大原 繁男 (オオハラ シゲオ)

OHARA Shigeo

写真a

所属学科・専攻等

物理工学教育類 材料機能分野
物理工学専攻 材料機能分野

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

出身大学

  •  
    -
    1987年03月

    広島大学   理学部   物性学科   卒業

出身大学院

  •  
    -
    1992年03月

    広島大学  理学研究科  物性学博士課程  単位取得満期退学

取得学位

  • 広島大学 -  理学博士

  • 広島大学 -  理学修士

学外略歴

  • 1992年04月
    -
    1993年11月

      国立岡崎共同研究機構分子化学研究所   講師(非常勤)

所属学会・委員会

  • 1987年04月
    -
    継続中

    日本物理学会

  • 1999年09月
    -
    継続中

    日本高圧力学会

  • 2002年03月
    -
    継続中

    日本物理教育学会

  • 1999年07月
    -
    継続中

    日本応用物理学会

専門分野(科研費分類)

  • 物性Ⅱ

 

研究経歴

  • 希土類金属間化合物におけるキラル磁性

    個人研究  

    研究期間:  2014年04月  -  現在

  • 三元系希土類金属間化合物の単結晶育成

    個人研究  

    研究期間:  1993年12月  -  現在

  • 強相関電子系物質の伝導と磁性

    個人研究  

    研究期間:  1993年12月  -  現在

論文

  • Neutron diffraction study of antiferromagnetic ErNi3Ga9 in magnetic fields

    H. Ninomiya, T. Sato, Y. Matsumoto, T Moyoshi, A. Nakao, K. Ohishi, Y. Kousaka, J. Akimitsu, K. Inoue, S. Ohara

    Physica B     2017年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Specific heat of the chiral-soliton-lattice phase in Yb(Ni0.94Cu0.06)3Al9

    H. Ninomiya, T. Sato, K. Inoue, S. Ohara

    Physica B     2017年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • Magnetic Properties and Magnetic Phase Diagrams of Trigonal DyNi3Ga9

    H. Ninomiya, Y. Matsumoto, S. Nakamura, Y. Kono, S. Kittaka, T. Sakakibara,K. Inoue, S. Ohara

    Journal of the Physical Society of Japan     2017年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Chiral Soliton Lattice Formation in Monoaxial Helimagnet Yb(Ni1-xCux)Al9

    Takeshi Matsumura, Yosuke Kita, Koya Kubo, Yugo Yoshikawa, Shinji Michimura, Toshiya Inami, Yusuke Kousaka, Katsuya Inoue, and Shigeo Ohara

    Journal of the Physical Society of Japan     2017年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Photoemission study of the electronic structure of the Kondo latices Yb2Pt6X15 (X=Al, Ga)

    Awabaikeli Rousuli, Shogo Nakamura, Hitoshi Sato, Takuya Ueda, Yuji Matsumoto, Shigeo Ohara, Eike F. Schwier

    PHYSICAL REVIEW B     2017年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Single crystal growth and magnetic properties of pseudo-kagome lattice RRhPb (R=Nd, Sm and Gd)

    Y. Matsumoto, R. Goto, Y. Haga, Z. Fisk, S. Ohara

    Journal of Physics; Conf. Series     2017年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Single crystal growth and heat capacity measurements of triangular lattice R2Pt6Ga15(R=rare earth)

    Y. Matsumoto, T. Ueda, S. Ohara

    Journal of Physics: Conference Series   683   012035   2016年02月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Single crystal growth and physical properties of YbPd2Si2

    Y. Matsumoto, K. Hanya, Y. Haga, Z. Fisk, S. Ohara

    J. Phys.;Conf. Series   592   012022-1 - 012022-4   2015年03月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Pressure-induced valence crossover and novel metamagnetic behavior near the antiferromagnetic quantum phase transition of YbNi3Ga9

    K. Matsubayashi, T. Hirayama, T. Yamashita, S. Ohara, N. Kawamura, M. Mizumaki, N. Ishimatsu, S. Watanabe, K. Kitagawa, Y. Uwatoko

