大囿 忠親 (オオゾノ タダチカ)

OZONO Tadachika

写真a

所属学科・専攻等

情報工学教育類 知能情報分野
情報工学専攻 知能情報分野

職名

教授

出身大学

  •  
    -
    1995年03月

    名古屋工業大学   工学部   知能情報システム   卒業

出身大学院

  •  
    -
    2000年03月

    名古屋工業大学  工学研究科  電気情報工学博士課程  修了

取得学位

  • 名古屋工業大学 -  博士(工学)

  • 名古屋工業大学 -  修士(工学)

所属学会・委員会

  • 1999年04月
    -
    継続中

    日本ソフトウェア科学会

  • 1998年05月
    -
    継続中

    電子情報通信学会

  • 1998年04月
    -
    継続中

    ACM

  • 1997年04月
    -
    継続中

    AAAI

  • 1994年04月
    -
    継続中

    人工知能学会

専門分野(科研費分類)

  • 知能情報学

  • ウェブ情報学・サービス情報学

 

研究経歴

  • マルチエージェントシステムに関する研究

    研究期間:   - 

論文

  • Any-Application Window Sharing Mechanism based on WebRTC and its Evaluations

    Satoru Iwata, Tadachika Ozono, Toramatsu Shintani

    Information Engineering Express ( International Institute of Applied Informatics )  5 ( 1 ) 97 - 113   2019年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • A Sentiment Polarity Classifier for Regional Event Reputation Analysis

    Tatsuya Ohbe, Tadachika Ozono, Toramatsu Shintani

    International Journal of Service and Knowledge Management   3 ( 1 ) 51 - 65   2019年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • A Layered Canvas Synchronization Mechanism for an Adaptable Presentation System (to appear)

    Eishun Ito, Tadachika Ozono, Toramatsu Shintani

    International Journal of Service and Knowledge Management ( International Institute of Applied Informatics )    1 - 16   2019年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Developing an Automatic Window Manipulation System Considering Content on Application Windows and User's Behavior

    吉田圭佑, 大囿忠親, 新谷虎松

    International Journal of Smart Computing and Artifucial Intelligence     59 - 75   2017年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Adaptable Web Presentation System with Layered Canvas Synchronization Mechanism for Scalability

    伊藤栄俊, 大囿忠親, 新谷虎松

    ESKM2017     1 - 6   2017年07月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • An Any Application Window Sharing Mechanism Based on WebRTC

    岩田 知, 大囿忠親, 新谷虎松

    SCAI2017     1 - 6   2016年09月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • A Proximity Information Propagation Mechanism Using Bluetooth Beacons for Grouping Devices

    渡邊正人, 坂口裕也, 大囿忠親, 新谷虎松

    The 2nd International Conference on Computer and Information Sciences     32 - 42   2016年08月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Developing a Sentiment Polarity Visualization System for Local Event Information Analysis

    大部達也, 大囿忠親, 新谷虎松

    7th International Conference on E-Service and Knowledge Management     19 - 24   2016年07月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • FoXpace: Manipulating Windows Based on the User’s Work History

    吉田圭佑, 大囿忠親, 新谷虎松

    4th International Conference on Smart Computing and Artificial Intelligence     698 - 703   2016年07月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • An Extended Web Displaying System based on Multiple Tablet Devices

    今井翔太, 白松俊, 大囿忠親, 新谷虎松

    International Journal of Computer & Information Science   17 ( 2 ) 106 - 115   2016年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書

  • 知識システムの実装基礎 - スライドで理解する人工知能技術

    新谷虎松, 大囿忠親, 白松俊 (担当: 共著 )

    コロナ社  2012年10月

総説・解説記事

  • 知的Webのためのマッシュアッププログラミング

    新谷 虎松, 大囿 忠親

    情報処理   50 ( 5 ) 443 - 453   2009年05月  [査読有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

研究発表

  • Extracting Paper Sticky Notes with Visual-inertial Odometry of ARKit

    Eishun Ito, Tadachika Ozono and Toramatsu Shintani

    CSII2018  2018年07月  -  2018年07月 

  • Developing a Linked Data-based Weekly Report Management System

    Rikiya Ando, Tadachika Ozono and Toramatsu Shintani

    CSII2018  2018年07月  -  2018年07月 

  • Developing a Management System and Interface for Instant Application Window Sharing

    Iwata Satoru, Tadachika Ozono and Toramatsu Shintani

    IDDC2018  2018年07月  -  2018年07月 

  • Layered Canvas Mechanisms for Collaborative Web Applications

    Tadachika Ozono  [招待有り]

    International Conference on Interaction Design and Digital Creation / Computing (IDDC2018)  2018年07月  -  2018年07月 

  • 反転授業における音声明瞭性を考慮した講義映像作成支援システムの開発

    松浦辰雄, 大囿忠親, 新谷虎松

    第16回情報科学技術フォーラム  (東京都, 日本)  2017年09月  -  2017年09月 

  • A Sentiment Polarity Classifier for Regional Event Reputation Analysis

    大部達也, 大囿忠親, 新谷虎松

    International Conferrence on Web Intelligence2017  (Leipzig)  2017年08月  -  2017年08月 

