大原 繁男 (オオハラ シゲオ)

OHARA Shigeo

写真a

所属学科・専攻等

物理工学教育類 材料機能分野
物理工学専攻 材料機能分野
工学教育総合センター

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

出身大学

  •  
    -
    1987年03月

    広島大学   理学部   物性学科   卒業

出身大学院

  •  
    -
    1992年03月

    広島大学  理学研究科  物性学博士課程  単位取得満期退学

取得学位

  • 広島大学 -  理学博士

  • 広島大学 -  理学修士

学外略歴

  • 1992年04月
    -
    1993年11月

      国立岡崎共同研究機構分子化学研究所   講師(非常勤)

所属学会・委員会

  • 1987年04月
    -
    継続中

    日本物理学会

  • 1999年09月
    -
    継続中

    日本高圧力学会

  • 2002年03月
    -
    継続中

    日本物理教育学会

  • 1999年07月
    -
    継続中

    日本応用物理学会

専門分野(科研費分類)

  • 物性Ⅱ

 

研究経歴

  • 希土類金属間化合物におけるキラル磁性

    個人研究  

    研究期間:  2014年04月  -  現在

  • 三元系希土類金属間化合物の単結晶育成

    個人研究  

    研究期間:  1993年12月  -  現在

  • 強相関電子系物質の伝導と磁性

    個人研究  

    研究期間:  1993年12月  -  現在

学位論文

  • Charge Density Wave Transitions and Transport Properties of η-Mo4O11 Crystals

    Shigeo Ohara

      1992年05月(年月日)

    学位論文(博士)   単著

論文

  • Determination of Crystallographic Planes for a Polyhedral Single Crystal

    Akiko Nakao, Taketo Moyoshi, Kentaro Moriyama, Takeshi Matsumura, Kenshirou Iba, Shigeo Ohara, Yoshihisa Ishikawa, Koji Munakata, Takashi Ohhara, Ryoji Kiyanagi

    JPS Conference Proceedings   33   011067-1 - 011067-6   2021年03月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Thin film growth of heavy fermion chiral magnet YbNi3Al9

    Hiroaki Shishido, Akira Okumura, Tatsuya Saimyoji, Shota Nakamura, Shigeo Ohara, Yoshihiko Togawa

    Applied Physics Letters   118   102402-1 - 102402-7   2021年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Enantiopure Crystal Growth of a Chiral Magnet YbNi3Al9 via the Flux Method with a Temperature Gradient

    Shota Nakamura, Junya Inukai, Toru Asaka, Jun-ichi Yamaura, Shigeo Ohara

    Journal of the Physical Society of Japan   89   104005   2020年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Pressure Effect on the Chiral Helimagnetic Order in YbNi3Al9

    Yoshihiko Ota, Kazunori Umeo, Takumi Otaki, Yudai Arai, Takahiro Onimaru, Shota Nakamura, Shigeo Ohara

    Journal of the Physical Society of Japan   89   044715   2020年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Electronic Structure of Yb(Ni1−xCox)3Ga9 Studied by Angle-resolved Photoelectron Spectroscopy

    Yuki Utsumi, Debashis Mondal, Jun Fujii, Ivana Vobornik, Shota Nakamura, Dubravka Matković-Čalogović, Shigeo Ohara

    Journal of the Physical Society of Japan   89   044711-1 - 044711-4   2020年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Magnetic Structure of a Chiral Magnet DyNi3Al9

    Kenshirou Iba, Takeshi Matsumura, Akiko Nakao, Yoshihisa Ishikawa, Kazuki Ohishi, Ryoji Kiyanagi, Yusuke Kousaka, and Shigeo Ohara

    JPS Conf. Proc.     2020年03月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Magnetic Anisotropy of Chiral Magnet Yb(Ni1−xCux)3Al9 at High Magnetic Fields

    Daichi Ito, Takeshi Matsumura, and Shigeo Ohara

    JPS Conf. Proc.     2020年03月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • New Rare-earth Intermetallic Compounds Dy4Pd9Ga24 and Er4Pd9Ga24

    Shota Nakamura, Tatsuya Yada, and Shigeo Ohara

    JPS Conf. Proc.     2020年02月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Heavy Fermion State of YbNi2Si3 without Local Inversion Symmetry

    Shota Nakamura, Kazushi Hyodo, Yuji Matsumoto, Yoshinori Haga, Hitoshi Sato, Shigenori Ueda, Kojiro Mimura, Katsuyoshi Saiki, Kosei Iso, Minoru Yamashita, Shunichiro Kittaka, Toshiro Sakakibara, Shigeo Ohara

    J. Phys. Soc. Jpn.   89   024705   2020年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Contrasting pressure evolution of f -electron hybridized states in CeRhIn5 and YbNi3Ga9: An optical conductivity study

