浜口 孝司 (ハマグチ タカシ)

HAMAGUCHI Takashi

写真a

所属学科・専攻等

社会工学教育類 経営システム分野
社会工学専攻 経営システム分野

職名

助教

出身大学

  •  
    -
    1994年03月

    名古屋工業大学   工学部   生産システム工学科   卒業

出身大学院

  •  
    -
    1999年03月

    名古屋工業大学  工学研究科  生産システム工学博士課程  修了

  •  
    -
    1996年03月

    名古屋工業大学  工学研究科  生産システム工学専攻(Graduate School of Engineering System Engineering)修士課程  修了

取得学位

  • 名古屋工業大学 -  学士(工学)

  • 名古屋工業大学 -  博士(工学)

  • 名古屋工業大学 -  修士(工学)

所属学会・委員会

  • 2016年06月
    -
    継続中

    一般社団法人 情報処理学会

  • 2013年05月
    -
    継続中

    日本プラント・ヒューマンファクター学会

  • 2005年04月
    -
    2013年02月

    特定非営利活動法人 安全工学会

  • 2001年04月
    -
    継続中

    日本学術振興会 プロセスシステム工学第143委員会

  • 1995年04月
    -
    継続中

    公益社団法人 化学工学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類)

  • 社会システム工学・安全システム

 

研究経歴

  • 制御システムセキュリティ

    機関内共同研究  

    研究期間:  2013年04月  -  現在

  • プラントオペレータ支援システム

    個人研究  

    研究期間:  1994年04月  -  現在

  • 安全システムの構築・変更管理

    国内共同研究  

    研究期間:  1994年04月  -  現在

論文

  • A Hot-Backup System for Backup and Restore of ICS to Recover from Cyber-Attack

    S.Yamamoto, T.Hamaguchi, S.Jing, I.Koshijima, Y.Hashimoto

    Proceedings of the Advances in Human Factors, Software, and Systems Engineering     44 - 53   2016年07月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Zoning Management of Secured Industrial Control System

    W.Machii, A.Tuchiya, T.Aoyama, T.Hamaguchi, Y.Hashimoto, I.Koshijima

    Proceedings of the 7th International Symposium on Design, Operation and Control of Chemical Processes     2016年07月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Generation of Fault Trees for ICS Safety and Security

    H.Moritani, T.Yamamoto, S.Yamamoto, K.Ito, J.Sun, T.Hamaguchi, I.Koshijima, Y.Hashimoto

    Proceedings of the 7th International Symposium on Design, Operation and Control of Chemical Processes     2016年07月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Design Approach of ICS Security Systems

    J.Sun,H.Takagi,K.Ito, H.Moritani,T.Hamaguchi,I.Koshijima, Y.Hashimoto

    Proceedings of the 7th International Symposium on Design, Operation and Control of Chemical Processes     2016年07月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • A Method for Generating Alarm Configurations using DAEs for Plant Alarm System Design

    T.Hamaguchi, H.Sakashita, H.Moritani, K.Takeda,N.Kimura, M.Noda

    Proceedings of the 7th International Symposium on Design, Operation and Control of Chemical Processes     2016年07月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Business Process Model Approach for Management of Plant Alarm System

    Kazuhiro Takeda, Takashi Hamaguchi, Naoki Kimura, Masaru Noda

    Journal of Chemical Engineering of Japan ( The Society of Chemical Engineers )  48 ( 8 ) 641 - 645   2015年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    A plant alarm system is one of the most important elements of the third layer of independent protection layers (IPLs). Management of the plant alarm system has become identified as one of the key issues because of the disasters caused by alarm floods. The instrumentation, systems, and automation society has proposed an alarm management standard. However, an explicit definition of a business process to properly manage the plant alarm system has not been proposed. A plant alarm system is not always designed using the overall information about the plant, because the concreteness and quantity of the information varies along with the stages of the plant design. The requirements for a safety instrumented system may not be satisfied if the design of the plant alarm system was started after all of the stages of the plant design had been completed. The stages of the plant alarm system design should be carried out concurrently with the stages of the plant design. Therefore, the design process of the plant alarm system should be clarified corresponding to the available information at each stage of the design. To clarify the business process concerned with the plant alarm system, a framework is necessary to express the activities with tools, available information and output. Therefore, a business process model (BPM) as the framework for the plant alarm system will be developed. In this paper, we try to express a BPM concerned with a plant alarm system. Even if the developed BPM is incomplete, the BPM approach will have following merits: design rationale for the plant alarm system can be specified and stored, and the plant alarm system can be designed more logically. The stored design rationale and the logically designed plant alarm system are very useful for management of the change of the plant alarm system and ensuring consistency with other safety instruments.

