内匠 逸 (タクミ イチ)

TAKUMI Ichi

写真a

所属学科・専攻等

---

職名

理事

メールアドレス

メールアドレス

出身大学

  •  
    -
    1982年03月

    名古屋工業大学   工学部   電子工学   卒業

出身大学院

  •  
    -
    1984年03月

    名古屋工業大学  工学研究科  電子工学修士課程  修了

取得学位

  • 名古屋工業大学 -  工学修士

  • 名古屋工業大学 -  博士(工学)

学外略歴

  • 1984年04月
    -
    1985年11月

      沖電気工学株式会社基盤技術研究所   -

所属学会・委員会

  • 2013年08月
    -
    継続中

    情報処理学会

  • 1993年11月
    -
    継続中

    電気学会

  • 1982年07月
    -
    継続中

    電子情報通信学会

専門分野(科研費分類)

  • 自然災害科学・防災学

  • 通信・ネットワーク工学

  • 計測工学

  • 知能情報学

  • 情報学基礎理論

全件表示 >>

 

研究経歴

  • 環境電磁波と地殻活動の関連性研究

    国内共同研究  

    研究期間:   - 

  • ディジタル信号処理に関する研究

    国内共同研究  

    研究期間:   - 

  • 情報セキュリティに関する研究

    個人研究  

    研究期間:   - 

  • 符号理論に関する研究

    個人研究  

    研究期間:   - 

  • 量子情報理論に関する研究

    国内共同研究  

    研究期間:   - 

論文

  • Implementation of Valid and Stable Algorithm of QL1-NMF for Analyzing Environmental ELF Magnetic Signals

    Motoaki Mouri, Ichi Takumi, Hiroshi Yasukawa

    Proc. 2017 IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium ( IEEE )    5763 - 5766   2017年07月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Recommendation System That Presents the Recommendation Sentence in Alignment with the Contents

    Yuto Ishida, Takahiro Uchiya, Ichi Takumi

    Proc. of The 19-th International Conference on Network-Based Information Systems ( IEEE )    253 - 259   2016年09月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Related Word Recommendation Mechanism for Speech Dialogue System

    Yuto Ishida, Takahiro Uchiya, Kouhei Yamamoto, Daisuke Yamamoto, Ryota Nishimura, Ichi Takumi

    Proc. of The 19-th International Conference on Network-Based Information Systems ( IEEE )    464 - 468   2016年09月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Development of Operations Support Mechanism for Wide-area Distributed Agent Repositories

    Yoshitaka Kato, Takahiro Uchiya, Ichi Takumi, Tetsuo Kinoshita

    Proc. of the 10th International Conference on Complex, Intelligent, and Software Intensive Systems ( IEEE )    321 - 326   2016年07月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Development of Distributed Backup System among Individuals by Introducing Deduplication

    Hiroaki Ishida, Takahiro Uchiya, Ichi Takumi, Tetsuo Kinoshita

    Proc. of the 10th International Conference on Complex, Intelligent, and Software Intensive Systems ( IEEE )    327 - 331   2016年07月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Incorporation of blind source separation in X-ray energy subtraction for extracting solder bumps

    Motoaki Mouri, Hiroshi Yasukawa, Ichi Takumi

    Proc. 2016 IEEE 25th International Symposium on Industrial Electronics (ISIE)     923 - 928   2016年06月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • ELF帯環境電磁界観測信号の背景信号推定における準L1ノルムに基づく非負値行列因子分解アルゴリズムの有用性

    毛利 元昭, 内匠 逸, 安川 博, Andrzej Cichocki

    電気学会論文誌A(基礎・材料・共通部門誌) ( 電気学会 )  136 ( 5 ) 241 - 251   2016年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    Our research group has been measuring Extremely Low Frequency (ELF) magnetic fields across Japan. The ELF measurements are mixtures of signals associated with various natural or artificial phenomena. When focus on specific factor, the signals related to other factors distort analysis result. In order to get specific information accurately, we should estimate desired signals or eliminate undesired signals. We found that Image Space Reconstruction Algorithm (ISRA), one of the Nonnegative Matrix Factorization (NMF) algorithm, works better than independent component analysis to estimate the ELF background signal. However, ISRA sometimes failed to estimate the weight vector for the background signal. We considered that ISRA has weakness for outliers and sparse signals because ISRA is based on minimizing L2 (Frobenius) norm between input matrix and projected matrix from estimated matrices. In order to improve robustness, we developed new methods based on minimizing quasi-L1 norm (QL1-NMF). In the experiment using generated signals and ELF observed signals which had outliers, the proposed method estimate background signal more accurately than ISRA and other L1 norm based algorithms.


