萩原 正弥 (ハギワラ マサヤ)

HAGIWARA Masaya

写真a

所属学科・専攻等

電気・機械工学教育類 機械工学分野
電気・機械工学専攻 機械工学分野

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

出身大学

  •  
    -
    1978年03月

    東京工業大学   工学部   機械物理工学科   卒業

出身大学院

  • 1978年04月
    -
    1980年03月

    東京工業大学  総合理工学研究科  精密機械システム修士課程  修了

取得学位

  • 東京工業大学 -  工学博士

  • 東京工業大学 -  工学修士

学外略歴

  • 1980年04月
    -
    1987年05月

      東京工業大学精密工学研究所   助手

所属学会・委員会

  • 2005年01月
    -
    継続中

    ASTM (ASTM International)

  • 1999年04月
    -
    2001年03月

    日本印刷産業機械工業会

  • 1995年04月
    -
    1999年03月

    日本プラントメンテナンス協会

  • 1994年03月
    -
    継続中

    産業工学国際ジャーナル(International Journal of IETAP)

  • 1989年06月
    -
    継続中

    日本設備管理学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類)

  • 設計工学・機械機能要素・トライボロジー

  • 生産工学・加工学

 

研究経歴

  • ねじ結合部の動的強度保証を実現する新しいフランジ付ナットの国際規格提案

    個人研究   科学研究費補助金  

    研究期間:  2016年04月  -  2018年03月

  • ねじ谷底の残留応力に基づくボルトの疲労強度の定量化

    個人研究   科学研究費補助金  

    研究期間:  2008年04月  -  2011年03月

  • ねじの製造法が締結用おねじ部品の強度に及ぼす影響

    個人研究   委託研究  

    研究期間:  2007年04月  -  2009年03月

  • ねじ谷底の残留応力がボルトの機械的性質に及ぼす影響

    個人研究   受託研究  

    研究期間:  2004年04月  -  2010年03月

  • ねじ締結性能診断装置の開発

    個人研究   科学研究費補助金  

    研究期間:  2001年04月  -  2003年03月

  • ねじ結合部におけるストリッピングに関する研究

    個人研究   科学研究費補助金  

    研究期間:  1997年04月  -  1999年03月

学位論文

  • ねじ締結体の疲労設計に関する研究

    萩原 正弥

      1985年12月(年月日)

    学位論文(博士)   単著

     代表的な締結体における外力とボルト応力の関係を明らかにし,ねじ締結体の体系的な強度設計方式の基礎を示すとともに,ねじ締結体の疲労試験を通して,その有効性を検証した。

論文

  • Effect of bending moment on the fatigue strength of a bolt in bolt/nut assembly

    Masaya HAGIWARA, Ryota SUZUKI and Yutaka INAGAKI

    Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing ( 日本機械学会 )  13 ( 6 ) 1 - 10   2019年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    This study describes an approach to quantify the effect of the bending moment on the fatigue strength of a bolt
    in bolt/nut assembly. To confirm the validity of the conventional fatigue design methodology based on the
    nominal stress acting on the specified nominal stress area, both the fatigue tests with various bending stress
    ratios (nominal bending stress/ nominal total axial stress) and the 3D-FE stress analysis for the corresponding
    conditions were conducted. The results from fatigue tests using a newly developed fatigue testing fixture
    clearly show as bending stress ratio increases, the (virtual) fatigue strength expressed by the nominal stress
    also increases. The results from 3D-FE analysis show that the magnitude of the local bending stress on the
    thread root is lower than the one estimated from nominal axial stress and the stress concentration factor for
    purely tensile loading. The results, however, also show that the magnitude of the local stress acting on the bolt
    thread root is affected by the angular position of nut against the loading axis due to the existence of the
    incomplete thread of nut at the bearing face side. Finally, it is concluded that the conventional fatigue design
    methodology is practically acceptable for tensile force combined with bending moment loading, albeit with
    results that are slightly conservative.

