中村 修一 (ナカムラ シユウイチ)

NAKAMURA Shuichi

写真a

所属学科・専攻等

生命・応用化学教育類 生命・物質化学分野
生命・応用化学専攻 生命・物質化学分野

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.ach.nitech.ac.jp/~organic/nakamura/index.html

研究分野・キーワード

不斉合成、光学活性化合物、キラル、医薬品合成、不斉触媒

出身大学

  •  
    -
    1996年03月

    名古屋工業大学   工学部   応用化学科   卒業

出身大学院

  •  
    -
    2001年03月

    名古屋工業大学  工学研究科  物質工学専攻博士課程  修了

  •  
    -
    1998年03月

    名古屋工業大学  工学研究科  物質工学専攻博士課程  修了

取得学位

  • 名古屋工業大学 -  博士(工学)

  • 名古屋工業大学 -  修士(工学)

学外略歴

  • 2003年09月
    -
    2004年08月

      University of Pittsburgh (文部科学省在外研究員)   研究員

所属学会・委員会

  • 1996年04月
    -
    継続中

    日本化学会

  • 2008年04月
    -
    継続中

    アメリカ化学会

  • 1997年04月
    -
    継続中

    有機合成化学協会

  • 2009年04月
    -
    継続中

    日本プロセス化学会

  • 2011年02月
    -
    継続中

    日本薬学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類)

  • 有機化学

  • 合成化学

  • 創薬化学

  • 生体関連化学

  • グリーン・環境化学

全件表示 >>

 

研究経歴

  • 環境に優しい不斉合成手法の開発

    研究期間:  2005年04月  -  現在

  • 医薬品合成をめざす不斉合成手法開発

    研究期間:  2004年04月  -  現在

  • 新規不斉触媒合成研究

    科学研究費補助金  

    研究期間:  2002年04月  -  現在

  • 硫黄官能基を用いる新規不斉合成反応の開発

    科学研究費補助金  

    研究期間:  2000年04月  -  現在

  • α-ヘテロカルボア二オンの立体選択的反応

    科学研究費補助金  

    研究期間:  2000年04月  -  2008年04月

論文

  • 理論科学から化学産業へ:医薬品類の発展

    中村修一

    化学史研究   44 ( 3 ) 144 - 149   2017年09月  [査読有り]  [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

    理論科学から化学産業への発展として、医薬品類の発展・展開について概説した。

  • Catalytic Enantioselective Reaction of Allenylnitriles with Imines Using Chiral Bis(imidazoline)s-Palladium(II) Pincer Complexes

    Masaru Kondo, Masashi Omori, Tsubasa Hatanaka, Yasuhiro Funahashi, Shuichi Nakamura

    Angew. Chem. Int. Ed.   56 ( 30 ) 8677 - 8680   2017年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    独自に開発した不斉パラジウム触媒を用いることで、これまでに不斉合成反応において利用することができなかったアレニルニトリル類のイミン類への反応の開発に成功しました。合成した化合物群は、生物活性物質の合成中間体として利用が可能です。

  • Enantioselective Reaction of 2H-Azirines with Phosphite Using Chiral Bis(imidazoline)/Zinc(II) Catalysts

    Shuichi Nakamura,* Daiki Hayama

    Angew. Chem. Int. Ed.   56 ( 30 ) 8785 - 8789   2017年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    今回、独自に開発した不斉ビスイミダゾリン触媒を用いることで、これまでに不斉合成反応において、ほとんど利用されてこなかったアジリン類への高立体選択的不斉求核付加反応の開発に世界で初めて成功しました。

  • Direct catalytic enantioselective Mannich-type reaction of a,a-dithioacetonitriles with imines using chiral bis(imidazoline)-Pd complexes

    Masaru Kondo, Hikari Saito, Shuichi Nakamura*

    Chemical Communications ( RSC )  53 ( 0 ) 6776 - 6779   2017年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    a,a-ジチオアセトニトリルを用いるイミン類への不斉求核付加反応の開発に成功した。触媒として、当研究室で開発しているビスイミダゾリン-Pd触媒を用いたところ、高立体選択的に反応が進行することが明らかとなった。また、ジチオ部分、ニトリル基部分の合成的変換にも成功した。

  • Enantioselective Barbier-type Allylation of Ketones Using Allyl halide and Indium in Water

    Shuichi Nakamura, Yoshichika Hara, Takashi Furukawa, Tsunehisa Hirashita

    RSC Advances   7 ( 25 ) 15582 - 15585   2017年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    近年、環境調和型溶媒として、水が注目されている。そこで、ケトンへの水中での不斉アリル化反応を検討した。触媒として、当研究室で開発したt-ブチルカルボニル基を導入したイミダゾリン触媒を用い、藩王を検討したところ、比較的、高立体選択的に反応が進行することが明らかとなった。

