渡邊 威 (ワタナベ タケシ)

WATANABE Takeshi

写真a

所属学科・専攻等

物理工学教育類 応用物理分野
物理工学専攻 応用物理分野

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

出身大学

  • 1991年04月
    -
    1995年03月

    東京理科大学   理学部   応用物理学科   卒業

出身大学院

  • 1997年04月
    -
    2000年03月

    九州大学  理学研究科  物理学博士課程  修了

  • 1995年04月
    -
    1997年03月

    九州大学  理学研究科  物理学修士課程  修了

取得学位

  • 九州大学 -  博士(理学)

  • 九州大学 -  修士(理学)

学外略歴

  • 2000年04月
    -
    2002年01月

      日本学術振興会特別研究員(PD)   日本学術振興会特別研究員

  • 1998年04月
    -
    2000年03月

      日本学術振興会特別研究員(DC2)   日本学術振興会特別研究員

所属学会・委員会

  •  
     
     

    日本流体力学会

  •  
     
     

    日本物理学会

専門分野(科研費分類)

  • 流体工学

  • 気象・海洋物理・陸水学

  • 数理物理・物性基礎

 

研究経歴

  • 乱流中の小さな物体の挙動とその乱流場との相互作用に関する基礎研究

    国内共同研究  

    研究期間:  2007年04月  -  2007年04月

  • パッシブスカラー乱流の大規模直接数値シミュレーション

    国内共同研究  

    研究期間:  2003年04月  -  2003年04月

  • 一般化された2次元乱流系の輸送特性に関する理論的研究

    国内共同研究  

    研究期間:  2001年04月  -  2001年04月

  • 発達した乱流における間欠性と大偏差統計

    国内共同研究  

    研究期間:  1999年04月  -  1999年04月

  • 2次元乱流系における秩序構造形成と動的スケーリング則

    国内共同研究  

    研究期間:  1997年01月  -  1997年01月

学位論文

  • Dynamical Statistics of Two-Dimensional Turbulence

    TAKESHI Watanabe

      2000年03月(年月日)

    学位論文(博士)   単著

論文

  • Péclet-number dependence of small-scale anisotropy of passive scalar fluctuations under a uniform mean gradient in isotropic turbulence

    T. Yasuda, T. Gotoh, T. Watanabe, I. Saito

    J. Fluid Mech.   898   A4   2020年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Intermittency of Incompressible Passive Vector Convected by Homogeneous Turbulence

    T. Gotoh, J. Yang, H. Miura, T. Watanabe

    Bulletin of the American Physical Society ( American Physical Society )    2019年11月

    研究論文(その他学術会議資料等)   共著

  • A new timescale for turbulence modulation by particles

    Izumi Saito, Takeshi Watanabe, Toshiyuki Gotoh

    Bulletin of the American Physical Society ( American Physical Society )    2019年11月

    研究論文(その他学術会議資料等)   共著

  • Large-scale anisotropic structure of a passive scalar in turbulence under a uniform mean gradient at low Schmidt numbers

    T. Yasuda, T. Gotoh, T. Watanabe, I. Saito

    Bulletin of the American Physical Society ( American Physical Society )    2019年11月

    研究論文(その他学術会議資料等)   共著

  • Intermittency of an incompressible passive vector convected by isotropic turbulence

    Jingyuan Yang, Toshiyuki Gotoh, Hideaki Miura, Takeshi Watanabe

    Phys. Rev. Fluids   4 ( 6 ) 114602   2019年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • A new time scale for turbulence modulation by particles

    Izumi Saito, Takeshi Watanabe, Toshiyuki Gotoh

    Journal of Fluid Mechanics   880   R6   2019年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Numerical investigation of the Danilov inequality for two-layer quasi-geostrophic systems

    Takahiro Iwayama, Shogo Okazaki, Takeshi Watanabe

    Fluid Dynamics Research   51 ( 5 ) 055507   2019年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Statistical properties of an incompressible passive vector convected by isotropic turbulence

    Jingyuan Yang, Toshiyuki Gotoh, Hideaki Miura, Takeshi Watanabe

    Physical Review Fluids   4 ( 6 ) 064601   2019年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Cloud Turbulence and Droplets

    Izumi Saito, Toshiyuki Gotoh, Takeshi Watanabe

    Turbulent Cascades II. ERCOFTAC Series   26   179 - 187   2019年05月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Broadening of Cloud Droplet Size Distributions by Condensation in Turbulence

    Izumi SAITO, Toshiyuki GOTOH, Takeshi WATANABE

    Journal of the Meteorological Society of Japan. Ser. II   97 ( 4 ) 867 - 891   2019年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

研究発表

  • 慣性粒子群の乱流変調に関する新しい時間スケール

    齋藤泉, 渡邊威, 後藤俊幸

    第34回数値流体シンポジウム  (オンライン開催)  2020年12月  -  2020年12月 

  • Numerical simulation of cloud droplets and turbulence

    T. Gotoh, I. Saito, T. Watanabe, T. Yasuda

    73nd Annual Meeting of the APS Division of Fluid Dynamics  (Online (Chicago time))  2020年11月  -  2020年11月 

  • Modulation of fluid temperature fluctuations by particles in turbulence

    I. Saito,T. Watanabe, T. Gotoh, T. Yasuda

    73nd Annual Meeting of the APS Division of Fluid Dynamics  (Online (Chicago time))  2020年11月  -  2020年11月 

  • Schmidt-number dependence of scalar variance transfers and spectra under a uniform mean scalar gradient in isotropic turbulence

    T. Yasuda, T. Gotoh, T. Watanabe, I. Saito

    73nd Annual Meeting of the APS Division of Fluid Dynamics  (Online (Chicago time))  2020年11月  -  2020年11月 