    Phys. Rev. Lett.   114   086401-1 - 086401-5   2015年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • High Pressure Properties for Electrical Resistivity and Ce Valence State of Heavy-Fermion Antiferromagnet Ce2NiGa12

    N. Kawamura, R. Sasaki, K. Matsubayashi, N. Ishimatsu, M. Mizumaki, Y. Uwatoko, S. Ohara, S. Watanabe

    J Phys. Conf. Series   568   042015-1 - 042015-5   2014年12月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

全件表示 >>

研究発表

  • Cluster Multipole in Honeycomb Magnet of Rare-earth Intermetallic Compound

    二宮博樹,佐藤嵩晃,松本裕司,茂吉武人,中尾朗子,大石一城,高阪勇輔,大原繁男

    第11回領域横断研究会  (東京大学物性研究所)  2017年11月  -  2017年11月 

  • Synthesis, structure and magnetism in honeycomb magnets of RNi3Al9, RNi3Ga9, R2Pt6Ga15 and R2Rh3Ga9 (R: rare-earth elements)

    S. Ohara, T. Kano, K. Hyodo, K. Kishimoto, T. Ueda, and H. Ninomiya

    International Workshop on Multipole Physics and Related Phenomena  (Hachimantai)  2017年09月  -  2017年09月 

  • 硬X線領域における共鳴光電子分光の進展と展望

    三村功次郎, 保井晃, 池永英司, 河村直己, 水牧仁一朗, 筒井智嗣, 佐藤仁 魚住孝幸, 光田暁弘, 大原繁男

    日本物理学会  (岩手大学)  2017年09月  -  2017年09月 

  • 直方晶R2Rh3Ga9(R:希土類元素)の磁性

    加納敏明, 兵藤一志, 大原繁男

    日本物理学会  (岩手大学)  2017年09月  -  2017年09月 

  • 新しいYb系化合物Yb2Rh3Si5の単結晶育成と物性

    成瀬淳基, 兵藤一志, 佐藤嵩晃, 大原繁男

    日本物理学会  (岩手大学)  2017年09月  -  2017年09月 

  • 11 GPaまでの交流法比熱測定によるキラル磁性体YbNi3Ga9の圧力誘起量子臨界現象の研究

    大瀧拓弥, 梅尾和則, 高畠敏郎, 大原繁男

    日本物理学会  (岩手大学)  2017年09月  -  2017年09月 

  • キラル螺旋磁性体Yb(Ni1-xTx)3Al9 (T=Co, Cu) のホール効果

    佐藤嵩晃, 二宮博樹, 大原繁男

    日本物理学会  (岩手大学)  2017年09月  -  2017年09月 

  • 希土類キラル磁性体YbNi3Al9微細試料の輸送特性

    青木瑠也, 戸川欣彦, 大原繁男

    日本物理学会  (岩手大学)  2017年09月  -  2017年09月 

  • キラル化合物DyNi3Ga9の磁場中弾性率II

    鈴木孝至, 竹澤巧基, 水野拓陽, 川本陽, 熊野聡一郎, 二宮博樹A, 松本裕司, 大原繁男, 石井勲

    日本物理学会  (岩手大学)  2017年09月  -  2017年09月 

  • Yb(Ni1-xCux)3Al9におけるらせん磁気構造とキラルソリトン格子の形成

    松村武, 喜多要介, 久保光野, 吉川雄吾, 道村真司, 稲見俊哉, 大原繁男

    日本物理学会  (岩手大学)  2017年09月  -  2017年09月 

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 二次元ハニカム磁性体における特異な電流誘起効果の検証

    新学術領域研究

    研究期間:  2016年04月  -  2018年04月 

  • イッテルビウム系近藤格子の基底状態に関する普遍的な電子状態モデルの構築

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年04月  代表者:  佐藤仁

  • 4f電子系カイラル磁性における反対称スピン起動相互作用と特異な電流磁気効果の研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

 
 

学会・委員会等活動

  • 2016年04月
    -
    現在

    日本物理学会   「大学の物理教育」誌 編集委員