迫 克也 (サコ カツヤ)

SAKO Katsuya

写真a

所属学科・専攻等

生命・応用化学教育類 ソフトマテリアル分野
生命・応用化学専攻 ソフトマテリアル分野

職名

准教授

研究分野・キーワード

有機化学 芳香族化合物 多環性芳香族化合物 ヘテロ芳香環化合物 有機合成

出身大学

  •  
    -
    1986年03月

    九州大学   理学部   化学   卒業

出身大学院

  •  
    -
    1991年03月

    九州大学  理学研究科  化学博士課程  修了

取得学位

  • 九州大学 -  理学修士

  • 九州大学 -  理学博士

学外略歴

  • 1998年10月
    -
    1999年07月

      ドイツ連邦共和国マックス・プランク研究所   -

所属学会・委員会

  •  
     
     

    有機合成化学協会

  •  
     
     

    応用物理学会有機分子・バイオエレクトロニクス分科会

  •  
     
     

    アメリカ化学会

  •  
     
     

    シクロファン研究会

  • 2005年04月
    -
    継続中

    日本化学会

専門分野(科研費分類)

  • 有機化学

 

研究経歴

  • 有機エレクトロニクス

    個人研究  

    研究期間:  2000年  -  現在

  • 光応答性導電体

    研究期間:   - 

  • 分子ワイヤー

    研究期間:   - 

  • 光機能分子に関する研究

    個人研究  

    研究期間:   - 

  • 超分子化合物に関する研究

    個人研究  

    研究期間:   - 

  • 有機電導体に関する研究

    個人研究  

    研究期間:   - 

学位論文

  • Synthesis and Conformational Study of [3.3]Metacyclophane Systems

    Katsuya Sako

      1991年03月(年月日)

    学位論文(博士)   単著

論文

  • Syntheses of diaza(hetera)2[1.1.1.1]paracyclophanes by Chapman rearrangement

    Hiroyuki Takemura, Akino Morikawa, Mari Tanaka, Akane Tatsumi, Yukiko Kubota, Natsuko Kaji, Ayako Hasegawa, Fumiko Kumamoto, Tomoko Obara, Tetsuo Iwanaga, Katsuya Sako

    Tetrahedron Letters   61 ( 13 )   2020年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Synthesis and structures of N‑(4‑picolyl)azacalix[4]arene and its bridged derivatives

    H. Takemura, Y. Mogami, K. Okayama, N. Nagashima, K. Orioka, Y. Hayano, A. Kobayashi, T. Iwanaga, K. Sako

    Journal of Inclusion Phenomena and Macrocyclic Chemistry ( Springer )  95   235 - 246   2019年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Alternative preparation and characterization of platinum(II) organometallic dinuclear complexes and oligomers with 3,8‑diethynylphenanthroline derivatives

    Michito Shiotsuka, Takuto Hashimoto, Kenta Matsubara, Katsuya Sako

    Transition Metal Chemistry ( Springer Nature )  43   693 - 703   2018年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Donor–Donor’–Acceptor Triads Based on [3.3]Paracyclophane with a 1,4-Dithiafulvene Donor and a Cyanomethylene Acceptor : Synthesis, Structure, and Electrochemical and Photophysical Properties

    K. Sako, T. Hasegawa, H. Onda, M. Shiotsuka, M. Watanabe, T. Shinmyozu, S. Tojo, M. Fujitsuka, T. Majima, Y. Hirao, T. Kubo, T. Iwanaga, S. Toyota, H. Takemura

    Chemistry - A European Journal   24   11407 - 11416   2018年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Synthesis of N,N'-bridged azacalixarenes

    H. Takemura, K. Sako, T. Iwanaga, A. Tatsumi, Y. Mogami, H. Watanabe, M. Aoki, S. Yûki, Y. Hayano, M. Itaka

    Tetrahedron   74   1991 - 2001   2018年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Macrocyclic Oligothiophene with Stereogenic [2.2]Paracyclophane Scaffolds:Chirotical Properties from pi-Transannular Interactions