  • Development of a solid bolt/nut model utilized in 3D-FE structural analysis for bolted joints

    Masaya HAGIWARA, Tomohiro KAWAMURA

    Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing ( 日本機械学会 )  12 ( 1 ) jamdsm0001   2018年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    A solid bolt/nut model utilized in 3D-FE analysis is developed, which can save the numbers of elements drastically without downgrading the accuracy of stress anlysis.

  • 転造加工によりねじ谷底に発生する残留応力の推定(3次元FEM解析による転造加工シミュレーション)

    古川 朗洋,萩原 正弥

    日本ねじ研究協会誌 ( 日本ねじ研究協会 )  47 ( 3 ) 65 - 72   2016年03月  [査読有り]  [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    3次元FEMにより,転造加工によってボルトねじ谷底に発生する残留応力分布の推定を行い,その値と吉本の仮説を利用すると,熱処理後転造ボルトの疲労試験結果が正確に推定できることを明らかにした。

  • Estimation of the residual stress on the thread root generated by thread rolling process

    Akihiro FURUKAWA, Masaya HAGIWARA

    Mechanical Engineering Journal   2 ( 4 ) 14-00293   2015年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    ねじの疲労強度に関する仮説検証の一環として,ねじ転造によってねじ谷底に発生する残留応力分布を3次元FE解析で求め,同一材料で作成した環状丸溝試験片の解析及びX線応力測定結果,並びに熱処理後転造ボルト及び転造後熱処理ボルトの疲労試験結果をもとに,その妥当性について検証をおこなった。

  • ダブルナットねじ締結におけるボルトの疲労強度(ロッキング力及びナット高さの影響)

    萩原 正弥,古川 朗洋, 加藤 靖弘,篠原 信征,石田 和也,山田 将士

    日本機械学会論文集(C編)   79 ( 800 ) 1189 - 1195   2013年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    ダブルナットねじ結合におけるボルトの疲労強度に及ぼすロッキング力の影響を調べるため,下ナットの高さを変えた2種類の試験片において疲労試験を行い,ロッキング力を作用させることによって,ボルトの見かけの疲労強度が40~60%向上することを示すとともに,軸対称弾塑性有限要素解析によって破壊部位での局所的応力変動について解析を行い,石橋の仮説を利用して平滑材の疲労強度と比較することにより,疲労試験の結果を定量的に説明できることを明らかにした.

  • Hierarchical Fault Classification Method as a Tool for Analyzing Complex Failures: Application to the Nuclear Power Plant Accidents

    Masaya HAGIWARA

    Proceedings of the 1st Annual World Conference of the Society for Industrial and Systems Engineering     117 - 122   2012年09月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   単著

    階層的故障分類の原理を応用し,複合故障や事故の原因及び影響評価を簡易に行うための方法を提案し,スリーマイル島及び福島第一原子力発電所事故への適用を行っている。

  • Effect of the Residual Stress on the Fatigue Strength of a Bolt in Bolt/Nut Assemblies (Verification of the hypotheses using an axi-symmetric bolt model)

    Akihiro FURUKAWA, Kazunari KAMIYA and Masaya HAGIWARA

    Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing   6 ( 1 ) 189 - 197   2012年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    ねじ谷底の残留応力がボルトの疲労強度に及ぼす影響を明らかにするため、リードのないボルトに予荷重を作用させることによってねじ谷底に解析可能な模擬的残留応力を与え、ボルトねじ谷底の局所的応力変動と疲労強度の関係から、ボルトの疲労強度に関する仮説の検証を行った。

  • 階層的故障分類法による設備保全情報の共有化 -事故や故障の防止を目的とした設備の評価と改善の方策-

    萩原正弥

    経営工学の新たなる挑戦(名古屋工業大学経営工学50周年記念論文集)、三恵社     1 - 6   2011年10月  [招待有り]

