張 鋒 (チヨウ ホウ)

CHO Ho

写真a

所属学科・専攻等

社会工学教育類 環境都市分野
社会工学専攻 環境都市分野

職名

教授

連絡先

連絡先

外部リンク

学位

  • 博士(工学) ( 京都大学 )

出身学校

  • 南京理工大学   数学理学系   その他

    - 1982年03月

      詳細を見る

    国名:中華人民共和国

 

研究経歴

  • 岩盤力学

    (選択しない)  

    研究期間: 2002年04月 - 現在

     詳細を見る

    高レベル核廃棄物地層処分の長期安定性に及ぼす各要因の究明、特にTHM効果を評価する

  • 地盤力学

    (選択しない)  

    研究期間: 1989年11月 - 現在

     詳細を見る

    地盤材料の力学特性を実験的、理論的に解明し、地盤工学の諸問題を境界値問題として数値解析により解明する

  • 耐震工学

    (選択しない)  

    研究期間: 1989年11月 - 現在

     詳細を見る

    適切な地盤材料構成式に基づいた動的解析と振動台実験により土構造物の耐震性能を評価する

論文

  • Liquefaction-induced damage evaluation of earth embankment and corresponding countermeasure 査読あり 国際共著 国際誌

    L. L. Gu, W. Zheng, W. X. Zhu, Z. Wang, X. Z. Ling and F. Zhang

    Frontiers of Structural and Civil Engineering   16 ( 6 )   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11709-022-0848-7

  • Effects of prior non-liquefying undrained cyclic loading on sand liquefaction resistance via discrete element analysis 査読あり 国際共著 国際誌

    X. L. Xie, B. Ye, T. Zhao, X. Q. Feng and F. Zhang

    Soil Dynamics and Earthquake Engineering   161 ( 107390 )   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.soildyn.2022.107390

  • Flume tests and corresponding numerical simulation of hydraulic/mechanical behavior of Tangjiashan landslide dam subjected to seepage loading 査読あり 国際共著 国際誌

    X. Xiong, T. Matsumoto, Z. M. Shi and F. Zhang

    Soils and Foundations   62 ( 5 )   101200 - 101200   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.sandf.2022.101200

  • Fabric characteristics of in situ sand with/without liquefaction verified by anisotropy of magnetic susceptibility 査読あり 国際共著 国際誌

    X. Q. Ni, J. N. Ma, H. Sakaguchi and F. Zhang

    Journal of Rock Mechanics and Geotechnical Engineering   14 ( 10 )   2022年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jrmge.2022.09.003

  • Numerical investigation of dynamic behavior of composite foundation composed of soilbags and piles by 3D elastoplastic FEM 査読あり 国際誌

    T. Doi, Y. Murono., H. Iwai and F. Zhang

    Soils and Foundations   62 ( 3 )   101158 - 101158   2022年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.sandf.2022.101158

  • 1g model test of piled-raft foundation subjected to vibration load and its simulation considering small confining stress 査読あり 国際共著 国際誌

    W. X. Zhu, G. L. Ye, L. L. Gu, F. Zhang

    Soil Dynamics and Earthquake Engineering   156 ( 107212 )   2022年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.soildyn.2022.107212

  • Modeling of monotonic and cyclic behaviors of sand under small and normal confining stresses 査読あり 国際共著 国際誌

    W. X. Zhu, G. L. Ye, L. L. Gu, F. Zhang

    Soil Dynamics and Earthquake Engineering   156 ( 107209 )   2022年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.soildyn.2022.107209

  • Rock mass fracture maps prediction based on spatiotemporal image sequence modeling 査読あり 国際共著 国際誌

    Rock mass fracture maps prediction based on spatiotemporal image sequence modeling

    Computer-aided Civil and Infrastructure Engineering   1 - 19   2022年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/mice.12841

  • A constitutive model for gas hydrate-bearing soils considering different types of hydrate morphology and prediction of strength-band 査読あり 国際共著 国際誌

    H. Iwai, T Kawasaki and F Zhang

    Soils and Foundations   62 ( 101103 )   2022年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.sandf.2021.101103

