中山 将伸 (ナカヤマ マサノブ)

NAKAYAMA Masanobu

写真a

所属学科・専攻等

生命・応用化学教育類 環境セラミックス分野
生命・応用化学専攻 環境セラミックス分野

職名

教授

研究分野・キーワード

エネルギーセラミックス リチウムイオン電池 固体イオニクス 計算材料学

出身大学

  •  
    -
    1997年03月

    東京工業大学   工学部   化学工学科   卒業

出身大学院

  •  
    -
    2004年03月

    東京工業大学  理工学研究科  応用化学専攻博士課程  修了

  •  
    -
    1999年03月

    東京工業大学  理工学研究科  化学工学専攻修士課程  修了

取得学位

  • 東京工業大学 -  博士(工学)

所属学会・委員会

  •  
     
     

    熱測定学会

  •  
     
     

    電気化学会

  •  
     
     

    日本セラミックス協会

専門分野(科研費分類)

  • 無機材料・物性

  • 物理化学

 

論文

  • Computational investigation of the Mg-ion conductivity and phase stability of MgZr4(PO4)6

    K. Nakano, Y. Noda, T. Tanibata, M. Nakayama, K. Kajihara, K. Kanamura

    RSC Advances   9   12590 - 12595   2019年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Synthesis, Crystal Structure Analysis, and Electrochemical Properties of Rock-Salt Type MgxNiyCozO2 as a Cathode Material for Mg Rechargeable Batteries

    Y. Idemoto, T. Takahashi, N. Ishida, M. Nakayama, N. Kitamura

    Inorg. Chem.   58   5664 - 5670   2019年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Zinc-Based Spinel Cathode Materials for Magnesium Rechargeable Batteries: Toward Reversible Spinel–Rocksalt Transition

    K. Shimokawa, T. Atsumi, M. Harada, R. E. Ward, M. Nakayama, Y. Kumagai, F. Oba, N. L. Okamoto, K. Kanamura T. Ichitsubo

    J. Mater. Chem. A   7   12225 - 12235   2019年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Data‐Driven Materials Exploration for Li‐ion Conductive Ceramics by Exhaustive and Informatics‐Aided Computations

    M. Nakayama, K. Kanamori, K. Nakano, R. Jalem, I. Takeuchi, H. Yamasaki

    Chem. Record   19   771 - 778   2019年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • High-Pressure Synthesis, Crystal Structure, Chemical Bonding, and Ferroelectricity of LiNbO3-Type LiSbO3

    Y. Inaguma, A. Aimi, D. Mori, T. Katsumata, M. Ohtake, M. Nakayama, M. Yonemura

    Inorg. Chem.   57   15462 - 15473   2018年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Nanotube-structured Na2V3O7 as a Cathode Material for Sodium-Ion Batteries with High-rate and Stable Cycle Performances

    N. Tanibata, Y. Kondo, S. Yamada, M. Maeda, H. Takeda, M. Nakayama, T. Asaka, A. Kitajou S. Okada

    Sci. Rep.   8   17199-1 - 17199-7   2018年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Molecular Dynamics Studies on the Lithium Ion Conduction Behaviors Depending on Tilted Grain Boundaries with Various Symmetries in Garnet-Type Li7La3Zr2O12

    H. Shiiba, N. Zettsu, M. Yamashita, H. Onodera, R. Jalem, M. Nakayama, K. Teshima

    J. Phys. Chem. C   122   21755 - 21762   2018年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Research Update: Ca doping effect on the Li-ion conductivity in NASICON-type solid electrolyte LiZr2(PO4)3: A first-principles molecular dynamics study

    Y. Noda, K. Nakano, M. Otake, R. Kobayashi, M. Kotobuki L. Lu, M. Nakayama

    APL Materials   6   060702   2018年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 材料シミュレーション・多変量解析・遺伝的アルゴリズムによるペロブスカイト型酸化物の酸素拡散機構の解析

