船瀬 新王 (フナセ アラオ)

FUNASE Arao

写真a

所属学科・専攻等

情報工学教育類 知能情報分野/創造工学教育類
情報工学専攻 知能情報分野

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

出身大学

  •  
    -
    1999年03月

    名古屋大学   工学部   情報工学   卒業

出身大学院

  • 2001年04月
    -
    2004年03月

    名古屋大学  工学研究科  電気工学専攻博士課程  単位取得満期退学

  • 1999年04月
    -
    2001年03月

    名古屋大学  工学研究科  計算理工学専攻修士課程  修了

取得学位

  • 名古屋大学 -  博士(工学)

学外略歴

  • 2001年04月
    -
    継続中

      理化学研究所   大学等非常勤研究員

所属学会・委員会

  •  
     
     

    電子情報通信学会

  •  
     
     

    IEEE

  •  
     
     

    SFN

専門分野(科研費分類)

  • 計測工学

  • 認知科学

  • 生体医工学・生体材料学

 

研究経歴

  • SSVEPを利用した脳波インタフェースの構築

    国内共同研究  

    研究期間:  2015年04月  -  現在

  • 精神疲労時の脳波解析

    個人研究  

    研究期間:  2015年04月  -  現在

  • 運動の意志決定に関連する脳波解析

    個人研究  

    研究期間:  2014年04月  -  現在

  • 地震に関連する電磁波放射に関連する研究

    国内共同研究  

    研究期間:  2004年04月  -  現在

  • 独立成分解析を使用した生体信号処理について

    国内共同研究  

    研究期間:  2000年04月  -  現在

  • 眼球運動と脳機能の関連性について

    国内共同研究  

    研究期間:  1998年04月  -  現在

論文

  • Relationship between Direction of sound source and P300 potential in Right-Left source discrimination task

    Shigo Jinno, Arao Funase, Ichi Takumi

    Proceedings of Life Engineering Symposium 2016 (LE 2016) ( Life Engineering Symposium )    151 - 152   2016年11月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   共著

  • Research on power spectrum in alpha frequency band related to recognize direction of movement in press-button movement

    Shunsuke Takahashi, Shunsuke Takagi, Arao Funase, Ichi Takumi

    Proceedings of Life Engineering Symposium 2016 (LE 2016) ( Life Engineering Symposium )    218 - 219   2016年11月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   共著

  • Influence on modality of Direction-Cue and Go-Cue in Movement Planning and Movement Execution with EEG study

    Shunsuke Takagi, Shunsuke Takahashi, Arao Funase, Ichi Takumi

    Proceedings of Life Engineering Symposium 2016 (LE 2016) ( Life Engineering Symposium )    216 - 217   2016年11月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   共著

  • Study on the Size and Number of Grid-square for Optimal Checkerboard to Evoke SSVEP

    Naoto Tohyama, Kenya Wakita, Arao Funase, Ichi Takumi

    Proceedings of Life Engineering Symposium 2016 (LE 2016) ( Life Engineering Symposium )    160 - 161   2016年11月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   共著

  • Study on increasing of EEG power over Occipital love in Fatigue task

    Takuji Noda, Arao Funase, Ichi Takumi

    Proceedings of Life Engineering Symposium 2016 (LE 2016) ( Life Engineering Symposium )    156 - 157   2016年11月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   共著

  • EEG signals related to movement-related cortical potential by direction-cue and go-cue

    Arao Funase, Shunsuke Takagi, Shunsuke Takahashi, Ichi Takumi

    Neuroscience 2016 ( Society for Neuroscience )    435.02 - 435.02   2016年11月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • 疲労課題時の後頭葉における各周波数帯のパワー情報について

    野田拓司,船瀬新王,内匠逸

    平成28年度日本生体医工学会東海支部学術集会抄録集 ( 日本生体医工学会東海支部 )    42 - 42   2016年10月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   共著

  • SSVEPを優蓮させる最適なチェッカーボードの大きさと格子数について

    遠山尚人,脇田健哉,船瀬新王,内匠逸

    平成28年度日本生体医工学会東海支部学術集会抄録集 ( 日本生体医工学会東海支部 )    43 - 43   2016年10月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   共著