  • Design and Implementation of Open-Campus Event System with Voice Interaction Agent

    Takahiro Uchiya, Masaki Yoshida, Daisuke Yamamoto, Ryota Nishimura, Ichi Takumi

    Journal of Mobile Multimedia   11 ( 3&4 ) 237 - 250   2015年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Multiagent-based distributed backup system for individuals

    T. Uchiya, M. Shibakawa, I. Takumi , T. Kinoshita

    Proc. IEEE/ACIS 14th International Conference on Computer and Information Science (ICIS), 2015 ( IEEE )    361 - 366   2015年06月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Revising Algorithm for Nonnegative Matrix Factorization Based on Minimizing Quasi-L1 Norm

    Motoaki Mouri, Ichi Takumi, Hiroshi Yasukawa, Andrzej Cichocki

    Proc. 2014 IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems ( IEEE )    17 - 20   2014年11月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

全件表示 >>

著書

  • 情報理論

    内匠逸,鎌部浩,和田山正,臼田毅,毛利公美,松井一,小西たつ美,岡本英二,岩波保則 (担当: 共編著 , 担当範囲: 序章、第2章 )

    オーム社  2011年09月 ISBN: 978-4-274-20926-0

    情報系、電子通信系の学部学生のための情報理論の教科書。
    LDPC符号やターボ符号、MIMOに関しても記載されている。

研究発表

  • X線によるプリント回路基板検査におけるはんだ接合不良の検出

    毛利 元昭, 安川 博, 内匠 逸

    統計数理研究所共同研究リポート359 非侵襲生体信号の解析・モデル化技術とその周辺(3)  (東京)  2015年12月  -  2015年12月  統計数理研究所

  • Development of Open-Campus Event System Using Voice Interaction Agent

    T. Uchiya, M. Yoshida, D. Yamamoto, I. Takumi

    18th International Conference on Network-Based Information Systems (NBiS), 2015  (Taipei)  2015年09月  -  2015年09月 

  • Development Tool of Q-Nash Learning Agent for Intelligent System

    M. Hibino, T. Uchiya, I. Takumi, T. Kinoshita

    18th International Conference on Network-Based Information Systems (NBiS), 2015  (Taipei )  2015年09月  -  2015年09月 

  • Crowdsourcing Environment to Create Voice Interaction Scenario of Spoken Dialogue System

    Y. Matsushita, T. Uchiya, R. Nishimuray, D. Yamamoto, I. Takumi  [招待有り]

    18th International Conference on Network-Based Information Systems (NBiS), 2015  (Taipei )  2015年09月  -  2015年09月 

  • 準L1 ノルム最小化に基づいた非負値行列因子分解アルゴリズム

    毛利元昭, 内匠逸, 安川博, Andrzej Cichocki

    統計数理研究所研究集会「非侵襲生体信号の解析・モデル化技術とその周辺2」  (東京)  2014年12月  -  2014年12月  統計数理研究所

  • Revising algorithm for nonnegative matrix factorization based on minimizing quasi-L1 norm

    Motoaki Mouri, Ichi Takumi, Hiroshi Yasukawa and Andrzej Cichocki

    2014 IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems (APCCAS)  (Ishigaki, Japan)  2014年11月  -  2014年11月  IEEE

  • Development of a Dialogue Scenario Editor on a Web Browser for a Spoken Dialogue System

    Ryota Nishimura, Daisuke Yamamoto, Takahiro Uchiya, Ichi Takumi

    2nd International Conference on Human Agent Interaction  (Tsukuba, Japan)  2014年10月  -  2014年10月  ACM

  • SSVEPのターゲット周波数とその周辺周波数の関連性について

    船瀬 新王,板井 陽俊,内匠 逸

    日本生体医工学会東海支部大会  (名古屋市)  2014年10月  -  2014年10月  日本生体医工学会

  • Construction of Crowdsourcing Environment for Creation of Voice Interaction Scenario

    Yuichi Matsushita,Takahiro Uchiya,Ryota Nishimura,Daisuke Yamamoto,Takumi Ichi

    IEEE 3rd Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2014)  (Makuhari, Japan)  2014年10月  -  2014年10月  IEEE

  • Experiment of Indoor Position Presumption Based on RSSI of Bluetooth LE Beacon

    Shinsuke Kajioka, Tomoya Mori, Takahiro Uchiya, Ichi Takumi, Hiroshi Matsuo

    IEEE 3rd Global Conference on Consumer Electronics (GCCE)  (Makuhari, Japan)  2014年10月  -  2014年10月  IEEE

全件表示 >>

その他研究活動

  • 岐阜県における電磁波による地震予知観測に関する調査研究

    2003年04月  -  2003年04月

  • 高次元パリティ符号の符号化・復号化アルゴリズムのハードウェア化に関する研究

    2002年04月  -  2002年04月

  • 岐阜県における電磁波による地震予知観測に関する調査研究

    2002年04月  -  2002年04月

  • 岐阜県における電磁波による地震予知観測に関する調査研究

    2001年04月  -  2001年04月

  • 岐阜県における電磁波による地震予知観測に関する調査研究

    2000年04月  -  2000年04月

  • 電磁波計測式海底地震計システムの開発と性能評価に関する共同研究

    1999年04月  -  1999年04月

  • 岐阜県における電磁波による地震予知観測に関する調査研究

    1999年04月  -  1999年04月

  • デジタル情報系における高性能誤り訂正技術の半導体化に関する研究開発

    1999年04月  -  1999年04月

  • 電磁波による地殻活動監視システムの共同研究

    1998年04月  -  1998年04月

  • 岐阜県における電磁波による地震予知観測に関する調査研究

    1998年04月  -  1998年04月

全件表示 >>