    研究論文(その他学術会議資料等)   単著

    階層的故障分類法の原理に基づき故障を分類し、事故や故障による被害を最小化するために必要な保全方式を客観的に評価し、改善策を提示するための手法を提案している。

  • 転造加工による残留応力の発生とそのシミュレーションモデル

    古川朗洋 萩原正弥

    日本ねじ研究協会誌 日本ねじ研究協会   40 ( 12 ) 343 - 348   2009年12月  [査読有り]  [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Development of a New Testing Machine for Torque/Clamp Force Testing for Threaded Fasteners in Accordance with ISO 16047 -Characteristics of a Load/Torque Cell System using Piezoelectric Force Sensors

    Masaya HAGIWARA, Yuki MANO, Masahiko HAMADA, Kazunori NUNOGAMI, Hiro OZEKI, Shinya ITO

    Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing 日本機械学会   3 ( 4 ) 324 - 332   2009年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書

  • VDI 2230高強度ねじ締結の体系的計算方法

    川井 謙一,萩原 正弥,橋村 真治,岡田 学 (担当: 共訳 )

    日本ねじ研究協会  2018年10月 ISBN: 978-4-9902019-3-7

  • 数値解析と表面分析によるトライボロジーの解明と制御

    佐々木信也,萩原正弥ほか (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 第7節 ボルト・ナット 第1項 ねじのトライボロジー )

    (株)テクノシステム  2018年03月 ISBN: 978-4-924728-80-6

  • Resources Utilization and Productivity Enhancement Case Studies

    Anil Mital, Arun Pennathur, Masaya Hagiwara, et. al. (担当: 分担執筆 , 担当範囲: Chapter 3: Standardization of Technical Data Utilized For Maintenance Activities )

    Momentum Press  2015年03月 ISBN: 9781606506790

    第3章において,設備保全情報獲得のための方法論及びデータベース構造について解説。

  • Industrial Resource Utilization and Productivity

    Shihab Asfour and Moataz Eltoukhy, Anoop Desai and Anil Mital, Masaya Hagiwara et.al. (担当: 分担執筆 , 担当範囲: Chapter 11. Maintenance Data Management: Acquiring and Creating Knowledge for Maintence Activities )

    Momentum Press  2010年08月 ISBN: 978-1-60650-130-6

    生産システムにおける設備保全情報(故障情報)を体系的に管理するための新しいしくみ(階層的故障分類法)について説明し,保全方式の適切な選択を可能とする情報管理データベースに対する考察を行っている。

  • ねじ研究十年の成果 -第4編-

    大橋 宣俊,根本 俊雄,賀勢 晋司,萩原 正弥,大磯 義和 他 (担当: 分担執筆 )

    日本ねじ研究協会  2009年11月

  • 最新 機械機器要素技術

    - (担当: 共著 )

    NGT  2008年04月 ISBN: 9784990371319

  • 機械工学便覧 デザイン編 β5 計測工学

    - (担当: 共著 )

    日本機械学会  2007年04月 ISBN: 9784888981613

  • 新版 ねじ締結ガイドブック

    - (担当: 共著 )

    日本ねじ研究協会  2004年04月 ISBN: 4-9902019-0-6

  • ねじ締結部のメンテナンス

    - (担当: 単著 )

    日本プラントメンテナンス協会  1999年04月

  • 生産管理ハンドブック

    - (担当: 共著 )

    日刊工業新聞社  1999年04月 ISBN: 4-526-04355-9

全件表示 >>

総説・解説記事

  • ねじ及びねじ締結の基礎(6)-ねじの締付け管理-

    萩原 正弥

    クレーン ( (一社)日本クレーン協会 )  57 ( 10 ) 7 - 13   2019年10月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • ねじ及びねじ締結の基礎(5)-ねじ締結体設計の手順と方法-

    萩原 正弥

    クレーン ( (一社)日本クレーン協会 )  57 ( 7 ) 7 - 14   2019年07月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • ISO/TC 2国際標準化10年の歩み -2009年から2018年(その2)-