  • A Method for Generation and Check of Alarm Configurations Using Cause-Effect Matrices for Plant Alarm System Design

    Takashi Hamaguchi, B. Mondori, Kazuhiro Takeda, Naoki Kimura, Masaru Noda

    Lecture Notes in Computer Science ( Springer International Publishing )  9173   549 - 556   2015年07月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

    An alarm system must provide useful information to operators as the third layer of an independent protection layer when a chemical plant is at abnormal situation. Therefore, a design method of a plant alarm system is important for plant safety. Because the plant is maintained in the plant lifecycle, the alarm system for the plant should be properly managed through the plant lifecycle. To manage changes, the design rationales of the alarm system should be explained explicitly. This paper investigates a logical and systematic alarm system design method that explicitly explains the design rationales from know-why information for proper management of changes through the plant lifecycle. In this paper, we propose a method for generation and check of alarm configurations using cause-effect matrices for plant alarm system design. The matrices are based on a cause-effect model and used for generation and check of alarm configurations.

  • Modelling of a Business Process for Alarm Management Lifecycle in Chemical Industries

    Kazuhiro Takeda, Takashi Hamaguchi, Naoki Kimura, Masaru Noda

    Lecture Notes in Computer Science ( Springer International Publishing )  9173   579 - 587   2015年07月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

    A plant alarm system is one of important safety equipment. Instrument Society of America has proposed an alarm management lifecycle. Although the lifecycle shows guideline of alarm management, business process activities and information exchange between the activities concerned with alarm management are not represented. To perform the alarm management lifecycle, a business process model for alarm management is necessary. In this paper, we propose an alarm management business process model, called AMBPM here after. We have developed the AMBPM based on a business process model for a plant lifecycle engineering. The AMBPM represents business process activities concerned with an alarm management and information exchange between the activities. In a case study, a business flow of an alarm system design process was derived from the AMBPM. The business flow represents specific activities and information for the respective step, whereas the AMBPM represents whole information concerned with the activities.

  • Strategic security protection for industrial control systems

    Hitomi Takagi, Takahito Morita, Masafumi Matta, Hiroki Moritani, Takashi Hamaguchi, Sun Jing, Ichiro Koshijima, Yoshihiro Hashimoto

    SICE 2015 - 54th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan ( IEEE )    1215 - 1221   2015年07月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

    Even though serious accidents such as explosion or leakage of poisonous substances have not occurred yet, several cyber-attacks, e.g. Stuxnet, Havex and etc. have been developed to attack industrial control systems (ICS) and succeeded to hinder the operation of industries for long term. These mal wares utilized zero-day exploits and concealment. Although countermeasures against them have been developed, new kinds of cyber-attacks will be developed. It looks a vicious spiral. Especially for ICS, safety should be maintained even if the cyber-attacks utilize unknown vulnerability. In this paper, a systematic approach to design protection systems against cyber-attacks for ICS is proposed. Not only the vulnerabilities of the control network but also properties of the process safety are considered to design and evaluate them. The investment for cyber-security should be proposed according to the seriousness of possible hazards, required security level and budgets. The proposed approach enables the strategic decision making. Moreover, the scenarios of incident responses to care safety and security are discussed.

  • A design method of a plant alarm system for first alarm alternative signals using a modularized CE model

    Kazuhiro Takeda, Takashi Hamaguchi, Naoki Kimura, Masaru Noda

    Process Safety and Environmental Protection ( Elsevier B.V. )  92 ( 5 ) 406 - 411   2014年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    Management of a plant alarm system has been identified as one of the key safety issues because of disasters caused by alarm floods. When a chemical plant is at abnormal state, an alarm system must provide useful information to operators as the third layer of an independent protection layer (IPL). Therefore, a method of designing a plant alarm system is important for plant safety. Because the plant is maintained in the plant lifecycle, the alarm system for the plant should be properly managed through the plant lifecycle. To manage changes, the design rationales of the alarm system should be explained explicitly. This paper investigates a logical and systematic alarm system design method that explicitly explains the design rationales from know-why information for proper management of changes through the plant lifecycle. In the method, the module structure proposed by Hamaguchi et al. (2011) to assign a fault origin to be distinguished is extended. Using modules to investigate the sets of alarm sensors and the alarm limits setting for first alarm alternative signals to distinguish the fault origin, an alarm system design method is proposed. Also, the completeness of fault propagation for a branch of the cause–effect model as the plant model is explained. Using the modules and the set of fault origins to be distinguished by the alarm system, we try to explicitly explain the design rationales of the alarm system.

