和田山 正 (ワダヤマ タダシ)

WADAYAMA Tadashi

写真a

所属学科・専攻等

情報工学教育類 ネットワーク分野
情報工学専攻 ネットワーク分野

職名

教授

出身大学

  •  
    -
    1991年03月

    京都工芸繊維大学   工芸学部   電子工学科  

出身大学院

  •  
    -
    1993年03月

    京都工芸繊維大学  工学研究科  電子情報修士課程 

取得学位

  • 京都工芸繊維大学 -  工学博士

所属学会・委員会

  •  
     
     

    IEEE

  •  
     
     

    電子情報通信学会

専門分野(科研費分類)

  • 通信・ネットワーク工学

 

研究経歴

  • 符号化変調方式に関する研究

    個人研究  

    研究期間:   - 

  • 2元線形符号の重み分布に関する研究

    個人研究  

    研究期間:   - 

  • 低密度パリティ検査符号に関する研究

    個人研究  

    研究期間:   - 

論文

  • Mean-fi eld analysis of network connectivity against stochastic node removals 

    S. Takabe, T. Nakano, T. Wadayama

    BIFI International Conference 2018      2018年  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Trainable ISTA for Sparse Signal Recovery

    Daisuke Ito, Satosh Takabe, Tadashi Wadayama

    IEEE International Conference on Communications (ICC2018) workshop     2018年  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Asymptotic Analysis on Spatial Coupling Coding for Two-Way Relay Channels

    Sathoshi Takabe, Y. Ishimatsu, Tadashi Wadayama, Masahito Hayashi

    2018 IEEE International Symposium on Information Theory (ISIT2018)     2018年  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • k-connectivity of Random Graphs and Random Geometric Graphs in Node Fault Model

    Satoshi Takabe, Tadashi Wadayama

    ISITA 2018     2018年  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Analysis on Probabilistic Construction of Connected Dominating Sets over Regular Graph Ensembles

    Takafumi Nakano, Tadashi Wadayama

    ISITA 2018     2018年  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Secure Computation-and-Forward Communication with Linear Codes

    Masahito Hayashi, Angeles Vazquez-Castro, Tadashi Wadayama

    2018 IEEE Information Theory Workshop (ITW2018)     2018年  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Connectivity of Ad Hoc Wireless Networks with Node Faults

    Satoshi Takabe, Tadashi Wadayama

    2018 IEEE Globecom     2018年  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Quantizer Optimization based on Neural Quantizer for Sum-Product Decoder

    Tadashi Wadayama, Sathosh Takabe

    2018 IEEE Globecom     2018年  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Construction of Fixed Rate Non-Binary WOM Code based on Integer Programming

    Yoju Fujino, Tadashi Wadayama

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences ( 電子情報通信学会 )  E100 ( 12 )   2017年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • On Zero Error Capacity of Nearest Neighbor Error Channels with Multilevel Alphabet

    Takafumi Nakano, Tadashi Wadayama

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences ( 電子情報通信学会 )  E100 ( 12 )   2017年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書

  • 情報理論

    内匠逸編(和田山:3,9章担当) (担当: 共著 )

    オーム社  2010年11月

  • 誤り訂正技術の基礎

    和田山正 (担当: 単著 )

    森北出版  2010年07月

総説・解説記事

  • 圧縮センシングにおける完全再現十分条件について

    和田山正

    日本神経回路学会誌 ( 日本神経回路学会 )    2010年06月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   単著

研究発表

  • 双方向リレー通信路における空間結合LDPC符号の漸近性能解析

    高邉賢史,和田山正,林正人

    MIKA2018  (静岡)  2018年09月  -  2018年09月  電子情報通信学会

  • 大規模過負荷 MIMO 通信における深層学習を用いた反復検出法

    今西真之,高邉賢史,和田山正

    MIKA2018  (静岡)  2018年09月  -  2018年09月  電子情報通信学会

  • 深層学習技術と信号処理・通信系アルゴリズム ~ 概観と展望 ~

    和田山正

    情報理論研究会 [招待講演]   (奈良)  2018年07月  -  2018年07月  電子情報通信学会

  • 双方向リレー通信路における空間結合LDPC符号の漸近性能解析

    高邉賢史,和田山正,林正人

    情報理論研究会  (東京)  2018年05月  -  2018年05月  電子情報通信学会

  • 圧縮センシングのための非凸ノルムを用いた学習可能アルゴリズム

    高邉賢史,和田山正,樺島祥介

    日本物理学会秋季大会  (京都)  2018年  -  2018年 

  • 固定長列符号化に基づく2次元制約符号の達成可能レートの導出

    平田 和哉,和田山 正

    IT研究会  (香川)  2018年  -  2018年 

  • 非凸Lqノルム正則化項をもつ圧縮センシングの統計力学的解析

    高邉賢史,和田山正,樺島祥介

    日本物理学会第73回年次大会  (東京)  2018年  -  2018年 

  • 双方向リレー通信路におけるLDPC符号の漸近性能

    石松 佑太,高邉 賢史,和田山 正,林 正人

    IT研究会  (東京)  2018年  -  2018年 

  • Probabilistic Analysis of Network Reliability and Robustness in Node Fault Model

    高邉賢史,和田山正

    SITA2017  (新潟)  2017年  -  2017年 

  • 確率的ノード故障モデルにおける連結性に関する相転移現象

    高邉賢史,中野貴文,和田山正

    ネットワーク科学セミナー2017  (東京)  2017年  -  2017年 

全件表示 >>

学術関係受賞

  • ストレージ研究推進研究機構(SRC) 2010年度 論文賞

    2011年06月11日   ストレージ研究推進研究機構(SRC)  

    受賞者:  和田山正

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 確率的手法に基づく符号理論の新展開

    基盤研究(B)

    研究期間:  2014年04月  -  2016年03月  代表者:  和田山正

 

教育活動に関する受賞

  • 電子情報通信学会 情報理論とその応用サブソサエティ学生優秀発表賞

    2016年02月   電子情報通信学会 情報理論とその応用サブソサエティ  

    受賞者: 大島貴弘

 

学会・委員会等活動

  • 2014年12月
    -
    2015年04月

    電子情報通信学会   情報理論とその応用シンポジウム 庶務担当