白松 俊 (シラマツ シユン)

SHIRAMATSU Shun

写真a

所属学科・専攻等

情報工学教育類 知能情報分野/創造工学教育類
情報工学専攻 知能情報分野

職名

教授

出身大学

  •  
    -
    2000年03月

    東京理科大学   理工学部   情報科学科   卒業

出身大学院

  •  
    -
    2008年03月

    京都大学  情報学研究科  知能情報学専攻博士課程  修了

  •  
    -
    2003年03月

    東京理科大学  理工学研究科  情報科学専攻修士課程  修了

取得学位

  • 京都大学 -  博士(情報学)

所属学会・委員会

  • 2017年05月
    -
    2018年03月

    Linked Open DataチャレンジJapan 2017 実行委員会

  • 2016年09月
    -
    継続中

    人工知能学会 市民共創知研究会 (SIG-CCI)

  • 2016年05月
    -
    2017年03月

    Linked Open DataチャレンジJapan 2016 実行委員会

  • 2015年05月
    -
    2016年03月

    Linked Open DataチャレンジJapan 2015 実行委員会

  • 2014年04月
    -
    継続中

    Linked Open DataチャレンジJapan 2014 実行委員会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類)

  • 知能情報学

  • 図書館情報学・人文社会情報学

  • ウェブ情報学・サービス情報学

 

研究経歴

  • Linked Open Dataを用いた社会問題の構造化・共有化基盤の開発

    個人研究   科学研究費補助金  

    研究期間:  2013年04月  -  2017年03月

  • Linked Open Dataを用いた復興促進情報アセスメントのための復興促進Webプラットフォームの開発

    個人研究   受託研究  

    研究期間:  2012年10月  -  2013年09月

  • 社会問題に対する地球規模の視点を養う背景情報共有化基盤システムの開発

    個人研究   その他の研究制度  

    研究期間:  2012年11月  -  2013年03月

  • 地域コミュニティにおける議論活性化のための住民参画Webプラットフォームの開発

    機関内共同研究   受託研究  

    研究期間:  2010年08月  -  2012年03月

  • 公共事業評価に関するワークショップへのコーパス分析の適用性の検討

    国内共同研究   受託研究  

    研究期間:  2012年09月  -  2012年11月

  • 社会課題と活動内容を日常的に共有化できる市民協働Webプラットフォーム

    個人研究   科学研究費補助金  

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月

  • 議題遷移の可視化と修辞構造理論に基づく公的討議の意見構造化支援システムの開発

    科学研究費補助金  

    研究期間:  2009年04月  -  2011年03月

論文

  • BERT-based Tagging Method for Social Issues in Web Articles

    Tokutaka Hasegawa, Shun Shiramatsu

    Proceedings of Sixth International Congress on Information and Communication Technology: ICICT 2021, London, Volume 1, Springer LNNS ( Springer Nature )  235   897 - 909   2021年09月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Method for Extracting Cases Relevant to Social Issues from Web Articles to Facilitate Public Debates

    Akira Kamiya, Shun Shiramatsu

    Proceedings of Sixth International Congress on Information and Communication Technology: ICICT 2021, London, Volume 2, Springer LNNS ( Springer Nature )  236   1001 - 1013   2021年09月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • A Preliminary Consideration toward Evidence-based Consensus Building through Human-Agent Collaboration on Semantic Authoring Platform

    Shun Shiramatsu, Yasunobu Igarashi

    Proceedings of the 15th International Conference on Knowledge, Information and Creativity Support System     2020年11月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Four Approaches to Developing Autonomous Facilitator Agent for Online and Face-to-Face Public Debate

    Shun Shiramatsu, Ko Kitagawa, Shota Naito, Hiroaki Koura, Chao Cai

    Collaboration Technologies and Social Computing - 26th International Conference, CollabTech 2020, Tartu, Estonia, September 8-11, 2020, Proceedings, Springer LNCS   12324   191 - 200   2020年08月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Estimating Twitter User’s Interest for Inviting Potential Participants into Web-based Debate Platforms based on BERT

    Chao Cai, Shun Shiramatsu

    Proceedings of the 2nd International Conference on Artificial Intelligence in Information and Communication     602 - 607   2020年02月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Developing a Method for Quantifying Degree of Discussion Progress towards Automatic Facilitation of Web-based Discussion