    萩原 正弥

    日本ねじ研究協会誌 ( 日本ねじ研究協会 )  50 ( 6 ) 162 - 171   2019年06月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • ISO/TC 2国際標準化10年の歩み -2009年から2018年(その1)-

    萩原 正弥

    日本ねじ研究協会誌 ( 日本ねじ研究協会 )  50 ( 5 ) 133 - 138   2019年05月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • ねじの基本,設計・選定のポイント

    萩原 正弥

    油空圧技術 ( 日本工業出版 )  58 ( 5 ) 14 - 19   2019年05月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • ねじ及びねじ締結の基礎(4)-ねじ締結体における負荷の求め方-

    萩原 正弥

    クレーン ( (一社)日本クレーン協会 )  57 ( 4 ) 4 - 11   2019年04月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • ねじ及ねじ締結の基礎(3)-ボルトの疲労強度特性-

    萩原正弥

    クレーン ( (一社)日本クレーン協会 )  56 ( 12 ) 未定   2018年12月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

    ボルト・ナット結合の疲労強度特性,影響因子及び試験方法について解説。

  • ねじ及びねじ締結の基礎(2)-ボルト・ナット結合の静的強度特性-

    萩原正弥

    クレーン ( (一社)日本クレーン協会 )  56 ( 8 ) 6 - 15   2018年08月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • ねじ及びねじ締結の基礎(1)-締結用ねじ部品の規格体系-

    萩原 正弥

    クレーン ( (一社)日本クレーン協会 )  56 ( 5 ) 4 - 10   2018年05月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 夹持力-让栓合件变安全的关键

    萩原 正弥

    China Fastener World ( Fastener World Inc. )  ( 50 ) 216 - 217   2017年06月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

全件表示 >>

研究発表

  • Effect of Bending Moment on the Fatigue Strength of a Bolt in Bolt/Nut Assembly

    Masaya Hagiwara, Ryota Suzuki and Yutaka Inagaki

    The 8th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology  (SHIROYAMA HOTEL Kagoshima)  2019年04月  -  2019年04月  日本機械学会

  • Loadability of Hexagon Socket Countersunk Head Screws

    Yuto TAKEUCHI and Masaya HAGIWARA

    The 8th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology  (SHIROYAMA HOTEL Kagoshima)  2019年04月  -  2019年04月  日本機械学会

  • 曲げが作用するボルト/ナット結合体の疲労強度(曲げ応力がボルトの疲労強度に及ぼす影響)

    鈴木涼太,萩原正弥

    日本機械学会2018年次大会  (関西大学千里山キャンパス)  2018年09月  -  2018年09月  日本機械学会

  • ボルト・ナット結合体におけるボルトねじ谷底の3次元応力解析(ズーム法における3次元螺旋モデルの作成)

    稲垣裕,萩原正弥

    日本機械学会2018年次大会  (関西大学千里山キャンパス)  2018年09月  -  2018年09月  日本機械学会

  • フランジ付ナットの形状がボルトの疲労強度に及ぼす影響

    森下一希,萩原正弥

    日本機械学会2018年次大会  (関西大学千里山キャンパス)  2018年09月  -  2018年09月  日本機械学会

  • ねじの降伏締付け軸力及び極限締付け軸力の推定(断面係数及びせん断強度比を考慮した計算式の提案)

    小野有貴,萩原正弥

    日本機械学会2018年次大会  (関西大学千里山キャンパス)  2018年09月  -  2018年09月  日本機械学会

  • 締付けにおけるナット膨張変形について

    平松高宗,萩原正弥

    日本機械学会2018年次大会  (関西大学千里山キャンパス)  2018年09月  -  2018年09月  日本機械学会

  • ダブルナット結合におけるロッキング力の管理方法について-ロッキング特性評価のための試験装置の開発

    今泉剛,萩原正弥

    日本機械学会2018年次大会  (関西大学千里山キャンパス)  2018年09月  -  2018年09月  日本機械学会

  • 六角穴付き皿ボルトの負荷能力(頭部形状が負荷能力に及ぼす影響)