  • ボタン押し運動における運動方向の決定に関連する陰性電位と陽性電位

    船瀬新王,高木駿介,高橋駿介,内匠逸

    信学技法     207 - 210   2016年03月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   共著

  • SSVEP by checkerboard related to grid size and board size

    A. Funase, K. Wakita, A. Itai, I. Takumi

    Proceedings of APSIPA Annual Summit and Conference 2015 ( APSIPA ASC 2015 )    1141 - 1144   2015年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書

総説・解説記事

  • BCIシステムの構築を目指した単一試行脳波の解析技術

    板井陽俊,船瀬新王

    日本神経回路学会誌 ( 日本神経回路学会 )  19 ( 3 ) 118 - 125   2012年10月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   共著

研究発表

  • 単一カメラによる視線一致映像生成手法の提案

    小川賢士 ,内匠逸,船瀬新王,打矢隆弘

    第19回情報学ワークショップ  (長久手)  2016年11月  -  2016年11月  第19回情報学ワークショップ実行委員会

  • 観察者の視点移動に対応する3Dキャラクタの適切な表示方法

    加藤正隆 ,内匠逸,船瀬新王,打矢隆弘

    第18回情報学ワークショップ  (長久手)  2016年11月  -  2016年11月  第18回情報学ワークショップ実行委員会

  • MMDAgentによる対話型音声案内システムの複数辞書を用いた音声認識率改善

    小林隆宏 ,内匠逸,船瀬新王,打矢隆弘

    第17回情報学ワークショップ  (長久手)  2016年11月  -  2016年11月  第17回情報学ワークショップ実行委員会

  • 左右音源弁別時の標的音源方向の違いによる電極間のP300電位差について

    神野将梧,船瀬新王,内匠逸

    第16回情報学ワークショップ  (長久手)  2016年11月  -  2016年11月  第16回情報学ワークショップ実行委員会

  • Cued-Movement Taskに用いるcue刺激の属性と運動の実行を行う際になされる脳内処理が脳波に与える影響について

    高橋駿介,高木駿介,船瀬新王,内匠逸

    第15回情報学ワークショップ  (長久手)  2016年11月  -  2016年11月  第15回情報学ワークショップ実行委員会

  • 運動方向の認識と運動の実行に関わるα周波数帯の特徴的なパワー変動について

    高木駿介,高橋駿介,船瀬新王,内匠逸

    第14回情報学ワークショップ  (長久手)  2016年11月  -  2016年11月  第14回情報学ワークショップ実行委員会

  • EEG signals related to movement-related cortical potential by direction-cue and go-cue

    Arao Funase, Shunsuke Takagi, Shunsuke Takahashi, Ichi Takumi

    Neuroscience 2015  (San Diego, USA)  2016年11月  -  2016年11月  Society for Neuroscience

  • Relationship between Direction of sound source and P300 potential in Right-Left source discrimination task

    Shigo Jinno, Arao Funase, Ichi Takumi

    Life Engineering Symposium 2016 (LE 2016)  (大阪)  2016年11月  -  2016年11月  Life Engineering Symposium

  • Research on power spectrum in alpha frequency band related to recognize direction of movement in press-button movement

    Shunsuke Takahashi, Shunsuke Takagi, Arao Funase, Ichi Takumi

    Life Engineering Symposium 2016 (LE 2020)  (大阪)  2016年11月  -  2016年11月  Life Engineering Symposium

  • Influence on modality of Direction-Cue and Go-Cue in Movement Planning and Movement Execution with EEG study

    Shunsuke Takagi, Shunsuke Takahashi, Arao Funase, Ichi Takumi

    Life Engineering Symposium 2016 (LE 2019)  (大阪)  2016年11月  -  2016年11月  Life Engineering Symposium

全件表示 >>

学術関係受賞

  • 電気関連学会東海支部連合大会奨励賞

    2005年04月   -  

    受賞者:  -

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 点滅視覚刺激を用いた健常者用脳波インタフェースの検討

    若手研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  現在  代表者:  船瀬新王

 
 

学会・委員会等活動

  • 2008年04月
    -
    現在

    電気学会   ニューロ・エンジニアリング技術調査専門委員