results show the effectiveness of this method.

  • Development of QoE Initiated Wireless LAN Base Station with DPI Based QoS Control

    Shiho Asano, Yoshihiro Ito

    Proceedings of IEICE APNOMS 2016 ( IEICE )    2016年10月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

    In this paper, the authors develop a novel wireless LAN base station with DPI(Deep Packet Inspection) based QoS control, which can maintain QoE during congestion. In the QoS control, the base station always monitors the file type which is found in HTTP messages encapsulated in an IP packet and prioritizes the packet. Since the control is light weight, it can be easily implemented a LAN base station. The authors developed a prototype of the wireless LAN base station with WMM; and they evaluate it by QoE assessment with subjects for actual two Web services. From the experimental results, the authors show the effectiveness of the developed wireless LAN station.

  • 6to4 環境下で通信品質の劣化がWeb ユーザビリティに及ぼす影響の定量的評価

    溝口 知彦,伊藤 嘉浩,小屋敷 涼

    電気学会論文誌 C ( 電気学会 )  136 ( 4 ) 493 - 501   2016年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    This paper evaluates effect of the overheads caused by 6to4 tunneling on QoE for Web services by experiment. The authors consider Web usability as QoE and treat three actual Web services which support both of the IPv4 Internet and the IPv6 Internet. The results show that the effect of QoS degradation caused by 6to4 on Web usability depends on the Web service. According to Web service, QoE degradation caused by 6to4 does not always occur.

  • Study on Appropriate TCP Congestion Control for WebQoE Improvement

    Masaaki Shibata,Yoshihiro Ito

    Proceedings of IEICE Workshop on Internet Architecture and Applications ( IEICE )    141 - 145   2015年11月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

    This paper studies an appropriate TCP congestion control for a Web service from a user’s point of view by experiment. In the experiment, trying some congestion controls on both of a Web server and a Web client, the
    authors assess QoE for a Web service. This paper considers a Web shopping service as a target one and uses three major congestion controls: TCP Cubic, TCP Vegas and TCP Illinois. The experimental results show that the effect
    of the difference between the three congestion controls is not remarkable. However, in some case, when a Web client adopts TCP Vegas, the QoE for the Web service can be degraded. They confirm that the difference between congestion controls on the Web client can also affect QoE for the Web server.

  • Comparison of WebQoE between 6to4 and Teredo

    Tomohiko Mizoguchi,Yoshihiro Ito

    Proceedings of 2015 International Conference on Information and Communication Technology Convergence (ICTC)     576 - 578   2015年10月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

    This paper compares two methods of IPv4/IPv6 coexistence from the point of view of WebQoE (Quality of Experience for Web services) by experiment. The authors adopt 6to4 and Teredo as methods of the coexistence. Almost all of the methods of the coexistence degrade QoS(Quality of Service) owing to their overheads. Consequently, they can also degrade WebQoE. However, the difference of the effect of QoS deterioration on QoE is not clarified. This paper evaluates QoS and WebQoE under both of the environment with 6to4 and that with Teredo. In the experiment, the authors utilize three actual Web services. From the experimental results, the authors confirm that both of 6to4 and Teredo degrade QoS but find the difference between effect on WebQoE with 6to4 and that of Teredo depends on Web services.

全件表示 >>

著書

  • 実践LAN管理(翻訳)

    - (担当: 単著 )

    日経BP  1998年04月

総説・解説記事

研究発表

  • ディープラーニングを用いたEthernetフレーム長によるWebサービスの推定方法

    杉田 大知,伊藤 嘉浩

    電子情報通信学会インターネットアーキテクチャ研究会  (東京大学)  2016年10月  -  2016年10月  電子情報通信学会

  • Web サービスにおける応答時間の平均と標準偏差が QoE に及ぼす影響の評価

    田渕 茉也,伊藤 嘉浩

    電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会  (豊田工業高等専門学校)  2016年09月  -  2016年09月  電気学会東海支部・電子情報通信学会東海支部・情報処理学会東海支部・照明学会東海支部・映像情報メディア学会東海支部・日本音響学会東海支部・IEEE名古屋支部

  • Development of Wireless LAN Base Station with DPI Based QoE

    Shiho Asano, Yoshihiro Ito

    電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会  (豊田工業高等専門学校)  2016年09月  -  2016年09月  電気学会東海支部・電子情報通信学会東海支部・情報処理学会東海支部・照明学会東海支部・映像情報メディア学会東海支部・日本音響学会東海支部・IEEE名古屋支部

  • 実環境下での立体音響IP電話サービスの臨場感評価

    坪田 穫,伊藤 嘉浩

    電子情報通信学会情報ネットワーク研究会  2016年01月  -  2016年01月  電子情報通信学会

  • IPv4/v6共存環境下におけるリレールータを介した低遅延な経路選択機構の検討

    溝口 知彦,伊藤 嘉浩

    電子情報通信学会情報ネットワーク研究会  2016年01月  -  2016年01月  電子情報通信学会

  • WebQoEに基づくTCP輻輳制御方式の検討

    柴田 将旭,伊藤 嘉浩

    電子情報通信学会情報ネットワーク研究会  2016年01月  -  2016年01月  電子情報通信学会

  • Web-QoEに基づくQoS制御を行う無線LAN基地局の開発

    淺野 志帆,伊藤 嘉浩

    電子情報通信学会インターネットアーキテクチャ研究会  2015年10月  -  2015年10月  電子情報通信学会

  • Estimation of Web Service using only Ethernet Frame Length or IP Packet Length

    Daichi Sugita, Yoshihrio Ito

    電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会  (名古屋工業大学)  2015年09月  -  2015年09月  電気学会東海支部・電子情報通信学会東海支部・情報処理学会東海支部・照明学会東海支部・映像情報メディア学会東海支部・日本音響学会東海支部・IEEE名古屋支部