    竹内祐人,萩原正弥

    日本機械学会第18回機素潤滑設計部門講演会  (かみのやま温泉月岡ホテル)  2018年04月  -  2018年04月  日本機械学会

  • 曲げが作用するボルト/ナット結合体の疲労強度(ボルトに任意の曲げ応力が付加できる疲労試験ジグの開発)

    鈴木涼太,萩原正弥

    日本機械学会第18回機素潤滑設計部門講演会  (かみのやま温泉月岡ホテル)  2018年04月  -  2018年04月  日本機械学会

全件表示 >>

工業所有権

  • ボルトの引張試験方法

    特願 2005-229127  特開 2007-046929  特許 4685541

    萩原正弥,ほか4名

  • 雌ねじの有効径検査装置

    特願 昭63-160426  特開 平02-010105 

    吉本勇,萩原正弥ほか3名

  • 雌ねじのピッチ検査法及び装置

    特願 昭62-210700  特開 昭64-54209  特許 2048332

    萩原正弥,小野達弘,吉本勇ほか2名

学術関係受賞

  • 日本機械学会機素潤滑設計部門一般表彰(優秀講演)

    2015年04月23日   日本機械学会機素潤滑設計部門  

    受賞者:  萩原正弥

  • 日本機械学会機素潤滑設計部門一般表彰(優秀講演)

    2013年05月23日   日本機械学会機素潤滑設計部門  

    受賞者:  萩原 正弥

  • 日本機械学会機素潤滑設計部門功績賞

    2012年04月23日   日本機械学会機素潤滑設計部門  

    受賞者:  萩原正弥

  • 日本機械学会フェロー(認定)

    2012年01月18日   日本機械学会  

    受賞者:  萩原正弥

  • 標準事業国際功績賞

    2011年03月29日   日本機械学会  

    受賞者:  萩原正弥

  • 日本ねじ研究協会功績者表彰

    2009年11月   日本ねじ研究協会  

    受賞者:  萩原正弥

  • Silver Certificate(永年会員表彰)

    2009年03月   Society for Experimental Mechanics  

    受賞者:  Masaya Hagiwara

  • 日本ねじ研究協会功績者表彰

    1999年02月   日本ねじ研究協会  

    受賞者:  萩原正弥

  • 日本設備管理学会学会賞 論文賞

    1996年04月   -  

    受賞者:  -

  • 日本機械学会賞奨励賞

    1987年04月   -  

    受賞者:  -

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 16K06043 ねじ結合部の動的強度保証を実現する新しいフランジ付ナットの国際規格提案

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  現在  代表者:  萩原 正弥

  • 20560106 ねじ谷底の残留応力に基づくボルトの疲労強度の定量化

    基盤研究(C)

    研究期間:  2008年04月  -  2010年03月  代表者:  萩原 正弥

    材料の疲労強度からボルトの疲労強度を正確に推定するために,ねじ転造によって発生する残留応力の推定,及び残留応力が疲労強度に及ぼす影響の定量化を行った。

  • 13650151 ねじ締結性能診断装置の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2001年  -  2003年03月  代表者:  萩原 正弥

    ねじ締結における特性値を高精度で測定するための水晶圧電素子を用いた新しいロードセル及びトルクセルの設計・開発を行った。

  • 09450068 ねじ結合部におけるストリッピングに関する研究

    基盤研究(B)

