中村 修一 (ナカムラ シユウイチ)

NAKAMURA Shuichi

写真a

所属学科・専攻等

生命・応用化学教育類 生命・物質化学分野
生命・応用化学専攻 生命・物質化学分野

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.ach.nitech.ac.jp/~organic/nakamura/index.html

研究分野・キーワード

不斉合成、光学活性化合物、キラル、医薬品合成、不斉触媒

出身大学

  •  
    -
    1996年03月

    名古屋工業大学   工学部   応用化学科   卒業

出身大学院

  •  
    -
    2001年03月

    名古屋工業大学  工学研究科  物質工学専攻博士課程  修了

  •  
    -
    1998年03月

    名古屋工業大学  工学研究科  物質工学専攻博士課程  修了

取得学位

  • 名古屋工業大学 -  博士(工学)

  • 名古屋工業大学 -  修士(工学)

学外略歴

  • 2003年09月
    -
    2004年08月

      University of Pittsburgh (文部科学省在外研究員)   研究員

所属学会・委員会

  • 1996年04月
    -
    継続中

    日本化学会

  • 2008年04月
    -
    継続中

    アメリカ化学会

  • 1997年04月
    -
    継続中

    有機合成化学協会

  • 2009年04月
    -
    継続中

    日本プロセス化学会

  • 2011年02月
    -
    継続中

    日本薬学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類)

  • 有機化学

  • 合成化学

  • 創薬化学

  • 生体関連化学

  • グリーン・環境化学

全件表示 >>

 

研究経歴

  • 環境に優しい不斉合成手法の開発

    研究期間:  2005年04月  -  現在

  • 医薬品合成をめざす不斉合成手法開発

    研究期間:  2004年04月  -  現在

  • 新規不斉触媒合成研究

    科学研究費補助金  

    研究期間:  2002年04月  -  現在

  • 硫黄官能基を用いる新規不斉合成反応の開発

    科学研究費補助金  

    研究期間:  2000年04月  -  現在

  • α-ヘテロカルボア二オンの立体選択的反応

    科学研究費補助金  

    研究期間:  2000年04月  -  2008年04月

論文

  • Enantioselective Vinylogous Mannich Reaction of Acyclic Vinylketene Silyl Acetals with Acyclic Ketimines

    Kazuki Ogura, Tsunayoshi Takehara, Takeyuki Suzuki, Shuichi Nakamura*

    Advanced Synthesis & Catalysis ( Wiley )  x ( x ) x - x   2021年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    直鎖のケチミンと直鎖ビニルケテンシリルアセタールの反応による不斉ビニロガスMannich反応を検討しました。
    ケチミンとビニルケテンシリルアセタールの両方が鎖状の例としては、初めてとなり、キラルビスイミダゾリン-Zn(II)触媒を用いることで達成しました。
    分子軌道計算による反応遷移状態の解明も行いました。

  • Enantioselective Reaction of 2H-Azirines with Oxazol-5-(4H)-ones Catalyzed by Cinchona Alkaloid Sulfonamide Catalysts

    Kazuki Fujita, Masataka Miura, Yasuhiro Funahashi, Tsubasa Hatanaka, and Shuichi Nakamura*

    Organic Letters ( ACS )  23 ( 6 ) 2104 - 2018   2021年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    当研究室で開発した不斉触媒を用いることで、オキサゾロンの2H-アジリンへの不斉Mannich反応の開発に成功しました。
    この反応により、連続四置換不斉炭素を構築することが可能となりました。
    また、非常に珍しいオキサゾロンの2位に不斉反応し、ケチミンへの世界初の反応例を見出しました。

  • Catalytic Enantioselective Synthesis of N,N‐Acetals from α‐Dicarbonyl Compounds Using Chiral Imidazoline‐Phosphoric Acid Catalysts

    Shuichi Nakamura Tatsumi Wada Tsunayoshi Takehara Takeyuki Suzuki

    Advanced Synthesis & Catalysis ( Wiley )    2020年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    ケトンの不斉アミナール化反応を開発しました。鎖状ケトンへの反応は難しいことが知られていましたが、我々の研究室で開発した触媒を用いることで高立体選択性の発現に成功しました。

  • piky-shaped niobium pentoxide nano-architecture: highly stable and recoverable Lewis acid catalyst

    Teruaki Fuchigami, Mami Kuroda, Shuichi Nakamura, Masaaki Haneda and Ken-ichi Kakimoto