  • TCP 輻輳制御が WebQoE に及ぼす影響の評価

    柴田 将旭,伊藤 嘉浩

    電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会  (名古屋工業大学)  2015年09月  -  2015年09月  電気学会東海支部・電子情報通信学会東海支部・情報処理学会東海支部・照明学会東海支部・映像情報メディア学会東海支部・日本音響学会東海支部・IEEE名古屋支部

  • 6to4 および Teredo を利用した環境下における WebQoE の評価

    溝口 知彦,伊藤 嘉浩

    電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会  (名古屋工業大学)  2015年09月  -  2015年09月  電気学会東海支部・電子情報通信学会東海支部・情報処理学会東海支部・照明学会東海支部・映像情報メディア学会東海支部・日本音響学会東海支部・IEEE名古屋支部

全件表示 >>

工業所有権

  • Method and apparatus for dynamic data rate control over a packet-switched network

    特許 6052734

    Y. Ito, H. Yokota, M. Ishikura, T. Asami

学術関係受賞

  • IEEE GCCE 2015 Outstanding Paper Award

    2015年10月27日   IEEE   Study on Effect of Congestion Control of Multipath TCP on Web-QoE  

    受賞者:  Yasuomi Muraki, Yoshihiro Ito

  • 電子情報通信学会 通信ソサイエティ 活動功労賞

    2006年09月20日   電子情報通信学会  

    受賞者:  伊藤嘉浩

  • Best paper award of IIIS CCCT2003

    2003年04月   -  

    受賞者:  -

  • 電子情報通信学会コミュニケーションクオリティ研究会奨励賞

    2000年04月   -  

    受賞者:  -

  • 電子情報通信学会学術奨励賞

    1999年04月   -  

    受賞者:  -

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • HTTP/2時代のWebサービスのための次世代プロトコルとSDNによる制御の研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月  代表者:  伊藤 嘉浩

    本研究は, HTTP/2 時代の Web サービスを対象とし,次世代のトランスポート層プロトコルと SDN(Software Defined Network)を活用し,ユーザの利用環境やサービス内容などに適応した QoS 制御により,ユーザの体感品質(QoE)の向上させることを目的とする.特に,本研究では,次世 代のトランスポート層プロトコルとしては MPTCP(Multi-Path TCP)を,SDN には OpenFlow を対象 としたQoS制御方式の検討を行い,被験者を用いたQoE評価により提案方式の有効性を確認する. QoE は,単一の観点からではなく,ISO 標準のユーザビリティに準拠した複数の観点から評価を行 う.また大規模実験検証基盤である JGN-X ネットワークでの評価により有効性を確認する.

共同研究実施実績

  • Web-QoEに基づいたSDN制御に関する研究

    提供機関: 国際研究開発法人 情報通信研究機構  国内共同研究

    研究期間: 2015年09月  -  2016年03月 

 

教育活動に関する受賞

  • IEEE名古屋支部学生奨励賞

    2016年01月   IEEE名古屋支部  

    受賞者: 坪田 穫

  • 電子情報通信学会インターネットアーキテクチャ研究会学生研究奨励賞

    2015年10月   電子情報通信学会インターネットアーキテクチャ研究会  

    受賞者: 淺野 志帆

  • 電子情報通信学会インターネットアーキテクチャ研究会学生研究奨励賞

    2015年08月   電子情報通信学会インターネットアーキテクチャ研究会  

    受賞者: 足立 有菜

  • 電子情報通信学会東海支部学生研究奨励賞

    2015年06月   電子情報通信学会東海支部  

    受賞者: 山内 大介

 

学会・委員会等活動

  • 2016年10月
    -
    現在

    電子情報通信学会   和文論文誌特集号 幹事

  • 2015年10月
    -
    2016年10月

    電子情報通信学会   和文論文誌特集号 幹事

  • 2015年06月
    -
    現在

    電子情報通信学会   和文論文誌B編集委員

  • 2015年04月
    -
    2016年03月

    電子情報通信学会   電気関係学会東海支部連合大会大会委員会庶務幹事

  • 2014年05月
    -
    2015年06月

    電子情報通信学会   小特集編集委員会幹事

  • 2014年04月
    -
    2016年05月

    電子情報通信学会   東海支部会計幹事

  • 2014年04月
    -
    2015年03月

    電子情報通信学会   代議員

  • 2012年04月
    -
    2014年03月

    電子情報通信学会   東海支部 会計幹事

  • 2012年04月
    -
    2013年03月

    電子情報通信学会   電気関係学会東海支部連合大会大会委員会会計幹事

  • 2012年04月
    -
    2013年03月

    電子情報通信学会   電気関係学会東海支部連合大会運営委員会幹事

全件表示 >>

社会貢献活動

  • 中部地区医療・バイオ系シーズ発表会

    中部地区医療・バイオ系シーズ発表会実行委員会  2016年02月  -  2016年02月

  • 名工大テクノフェア2015

    名古屋工業大学  2015年10月  -  2015年10月