木下 隆利 (キノシタ タカトシ)

KINOSHITA Takatoshi

写真a

所属学科・専攻等

---

職名

理事

メールアドレス

メールアドレス

出身大学

  •  
    -
    1975年03月

    名古屋工業大学   工学部   繊維高分子工学   卒業

出身大学院

  •  
    -
    1984年03月

    東京工業大学  工学研究科  博士課程  修了

  •  
    -
    1977年03月

    名古屋工業大学  工学研究科  繊維高分子工学修士課程  修了

取得学位

  • 名古屋工業大学 -  工学修士

  • 東京工業大学 -  工学博士

所属学会・委員会

  •  
     
     

    繊維学会「超臨界流体研究会」

  •  
     
     

    高分子学会「高分子と水・分離に関する研究会」

  •  
     
     

    日本膜学会

  •  
     
     

    日本化学会

  •  
     
     

    日本MRS

全件表示 >>

専門分野(科研費分類)

  • 高分子化学

 

研究経歴

  • 機能性インターフェイス

    個人研究  

    研究期間:   - 

  • 生態膜模倣システム

    個人研究  

    研究期間:   - 

論文

  • The High Orientation of Polypeptide in the Monolayer and the Self-Oscillation

    Takatoashi Kinoshita

    Oleoscience   1 ( 9 ) 943-948   2001年04月

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • 両親媒性ポリペプチドからなる分子集合体の構築

    Takatoashi Kinoshita

    機能材料   21 ( 10 ) 38-44   2001年04月

    研究論文(その他学術会議資料等)   単著

  • 生体界面に学ぶ

    Takatoashi Kinoshita

    文部科学教育通信   32 ( 37 ) 20 - 21   2001年04月

    研究論文(その他学術会議資料等)   単著

  • Control of Molecular Orientation of α-Helix in the Monolayer at Air-Water Interface

    Takatoashi Kinoshita

    Bull. Chem. Soc. Jpn   74 ( 4 ) 1 - 5   2001年04月

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • 配位子を内包するペプチドミセルの調製

    Takatoashi Kinoshita

    高分子論集   58 ( 4 ) 202 - 208   2001年04月

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • The High Orientation of Polypeptide in the Monolayer and the Self-Oscillation

    Takatoashi Kinoshita

    Oleoscience     2001年04月

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • Structure and Molecular Recognition Properties of an Amphiphilic Poly(allylamine) Micelle Containing Poly(L-alanine) Graft Chains

    Takatoashi Kinoshita

    Koubunshi Ronbunshu   58 ( 2 ) 267 - 272   2001年04月

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • Aggregation of Polypeptide-Based Amphiphiles in Water

    Takatoashi Kinoshita

    Polym. J   33 ( 2 ) 160 - 164   2001年04月

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • 膜の微細構造制御と評価

    Takatoashi Kinoshita

    高分子   50 ( 9 ) 648 - 651   2001年04月

    研究論文(その他学術会議資料等)   単著

  • Construction of Molecular Assembly Composed of Amphiphilic Polypeptide

    Takatoashi Kinoshita

    Function & Materials     2001年04月

    研究論文(その他学術会議資料等)   単著

全件表示 >>

著書

  • ナノの繊維が織り成す不思議なゲル、「究極のかたちをつくる -粉が織り成す次世代モノづくり」

    - (担当: 共著 )

    日刊工業新聞社  2009年04月

  • 新規クロミック材料の最新技術、 「高分子組織膜における構造発色とセンサー機能」

    - (担当: 共著 )

    シーエムシー出版  2005年04月

  • Nanotechnology and Nano-Interface Controlled Electronic Devices, "Structural color forming system composed of polypeptide-based LB films" 13

    - (担当: 共著 )

    ELSEVIER  2003年04月

  • 「Recent Research Developments in Pure & Applied Chemistry, "Peptide-based molecular membrane systems at interfaces" vol. 3」

    - (担当: 共著 )