全件表示 >>

著書

  • 化学工学の進歩38 バッチプロセス工学

    伊藤 利昭, 渕野 哲郎, 青山 敦, Hossam A. Gabbar, 長谷部 伸治, 北島 禎二, 河野 浩司, 濵口 孝司, 橋本 芳宏, 橋爪 進, 小野木 克明, 杉浦 彰俊, 脇山 昇, 田中 広治, Rafael Batres (担当: 共著 , 担当範囲: 7. 自律分散による変更管理 )

    槇書店  2004年11月 ISBN: 9784837506850

    1988年にISA(The Instrumentation,Systems,and Automation Society)で始まったバッチ制御の国際標準化活動は、バッチプロセスがかかえる問題の整理と、それらを解決するための枠組み作りに貢献した。本書のねらいは、バッチプロセスに関する諸問題の解決に適用できる解法を解説することではない。それよりもむしろ、長年、バッチプロセスの運転・管理などに係わる研究・実務に携わってきた者の立場から、これらの問題のとらえ方と解決に至る道筋を示すことにある。あわせて、国際標準化の概要および動向と、これがもたらす効果、影響を示すことにある。

総説・解説記事

  • マルチエージェントによるバッチプロセス管理システム

    伊藤利昭, 橋本芳宏, 濵口孝司

    M&E ( 工業調査会 )  29 ( 3 ) 124 - 127   2002年03月

    総説・解説(商業誌)   共著

  • 航空機着陸時における航空誘導の支援

    濵口孝司

    化学工学 ( 化学工学会 )  64 ( 4 ) 208 - 208   2000年04月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   単著

研究発表

  • Unsafe Situations Avoidance Systems using ICS Sandbox and backup systems for Plant Operation

    Takashi Hamaguchi, Shinya Yamamoto, Takuya Tagawa, Hiroki Mase, Ichiro Koshijima, Yoshihiro Hashimoto  [招待有り]

    The 6th International Symposium on Advanced Control of Industrial Processes  (Howard Civil Service International House, Taipei, Taiwan.)  2017年05月  -  2017年05月 

  • プラント制御システムに対するサイバー攻撃を考慮したリスクアナリシス用CADシステム

    坂下博人, 浜口孝司, 越島一郎, 橋本芳宏

    日本設備管理学会 平成28年度 秋季研究発表大会  (三菱電機(株)名古屋製作所)  2016年11月  -  2016年11月  日本設備管理学会

  • セキュリティ強化のための制御系用sandbox

    山本真也, 田川卓哉, 浜口孝司, 越島一郎, 橋本芳宏

    第59回自動制御連合講演会  (北九州国際会議場)  2016年11月  -  2016年11月  日本機械学会, 計測自動制御学会, システム制御情報学会, 化学工学会, 精密工学会, 日本航空宇宙学会, 電気学会