  • An investigation of the influence of reconsolidation properties on the reliquefaction resistance of sand by element tests 査読あり 国際共著 国際誌

    X. Q. Ni, B. Ye, Z. Zhang, S. Zhang and F. Zhang

    ASCE, Journal of Geotechnical and Geoenvironmental Engineering   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

全件表示 >>

書籍等出版物

  • 計算地盤力学の最前線

    -( 担当: 共著)

    岐阜新聞社  2009年04月  ( ISBN:9784877971496

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 計算土力学

    -( 担当: 単著)

    人民交通出版社(中国)  2007年04月  ( ISBN:9787114067136

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 計算地盤力学の最前線

    -( 担当: 共著)

    岐阜新聞社  2007年04月  ( ISBN:9784877971212

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 計算地盤力学の最前線

    -( 担当: 共著)

    岐阜新聞社  2005年04月  ( ISBN:4-87797-107-6

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 計算地盤力学の最前線

    -( 担当: 共著)

    岐阜新聞社  2003年04月  ( ISBN:4-87797-056-8

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

MISC

  • 再液状化

    張 鋒

    地盤工学会誌   61 ( 3 )   34 - 35   2012年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)   出版者・発行元:地盤工学会  

講演・口頭発表等

  • Liquefaction analysis considering re-liquefaction due to aftershock in the 2011 Great East Japan Earthquake 国際会議

    Xiaohua Bao, Yukihiro Morikawa, Kenichi Maeda, Tatsuya Imase and Feng Zhang

    International Joint Symposium on Urban Geotechnics for Sustainable Development  International Committee of KGS; Sungkyunkwan University; Kyushu Branch of JGS

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Sungkyunkwan University, Seoul, Korea  

    Serious liquefaction, happened in 2011.3.11 Great East Japan Earthquake (3.11 Earthquake), provided important lessons for us to re-recognize the liquefaction in a wide range of area. A distinct feature of the liquefaction in this earthquake is the re-liquefaction due to aftershocks of earthquake, which was not familiar to us up till now. In this study, the influence of repeated long-time earthquake followed by consolidation period was carefully has investigated using 3D FEM. The analysis is carried out in one column ground model subjecting to repeated earthquake vibration and consolidation happened in the 3.11 Earthquake. Through this soil-water coupling numerical analysis, not only the liquefaction caused by the main shock of earthquake but also the re-liquefaction caused by aftershock with only 25 gal is well examined. Some small sequential earthquake, that is thought to has little influence on the liquefaction and consolidation of the ground in an independent vibration, cannot be neglected if it happened right after the main shock. As the constitutive model adopted in the 3D FEM analysis can described properly the cyclic mobility behaviors of sand within liquefaction process, the mechanical behaviors of soil, e.g., the change of excessive pore water pressure (EPWP), the development of stress-induced anisotropy and the consolidation etc can be well understood. It is confirmed that the numerical method used in this study can describe the ground behavior correctly in such a repeated earthquakes.

  • Mechanism of re-liquefaction 国際会議

    Feng Zhang

    15th World Conference on Earthquake Engineering 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年09月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Lisbon, Portugal  

    During Great East Japan Earthquake happened in March 11 2011, reclaimed ground in Urayasu city, Chiba prefecture, Japan, experienced severe liquefaction not only in the main shock but also in an aftershock with a maximum acceleration of 25 gal. In some areas, liquefaction happened in the aftershock is even more serious than that happened in the major shock. Based on the observed data, a series of dynamic-static analyses, not only considering the earthquake loading but also static loading during the consolidation after the earthquake shock, are conducted in sequential way just the same as the scenario happened in the earthquake. The calculation is conducted with soil-water coupling finite element-finite difference (FE-FD) analyses based on Cyclic Mobility Model. From the analysis, it is known that some small sequential earthquakes, which cannot cause liquefaction of a ground in an independent earthquake vibration, cannot be neglected when the ground has already experienced liquefaction after a major vibration. It is also known from the analyses that the influence of the aftershock to the long-term settlement of clayed ground is not negligible.