    TRANSWORLD RESEARCH NETWORK  1999年04月

  • 「生体工学(化学工学の進歩)Bio-engineering) 32巻」

    - (担当: 共著 )

    槇書店  1998年04月

  • 「ポリマー材料百科事典 The Polymeric Materials Encyclopedia 12巻」

    - (担当: 共著 )

    CRC Press, Inc.  1996年04月

  • 「染色加工の事典」

    - (担当: 共著 )

    日本学術振興会繊維・高分子機能加工 

研究発表

  • Preparation and Characterization of Self‐Assembled pH‐Responsive Hydrogels Composed of the RATEA16 Peptide

    -

    The 1st FAPS Polymer Congress  2009年04月  -  2009年04月 

  • The Construction of Peptide Nano‐Fiber with Spontaneous Secondary Structural Transition at the Solid/Liquid Interface

    -

    The 1st FAPS Polymer Congress  2009年04月  -  2009年04月 

  • Two‐Dimensional Patterning of Peptide‐PEG Diblock Copolymer at Mica/Water Interface

    -

    The 1st FAPS Polymer Congress  2009年04月  -  2009年04月 

  • Immobilization and Orientation of Au Nanoparticles on Self‐Assembled β‐Sheet Peptide Template by Nucleobase Pair

    -

    The 1st FAPS Polymer Congress  2009年04月  -  2009年04月 

  • Artificial Extracellular Matrix Proteins Containing Phenylalanine Analogues Biosynthesized Using an in vivo T7 Expression System

    -

    The 1st FAPS Polymer Congress  2009年04月  -  2009年04月 

  • The Annealing Effect of 2D Nano Patterning Using Peptide‐PEG Block Copolymer

    -

    The 1st FAPS Polymer Congress  2009年04月  -  2009年04月 

  • Influence of Spreading Solvent on Two‐Dimensional Nano‐Pattern of PEGylated β‐Sheet Peptide

    -

    The 1st FAPS Polymer Congress  2009年04月  -  2009年04月 

  • Peptide Secondary Structural Transition by Sorption of Organic Solvent

    -

    The 1st FAPS Polymer Congress  2009年04月  -  2009年04月 

  • Preparation and Conductive Properties of Graphite/Polymer Nanocomposites

    -

    5th International Conference on Science and Technology of Composite Materials(COMATCOMP’09)  2009年04月  -  2009年04月 

  • Preparation and Electrical Resistivities of Ag/PP Nanocomposites

    -

    5th International Conference on Science and Technology of Composite Materials(COMATCOMP’09)  2009年04月  -  2009年04月 

その他研究活動

  • 特定ゲルのイオン透過並びに諸物性の測定

    2005年04月  -  2005年04月

  • 特定ゲルのイオン透過並びに諸物性の測定

    2005年04月  -  2005年04月

  • 国際宇宙ステーションを利用した新素材の創成とその応用

    2004年04月  -  2004年04月

  • 環境調和型高機能有機-無機ハイブリッドナノ材料開発

    2004年04月  -  2004年04月

  • 環境ホルモン可視化センサーの創製

    2004年04月  -  2004年04月

  • 特定ゲルのイオン透過並びに諸物性の測定

    2004年04月  -  2004年04月

  • 特定ゲルのイオン透過並びに諸物性の測定

    2003年04月  -  2003年04月

  • 環境調和型高機能有機-無機ハイブリッドナノ材料開発

    2003年04月  -  2003年04月

  • ペプチドを基とする機能性インターフェイスの設計

    2003年04月  -  2003年04月

  • ペプチド型信号伝達機能の構築とその機能制御

    2003年04月  -  2003年04月

全件表示 >>

学術関係受賞

  • BCSJ賞(日本化学会)

    2001年04月   -  

    受賞者:  -

  • 繊維学会賞

    1999年04月   -  

    受賞者:  -

  • 永井科学技術財団学術賞(永井科学技術財団)

    1983年04月   -  

    受賞者:  -

  • 祖父江記念賞(繊維学会)

    1983年04月   -  

    受賞者:  -