    M. Hasegawa, K. Kobayakawa, H. Matsuzawa, T. Nishinaga, T. Hirose, K. Sako, Y. Mazaki

    Chemistry - A European Journal   23 ( 14 ) 3267 - 3271   2017年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Synthesis and photophysical characterization of ruthenium(II) and platinum(II) complexes with bis-pyridylethynylphenanthroline ligands as a metalloligand

    Michito Shiotsuka, Yusuke Ueno, Daiki Asano, Tomoya Matsuoka, Katsuya Sako

    Transition Metal Chemistry   40   673 - 679   2015年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Synthesis and electronic properties of ferrocene-containing organic dyads

    M. Watanabe, Y. J. Chang, Po-T. Chou, A.Staykov, M. Shibahara, K. Sako, T. Ishihara, T. J. Chow

    Tetrahedron Letters   56   1548 - 1551   2015年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Dimeric Tetrathiafulvalene Linked to pseudo-ortho-[2.2]Paracyclophane:Chiral Electrochromic Properties and Use as a Chiral Dopant

    K. Kobayakawa, M. Hasegawa, H. Sasaki, J. Endo, H. Matsuzawa, K. Sako, J.Yoshida,Y. Mazaki

    Chemistry - An Asian Journal   9   2751 - 2754   2014年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Photoinduced Color Change and Photomechanical Effect of Naphthalene Diimides Bearing Alkylamine Moieties in the Solid State

    Y. Matsunaga, K. Goto, K. Kubono, K. Sako, T. Shinmyozu

    Chemistry - A European Journal   20   7309 - 7316   2014年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