    Nanotechnology ( IOP Science )  31 ( 32 ) 325705 - 325705   2020年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    spily型酸化ニオブのルイス酸特性の解明と有機合成への応用(名工大 柿本研、羽田研との共同研究)

  • Catalytic enantioselective decarboxylative nucleophilic addition reactions using chiral organocatalysts

    Kengo Hyodo, Shuichi Nakamura

    Organic & Biomolecular Chemistry ( RSC )    2020年03月  [査読有り]  [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    有機触媒を用いる脱炭酸型不斉求核付加反応の総合論文

  • Enantioselective Vinylogous Mannich Reaction of Acyclic Vinylketene Silyl Acetals with Ketimines Using Chiral Bis(imidazoline)-Cu(II) Catalysts

    Shuichi Nakamura,* Koichi Matsuzaka, Tsubasa Hatanaka, Yasuhiro Funahashi

    Organic Letters ( ACS )    2020年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    直鎖系ビニルケテンシリルアセタールを用いるケチミン類への世界初のビニロガスMannich反応に成功した。また、さらに共役系を伸ばした求核剤をもちいビスビニロガスMannich反応の開発にも成功した

  • Enantioselective conjugate addition of an a,a-dithioacetonitrile with nitroalkenes using chiral bis(imidazoline)-Pd complexes

    Shuichi Nakamura,* Akari Tokunaga, Hikari Saito, Masaru Kondo

    Chemical Communications ( RSC )  55 ( 37 ) 5391 - 5394   2019年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    ジチオアセトニトリルの共役付加反応を世界で初めて可能としました。合成した化合物から、医薬品の有効成分であるロリプラム(抗炎症剤:選択的ホスホジエステラーゼ阻害薬)へと変換も行いました。

  • Enantioselective Reaction of 2H-Azirines

    Shuichi Nakamura*

    Chemistry An Asian Journal ( RSC )  14 ( 9 ) 1323 - 1330   2019年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

    アジリンの不斉反応について取りまとめた

  • Enantioselective Aza-Friedel-Crafts Reaction of Cyclic Ketimines with Indoles Using Chiral Imidazoline-Phosphoric Acid Catalysts

    Shuichi Nakamura*, Takashi Furukawa, Tsubasa Hatanaka, Yasuhiro Funahashi

    Chemical Communications ( RSC )  54 ( 31 ) 3811 - 3814   2018年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    環状のケチミンにインドール類を反応させるaza-Friedel-Crafts型反応の初めての例で、当研究室で開発した不斉イミダゾリン-リン酸触媒を用いることで成功した。

  • Catalytic Enantioselective Reaction of 2H-Azirines with Thiols Using Cinchona Alkaloid Sulfonamide Catalysts

    Shuichi Nakamura*, Daiki Hayama, Masataka Miura, Tsubasa Hatanaka, Yasuhiro Funahashi

    Organic Letters     2018年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    アジリン類へのチオールの付加による光学活性N,S-アセタールの合成を検討した。不斉触媒として、これまでに当研究室で開発したシンコナアルカロイド-キノリンスルホンアミド触媒を利用したところ、高立体選択的に反応が進行することが明らかとなった。

全件表示 >>

著書

  • The Chemistry of Pincer Compounds; Chapter 10. Chiral NCN pincer-type catalysts having bis(imidazoline)s

    Kengo Hyodo, Shuichi Nakamura (担当: 共著 )

    ELSEVIER  2018年05月 ISBN: 978-0-12-812931-9

  • 基礎有機化学演習

    齋藤勝裕、中村修一 (担当: 共著 )

    東京化学同人  2009年04月 ISBN: 4807907077

  • Organosulfur Chemistry in Asymmetric Synthesis, Asymmetric Reaction of a-Sulfenyl Carbanions

    Shuichi Nakamura, Takeshi Toru (担当: 共著 )

    Wiley  2008年04月 ISBN: 3527318542

  • Science of Synthesis, Compounds with Two Carbon-Heteroatom Bonds, Volume 31a Arene-X (X = Hal, O, S, Se, Te). Aryl sulfones and N Derivatives (31.10)

    - (担当: 共著 )

    Thime  2007年04月

  • Science of Synthesis, Compounds with Two Carbon-Heteroatom Bonds, Volume 31a Arene-X (X = Hal, O, S, Se, Te). Arenesulfinic Acids and Derivatives (31.11)

    - (担当: 共著 )

    Thime  2007年04月

  • 第5版 実験化学講座19巻 第2部9章 立体選択的ラジカル反応

    - (担当: 共著 )