  • Enantioselective Oxidative Ring-Opening Reaction of Aziridines with Nitroesters Using Cinchona Alkaloid Amide/Nickel(II) Catalysts

    Noriyuki Shiomi, Keisuke Yamamoto, Kazuma Nagasaki, Tsubasa Hatanaka, Yasuhiro Funahashi, Shuichi Nakamura

    Organic Letters   19 ( 1 ) 74 - 77   2017年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    世界で初めて、アジリジンをニトロエステルの酸素部位で酸化的開環反応をして、光学活性αアミノケトンを合成した。用いる触媒としては、これまでに全く検討例のない、テトラゾールを導入したシンコナアルカロイド触媒で高立体的に生成物を得ることに成功した。

  • Desymmetrization of Aziridine with Malononitrile using Cinchona Alkaloid Amide/Zinc(II) Catalysts

    Noriyuki Shiomi, Mami Kuroda, Shuichi Nakamura

    Chemical Communicatios   53 ( 11 ) 1817 - 1820   2017年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    <font face="Times New Roman">アジリジンのマロノニトリルによる不斉非対称化反応を検討した。<span class="text_exposed_show">用いる触媒としては、当研究室でこれまでに開発してきたシンコナアルカロイド触媒を用いたところ、世界で初めて高立体的に生成物を得ることに成功した。</span></font>

  • Direct catalytic enantioselective Mannich-type reaction of dichloroacetonitriles using chiral bis(imidazoline)-Pd catalysts

    Masaru Kondo, Mami Sugimoto, Shuichi Nakamura

    Chemical Communications   52 ( 93 ) 13604 - 13607   2016年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    我々の研究室で開発している触媒を用いて、様々な化合物に変換可能なa,a-ジクロロ-b-アミノニトリル類を高収率・高立体選択的に合成することに成功しました。

  • Enantioselective Construction of Imidazolines Having Vicinal Tetra-substituted Stereocenters by Direct Mannich Reaction of a-Substituted a-Isocyanoacetates with Ketimines

    Shuichi Nakamura,* Ryota Yamaji, Masaru Iwanaga

    Chem. Commun. ( RSC )  52 ( 47 ) 7462 - 7465   2016年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    α置換イソニトリル化合物とケチミンとのMannich反応を検討しました。我々がこれまでに開発してきたシンコナアルカロイド-ピコリンアミド触媒を修飾することで、これまでに困難であった不活性型ケチミンへの反応によるイミダゾリン形成反応の開発に世界で初めて成功しました。

  • Organocatalytic Enantioselective aza-Friedel-Crafts reaction of Cyclic Ketimines with Pyrroles using Imidazoline-phosphoric Acid Catalysts

    Shuichi Nakamura,* Nazumi Matsuda, Mutsuyo Ohara

    Chem. Eur. J. ( Wiley )  22 ( 28 ) 9478 - 9482   2016年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

    これまでに困難とされていた環状ケチミンへのピロール類のFriedel-Crafts反応を検討しました。当研究室で開発したイミダゾリンリン酸触媒を用いることにより、高立体選択的に光学活性四置換不斉炭素を有するアミン類の合成に成功しました。

全件表示 >>

著書

  • The Chemistry of Pincer Compounds; Chapter 10. Chiral NCN pincer-type catalysts having bis(imidazoline)s

    Kengo Hyodo and Shuichi Nakamura (担当: 共著 )

    ELSEVIER  2017年10月

    ピンサー型不斉触媒について概説した。

  • 基礎有機化学演習

    齋藤勝裕、中村修一 (担当: 共著 )

    東京化学同人  2009年04月 ISBN: 4807907077

  • Organosulfur Chemistry in Asymmetric Synthesis, Asymmetric Reaction of a-Sulfenyl Carbanions

    Shuichi Nakamura, Takeshi Toru (担当: 共著 )

    Wiley  2008年04月 ISBN: 3527318542

  • Science of Synthesis, Compounds with Two Carbon-Heteroatom Bonds, Volume 31a Arene-X (X = Hal, O, S, Se, Te). Aryl sulfones and N Derivatives (31.10)

    - (担当: 共著 )

    Thime  2007年04月

  • Science of Synthesis, Compounds with Two Carbon-Heteroatom Bonds, Volume 31a Arene-X (X = Hal, O, S, Se, Te). Arenesulfinic Acids and Derivatives (31.11)

    - (担当: 共著 )

    Thime  2007年04月

  • 第5版 実験化学講座19巻 第2部9章 立体選択的ラジカル反応

    - (担当: 共著 )

    日本化学会  2004年04月 ISBN: 4621073184

  • Organolithiums in Enantioselective Synthesis (Topics in Organometallic Chemistry) Enantioselective Synthesis by Lithiation Adjacent to S, Se or P, or Without an Adjacent Activating Heteroatom