    研究期間:  1997年  -  1999年03月  代表者:  萩原 正弥

    ねじ山のせん断破壊事故の原因を調べるため,静的及び動的荷重下でのねじ山の強度に及ぼすナット高さなどの影響を実験及び数値解析によって明らかにした。

  • 62750122 空気マイクロメータを応用しためねじ総合精度自動測定機に関する基礎研究

    奨励研究

    研究期間:  1987年  -  1988年03月  代表者:  萩原 正弥

    空気マイクロメータの原理を応用し,めねじのピッチ及び有効径を高精度で自動測定できる測定機開発のため,測定精度の確保及びデータ処理に関する基礎研究を行った。

全件表示 >>

受託研究受入実績

  • ボルトの座面形状がねじのゆるみ特性に及ぼす影響について

    提供機関: (株)メイドー  一般受託研究

    研究期間: 2014年04月  -  2016年09月  代表者: 萩原 正弥

  • ねじ谷底の残留応力がボルトの機械的性質に及ぼす影響

    提供機関: (株)青山製作所  一般受託研究

    研究期間: 2005年04月  -  2010年03月  代表者: 萩原 正弥

共同研究実施実績

  • 軽量小形フランジ付ナットの国際規格提案

    提供機関: 日本ねじ研究協会  国内共同研究

    研究期間: 2018年04月  -  現在  代表者: 萩原正弥

    二面幅がフランジ付ボルトと等しく,高さを抑えて30%程度の軽量化が可能となる小形フランジ付ナットについて,国際規格として提案するため,静的強度,動的強度及び製作性のそれぞれの観点から評価を行う。

  • ねじの製造法が締結用おねじ部品の強度に及ぼす影響

    提供機関: 財団法人 豊田理化学研究所 

    研究期間: 2007年04月  -  2009年03月  代表者: 萩原 正弥

     ねじ転造によって製造されたボルトについて,熱処理と転造の順序によって疲労強度が異なるのが残留応力の影響であることを確認し,ボルトの疲労強度がねじ谷底の局所的応力から推定可能であることを示した。

  • 印刷産業機械のネットワーク基盤整備に関する調査研究

    提供機関: 社団法人 日本印刷産業機械工業会  国内共同研究

    研究期間: 1999年04月  -  2001年03月  代表者: 三品 博達

     印刷産業機械に発生する故障や事故を系統的に分類し,DB化することで保全の効率化が可能となるシステムを提案した。

  • ねじ締結部のメンテナンスに関する研究

    提供機関: 社団法人 日本プラントメンテナンス協会  国内共同研究

    研究期間: 1997年04月  -  1998年03月  代表者: 萩原 正弥

     ねじ締結部に発生する不具合や事故の分類を行い,その防止対策(指針)を提示した。

  • 塑性域ねじ締結に関する標準化のための調査研究

    提供機関: 通商産業省工業技術院  国内共同研究

    研究期間: 1983年04月  -  1986年04月  代表者: 吉本 勇

     塑性域ねじ締結された構造体(ねじ締結体)の締付け実験及び締結体の疲労試験を行い,その安全性及び信頼性の検証を行った。

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動

  • 2018年07月
    -
    現在

    日本機械学会   ICMDT2019国際会議ステアリング委員会委員

  • 2018年04月
    -
    現在

    日本ねじ研究協会   表面処理関係JIS原案作成委員会委員長

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    日本機械学会   機素潤滑設計部門・部門長

  • 2016年07月
    -
    2017年04月

    日本機械学会   ICMDT2017国際会議ステアリング委員会委員

  • 2016年04月
    -
    2017年03月

    日本機械学会   機素潤滑設計部門副部門長

  • 2015年06月
    -
    現在

    日本ねじ研究協会   理事

  • 2015年04月
    -
    現在

    日本ねじ研究協会   ISO/TC 1国内委員会委員長

  • 2015年04月
    -
    現在

    日本ねじ研究協会   標準化委員会委員

  • 2015年04月
    -
    現在

    日本機械学会   機素潤滑設計部門運営委員

  • 2014年10月
    -
    2015年04月

    日本機械学会   ICMDT2015国際会議アドバイザリ委員会委員

全件表示 >>