  • An Any Application Window Sharing Mechanism Based on WebRTC

    岩田 知, 大囿忠親, 新谷虎松

    SCAI2017  (Hamamatsu)  2017年07月  -  2017年07月 

  • Adaptable Web Presentation System with Layered Canvas Synchronization Mechanism for Scalability

    伊藤栄俊, 大囿忠親, 新谷虎松

    ESKM2017  (Hamamatsu)  2017年07月  -  2017年07月 

  • An Akashic Desktop Recorder for Resumption of Works

    松浦辰雄, 大囿忠親, 新谷虎松

    7th International Conference on E-Service and Knowledge Management  2016年09月  -  2016年09月  Kumamoto, Japan

  • A Proximity Infor- mation Propagation Mechanism Using Bluetooth Beacons for Grouping Devices

    渡邊正人, 坂口裕也, 大囿忠親, 新谷虎松

    The 2nd International Conference on Computer and Information Sciences  2016年08月  -  2016年08月  Hawaii, アメリカ合衆国

全件表示 >>

工業所有権

  • 疑似プッシュ型ウェブ広告管理方法

    特願 特許第3985060号 

    -

  • WWW上の疑似プッシュ型情報配信システム

    特許 特許第3985060号

    -

  • 投票システムおよび投票方法

    特許 特許第6170380号

    新谷虎松,大囿忠親

その他研究活動

  • 登山計画オントロジー

    2014年07月  -  2016年01月

    登山計画書を機械可読化し,オープンデータ化することで,利便性と再利用性を向上させることを目指し,登山計画を記述するための語彙やデータモデルをオントロジーとして記述した.

  • 登山計画データ

    2014年07月  -  2016年01月

    登山計画書を機械可読化し,オープンデータ化することで,利便性と再利用性を向上させることを目指し,名古屋工業大学ワンダーフォーゲル部の登山計画書をLinked Open Data化した.LODチャレンジJapan 2015にてLOD for Safety賞を受賞.

学術関係受賞

  • FIT論文賞 第16回情報科学技術フォーラム

    2018年09月20日   情報処理学会   反転授業における音声明瞭性を考慮した講義映像作成支援システムの開発  

    受賞者:  松浦辰雄, 大囿忠親, 新谷虎松

  • Linked Open Data チャレンジ Japan2015 LOD for Safety 賞

    2016年03月19日   Linked Open Data チャレンジ  

    受賞者:  野原 章弘,白松 俊,大囿 忠親,新谷 虎松

  • LODチャレンジJapan 2013 データセット部門優秀賞

    2014年03月07日   LODチャレンジ実行委員会, セマンティックWebコンファレンス2014  

    受賞者:  白松俊, 中原陽子, 大囿忠親, 新谷虎松

  • 2012年度人工知能学会研究会優秀賞

    2013年06月06日   人工知能学会  

    受賞者:  大囿忠親,白松 俊,新谷虎松

  • Linked Open Data Challenge Japan 2011 チャレンジデー賞

    2012年03月08日   Linked Open Data チャレンジ Japan  

    受賞者:  白松俊, 平田紀史, Robin Swezey, 佐野博之, 大囿忠親, 新谷虎松

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 反転講義のための講義映像における音声明瞭性のモデル化と講義映像作成支援について

    基盤研究(C)

    研究期間:  2019年04月  -  2022年03月  代表者:  大囿忠親

  • Web上でのリアルタイムな協調作業における認知メカニズムを考慮した同期手法

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月  代表者:  大囿忠親

  • Webコンテンツ転用防止のための耐タンパ性を備えたプッシュ配信技術の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2015年03月  代表者:  大囿忠親

 

教育活動に関する受賞

  • 名古屋工業大学教員評価特別優秀賞

    2014年11月   名古屋工業大学  

 

学会・委員会等活動

  • 2019年04月
    -
    2020年03月

    電子情報通信学会   合同エージェントワークショップ&シンポジウム2019 副プログラム委員長

  • 2018年06月
    -
    現在

    日本ソフトウェア科学会   理事

  • 2016年11月
    -
    2017年11月

    日本ソフトウェア科学会   日本ソフトウェア科学会第34回大会 プログラム副委員長

  • 2016年05月
    -
    2017年05月

    人工知能学会   2017年度人工知能学会(第31回)大会委員

  • 2016年04月
    -
    2017年03月

    電子情報通信学会   合同エージェントワークショップ&シンポジウム プログラム副委員長

  • 2015年06月
    -
    現在

    電子情報通信学会   電子情報通信学会英文論文誌編集委員

  • 2015年04月
    -
    2016年03月

    電子情報通信学会   合同エージェントワークショップ&シンポジウム2015 実行委員(プログラム担当、プログラム委員長相当)

  • 2013年11月
    -
    現在

    電子情報通信学会   人工知能と知識処理研究会専門委員

  • 2013年05月
    -
    現在

    電子情報通信学会   合同エージェントワークショップ&シンポジウム 実行委員