  • プラントアラームシステムマネジメントから見たプラントライフサイクルエンジニアリング業務のプロセスモデリングアプローチ

    武田和宏, 浜口孝司, 木村直樹, 野田賢

    化学工学会 第48回秋季大会  (徳島大学)  2016年09月  -  2016年09月  化学工学会

  • 制御システムへのサイバー攻撃に対するリスクアナリシス

    浜口孝司, 森谷祥貴, 坂下博人, 橋本芳宏

    第6回横幹連合コンファレンス  (名古屋工業大学)  2015年12月  -  2015年12月  横幹連合

  • プラントとアラームのライフサイクルに基づくアラームシステムのためのBPM検討

    武田和宏, 浜口孝司, 木村直樹, 野田賢

    化学工学会 第46回秋季大会  (九州大学)  2014年09月  -  2014年09月  化学工学会

  • プラントアラームマネジメントのためのBPMアプローチ

    武田 和宏, 濵口 孝司, 木村 直樹, 野田 賢

    日本機械学会 2014年度年次大会  (東京電機大学)  2014年09月  -  2014年09月  日本機械学会

  • BPM Approach for Descibing Plant Alarm System Design Process

    K.Takeda, T.Hamaguchi, N.Kimura, M.Noda

    WCOGI 2014  2014年06月  -  2014年06月 

  • Development of CAD for Plant-wide Control Loop Configuration

    M.Kojima, K.Watanabe, H.Moritani, J.Sun, T.Hamaguchi, Y.Hashimoto

    ADCONIP 2014  2014年05月  -  2014年05月 

  • Detection of Cyber-Attacks with Zone Dividing and PCA

    T.Hamaguchi, B.Mondori, K.Takeda, N.Kimura, M.Noda

    KES2013  (Kitakyushu International Conference Center, Kitakyushu-shi, Fukuoka)  2013年09月  -  2013年09月 

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • サイバー攻撃早期警戒による、被害分離・遮断用サイバー・タグアウト手法の開発

    基盤研究(A)

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月  代表者:  越島 一郎

  • サイバー攻撃を考慮した制御系と緊急シャットダウンシステム構築法の開発

    基盤研究(B)

    研究期間:  2013年04月  -  2016年03月  代表者:  橋本 芳宏

  • セキュリティを含めたプラントの本質安全システム構築法の開発

    基盤研究(B)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月  代表者:  越島 一郎

 
 

学会・委員会等活動

  • 2016年06月
    -
    現在

    一般社団法人 情報処理学会   正会員

  • 2015年01月
    -
    現在

    プロセスシステム工学 アジア 2016   National Organization Committee

  • 2013年05月
    -
    現在

    日本プラント・ヒューマンファクター学会   個人会員

  • 2010年04月
    -
    2017年03月

    公益社団法人 化学工学会   システム・情報・シミュレーション部会 幹事

  • 2006年04月
    -
    2011年03月

    日本学術振興会 プロセスシステム工学第143委員会   常設分科会JBF 幹事

  • 2005年04月
    -
    現在

    特定非営利活動法人 安全工学会   普通会員

  • 2001年04月
    -
    現在

    日本学術振興会 プロセスシステム工学第143委員会   学術委員

  • 1995年04月
    -
    現在

    公益社団法人 化学工学会   正会員

  • 1993年04月
    -
    現在

    公益社団法人 計測自動制御学会   正会員

社会貢献活動

  • 制御系サイバーセキュリティ・ワークショップ CSIRT編

    名古屋工業大学 越島・橋本・渡辺研究室  (名古屋工業大学)  2016年09月  -  2016年09月

  • 公開講座 制御システムセキュリティワークショップ

    名古屋工業大学  (名古屋工業大学)  2016年07月  -  2016年07月

  • 制御系サイバーセキュリティ・ワークショップ 復旧対応編

    名古屋工業大学 越島・橋本・渡辺研究室  (名古屋工業大学)  2016年03月  -  2016年03月

  • 制御系サイバーセキュリティ・ワークショップ 予兆・緊急対応編(バックステージ・ツアー)

    名古屋工業大学 越島・橋本・渡辺研究室  (名古屋工業大学)  2016年03月  -  2016年03月

  • 名古屋工業大学 制御系サイバーセキュリティ・ワークショップ

    名古屋工業大学 越島・橋本・渡辺研究室  (名古屋工業大学)  2015年08月  -  2015年08月

  • 第31回プラントオペレーションに関する現場監督者セミナー

    化学工学会関西支部, 化学工学会SIS部会プラントペレーション分科会  (大阪ガス(株)奥池ロッジ)  2013年11月  -  2013年11月

  • 化学工学会 第45回秋季大会 シンポジウム 企画

    化学工学会 SIS部会  プロセスシステム工学の最近の進歩  (岡山大学 津島(東)キャンパス)  2013年09月  -  2013年09月

    オーガナイザー

  • 国際会議KES2013 Invited Session 企画

    2013年09月  -  2013年09月

    オーガナイザー

  • 化学工学会 第44回秋季大会 シンポジウム 企画

    化学工学会 SIS部会  プロセスシステム工学の最近の進歩  (東北大学 川内北キャンパス)  2012年09月  -  2012年09月

    オーガナイザー

  • 第29回プラントオペレーションに関する現場監督者セミナー

    化学工学会関西支部, 化学工学会SIS部会プラントオペレーション分科会  (大阪ガス(株)奥池ロッジ)  2011年12月  -  2011年12月

全件表示 >>