    中山将伸, 中村友昭, 大城隆之, 西井克弥, 渡邉健太郎, 伊藤孝憲,

    燃料電池   17   70 - 78   2018年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Bayesian-Driven First-Principles Calculations for Accelerating Exploration of Fast Ion Conductors for Rechargeable Battery Application

    R. Jalem, K. Kanamori, I. Takeuchi, M. Nakayama, H. Yamasaki, T. Saito

    Sci. Rep.   8   5845   2018年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書

  • 材料シミュレーションとデータサイエンスに基づく全固体型蓄電池材料の効率的探索

    中山将伸 (担当: 単著 )

    工業製品技術協会  2018年12月

  • マテリアルズ・インフォマティクス ~データ科学と計算・実験の融合による材料開発~

    野田祐輔, 中山将伸 (担当: 共著 )

    情報機構  2018年03月 ISBN: 9784865021479

  • リチウムイオン電池大型化への道のり (in 実装可能なエネルギー技術で築く未来 -骨太のエネルギーロードマップ2)

    中山将伸, 川崎晋司, 岡島博司 (担当: 共著 )

    化学工業社  2010年04月

  • Lithium ion rechargeable batteires; Materials, Technology, and New Applications

    - (担当: 共著 )

    Wiley-VCH  2009年04月 ISBN: 9783527319831

  • 次世代型二次電池材料の開発

    - (担当: 共著 )

    シーエムシー出版  2009年04月 ISBN: 9784781301792

  • 化学辞典 第2版

    - (担当: 共著 )

    森北出版  2009年04月 ISBN: 9784627240124

総説・解説記事

  • マテリアルズ・インフォマティクスによる蓄電池材料の探索

    中山将伸

    化学と工業 ( 日本化学会 )  71   650   2018年08月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • データサイエンスと材料計算による蓄電池材料探索

    野田祐輔、中山将伸

    鉱山 ( 金属鉱山会 )  763   29 - 37   2018年04月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • マテリアルズインフォマティクスを活用した材料開発の革新に向けて

    塩見淳一郎、中山将伸

    化学工学 ( 化学工学会 )  82   2018年01月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • マテリアルズ・インフォマティクスと蓄電池材料の開発

    中山将伸

    現代化学 ( 東京化学同人 )  544   36 - 37   2016年04月

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 燃料電池電解質を目的とした燐酸塩系プロトン伝導材料

    春日敏宏、前田浩孝、中山将伸

    Phosphorus Letter ( 無機りん学会 )  86   15 - 23   2016年04月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 材料計算による蓄電池の高出力化を指向した材料設計

    中山将伸

    J. Flux Growth ( 日本フラックス成長研究会 )  11   22 - 26   2016年04月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • リチウムイオン電池セラミックス材料のマテリアルズ・インフォマティクス

    中山将伸、信原邦啓、Randy Jalem、春日敏宏

    セラミックス ( セラミックス協会 )  50   546 - 551   2015年04月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   共著

  • 材料シミュレーションによる蓄電池材料の探索

    中山将伸、Randy Jalem、木村真夕実、春日敏弘

    表面科学 ( 表面科学会 )  36   527   2015年04月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   共著

工業所有権

  • 二次電池用活物質

    特願 特許出願2017-144341 

    中山将伸、武田はやみ、近藤祐生、山田祥平

  • 分析システム、分析用電気化学セルおよび分析方法

    特願 特許出願2009-75680 

    -

学術関係受賞

  • 文部科学大臣表彰若手科学者賞

    2014年04月15日   文部科学省  

    受賞者:  中山将伸

  • 永井科学技術財団 学術賞

    2013年03月13日   永井科学技術財団  

    受賞者:  中山将伸

  • 電気化学会 固体化学の新しい指針を探る研究会 田川記念固体化学奨励賞

    2009年04月   -  

    受賞者:  -

  • 東京工業大学工系若手奨励賞

    2008年04月   -  

    受賞者:  -

  • 手島記念研究賞 博士論文賞

    2005年04月   -  

    受賞者:  -