研究発表

  • Bis(cyanoethylthio)DTFドナーを組み込んだ[3.3]パラシクロファンの合成

    吉田将之, 小坂井亮輔, 塩塚理仁, 迫克也

    第50回中部化学関係学協会支部連合秋季大会  (松本)  2019年11月  -  2019年11月  中部化学関係学協会支部連合協議会

  • ベイポクロミズムを示す発光性白金フェナントロリン錯体の光物性

    三浦祥平, 纐纈貴子, 迫克也, 塩塚理仁

    第50回中部化学関係学協会支部連合秋季大会  (松本)  2019年11月  -  2019年11月  中部化学関係学協会支部連合

  • 電子供与基を有するドナー・アクセプター二元系パラシクロファンの合成と物性

    伊東真由, 岩永哲夫, 塩塚理仁, 迫克也

    第30回基礎有機化学討論会  (大阪)  2019年09月  -  2019年09月  基礎有機化学会

  • 内部メトキシ基を有する[3.3]メタシクロファン二元系の合成と物性

    東彩和子, 岩永哲夫, 塩塚理仁, 迫克也

    第30回基礎有機化学討論会  (大阪)  2019年09月  -  2019年09月  基礎有機化学会

  • チオフェンユニットを有する新規なTTFドナーの合成と物性

    山口穂華, 谷文都, 五島健太, 塩塚理仁, 迫克也

    第30回基礎有機化学討論会  (大阪)  2019年09月  -  2019年09月  基礎有機化学会

  • ビス(アリルエチニル)(ビス-(トリイソプロピルシリル)エチニル-1,10-フェナントロリン)白金(II)有機金属錯体系の合成と光物性

    荻原基, 後藤有紗, 迫克也, 塩塚理仁

    錯体化学会第69回討論会  (名古屋)  2019年09月  -  2019年09月  錯体化学会

  • 異なる置換基を持ったビス(アリルエチニル)(ジエチニルフェナントロリン)白金(II)有機金属錯体系の合成と光物性

    纐纈貴子, 三浦祥平, 後藤有紗, 迫克也, 塩塚理仁

    錯体化学会第69回討論会  (名古屋)  2019年09月  -  2019年09月  錯体化学会

  • 金属ナノ粒子上に存在するチオフェニルエチニルフェナントロリン誘導体とその配位子を含むルテニウム錯体へのSERS効果

    前田将太, 火箱亮, 迫克也, 塩塚理仁

    錯体化学会第69回討論会  (名古屋)  2019年09月  -  2019年09月  錯体化学会

  • 異なる置換基を持つジエチニルフェナントロリンによる白金(II)有機金属錯体のベイポクロミズム

    纐纈貴子, 後藤有紗, 三浦祥平, 迫克也, 塩塚理仁

    第31回配位化合物の光化学討論会  (富山)  2019年08月  -  2019年08月  複合系の光機能研究会

  • 光機能性ルテニウム(II)-白金(II)超分子錯体の光物性

    舩戸智弘, 西潟将貴, 迫克也, ・塩塚理仁

    第31回配位化合物の光化学討論会  (富山)  2019年08月  -  2019年08月  複合系の光機能研究会

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • スイッチング機能分子ダイオードを指向した電位勾配型シクロファンの創製と物性評価

    基盤研究(C)

    研究期間:  2019年04月  -  現在  代表者:  迫克也

  • 分子ダイオードを指向した新規な電位勾配制御能をもつ三元系シクロファンの創出と評価

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月  代表者:  迫 克也

  • 新規な電子移動制御能を有する三次元分子フォトダイオード素子の創製

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月  代表者:  迫 克也

    剛直な基本構造(B)にドナー(D)、光増感部(P)、アクセプター(A)を三次元的に配置した新規な電子移動制御機能を有するD-B(P)-A三元系分子フォトダイオードの創製を目的とし、光増感部を組み込んだシクロファンにアクセプターあるいはドナーを導入したA-B(P)-A及びD-B(P)-D三元系分子を分子設計合成した。それらの電子スペクトル、発光スペクトル、サイクリックボルタンメトリ-法、分子軌道計算から、光増感部とドナー間あるいはアクセプター間での電子的相互作用を明らかにし、光増感部の光励起状態下における光増感部とドナー間あるいはアクセプター間の分子内電子移動過程の存在を示唆することができた。

  • 電気的なキャリア注入層を有するジアリールエテン誘導体の構築と機能

    特定領域研究

    研究期間:  2009年04月  -  2011年03月  代表者:  谷 敬太

  • 新規な光捕集アンテナ機能を有する三次元分子フォトダイオード素子の創出

    基盤研究(C)

    研究期間:  2008年04月  -  2011年03月  代表者:  迫 克也

    本研究では、ドナー(D)、光増感前駆体(preS)、アクセプター(A)を非平面(直交)あるいは共平面に二次元的に配置した二次元D-preS系及びA-preS系分子を合成した。ポリピリジン金属錯体化のための高い金属配位能を有する4, 5一ジアザフルオレンとアクセプター部としてジシアノエチリデン等のシアノエチリデン部位を共平面上に配置した二次元A-preS系分子を、マイクロ波照射合成法により短時間かつ高収率で合成した。合成したA-preS分子では、分子内電荷移動相互作用及びエレクトロクロミズムを示した。また、4, 5-ジアザフルオレンとドナーであるTTF部位が共平面構造あるいは直交構造に配置した二次元D-preS系分子を配位子とするルテニウム(II)錯体を合成した。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績

  • 超分子配向能を有する被膜性分子導線の開発

    提供機関:  民間財団等  (財)中部電力基礎技術研究所研究助成

    研究期間:  2007年04月  -  2008年03月  代表者:  迫 克也

  • 金属イオンスイッチ機能を有する新しいドナー分子の開発

    提供機関:  民間財団等  財団法人 立松財団研究助成

    研究期間:  1996年04月  -  1997年10月  代表者:  迫 克也

  • TTFユニットを有する新しい機能性ホスト分子の合成と物性

    提供機関:  民間財団等  財団法人 実吉奨学会研究助成金

    研究期間:  1992年09月  -  1993年10月  代表者:  迫 克也

  • 新奇な機能性を有する有機導電性化合物の合成

    提供機関:  民間財団等  石田財団研究助成金

    研究期間:  1991年09月  -  1994年06月  代表者:  迫 克也