    - (担当: 共著 )

    Springer  2003年04月 ISBN: 3540001042

総説・解説記事

  • 工学部系統 応用化学分野

    中村修一

    2018(平成30)年入試対策用 螢雪時代4月臨時増刊 『全国大学 学部・学科案内号』 ( 旺文社 )  87 ( 2 ) 616 - 619   2017年03月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 工学部系統 応用化学分野

    中村修一

    2017(平成29)年入試対策用 螢雪時代4月臨時増刊 『全国大学 学部・学科案内号』 ( 旺文社 )  86 ( 2 ) 612 - 616   2016年03月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 工学部系統 応用化学分野

    中村修一

    2016(平成28)年入試対策用 螢雪時代4月臨時増刊 『全国大学 学部・学科案内号』 ( 旺文社 )    606 - 610   2015年03月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • イミノホスホランを利用する不斉有機分子触媒 -部位別の開発が新たな道を拓く

    中村修一

    化学 ( 化学同人 )  4 ( 69 ) 66 - 67   2014年03月

    総説・解説(商業誌)   単著

    イミノホスホランを利用する不斉有機分子触媒について紹介した

  • 工学部系統 応用化学分野

    中村修一

    螢雪時代 2014年4月臨時増刊 ( 旺文社 )    634 - 638   2014年03月

    総説・解説(商業誌)   単著

    工学部系統 応用化学分野について概説した

  • 工学部系統 応用化学分野

    中村修一

    螢雪時代4月臨時増刊 ( 旺文社 )    594 - 596   2013年07月

    総説・解説(商業誌)   単著

    工学部系統 応用化学分野について概説した

  • 飛翔する若手研究者「環境にやさしい不斉触媒創成研究」 

    中村修一

    化学と工業 ( 日本化学会 )  12 ( 64 ) 955 - 955   2011年12月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   単著

  • E-ファクター

    中村修一

    有機合成化学協会誌 ( 有機合成化学協会 )  10 ( 68 ) 1082 - 1082   2010年10月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • カチオン-π錯体で行う不斉合成

    中村修一

    化学 ( 化学同人 )  58 ( 2 ) 48 - 49   2003年02月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • キラルシントン

    中村修一・融 健

    有機合成化学協会誌 ( 有機合成化学協会 )  60   162 - 162   2002年02月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

全件表示 >>

研究発表

  • ルイス酸・ブレンテッド塩基複合型触媒を用いた マロノニトリルによるアジリジンの不斉開環反応

    黒田 真未・塩見 法行・中村 修一

    第48回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会  (岐阜大学)  2017年11月  -  2017年11月  中化連実行委員会

  • アジリンへの触媒的不斉ヒドロホスホニル化反応による光学活性アジリジン化合物の合成研究

    羽山大樹・中村修一

    第48回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会  (岐阜大学)  2017年11月  -  2017年11月  中化連実行委員会

  • 光学活性イミダゾリン-リン酸触媒を用いた環状 スルホニルケチミンとインドールの不斉 Aza-Friedel-Crafts 反応

    古川 貴崇・中村 修一

    第48回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会  (岐阜大学)  2017年11月  -  2017年11月  中化連実行委員会

  • ピンサー型ビスイミダゾリン-パラジウム触媒を用いた 2-シアノジチオランのイミンへの不斉求核付加反応

    斉藤 光・近藤 健・中村 修一

    第48回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会  (岐阜大学)  2017年11月  -  2017年11月  中化連実行委員会

  • 2H-アジリンを用いた光学活性アジリジン化合物 及び光学活性アミノホスホン酸誘導体の合成手法の開発

    羽山大樹・中村修一

    第43回反応と合成の進歩シンポジウム  (富山国際会議場)  2017年11月  -  2017年11月  日本薬学会

  • シンコナアルカロイドアミド/亜鉛(Ⅱ)触媒を用いた マロノニトリルによるアジリジンの不斉開環反応

    黒田 真未・塩見 法行・中村 修一

    第43回反応と合成の進歩シンポジウム  (富山国際会議場)  2017年11月  -  2017年11月  日本薬学会

  • 2H-アジリンへの触媒的不斉ヒドロホスホニル化反応による光学活性アジリジン化合物の合成反応の開発

    羽山大樹・中村修一

    第7回CSJ化学フェスタ2017  (タワーホール船堀)  2017年10月  -  2017年10月  日本化学会

  • Direct catalytic enantioselective reaction of α,α-dithioacetonitriles using chiral bis(imidazoline)-Pd complexes