    H. Okamura, A. Takigawa, T. Yamasaki, E. D. Bauer, S. Ohara, Y. Ikemoto, T. Moriwaki

    Physical Review B     2019年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書

  • 物理学実験(共著)

    - (担当: 共著 )

    学術図書出版  1996年10月

研究発表

  • 新物質CeNi6Si5の単結晶育成と電子物性

    中村翔太, 矢島健, 大原繁男

    日本物理学会秋季大会  2020年09月  -  2020年09月 

  • 高圧下YbNi3Ga9およびYbCu2Ge2の光学伝導度と電子状態

    岡村英一, 大原繁男, 大貫惇睦, 池本夕佳, 森脇太郎

    日本物理学会秋季大会  2020年09月  -  2020年09月 

  • 一軸性キラル磁性体YbNi3Al9の圧力下比熱測定

    太田善彦, 梅尾和則, 鬼丸孝博, 中村翔太, 大原繁男

    日本物理学会秋季大会  2020年09月  -  2020年09月 

  • Co置換によるDyNi3Ga9の磁気秩序の抑制

    廣瀬悠人, 佐藤嵩晃, 中村翔太, 大原繁男

    日本物理学会秋季大会  2020年09月  -  2020年09月 

  • カイラル磁性体YbNi3Al9薄膜の作製とスピンカイラル秩序相での磁気抵抗測定

    西明寺達哉, 宍戸寛明, 奥村慧, 中村翔太, 大原繁男, 戸川欣彦

    日本物理学会年次大会  2020年03月  -  2020年03月 

  • カイラル金属磁性体Yb(Ni1-xCux)3Al9の交流磁気抵抗測定

    中村翔太, 大原繁男

    日本物理学会年次大会  2020年03月  -  2020年03月 

  • 複雑な磁気相図を持つDyNi3Ga9への元素置換効果

    廣瀬悠人, 佐藤嵩晃, 中村翔太, 大原繁男

    日本物理学会年次大会  2020年03月  -  2020年03月 

  • 共鳴X線散乱によるキラル磁性体DyNi3Ga9のらせん磁気秩序の観測

    塚越舜, 松村武, 道村真司, 稲見俊哉, 大原繁男

    日本物理学会年次大会  2020年03月  -  2020年03月 

  • 高圧下における価数揺動Yb系の光学伝導度と電子状態

    岡村英一, 大原繁男, 大貫惇睦, 森脇太郎, 池本夕佳

    日本物理学会年次大会  2020年03月  -  2020年03月 

  • YbNi3Al9のキラルらせん磁気秩序に対する静水圧効果

    太田善彦, 梅尾和則, 大瀧拓弥, 新井雄大, 鬼丸孝博, 中村翔太, 大原繁男

    日本物理学会年次大会  2020年03月  -  2020年03月 

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 希土類キラル金属磁性体の磁気構造の元素置換による制御

    基盤研究(C)

    研究期間:  2018年04月  -  2021年03月 

  • ハニカムおよびジグザグ構造を持つ物質における拡張多極子の研究

    新学術領域研究

    研究期間:  2018年04月  -  2020年03月 

  • 小角偏極中性子解析法によるカイラル磁性体の反対称スピン軌道相互作用の解明

    基盤研究(B)

    研究期間:  2017年04月  -  2021年03月 

  • 二次元ハニカム磁性体における特異な電流誘起効果の検証

    新学術領域研究

    研究期間:  2016年04月  -  2018年04月 

  • イッテルビウム系近藤格子の基底状態に関する普遍的な電子状態モデルの構築

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年04月  代表者:  佐藤仁

全件表示 >>

 

その他教育活動及び特記事項

  • 2019年08月
     
     

    J-Physicsものづくり学校第4回「対称性・群論トレーニングコース in 高野山」

  • 2019年05月
    -
    2020年01月

    あいちSTEM能力育成事業「知の探究講座」

 

学会・委員会等活動

  • 2019年04月
    -
    2021年03月

    日本物理学会   『日本物理学会誌』編集委員

  • 2016年04月
    -
    現在

    日本物理学会   『大学の物理教育』誌 編集委員

社会貢献活動

  • SSH特別講義

    愛知県立一宮高等学校  超伝導が拓く未来  2020年11月  -  2020年11月

  • 出張授業

    愛知県立津島高等学校  大学の学部・学科研究  (愛知県立津島高等学校)  2020年10月  -  2020年10月

  • SSH特別講義

    愛知県立一宮高等学校  日本語からはじめる  2020年01月  -  2020年01月

  • SSH特別講義

    愛知県立一宮高等学校  超伝導が拓く未来  2019年11月  -  2019年11月

  • ヘリウム危機の現状と今後の課題

    共催:日本化学会,日本物理学会,協賛:低温工学・超電導学会,応用物理学会  ヘリウム危機の現状と今後の課題  2019年03月  -  現在