    日本化学会  2004年04月 ISBN: 4621073184

  • Organolithiums in Enantioselective Synthesis (Topics in Organometallic Chemistry) Enantioselective Synthesis by Lithiation Adjacent to S, Se or P, or Without an Adjacent Activating Heteroatom

    - (担当: 共著 )

    Springer  2003年04月 ISBN: 3540001042

総説・解説記事

  • マグネシウム錯体とヒドロシランを用いた二酸化炭素の還元反応

    中村修一

    Organometallic News     2019年03月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    近年注目を集めている二酸化炭素の還元反応をマグネシウム錯体で実現するための手法について概説した

  • イミノホスホランを利用する不斉有機分子触媒 -部位別の開発が新たな道を拓く

    中村修一

    化学 ( 化学同人 )  4 ( 69 ) 66 - 67   2014年03月

    総説・解説(商業誌)   単著

    イミノホスホランを利用する不斉有機分子触媒について紹介した

  • 飛翔する若手研究者「環境にやさしい不斉触媒創成研究」 

    中村修一

    化学と工業 ( 日本化学会 )  12 ( 64 ) 955 - 955   2011年12月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   単著

  • E-ファクター

    中村修一

    有機合成化学協会誌 ( 有機合成化学協会 )  10 ( 68 ) 1082 - 1082   2010年10月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • カチオン-π錯体で行う不斉合成

    中村修一

    化学 ( 化学同人 )  58 ( 2 ) 48 - 49   2003年02月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • キラルシントン

    中村修一・融 健

    有機合成化学協会誌 ( 有機合成化学協会 )  60   162 - 162   2002年02月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

  • 光学活性β-シリルスルホキシドを用いた不斉反応とその応用

    中村 修一,融 健

    有機合成化学協会誌 ( 有機合成化学協会 )  60 ( 2 ) 115 - 124   2002年02月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

研究発表

  • Enantioselective Synthesis of Chiral Amines Having tetra-Substituted Carbon Centers Using Novel Chiral Catalysts

    Shuichi Nakamura  [招待有り]

    Pacifichem 2021  (オンライン)  2021年12月  -  2021年12月  Pacifichem 2021 organizing Committees

  • 不活性環状ケチミン類へのシンコナアルカロイドスルホンアミド-亜鉛(Ⅱ)触媒を用いた不斉aza-Henry反応による四置換不斉炭素中心の構築

    山上 亜美・安川 直樹・中村 修一

    第52回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会  (オンライン)  2021年10月  -  2021年10月  第52回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会実行委員会

  • 単一のシンコナアルカロイドスルホンアミド触媒を用いたケチミノエステルとマロノニトリルのエナンチオダイバージェント反応

    松本 夏輝・木部 匡人・阿部 一貴・中村修一

    第52回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会  (オンライン)  2021年10月  -  2021年10月  第52回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会実行委員会

  • N-シアノイミンを用いた脱炭酸型不斉Mannich反応の開発

    小山田悠介、稲葉主斗、中村修一

    第52回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会  (オンライン)  2021年10月  -  2021年10月  第52回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会実行委員会

  • β,γ-アルキニル-α-イミノエステルへの不斉ビニロガスマンニッヒ反応の開発

    小倉和樹、中村修一

    第52回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会  (オンライン)  2021年10月  -  2021年10月  第52回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会実行委員会