    Hikari Saito, Masaru Kondo, and Shuichi Nakamura

    第64回有機金属化学討論会  (東北大学川内キャンパス)  2017年09月  -  2017年09月 

  • 新規ビスイミダゾリン配位子-亜鉛(II)触媒を用いた2H-アジリンへの エナンチオ選択的なヒドロホスホニル化反応の開発

    羽山 大樹・中村 修一

    日本プロセス化学会2017サマーシンポジウム   (大阪国際交流センター)  2017年08月  -  2017年08月  日本プロセス化学会

  • ピンサー型ビスイミダゾリン- パラジウム触媒を用いた α, α- ジチオアセトニトリルのイミン類への不斉求核付加反応の開発 1P

    斉藤光,近藤健,中村修一

    日本プロセス化学会2017サマーシンポジウム   (大阪国際交流センター)  2017年08月  -  2017年08月  日本プロセス化学会

全件表示 >>

工業所有権

  • 光学活性α-アミノケトン類の製造方法とそれを用いるテトラゾール[1,5-a]キノリン化キナアルカロイド触媒

    特願 特願2016-202353 

    中村修一・塩見法行・山本敬祐

  • 光学活性なα-チオ-β-アミノニトリル類の製造方法

    特願 特願2015-40258 

    中村修一・近藤 健・小林奈津美

  • 光学活性なα,β-ジアミノニトリル類の製造方法

    特願 特願2015-40217 

    中村修一・近藤 健・西 友暉

  • 光学活性な四置換不斉炭素を有するα,β-ジアミノ酸類の製造方法

    特願 特願2014-018164 

    中村 修一・林 真志・塩見 法行・岩永 優

  • 新規ビスイミダゾリン触媒およびこれを用いる水中での光学活性プロパルギルアミンの製造方法

    特願 特願2014-10058 

    中村修一・小原睦代・原 善睦

  • 新規光学活性イミダゾリン-リン酸触媒とその誘導体

    特願 特願2013-024022 

    中村修一・小鎗まどか・小原睦代・林真志・兵藤憲吾・ナダフラシッドナビサヘブ

  • 光学活性四置換不斉炭素を有する3-アリル-3-アミノ-2-オキシインドール誘導体の不斉触媒的製造方法

    特願 特願2013-007060 

    中村修一・兵藤憲吾・中村将之

  • 光学活性な四置換不斉炭素を有するδ-アミノ-γ-ブテノライド類の製造方法

    特願 特願2013-000472 

    中村修一・林 真志・佐野正英

  • ヘテロアレーンカルボニル化キナアルカロイド触媒とそれを用いる光学活性β-アミノホスホン酸及びβ-アミノホスフィンの製造方法

    特願 2012-030435  特許 5862949

    中村修一・柴田哲男・林 真志・塩見法行

  • 光学活性α-無置換-β-アミノニトリル誘導体の不斉触媒的製造方法

    特願 2012-13694 

    中村修一・柴田哲男・兵藤憲吾・近藤 健

    イミンへのシアノ酢酸の脱炭酸型シアノメチル化反応を検討した。我々が開発してきたビスイミダゾリン-パラジウムピンサー型触媒を用いることで高度な立体制御に成功した。また、得られた生成物をPDE-4阻害剤へと誘導した。

全件表示 >>

学術関係受賞

  • 名古屋工業大学教員評価特別優秀賞

    2017年06月05日   名古屋工業大学  

    受賞者:  中村修一

  • 名古屋工業大学教員評価優秀賞

    2015年11月30日   名古屋工業大学  

    受賞者:  中村修一

  • 名古屋工業大学職員褒章 優秀賞受賞

    2014年11月26日   名古屋工業大学  

    受賞者:  中村修一

  • 名古屋工業大学教員評価特別優秀賞

    2014年11月25日   名古屋工業大学  

    受賞者:  中村修一

  • 長瀬研究振興賞受賞

    2013年04月25日   長瀬研究振興財団  

    受賞者:  中村修一

  • 東海化学工業会学術賞

    2012年05月18日   東海化学工業会  

    受賞者:  中村修一

  • 日本化学会第25回若い世代の特別講演会講演証受賞

    2011年03月28日   日本化学会  

    受賞者:  中村修一

  • 平成23年度 有機合成化学協会 帝人ファーマ研究企画賞

    2011年02月18日   有機合成化学協会  

    受賞者:  中村修一

  • 名古屋工業大学教員評価優秀賞

    2008年04月   -  

    受賞者:  -

  • Tetrahedron Asymmetry Most Cited Paper 2004-2007 Award受賞

    2007年02月01日   エルゼビア社  

    受賞者:  中村修一

全件表示 >>

 

教育活動に関する受賞

  • 第47回中部化学関係学協会支部連合大会有機化学一般発表優秀賞

    2016年11月   中部化学関係学協会  

    受賞者: 山本敬祐

  • 第46回中部化学関係学協会支部連合大会有機化学一般発表優秀賞

    2015年11月   中部化学関係学協会  

    受賞者: 松田奈純