  • THERMO-HYDRO-MECHANICAL BEHAVIOR OF SOIL IN ISOTROPIC HEAT TEST AND ITS NUMERICAL EXPLANATION 国際会議

    F. ZHANG, Y. L. XIONG, T. Nishimura, Y. Kurimoto

    International Conference on Computational & Experimental Engineering and Sciences 2012  ICCES

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年04月 - 2012年05月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Crete, Greece  

    In deep geological disposal for high level radioactive waste, one of the most important factors is to study the thermo-hydraulic-mechanical (THM) behavior of natural barrier, that is, host rock during heat process and hydraulic environment change. In this paper, a program of finite element method called as SOFT, using finite element-finite difference scheme in soil-water-heat coupling problem has been developed to simulate the above-mentioned THM behavior of geological disposal based on a thermo-viscoplastic constitutive model. In order to verify the availability of the program, a thermal heating isotropic tests for soils under drained condition with different initial overconsolidation ratio (OCR), are simulated by the proposed program. In the test, the thermal volume change is found to be dependent on OCR, which can also be found in other literatures. In this paper, however, it is found that this behavior is not a elementary behavior, but a boundary value problem due to the different coefficients of thermal expansion for water and soil particles. Meanwhile, the simulated results show that the THM phenomenon observed in the laboratory test can be explained well by the proposed numerical method.

受賞

  • 日本材料学会支部功労賞

    2021年03月   日本材料学会  

    張鋒

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 地盤工学会論文賞

    2011年03月   地盤工学会   Behavior of Ground and Response of Existing Foundation Due to Tunneling

    M. Shahin, T. Nakai, F. Zhang, M. Kikumoto & E. Nakahara

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 地質学・地盤工学的見地から海底岩盤の力学挙動の高精度モデル化

    2017年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    張鋒

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

その他競争的資金獲得実績

  • 新設永久基礎構造物支持地盤の浸透固化工法による変形剛性の補強効果とその長期安定性

    2017年04月 - 2019年03月

    NEXCO  高速道路の防災対策災害支援基金 

    張鋒、岩井裕正

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    ある高速道路建設時に支持地盤である深層風化花崗岩の変形剛性が不足することにより、多数の基礎構造物に大きな沈下が発生した。そのため浸透固化工法による地盤改良を施し、構造物沈下を抑えて工事を無事完成させた。しかし、新設永久基礎構造物に浸透固化工法が用いられたのは稀であり、工期と施工費用を抑えることは利点であるが、その長期安定性が懸念される。特に深層風化が激しく、且つ広範囲(数キロ)に及ぶ特殊な地質条件下で、浸透固化補強地盤の長期安定性に関する定量的な評価がまだなく、正確に把握することが本研究の主な目的である。

 

委員歴

  • 地盤工学会(平成4年~)   中部支部 支部長  

    2012年04月 - 2013年03月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 材料学会(平成14年~)   東海支部 副支部長  

    2012年04月 - 2013年03月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 土木学会(平成3年~)   国土交通省 中部地方整備局 新技術活用評価会議 議員  

    2010年04月 - 2013年03月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 土木学会(平成3年~)   NEXCO中日本 技術総合評価 技術審査委員  

    2009年04月 - 2013年03月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 地盤工学会(平成4年~)   会誌部 講座小委員会 委員長  

    2009年04月 - 2012年03月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 地盤工学会(平成4年~)   中部支部 副支部長  

    2005年04月 - 2009年03月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 地盤工学会(平成4年~)   「地盤工学会論文報告集」編集委員会 委員  

    2004年04月 - 2007年03月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 地盤工学会(平成4年~)   基礎構造の設計に関わる新技術評価に関する研究委員会 委員  

    2004年04月 - 2007年03月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 地盤工学会(平成4年~)   IT推進委員会 部員  

    2004年04月 - 2007年03月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 地盤工学会(平成4年~)   中部支部 評議員  

    2003年04月 - 2013年03月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

全件表示 >>