    Ko Kitagawa, Shun Shiramatsu, Akira Kamiya

    Agreement Technologies - 6th International Conference, AT 2018, Bergen, Norway, December 6-7, 2018, Revised Selected Papers, Lecture Notes in Artificial Intelligence ( Springer Nature )  11327   162 - 169   2019年04月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Two Approaches to Supporting Improvisational Ensemble for Music Beginners based on Body Motion Tracking

    Shugo Ichinose, Souta Mizuno, Shun Shiramatsu, Tetsuro Kitahara

    International Journal of Smart Computing and Artificial Intelligence ( International Institute of Applied Informatics )  3 ( 1 ) 55 - 70   2019年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • JamGesture: An Improvisation Support System Based on Physical Gesture Observed with Smartphone

    Souta Mizuno, Shugo Ichinose, Shun Shiramatsu, Tetsuro Kitahara

    Proceedings of the ACM Symposium on Virtual Reality Software and Technology     2018年11月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Support System of Improvisational Ensemble Based on User’s Motion Using Smartphone Sensors

    Souta Mizuno, Shugo Ichinose, Shun Shiramatsu, Tetsuro Kitahara

    Proceedings of the 12th International Conference on Knowledge, Information and Creativity Support Systems     2017年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Tag-based Approaches to Sharing Background Information regarding Social Problems towards Facilitating Public Collaboration

    Masaru Watanabe, Shun Shiramatsu, Yasuaki Goto

    eGose '17 Proceedings of the Internationsl Conference on Electronic Governance and Open Society: Challenges in Eurasia     113 - 118   2017年09月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

全件表示 >>

著書

  • 知識システムの実装基礎―スライドで理解する人工知能技術

    新谷虎松, 大囿忠親, 白松俊 (担当: 共著 )

    コロナ社  2012年09月 ISBN: 978-4339024654

総説・解説記事

研究発表

  • Toward Developing Agents Supporting Evidence-based Consensus Building

    Shun Shiramatsu  [招待有り]

    16th International Conference on Knowledge, Information and Creativity Support Systems  2021年11月  -  2021年11月 

  • A Preliminary Consideration toward Evidence-based Consensus Building through Human-Agent Collaboration on Semantic Authoring Platform

    Shun Shiramatsu, Yasunobu Igarashi

    15th International Conference on Knowledge, Information and Creativity Support System  2020年11月  -  2020年11月 

  • Four Approaches to Developing Autonomous Facilitator Agent for Online and Face-to-Face Public Debate

    Shun Shiramatsu, Ko Kitagawa, Shota Naito, Hiroaki Koura, Chao Cai

    26th International Conference on Collaboration Technologies and Social Computing  2020年08月  -  2020年08月 

  • Developing a Method for Quantifying Degree of Discussion Progress towards Automatic Facilitation of Web-based Discussion

    Ko Kitagawa, Shun Shiramatsu, Akira Kamiya

    6th International Conference on Agreement Technologies  (Bergen, Norway)  2018年12月  -  2018年12月 

  • IBIS構造を用いた議論エージェントによるナレッジグラフ推論アーキテクチャの設計

    白松俊, 張翔宇, 神谷晃, 渡辺賢

    人工知能学会 セマンティックウェブとオントロジー研究会46回研究発表会  (兵庫県淡路市)  2018年11月  -  2018年11月  人工知能学会

  • Developing Agents that Facilitate Large-Scale Online Discussion

    Shun Shiramatsu, Takayuki Ito  [招待有り]

    10th International Conference on Advanced Infocomm Technology  (Stockholm, Sweden)  2018年08月  -  2018年08月 

  • 自律的ファシリテータエージェントのための内容とプロセスを考慮した議論文脈理解モデルの検討

    白松俊, 池田雄人, 北川晃, 幸浦弘昂, 伊藤孝行

    2018年度人工知能学会全国大会(第32回)  (城山ホテル鹿児島)  2018年06月  -  2018年06月 

  • ファシリテーターをサポートするAIを目指して:プロセスとコンテンツの理解モデルをデザインする

    白松俊

    ファシリテーション・シンポジウム 2018 in 北海道  (北海道大学)  2018年06月  -  2018年06月 

  • ファシリテータAIの実現に向けて:ファシリテータ発言の傾向分析と質問自動生成の試行

    白松俊  [招待有り]

    シンポジウム「AIと合意形成」  2017年07月  -  2017年07月 

  • An Approach to Discussion Facilitators' Action Selection based on Expected Utility Calculated with Random Forest Regression