  • 室内における湿潤空気の自然対流

    土橋薫,後藤俊幸,渡邊威

    第18回日本流体力学会中部支部講演会  (オンライン開催)  2020年11月  -  2020年11月 

  • 雲乱流環境内において形成される雲粒粒径分布の理論予測の実験による検証

    齋藤泉, 後藤俊幸, 渡邊威, 安田達哉

    日本流体力学会年会2020  (オンライン)  2020年09月  -  2020年09月  日本流体力学会

  • 等方乱流に輸送される一様平均スカラー勾配下の大規模スカラー変動

    安田達哉,後藤俊幸,渡邊威,齋藤泉

    日本流体力学会年会2020  (オンライン)  2020年09月  -  2020年09月  日本流体力学会

  • NS乱流とMHD乱流におけるスカラーおよび ベクター輸送現象の大規模シミュレーション

    渡邊 威

    プラズマシミュレータシンポジウム2020  (核融合科学研究所)  2020年09月  -  2020年09月 

  • 雲粒粒径分布の雲乱流統計理論とチャンバー実験との直接比較

    齋藤泉, 後藤俊幸, 渡邊威, 安田達哉

    日本気象学会2020年度春季大会  (カルッツかわさき)  2020年05月  -  2020年05月  日本気象学会

  • Scale dependence of droplet spectra broadening by stochastic condensation in a rising air parcel

    Izumi Saito, Toshiyuki Gotoh, Takeshi Watanabe, Tatsuya Yasuda  [招待有り]

    3rd International Workshop on Cloud Turbulence  (Nagoya Institute of Technology)  2020年03月  -  2020年03月 

全件表示 >>

学術関係受賞

  • 日本流体力学会中部支部設立記念学術講演会優秀講演賞

    2004年04月   -  

    受賞者:  -

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 雲乱流における混合輸送現象と雲マイクロ物理過程の大規模数値計算による解明

    基盤研究(A)

    研究期間:  2020年04月  -  2024年03月  代表者:  後藤俊幸

  • 雲乱流統計理論の応用による混相流における乱流変調の解明

    基盤研究(B)

    研究期間:  2020年04月  -  2023年03月  代表者:  齋藤泉

  • 乱流と微小粒子群の相互作用に関する基礎的研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2018年04月  -  2021年03月  代表者:  渡邊威

  • 雲マイクロ物理シミュレータによる雲乱流混合現象と雲粒子成長全過程の解明

    基盤研究(A)

    研究期間:  2015年04月  -  2020年03月  代表者:  後藤俊幸

  • 完結近似方程式の構築とそれを用いた地衡流乱流の理論的研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月  代表者:  岩山隆寛

全件表示 >>

共同研究実施実績

  • NS乱流とMHD乱流におけるスカラーおよびベクター輸送現象の大規模シミュレーション

    提供機関: 核融合科学研究所  国内共同研究

    研究期間: 2020年04月  -  2021年03月  代表者: 渡邊威

    2020年度核融合科学研究所プラズマシミュレータ共同研究

  • 摩擦抵抗および熱輸送による乱流・粒子間相互作用についてのシミュレーション研究

    提供機関: 名古屋大学  国内共同研究

    研究期間: 2020年04月  -  2021年03月  代表者: 齋藤泉

    2020年度名古屋大学HPC計算科学連携研究プロジェクトの採択研究課題(新規)

  • 雲乱流シミュレータによる乱流混合輸送と雲マイクロ物理過程の解明

    提供機関: 京都大学  国内共同研究

    研究期間: 2020年04月  -  2021年03月  代表者: 後藤俊幸

    令和2年度HPCIシステム利用課題募集
    への応募課題の採択による(課題番号hp200072)

  • 多粒子分散系の乱流輸送に関する大規模シミュレーション

    提供機関: 名古屋大学  国内共同研究

    研究期間: 2020年04月  -  2021年03月  代表者: 渡邊威

    学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点 
    (課題番号jh200006)
    への採択課題(2020年度新規申請)

  • NS乱流とMHD乱流におけるスカラーおよびベクター輸送現象の大規模シミュレーション

    提供機関: 核融合科学研究所  国内共同研究

    研究期間: 2019年04月  -  2020年03月  代表者: 渡邊威

    2019年度核融合科学研究所プラズマシミュレータ共同研究

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動

  • 2016年09月
     
     

    日本流体力学会   日本流体力学会年会2016実行委員

  • 2015年03月
    -
    2019年03月

    日本物理学会   代議員

  • 2010年04月
    -
    現在

    日本流体力学会   中部支部役員

  • 2008年05月
    -
    2009年04月

    日本物理学会   領域11役員

社会貢献活動

  • 名工大流体科学研究室体験講座

    名古屋工業大学大学院工学研究科 物理工学専攻 応用物理分野 流体科学研究室 (名古屋工業大学)   (名古屋工業大学)  2019年08月  -  2019年08月

    流体工学・流体力学(特に揚力・抗力発生の仕組みについて)の概要説明と、風洞実験装置を用いた揚力の測定

  • 平成30年度 研究者との懇談会

    岐阜県立多治見北高等学校  2018年07月  -  2018年07月

  • 平成28年度あいち科学技術教育推進協議会発表会「科学三昧inあいち2016」

    愛知県立岡崎高等学校、あいち科学技術教育推進協議会  2016年12月  -  2016年12月

  • 体験!物理工学の世界

    名古屋工業大学物理工学科  (名古屋工業大学)  2016年08月  -  2016年08月

  • 体験!機械工学ー基礎から学ぶ身のまわりの機械の不思議ー

    名古屋工業大学機械工学科  2015年08月  -  2015年08月