一瀬 郁夫 (イチノセ イクオ)

ICHINOSE Ikuo

写真a

所属学科・専攻等

物理工学教育類 応用物理分野
物理工学専攻 応用物理分野

職名

教授

出身大学

  •  
    -
    1977年03月

    東京工業大学   理学部   物理学   卒業

出身大学院

  •  
    -
    1982年03月

    東京工業大学  理工学研究科  物理学博士課程  修了

取得学位

  • 東京工業大学 -  理学修士

  • 東京工業大学 -  理学博士

学外略歴

  • 1996年04月
    -
    2001年03月

      東京大学大学院総合文化研究科   助手

  • 1985年09月
    -
    1987年08月

      ニューヨーク市立大学   研究員

  • 1983年04月
    -
    1996年03月

      東京大学教養学部   助手

  • 1982年04月
    -
    1983年03月

      日本学術振興会奨励研究員   日本学術振興会研究員(リサーチ・アソシエイト)

専門分野(科研費分類)

  • 物性Ⅱ

  • 数理物理・物性基礎

  • 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

 

研究経歴

  • 量子ホール効果

    国内共同研究  

    研究期間:   - 

  • 格子ゲージ理論

    国内共同研究  

    研究期間:   - 

  • 極低温原子系

    国内共同研究  

    研究期間:   - 

  • 量子力学基礎と量子情報

    国内共同研究  

    研究期間:   - 

  • 高温超伝導

    国内共同研究  

    研究期間:   - 

論文

  • Out-of-equilibrium dynamics of multiple second-oder phase transitions in extended Bose-Hubbard model: Superfluid, supersolid and density wave

    K.Shimizu, T.Hirano, J.Park, Y.Kuno, I.Ichinose

    Phys. Rev. A ( American Physical Society )  98   2018年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Localization and delocalization of fermions in a background of correlated spins

    T.Takaishi, K.Sakakibara, I.Ichinose, T.Matsui

    Phys. Rev. B ( Americal Physical Society )  78   2018年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Dynamics of first-order quantum phase transitions in extended Bose-Hubbard model: from density wave to superfluid and vice versa

    K.Shimizu, T.Hirano, J. Park, Y.Kuno, I.Ichinose

    New J. Phys. ( IOP )  20   083006   2018年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Generalized lattice Wilson-Dirac fermions in (1+1) dimensions for atomic quantum simulation and topological phases

    Y. Kuno, I. Ichinose, Y. Takahashi

    Scientific Reports ( Nature )  8   10699   2018年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Dynamics of a quantum phase transition in the Bose-Hubbard model: Kibble-Zurek mechanisum and beyond

    K.Shimizu, Y.Kuno, T.Hirano, I.Ichinose

    Phys. Rev. A ( American Physical Society )  97 ( 3 ) 033626   2018年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Various Topological Mott insulators and topological bulk charge pumping in strongly-interacting boson system in one-dimensional superlattice

    Y.Kuno, K.Shimizu, I.Ichinose

    New J Physics ( IOP )  19 ( 12 ) 123025   2017年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Phase diagrams of Bose-Hubbard model and antiferromagnetic spin 1/2 model on a honeycomb lattice

    T. Nakafuji, I. Ichinose

    Phys. Rev. A ( Americal Physical Society )  96   013628   2017年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Quantum simulation of (1+1)-dimensional U(1) gauge-Higgs model on a lattice by cold Bose gases

    Y.Kuno, S.Sakane, K.Kasamatsu, I.Ichinose, T.Matsui

    Phys. Rev. D ( Americal Physical Society )  95 ( 9 ) 094507   2017年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Phase diagrams of the extended Bose-Hubbard model in one dimension by Monte-Carlo simulation with the help of a stochastic-series expansion

    K.Kawaki, Y.Kuno, I.Ichinose

    Phys. Rev. B ( American Physical Society )  95   195101   2017年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Bosonic analogs of fractional quantum Hall state in the vicinity of Mott states