    Shun Shiramatsu, Yuto Ikeda

    The 2016 International Conference on Crowd Science and Engineering  (Vancouver, Canada)  2016年07月  -  2016年07月 

全件表示 >>

工業所有権

  • DISCUSSION SUPPORT DEVICE AND PROGRAM FOR DISCUSSION SUPPORT DEVICE

    特願 PCT/JP2019/031183  特開 US 2021/0319187 A1 

    Takayuki Ito, Shun Shiramatsu, Shota Suzuki

  • 合意形成支援装置および合意形成支援装置用のプログラム

    特願 特願2018-148665 

    伊藤 孝行, 白松 俊

  • 位置推定方法及び位置推定システム

    特願 特願2016-023887 

    白松 俊, 岩田 彰

  • 文単位検索方法、文単位検索装置、コンピュータプログラム、記録媒体及び文書記憶装置

    特願 PCT/JP2007/055448, 特許出願2006-224563, 2008-530812  特開 WO2008/023470  特許 5167546

    白松 俊, 駒谷 和範, 奥乃 博

作品

  • BERTを用いたWeb記事への社会課題タグ自動付与機構

    コンピュータソフト  2019年11月  -  2019年11月

  • 身体動作に基づく即興合奏支援システム

    コンピュータソフト  2016年03月  -  2016年03月

  • ゴオルシェア

    コンピュータソフト  2013年12月  -  2013年12月

    社会課題とその解決目標,さらにその部分目標をLOD化して共有するためのWebサービスを開発した.公的目標のLODに基づき,方向性の似た潜在的協力者を探せるようになる.さらに有力者の目標も共有し,近未来社会像の透明性向上を図る.

  • System for Supporting Web-based Public Debate

    コンピュータソフト  2010年06月  -  2010年06月

  • SalienceGraph

    コンピュータソフト  2008年12月  -  2008年12月

  • WFE-a: RDFaで既存のWebページにアノテーションするブックマークレット

    コンピュータソフト  2014年01月  -  2014年01月

    RDFaで既存のWebページにアノテーションするブックマークレット

  • MissionForest

    コンピュータソフト  2017年03月  -  2017年03月

  • TonalityTouch

    コンピュータソフト  2012年08月  -  2012年08月

  • 議論支援システムcitispe@k

    コンピュータソフト  2012年03月  -  2012年03月

  • 探索的ツイート閲覧支援システム

    コンピュータソフト  2013年09月  -  2013年09月

全件表示 >>

その他研究活動

  • 復興目標LOD

    2012年10月  -  2014年03月

    公共圏における住民間の協働による震災復興を促進することを目指し,関連する資料やニュース記事から復興目標に関する記述を抜き出してLinked Open Dataを試作した.http://data.open-opinion.org/socia/data/Goal?rdf:type=socia:Goal&limit=700 にて公開.LODチャレンジJapan 2013 データセット部門優秀賞.

  • LODデータセットSOCIA (Social Opinions and Concerns for Idal Argumentation)

    2011年02月  -  2012年09月

    住民参画の支援のため,公共圏での議論(特に地域社会での議論)で使える「議論の種」として,地域関連情報のLinked Open Dataを構築し,公開した.

  • 登山計画オントロジー

    2014年07月  -  2016年01月

    登山計画書を機械可読化し,オープンデータ化することで,利便性と再利用性を向上させることを目指し,登山計画を記述するための語彙やデータモデルをオントロジーとして記述した.

  • 登山計画データ

    2014年07月  -  2016年01月

    登山計画書を機械可読化し,オープンデータ化することで,利便性と再利用性を向上させることを目指し,名古屋工業大学ワンダーフォーゲル部の登山計画書をLinked Open Data化した.LODチャレンジJapan 2015にてLOD for Safety賞を受賞.