  • 光学活性イミダゾリン-リン酸触媒を用いたキラルチアゾリンの合成

    飯塚夕夏・小倉和樹・和田龍実・中村修一

    第11回CSJ化学フェスタ2021  (オンライン)  2021年10月  -  2021年10月  第11回CSJ化学フェスタ2021実行委員会

  • キラル第一級アミノリン化合物のエナンチオ選択的な直接的合成法の開発

    小倉和樹・五十住一輝・中村修一

    第11回CSJ化学フェスタ2021  (オンライン)  2021年10月  -  2021年10月  第11回CSJ化学フェスタ2021実行委員会

  • キラルイミダゾリン-リン酸触媒を用いた鎖状ケトンによる不斉Pictet-Spengler反応の開発

    松田陽一朗・中村修一

    第11回CSJ化学フェスタ2021  (オンライン)  2021年10月  -  2021年10月  第11回CSJ化学フェスタ2021実行委員会

  • イソシアノアセトニトリルを用いた不斉触媒的キラルイミダゾリン形成反応の開発

    木部匡人・中村修一

    第11回CSJ化学フェスタ2021  (オンライン)  2021年10月  -  2021年10月  第11回CSJ化学フェスタ2021実行委員会

  • ピリジンビスイミダゾリン-亜鉛触媒による不斉ビニロガスマンニッヒ反応の開発

    小倉 和樹・中村 修一

    第50回 複素環化学討論会  (オンライン)  2021年10月  -  2021年10月  第50回 複素環化学討論会実行委員会

全件表示 >>

工業所有権

  • 新規光学活性イミダゾリン-フェノール型触媒と光学活性アジリジンの製造方法

    特願 2017-017178  特許 6802561

    中村修一・羽山大樹

  • 光学活性α-アミノケトン類の製造方法とそれを用いるテトラゾール[1,5-a]キノリン化キナアルカロイド触媒

    特願 2016-202353  特許 6892098

    中村修一・塩見法行・山本敬祐

  • 光学活性なα-チオ-β-アミノニトリル類の製造方法

    特願 2015-40258 

    中村修一・近藤 健・小林奈津美

  • 光学活性なα,β-ジアミノニトリル類の製造方法

    特願 特願2015-40217 

    中村修一・近藤 健・西 友暉

  • 光学活性な四置換不斉炭素を有するα,β-ジアミノ酸類の製造方法

    特願 2014-018164 

    中村 修一・林 真志・塩見 法行・岩永 優

  • 新規ビスイミダゾリン触媒およびこれを用いる水中での光学活性プロパルギルアミンの製造方法

    特願 2014-10058 

    中村修一・小原睦代・原 善睦

  • 四置換不斉炭素を有する光学活性なN,S-アセタール類の製造方法

    特願 2013-197744 

    中村修一・高橋駿

  • 新規光学活性イミダゾリン-リン酸触媒とその誘導体

    特願 2013-024022 

    中村修一・小鎗まどか・小原睦代・林真志・兵藤憲吾・ナダフラシッドナビサヘブ

  • 光学活性四置換不斉炭素を有する3-アリル-3-アミノ-2-オキシインドール誘導体の不斉触媒的製造方法

    特願 特願2013-007060 

    中村修一・兵藤憲吾・中村将之

  • 光学活性な四置換不斉炭素を有するδ-アミノ-γ-ブテノライド類の製造方法

    特願 特願2013-000472 

    中村修一・林 真志・佐野正英

全件表示 >>

学術関係受賞

  • 名古屋工業大学教員評価特別優秀賞

    2017年06月05日   名古屋工業大学  

    受賞者:  中村修一

  • 名古屋工業大学教員評価特別優秀賞

    2014年11月25日   名古屋工業大学  

    受賞者:  中村修一

  • 長瀬研究振興賞受賞

    2013年04月25日   長瀬研究振興財団  

    受賞者:  中村修一

  • 東海化学工業会学術賞

    2012年05月18日   東海化学工業会  

    受賞者:  中村修一

  • 日本化学会第25回若い世代の特別講演会講演証受賞

    2011年03月28日   日本化学会  

    受賞者:  中村修一

  • 平成23年度 有機合成化学協会 帝人ファーマ研究企画賞

    2011年02月18日   有機合成化学協会  

    受賞者:  中村修一

  • 名古屋工業大学教員評価優秀賞

    2008年04月   -  

    受賞者:  -

  • Tetrahedron Asymmetry Most Cited Paper 2004-2007 Award受賞

    2007年02月01日   エルゼビア社  

    受賞者:  中村修一

  • 平成17年度 有機合成化学協会 三共 研究企画賞

    2006年04月   -  

    受賞者:  中村修一

  • 有機合成化学協会東海支部支部奨励賞

    2003年04月   -  

    受賞者:  中村修一

全件表示 >>

 

教育活動に関する受賞

  • 第55回有機反応若手の会 優秀ポスター賞

    2021年08月   第55回有機反応若手の会  

    受賞者: 小倉 和樹

  • 第55回有機反応若手の会 優秀ポスター賞

    2021年08月   第55回有機反応若手の会  

    受賞者: 藤田 和樹

  • 第10回CSJ化学フェスタ2019 優秀ポスター賞

    2020年10月   日本化学会  

    受賞者: 小山田 悠介

  • The 3rd FRIMS International Symposium on Frontier Materials Student Poster Presentation Award

    2019年11月   FRIMS  

    受賞者: 鈴木若菜

  • 第9回CSJ化学フェスタ2019 優秀ポスター賞

    2019年11月   日本化学会  

    受賞者: 阿部 一貴

全件表示 >>