    Y.Kuno, K.Shimizu, I.Ichinose

    Phys. Rev. A ( American Physical Society )  95 ( 1 ) 013607(1) - 013607(13)   2017年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書

  • 力学

    一瀬郁夫 (担当: 単著 )

    学術図書出版  2011年10月 ISBN: 978-4-7806-0260-9

  • 基礎実験

    - (担当: 共著 )

    東京大学出版会  2000年04月

  • 物性科学辞典

    三浦 登, 他 (担当: 共著 )

    東京書籍  1995年10月

総説・解説記事

  • Lattice gauge theory for condensed matter physics: Ferromagnetic superconductivity as its example

    I.Ichinose and T.Matsui

    Mod. Phys. Lett. B ( World Scientific )  28 ( 22 ) 1430012-1 - 1430012-33   2014年09月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

研究発表

  • 時間依存Gutzwiller法による3次元ボーズ・ハバードモデルの動的量子相転移

    平野貴弘、清水啓太、久野義人、一瀬郁夫

    日本物理学会2018年秋季大会  (同志社大学京田辺キャンパス)  2018年09月  -  2018年09月  日本物理学会

  • 拡張された流れ関数を用いたボーズ・アインシュタイン凝縮体の動的記述

    折戸隆寛、一瀬郁夫

    日本物理学会2018年秋季大会  (同志社大学京田辺キャンパス)  2018年09月  -  2018年09月  日本物理学会

  • ボーズ・ハバードモデルにおける人工磁場クエンチによる動的量子相転移

    清水啓太、一瀬郁夫、久野義人

    日本物理学会2018年秋季大会  (同志社大学京田辺キャンパス)  2018年09月  -  2018年09月  日本物理学会

  • 光格子冷却原子系におけるDirac fermion 量子シミュレーターの構築とそのトポロジカル物性

    久野義人、高橋義朗、一瀬郁夫

    熱場の量子論とその応用2018  (理化学研究所和光市)  2018年08月  -  2018年08月  理化学研究所

  • 人工磁場クエンチによる動的量子相転移

    清水啓太、一瀬郁夫、久野義人

    熱場の量子論とその応用2018  (理化学研究所和光市)  2018年08月  -  2018年08月  理化学研究所

  • 人工磁場クエンチによる動的量子相転移現象

    清水啓太、一瀬郁夫、久野義人

    量子情報・物性の新潮流  (東京大学物性研究所)  2018年07月  -  2018年08月  東京大学物性研究所

  • ホールをドープしたスピンー軌道相互作用を有するBose t-J model の基底状態

    中藤敬、一瀬郁夫

    日本物理学会第73回年次大会  (東京理科大学野田キャンパス)  2018年03月  -  2018年03月  日本物理学会

  • 時間依存Gutzwiller法による拡張ボーズハバードモデルの動的量子相転移I

    清水啓太、平野貴弘、久野義人、J.Park、一瀬郁夫

    日本物理学会第73回年次大会  (東京理科大学野田キャンパス)  2018年03月  -  2018年03月  日本物理学会

  • 時間依存Gutzwiller法による拡張ボーズハバードモデルの動的量子相転移II

    平野貴弘、清水啓太、久野義人、J.Park、一瀬郁夫

    日本物理学会第73回年次大会  (東京理科大学野田キャンパス)  2018年03月  -  2018年03月  日本物理学会

  • キッブル・ズーレック機構は動的量子相転移をどれだけ語るのか?

    清水啓太、平野貴弘、久野義人、一瀬郁夫

    非平衡物理学の最前線―素粒子・宇宙から物性までー  (理化学研究所(和光))  2017年12月  -  2017年12月  理化学研究所

全件表示 >>

学術関係受賞

  • 手島記念研究奨励論文賞

    1983年04月   -  

    受賞者:  -

 
 

学会・委員会等活動

  • 2002年04月
    -
    現在

    日本物理学会   日本物理学会名古屋支部委員