学術関係受賞

  • LODチャレンジJapan 2013 データセット部門優秀賞

    2014年03月07日   LODチャレンジ実行委員会, セマンティックWebコンファレンス2014  

    受賞者:  白松俊, 中原陽子, 大囿忠親, 新谷虎松

  • 人工知能学会 研究会優秀賞

    2013年06月06日   人工知能学会  

    受賞者:  大囿忠親, 白松俊, 新谷虎松

  • LODチャレンジJapan 2018 アプリケーション部門優秀賞

    2018年12月08日   LODチャレンジ実行委員会   IBIS CREATOR  

    受賞者:  神谷 晃,内藤 勝太,白松 俊,年岡 晃一

  • 第1回ナレッジグラフ推論チャレンジ ベストアイデア賞

    2018年11月25日   人工知能学会 セマンティックウェブとオントロジー研究会   IBIS構造を用いた議論エージェントによるナレッジグラフ推論アーキテクチャ  

    受賞者:  張翔宇, 白松俊, 神谷晃, 渡辺賢

  • Honorable Mention Award

    2017年11月10日   Conference Committee of KICSS 2017   Support System of Improvisational Ensemble Based on User’s Motion Using Smartphone Sensors  

    受賞者:  Souta Mizuno, Shugo Ichinose, Shun Shiramatsu, Tetsuro Kitahara

  • Best Student Paper Award

    2017年07月07日   Conference Committee of IEEE ICA 2017   Generating Questions Asked by Facilitator Agents Using Preceding Context in Web-based Discussion  

    受賞者:  Yuto Ikeda, Shun Shiramatsu

  • LODチャレンジJapan 2015 LOD for Safety賞

    2016年03月19日   LODチャレンジ実行委員会  

    受賞者:  野原章弘, 白松俊, 大囿忠親, 新谷虎松

  • LODチャレンジJapan 2014 審査員特別賞チャレンジデー賞

    2015年03月12日   LODチャレンジ実行委員会  

    受賞者:  一円真治, 白松俊, 野原健美

  • LODチャレンジJapan 2011 チャレンジデー賞

    2012年03月08日   LODチャレンジ実行委員会, セマンティックWebコンファレンス2012  

    受賞者:  白松俊, 佐野博之, 平田紀史, Swezey Robin, 大囿忠親, 新谷虎松

  • 第3回RESASアプリコンテスト さくらインターネット賞

    2019年02月28日   内閣府まち・ひと・しごと創生本部/さくらインターネット   グラフツクラー  

    受賞者:  宮脇克典, 白松俊, 村井弘二, 梅村大輔

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • Linked Open Dataを用いた社会問題の構造化・共有化基盤の開発

    若手研究(B)

    研究期間:  2013年04月  -  2017年03月  代表者:  白松俊

  • 社会課題と活動内容を日常的に共有化できる市民協働Webプラットフォーム

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月  代表者:  白松俊

受託研究受入実績

  • ハイパーデモクラシー:ソーシャルマルチエージェントに基づく大規模合意形成プラットフォームの実現

    提供機関: JST(科学技術振興機構)  一般受託研究

    研究期間: 2020年12月  -  現在  代表者: 伊藤 孝行

  • 人とAIの協調を進化させるセマンティックオーサリング基盤の開発

    提供機関: NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)  一般受託研究

    研究期間: 2020年07月  -  現在  代表者: 橋田 浩一

  • Linked Open Dataを用いた復興促進情報アセスメントのための復興促進Webプラットフォームの開発

    提供機関: JST復興促進センター  一般受託研究

    研究期間: 2012年09月  -  2013年03月  代表者: 白松俊

  • 公共事業評価に関するワークショップへのコーパス分析の適用性の検討

    提供機関: 八千代エンジニヤリング株式会社  一般受託研究

    研究期間: 2012年09月  -  2013年01月  代表者: 白松俊

 
 

学会・委員会等活動

  • 2019年01月
    -
    現在

    人工知能学会 市民共創知研究会 (SIG-CCI)   主査

  • 2015年05月
    -
    2016年03月

    Linked Open DataチャレンジJapan 2015 実行委員会   実行委員

  • 2014年04月
    -
    2015年03月

    Linked Open DataチャレンジJapan 2014 実行委員会   実行委員

  • 2013年06月
    -
    2014年03月

    Linked Open DataチャレンジJapan 2013 実行委員会   実行委員

  • 2021年07月
    -
    2021年12月

    人工知能学会   合同研究会2021実行委員

  • 2021年07月
    -
    2021年12月

    人工知能学会   合同研究会2021実行委員

  • 2021年04月
    -
    2023年03月

    人工知能学会   代議員

  • 2021年04月
    -
    2023年03月

    人工知能学会   代議員

  • 2020年07月
    -
    2020年12月

    人工知能学会   合同研究会2020実行委員

  • 2020年07月
    -
    2020年12月

    人工知能学会   合同研究会2020実行委員

全件表示 >>

社会貢献活動

全件表示 >>